DFS-R を DFS N の展開シナリオについてマイクロソフトのサポート ポリシーについての情報

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 2533009 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

分散ファイル システム レプリケーション (DFS-R) を分散ファイル システム名前空間 (DFS N) この資料展開シナリオはサポート対象外です。

詳細

サポートされていないシナリオ

配置するときに DFS-R を DFS N ユーザーのホーム フォルダーと移動ユーザー プロファイルや、マイクロソフトによって、次のシナリオはサポートされません。
  • 各支社の 1 つのファイル サーバーを展開するとします。ユーザーのホーム フォルダーと、ブランチ オフィス内のユーザーの移動ユーザー プロファイルは、ブランチ オフィスのファイル サーバーに格納されます。
  • DFS-R は一元的なバックアップの複数のブランチ オフィスのファイル サーバーから中央のハブ サーバーへの WAN リンクを経由使用します。レプリケート フォルダーを読み取り専用で、ハブ ・ サーバーを構成するか読み取り/書き込みのレプリケート フォルダー。
  • 統一された名前空間を作成するには、DFS 名前空間を構成します。
  • 1 つの名前空間フォルダーに複数のフォルダー ターゲットを構成します。また、中央のファイル サーバーの共有フォルダーを DFS N 第 2 フォルダー ターゲットとして追加します。すべての名前空間のフォルダー ターゲットを有効にするか、一度に 1 つだけのフォルダー ターゲットを有効にします。
  • DFS N のターゲット優先度は、クライアントはまず、ブランチ オフィスのファイル サーバーを参照できるように構成します。ブランチ オフィスのファイル サーバーを使用できない場合は、クライアントは中央のファイル サーバーにリダイレクトされます。そのような移動を指定することも可能性がありますユーザーが、ユーザーのデータまたはユーザー プロファイルが含まれるとは、物理的な場所に最も近いファイル サーバーに表示されます。
注: このシナリオは、ホーム フォルダーおよび特定のコンテンツの例として、移動ユーザー プロファイルは、同じ問題がレプリケートされていない複製パートナーを紹介、そのパートナーに別のパートナーから、ユーザーをリダイレクトするときに高速に変化するコンテンツに適用します。さらは例の「中央」のファイル ・ サーバとファイル サーバーの「支店」、のような、展開の構成は、同じように、この資料に記載されている問題の影響を受けます。したがって、それらはマイクロソフトによってサポートされていません。ような導入例は、2 つのブランチ オフィスのサーバー間で高速に変化するコンテンツがレプリケートされます。

マイクロソフトがシナリオをサポートしないこと技術の理由

お操作は、次の理由の展開シナリオはサポートされません。
  • ユーザーのホーム フォルダーまたはユーザー プロファイルが、ブランチ オフィスのファイル サーバーから中央のファイル サーバーには、DFS-R を使用してレプリケートされますは更新できません。理由は、次のいずれかの問題が発生可能性があります。
    • 大規模なレプリケーション バックログ
    • システム負荷
    • 帯域幅の調整
    • レプリケーションのスケジュール
  • DFS-R では、ユーザー プロファイル データ、トランザクション レプリケーションは実行されません。トランザクション レプリケーションのすべての変更をユーザー プロファイルに複製または何もまったくレプリケートします。したがって、ユーザー プロファイルの一部のファイルが複製されて、他のファイルがレプリケートされていないユーザーが、中央のファイル サーバーにフェールオーバーする前に。
  • クライアント コンピューターがフェイル オーバーを中央のファイル サーバーに DFS N のクライアント、次のシナリオのいずれかで。
    • クライアント コンピューターのデータにアクセスするサーバー メッセージ ブロック (SMB) 経由でブランチ オフィスのファイル サーバーとネットワークの一時的な問題があります。
    • クライアント コンピューターは、ブランチ オフィスのファイル サーバーから SMB 経由でデータをアクセスするときに、特定のエラー コードがあります。
    ブランチ オフィスのファイル サーバーが利用可能なときでも、リダイレクトが表示されることがあります。したがって、ユーザーより高いレベルで、ブランチ オフィスのファイル サーバーのターゲットの紹介の優先度を構成した場合でも、中央のファイル サーバーにリダイレクトされます。

潜在的なデータ整合性またはサポートされていないシナリオで発生するデータの古さの問題

読み書き可能レプリカを中央のファイル サーバーのレプリケート フォルダーには、次の問題が発生します。
  • 前回のログオン時にユーザーによって行われたすべての変更は、中央のファイル サーバーにレプリケートされていないために、移動ユーザー プロファイルが破損します。したがって、ユーザーは、古くなっているか、移動プロファイルの不完全なコピーが次回のログオン時に変更可能性があります。ユーザー プロファイルの破損があります。
  • 古いまたはブランチ オフィスのファイル サーバー上のデータと同期を中央のファイル サーバー上のデータがあるので、ユーザーはデータの損失やデータの破損発生ことがあります。ユーザー データ、ユーザー データの最新の変更がまだレプリケートされていないために、古くなった。
  • ユーザーは、中央のファイル サーバー上のユーザー データの古いコピーを編集するときに、ブランチ オフィスのファイル サーバー上のデータの最新性、中央のファイル サーバー上のデータが上書きされます。DFS-R では、マルチ マスター レプリケーション エンジンが競合しているファイルの最後の書き込みを優先の競合解決ヒューリスティックを使用しているために、この問題が発生します。
中央のファイル サーバーのレプリケート フォルダーを読み取り専用レプリカ、次の問題が発生します。
  • ユーザーは、中央のファイル サーバーに送信、する場合は、アプリケーションおよびユーザーことはできません、共有フォルダーに格納されているファイルを変更します。ユーザーは混乱する前に変更できるファイルが突然読み取り専用になります。
  • ユーザーは、中央のファイル サーバーに送信、彼の最後のログオン時にユーザーによって行われたすべての変更は、中央のファイル サーバーにレプリケートされていないため、移動ユーザー プロファイルが破損します。また、ローミング ユーザー プロファイルのインフラストラクチャ書き込むことができません戻る変更プロファイルに、ユーザーがログオフしたときに。
  • 古いまたはブランチ オフィスのファイル サーバー上のデータと同期を中央のファイル サーバー上のデータがあるので、ユーザーはデータの損失やデータの破損発生ことがあります。ユーザー データ、ユーザー データの最新の変更がレプリケートされていないために、古くなった。さらに、同期エラーまたは競合がコンピューターに変更されるファイルのユーザーが表示されます。レプリケート フォルダーを読み取り専用であるためユーザーは、競合を解決できません。
.

プロパティ

文書番号: 2533009 - 最終更新日: 2014年3月8日 - リビジョン: 2.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows Server 2003 R2 Datacenter Edition (32-Bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003 R2 Datacenter x64 Edition
  • Microsoft Windows Server 2003 R2 Enterprise Edition (32-Bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003 R2 Enterprise x64 Edition
  • Windows Server 2008 Datacenter
  • Windows Server 2008 Datacenter without Hyper-V
  • Windows Server 2008 Enterprise
  • Windows Server 2008 Enterprise without Hyper-V
  • Windows Server 2008 R2 Datacenter
  • Windows Server 2008 R2 Enterprise
  • Windows Server 2012 Standard
  • Windows Server 2012 Datacenter
  • Windows Server 2012 R2 Standard
  • Windows Server 2012 R2 Datacenter
キーワード:?
kbinfo kbexpertiseadvanced kbdfs kbsurveynew kbmt KB2533009 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:2533009
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com