マイクロソフト マルウェア防止のトラブルシューティング ツールの説明

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 2534555
すべて展開する | すべて折りたたむ

マイクロソフト マルウェア防止のトラブルシューティング ツールを実行します。


元に戻す画像を拡大する
assets mats1
診断し、自動的に Windows のセキュリティ上の問題を修正します。 トラブルシューティングこの資料に記載されている問題を自動的に修復することがあります。
このトラブルシューティングは、多くの問題を修正します。詳細情報今すぐ実行します
元に戻す画像を拡大する
assets mats2

概要

マイクロソフト マルウェア防止のトラブルシューティング ヘルプは、コンピューターをスキャンし、Windows オペレーティング システムの最新のセキュリティを提供するためには、現在の設定に基づいて、推奨される変更を行うに設計されています。コンピューターの防御を構築することがウイルスやその他の悪意のあるソフトウェアからコンピューターを保護します。

マイクロソフト マルウェア防止のトラブルシューティング ツールは、次の。
  • Windows ファイアウォールをオンにします。Windows ファイアウォールを有効にすると、悪意のあるソフトウェアの可能性がある PC との通信をブロックすることにより、コンピューターが保護されます。
  • ウイルス対策ソフトウェア: アンチ ウイルス保護ステータスをチェックします。最新でない場合は、ウイルス対策プログラムを更新するように求められます。 またはリアルタイム保護を有効にします。アンチ ウイルス プログラムがインストールされていない場合は、Microsoft Security Essentials を使用するか、[その他のセキュリティ ・ ソフトウェア ・ パートナーに関する詳細情報を提供するが。
  • 自動更新をオンにします。Windows の更新プログラムは、お使いの PC を最新を保護し、パフォーマンスを向上させるを自動的にダウンロードし、マイクロソフトのセキュリティおよび機能の最新の更新プログラムをインストールしてです。これにより、重要かつ推奨される更新プログラムがダウンロードされることを確認します。
  • 悪意のあるまたは安全ではないポップアップに自動的に表示されるを防ぐことによって安全に web の閲覧、ポップアップ ・ ブロッカー: ポップアップ ブロックを有効にすると作成されます。
  • リモート レジストリ: Windows リモート レジストリ サービスを有効にリモート ユーザーにこのコンピューター上のレジストリ設定を変更します。このサービスが停止している場合は、ネットワーク上で、レジストリではなく、このコンピューターのユーザーのみが変更できます。
  • Internet Explorer: パッケージについては、最新バージョンの Internet Explorer がインストールされている場合。それは、また、セーフ ブラウジング経験があることを確認するには、現在のプライバシー設定を変更します。パッケージをオンラインにする際、コンピューターにアクセスしようとすると、悪意のある脅威から保護するのに役立つ、閲覧の履歴、インターネットのキャッシュが削除されます。
  • ユーザー アカウント制御 (UAC) を有効にします。ユーザー アカウント制御 (UAC) 悪意のあるソフトウェアは、お客様の同意なしにコンピューターの設定を変更できなくなります。
  • プロキシ設定: 悪意のあるソフトウェアが、そのため困難を取得、オンライン、インターネットのプロキシの設定を変更した場合、パッケージ設定がリセットされます、通常、インターネットを参照できるようにします。

詳細

Windows ファイアウォール

Windows ファイアウォールを有効にする方法の詳細についてを参照してください。Microsoft Security Essentials

Microsoft Security Essentials の詳細についてを参照してください。 http://windows.microsoft.com/en-US/windows/products/security-essentials

Windows Update

Windows の更新プログラムの詳細についてを参照してください。 http://windows.microsoft.com/en-US/windows/help/windows-update

Internet Explorer

セキュリティ プライバシーの設定、ポップアップ ブロック、および Internet Explorer のプロキシ設定の詳細についてを参照してくださいしてください。ユーザー アカウント制御

ユーザー アカウント制御 (UAC) についての詳細を参照してください。 http://windows.microsoft.com/en-US/windows-vista/What-is-User-Account-Control


コンピューターのセキュリティ

ウイルスやその他の悪意のあるソフトウェアからコンピューターを保護する方法の詳細についてを参照してください。 http://www.microsoft.com/security/default.aspx

プロパティ

文書番号: 2534555 - 最終更新日: 2014年2月8日 - リビジョン: 9.0
キーワード:?
kbmt KB2534555 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:2534555
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com