Lync Online に認証して Lync 2010 にサインインしたときに、Lync を確認できない」サーバーに、サインイン アドレスの信頼が」メッセージ

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 2531068 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

現象

Microsoft Lync Online サービスに認証を行うことにより Microsoft Lync 2010 にサインインしたときに、証明書の信頼] ダイアログ ボックスで、次のメッセージが表示されます。
Lync は接続しようとしています。

自動検出サービスのアドレス

Lync は、サーバーが、サインイン アドレスの信頼を確認できません。接続しますか。
元に戻す画像を拡大する
スクリーン ショット、Lync のサインイン] ダイアログ ボックスのエラー メッセージを表示します。

サインイン中に、またはサインイン後に、このダイアログ ボックスが表示されます。

原因

このダイアログ ボックスは、「信頼モデル」ダイアログです。Lync には正常ではないサーバーに接続するときに表示されます。Lync は、このサーバーを信頼するかどうかを確認するのには、アクセス許可が必要です。たとえば、以前のスクリーン ・ ショットにで domainName.contoso.com 不明なサーバーです。

次のシナリオでは、ダイアログ ボックスが表示されます。
  • Lync server に接続するには、Lync にサインイン中に

    これは、接続しようとしている Lync サーバーの名前が信頼できないことまだを意味します。したがって、Lync ユーザーからの確認を要求します。
  • Exchange サーバーへの接続に Lync にサインインした後に

    サインインした後は、Lync は、Microsoft Exchange Server のメール サーバーに接続しようとします。豊富な Lync 機能を提供するために、この接続が必要です。Lync にサインイン アドレスが、Exchange のアドレスと異なる場合は、プロンプト ダイアログ ボックスが表示されます。それ以外の場合は、ダイアログ ボックスは表示されません。
これは、セキュリティ機能と問題または問題ではないに注意してください。信頼済みであることを確認するまで、Lync は、不明なサーバーに接続できません。

解決方法

信頼されたサーバーに接続することであることを確認するには、ダイアログ ボックスに表示されているドメイン名を確認することをお勧めします。サーバーを信頼することを決定した後次の手順を実行します。
  1. 選択するをクリックして、ダイアログ ボックスで、常にこのサーバーを信頼する、もう一度からこの画面を表示しない チェック ボックスをオンします。
  2. [接続] をクリックします。
これらの手順を実行した後、サーバーに接続すると、ダイアログ ボックスが表示されなく。

詳細

重要: この節では、レジストリを変更する方法を説明している手順を実行します。ただし、レジストリが正しく変更されないと、深刻な問題が発生することがあります。そのため、次の手順に慎重に従ってください。また、念のため、レジストリを変更する前に、レジストリをバックアップしておいてください。そうすることで、問題が発生した場合にレジストリを復元できます。レジストリをバックアップおよび復元する方法についての詳細は、次の文書番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術資料を参照してください。
322756 Windows でレジストリをバックアップおよび復元する方法

ダイアログ ボックスが表示されないようにするのには、次の REG_SZ レジストリ値を編集できます。
HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Communicator\TrustModelData
これを行うに手動で 1 台のコンピューターに対して、これらの手順に従います。
  1. レジストリ エディターを起動します。
  2. を見つけてし TrustModelData 関わらず値をダブルクリックします。

    HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Communicator\TrustModelData
  3. [完全修飾ドメイン名 (FQDN)、サーバー ベースのコンピューターでは、信頼モデル] ダイアログ ボックスに、TrustModelData レジストリ値に記載されている既存の値のデータに表示されるを追加します。
重要: TrustModelData のレジストリ値の値のデータはレコード アドレス (AOR) 情報と呼ばれます。AOR エントリは、形式の完全修飾ドメイン名 (FQDN) です。別の AOR エントリが、TrustModelData のレジストリ値の値のデータを構成する、コンマで区切られたリストで表示されます。たとえば: contoso.com、adatum.com、server01.fourthcoffeee.com。その他すべての AOR エントリはの前にコンマをリストに追加する前に。

Lync にサインイン ドメイン サーバー アドレスからユーザーの Exchange メールボックスのドメインのサーバーのアドレスが異なる場合は、ユーザーがサインインした後、信頼モデルのダイアログ ボックスが表示されます。管理者は、この手順を使用して、TrustModelData のレジストリ値の値データを Exchange メールボックスのドメイン サーバーのアドレスを追加します。

Windows アクティブな Direcrory グループ ポリシーの Lync 2010 TrustModelData レジストリ値を管理するために使用できるはありません。グループ ポリシーは Lync 2010 TrustModelData レジストリ値を Windows クライアント ベースのコンピューターに手動でレジストリの編集を管理することができます。 または Windows クライアント ベースのコンピューターにネットワークをグローバルに管理されているレジストリの編集します。これらを更新するには、レジストリの場所の例を次に示します。
  • HKEY_CURRENT_USER\Policies\Microsoft\Communicator
  • HKEY_LOCAL_MACHINE\Policies\Microsoft\Communicator

関連情報

Lync は Lync 自動検出サービスを使用して未知のサーバーとドメインを識別します。Lync 自動検出サービスの詳細については、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。
自動検出サービスを理解します。

プロパティ

文書番号: 2531068 - 最終更新日: 2014年7月29日 - リビジョン: 12.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Lync 2010
  • Microsoft Lync Online
キーワード:?
kbqfe kbsurveynew kbexpertisebeginner kbexpertiseinter vkbportal231 vkbportal237 kbgraphic o365e o365p o365a o365m o365022013 o365 kbmt KB2531068 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:2531068
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com