Outlook 2000 プロファイル間で連絡先を共有する方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 253480 - 対象製品
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
この資料の Microsoft Outlook 2002 バージョン、について 286044 を参照してください。
: この資料で、手順は企業/ワークグループ オプションで Outlook をインストールした場合にのみ適用します。 このオプションを使用すると、MAPI (メッセージング アプリケーション プログラミング インターフェイス) サービスを使用できます。 インストール種類を確認するには [ ヘルプ ] メニューの [ バージョン情報 </a0>] をクリックします。 企業/ワークグループのインストールを持っている場合は「企業/ワークグループ」を表示します。
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料では、異なる Outlook プロファイル間で連絡先を共有する方法を解説します。 ここで説明する方法は、カレンダーやメールなどのほかの Outlook コンポーネントにも利用できます。

詳細

複数の Outlook プロファイル間で連絡先アイテムの共有が必要な場合があります。 代わりに、1 つの Outlook プロファイルから、既定の個人用フォルダー ファイル (.pst) 内または独自の個人用フォルダー ファイルに別の連絡先フォルダー、連絡先フォルダーを使用する連絡先フォルダーをコピーすることがあります。

プロファイル間で連絡先フォルダを共有するには、対象のプロファイルがすべて同一の Microsoft Exchange Server メールボックスをポイントしている必要があります。 この条件が満たされないと情報の共有できず、また自動更新も行われません。

次の手順では、プロファイルの連絡先情報をほかのプロファイルにコピーまたは移動する方法を説明します。 連絡先情報のコピーや移動後は、それぞれのプロファイルで情報を変更しても、変更点はそのプロファイルにしか反映されません。 また、連絡先フォルダが個人用フォルダ ファイルに格納されている場合、そのファイルを 2 つの異なるプロファイルで同時に開くことはできません。

連絡先フォルダのコピーまたは移動は、次のいずれかの方法で行います:
  • 個別のプロファイルで別の個人用フォルダー ファイルには、1 つのプロファイルに個人用フォルダー ファイルからインポートします。
  • 別のプロファイルに個人用フォルダー ファイルに、1 つのプロファイルに個人用フォルダー ファイルからエクスポートしてフォルダー一覧には、個別を開くします。

ハウツー解説: 個人用フォルダー ファイルが、2 つ目のプロファイルで 1 つのプロファイルで、個人用フォルダー ファイルからインポートする

個別のプロファイルの個人用フォルダー ファイルを 1 つのプロファイルに個人用フォルダー ファイルからインポート: する
  1. [ ツール ] メニューの [ サービス ] をクリックします。
  2. [ サービス ] タブの [ 個人用フォルダー ] をクリックして [異なる名に、個人用フォルダーを変更したが、その名前] をクリックして、[ プロパティ ] をクリックします。 メモしておいて、パス、個人用フォルダー ファイルにください。
  3. Outlook の終了を連絡先フォルダーをインポートするプロファイルを使用して Outlook を再起動し、変換先の連絡先を開くフォルダー。
  4. [ ファイル ] メニューの [ インポートし、エクスポート ] をクリックします。
  5. [ 実行する操作の選択 ] から別のプログラムのインポート] または [ファイル ] をクリックし、 次へ]
  6. インポート元ののファイル種類の選択 を一覧表示、[ 個人用フォルダー (.pst) ] して、[ 次へ] </a0> をクリックします。
  7. インポートするファイル ] ボックスに、パスを入力するか手順 1 〜 3 で特定した個人用フォルダー ファイルが見つかりませんの 参照] をクリックします。 選択することで、目的し 次へ]
  8. インポートするフォルダーを選択 リスト、[連絡先フォルダーをインポートする] をクリックします。 クリックして必要に応じて [ サブフォルダーも探す ] チェック ボックスをオンにするを確認します。
  9. 現在のフォルダーに項目をインポート ] をクリックし、 [終了日] 。 連絡先アイテムが目的のフォルダへインポートされます。

連絡先を 1 つのプロファイルで個人用フォルダーから別のプロファイル、個人用フォルダー ファイルへエクスポートを後では、個別に [リスト] フォルダーの連絡先を開く方法

  1. [ 表示 ] メニューの [ フォルダー一覧 ] をクリックします。
  2. [ フォルダー一覧 </a0>] フォルダーを共有したいを選択します。
  3. [ ファイル ] メニューの [ インポートし、エクスポート ] をクリックします。
  4. 実行する操作の選択 一覧から [、[ファイルへエクスポート ] をし、[ 次へ] </a0> をクリックします。
  5. 作成ファイルの種類 の一覧から [ 個人用フォルダー ファイル (.pst) ] を [ 次へ ] をクリックします。
  6. 連絡先フォルダーからエクスポートするをクリックして (必要な場合は、サブフォルダーを含める 〜 の選択) し、[ 次へ] </a0> をクリックします。
  7. ボックスで、 エクスポートしたファイルの名前を付けて保存 ] ダイアログの個人用フォルダー ファイルの新しい名前を入力し、を配置、個人用フォルダーのパスを入力 [ 次へ] </a0> をクリックします。
  8. [ Microsoft 個人用フォルダーの作成 ] ダイアログ] ボックスに、 [OK] を選択します。 選択した連絡先フォルダーが新しい個人用フォルダー ファイルにエクスポートされます。
  9. 連絡先をインポートするプロファイルで Outlook を開きます。
  10. ファイル ] メニューの [には ファイルを開く ] をクリックして、[ 個人用フォルダー ファイル ] をクリックします。
  11. 手順 1 〜 8 で作成したエクスポートの個人用フォルダー ファイルを参照、個人用フォルダー ファイルをクリックし、 [OK]
Outlook では個人用フォルダー ファイル、フォルダーの一覧で選択した連絡先フォルダーが開きます。

ハウツー解説: ネット フォルダーの連絡先の共有を使用するには

ネット フォルダーは自動的に 2 つの異なるユーザー間で連絡先に情報を共有に使えます。 ネット フォルダーは自動的に同じ連絡先情報の 2 つ以上のユーザーのビューを更新するのに電子メール メッセージとルール ウィザードを使用します。 この手順は、同じユーザー プロファイル間で情報を共有の説明の以前の手順によって異なります。

電子メールを送信できる人と Outlook フォルダーを共有の詳細についてをクリックして次資料「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) 資料を参照。
195867ネット フォルダーを使用する方法

パブリック フォルダを使用して連絡先を共有する方法

Exchange Server 管理者にパブリック フォルダを作成するよう依頼すれば、複数のプロファイルおよび複数のユーザーが同時に使用できるパブリックの連絡先フォルダを作成できます。 Exchange サーバー上のパブリック フォルダーの管理の詳細については、コンピューターをクリックして次資料「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) 資料を参照します。
169198パブリック フォルダーを管理するためのヒント

プロパティ

文書番号: 253480 - 最終更新日: 2014年2月1日 - リビジョン: 4.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Outlook 2000
キーワード:?
kbnosurvey kbarchive kbhowto kbexport kbimport kbcontacts kbmt KB253480 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:253480
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com