Lync Onlineに認証してLync 2010にサインインすると、”確認できません”のエラーメッセ―ジ

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 2531068
すべて展開する | すべて折りたたむ

現象

Microsoft Lync Onlineサービスに認証してMicrosoft Lync 2010にサインインすると、「証明書の信頼」ダイアログボックスに以下のメッセージが表示されます。
"Lync is attempting to connect to"<参考訳:Lyncは以下に接続を試みています。>

Autodiscover Service Address

"Lync cannot verify that the server is trusted for your sign-in address. Connect anyway?"
<参考訳:Lync は、お使いのサインインアドレスに対しこのサーバーが信頼できると確認できません。それでも接続しますか?>
元に戻す画像を拡大する
2637510

サインイン時、またはサインイン後に、このダイアログボックスが表示されます。

原因

このダイアログボックスは、"Trust Model Dialog(信頼モデルダイアログ)" ボックスです。Lyncにとって不明なサーバーに接続している際に、このダイアログボックスが表示されます。Lyncは、このサーバーを信頼できるかどうかを確認するためアクセス許可を有する必要があります。例えば、上記のスクリーンショットで示すように、 domainName.contoso.comは不明なサーバーです。

次のシナリオで、ダイアログボックスが表示される場合があります。
  • Lyncサーバーに接続するためLyncにサインインする時

    これは、接続を試みているLyncサーバーの名前がまだ信頼されていないことを意味します。そのため、Lyncは信頼の確認を依頼します。
  • Exchangeサーバーに接続するためLyncにサインインした後。

    サインインした後、LyncはMicrosoft Exchange Serverメールサーバーに接続を試みます。豊富なLync機能を提供するには、この接続が必要になります。お使いのLyncサインインアドレスが Exchangeアドレスと異なる場合、プロンプトを含むダイアログボックスが表示されます。そうでない場合、ダイアログボックスは表示されません。
これは、セキュリティ機能であって問題ではいことに注意してください。Lync は、サーバーが信頼できると確認をするまでの間、不明なサーバーに接続しません。

解決方法

接続したい信頼できるサーバーであることを確認するため、ダイアログボックスに表示されているドメイン名を確認することをお勧めします。サーバーを信頼することを決定した後は、以下の手順に従います。
  1. ダイアログボックスで、[Always trust this server, do not show me this again (このサーバーを常に信頼する、これをもう一度表示しない)]チェックボックスをクリックして選択します。
  2. [接続] をクリックします。
上記手順を実行後は、サーバーに接続してもダイアログボックスが表示されなくなります。

詳細

重要 この手順では、レジストリを修正する手順を記載しています。ただし、レジストリを誤って修正すると、重大な問題が発生する場合があります。そのため、必ず注意深く手順に従ってください。追加の保護のため、レジストリは修正する前にバックアップしてください。これにより、問題が発生してもレジストリを復元することができます。レジストリをバックアップして復元する方法についての詳細は、次の資料番号をクリックしMicrosoft Knowledge Baseの資料を参照してください。
322756 Windowsでレジストリをバックアップして復元する方法

ダイアログボックスが表示されるのを防ぐには、以下のレジストリの値を編集することができます。
HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Communicator\TrustModelData
一つのコンピューターでこれを手動で行うには、以下の手順に従います。
  1. レジストリエディタ」を開始します。
  2. 次のレジストリの値を見つけ、ダブルクリックします。

    HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Communicator\TrustModelData
  3. 既存の値にサーバー名を追加します。

    重要 既存のレジストリの値にサーバー名を追加することに注意してください。既存のレジストリの値に上書きしないでください。例えば、既存のTrustModelDataの値にdomainName.contoso.comを追加します。

ドメインの管理者は、ドメインのすべてのユーザーにダイアログボックスが表示されないようにするため、グループポリシーの設定を使用してこの値を適用します。ポリシー設定を適用後は、ドメインのユーザーはダイアログボックスが表示されなくなります。これを行うことにより、管理者はドメインサーバーを信頼したこととなり、ユーザーが決断を下す必要がなくなります。

ユーザーのExchangeメールボックのスドメインサーバーアドレスがLyncサインインのドメインサーバーアドレスとは異なる場合、ユーザーがサインインした後ダイアログボックスが表示される場合があります。サインイン後にダイアログボックスが表示されないようにするため、管理者はこの手順を使用してExchangeメールボックスのドメインサーバーアドレスを追加できます。

関連情報

LyncはLync自動検出サービスを使用して不明なサーバーとドメインを識別します。Lync自動検出サービスに関する詳細については、以下のMicrosoft Webサイトを参照してください。
自動検出サービスについて

プロパティ

文書番号: 2531068 - 最終更新日: 2011年11月30日 - リビジョン: 5.0
キーワード:?
kbqfe kbexpertiseinter kbexpertisebeginner kbsurveynew o365 KB2531068
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com