Windows のディスク クリーンアップ ツールを自動化します。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 253597 - 対象製品
この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP253597
Notice
この資料では Windows 2000 に適用されます。2010 年 7 月 13 日が Windows 2000 のサポートは終了します。を Windows 2000 のエンド-サポートのソリューション センター Windows 2000 の移行戦略を計画する開始点です。詳細については、 マイクロソフト サポート ライフ サイクル ポリシー.
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料でコマンド ライン スイッチを使用して、ディスク クリーンアップ ツール (Cleanmgr.exe) を実行する方法について説明します。Cleanmgr.exe はコンピューターのハード ディスクから不要なファイルを消去しています。必要なファイルを削除するのには、コマンド ライン スイッチには、Cleanmgr.exe を構成できます。特定の時間にスケジュール タスク ツールを使用して、実行するには、タスクをスケジュールできます。

詳細

Cleanmgr.exe を実行または開始プログラム、[アクセサリ] をポイント、 [システム ツール] をポイントし、[ディスク クリーンアップ] をクリックして、ディスク クリーンアップ ツールを起動できます。ディスク クリーンアップは、以下のコマンド ライン スイッチがサポートされています。
  • /d ドライブ文字: -このスイッチは、ディスク クリーンアップでクリーンアップ ドライブを選択します。メモ/dスイッチを使用していません。 /sagerun。n.
  • /sageset。n -このスイッチディスク クリーンアップの設定] ダイアログ ボックスが表示され、選択した設定を保存するのには、レジストリ キーを作成します。を n 値がレジストリに格納されている、ディスク クリーンアップを実行するためのさまざまなタスクを指定できます。を n 値は、0 〜 65535 の整数値を指定できます。/Sagesetスイッチを使用する場合、使用可能なすべてのオプションを取得するには、Windows インストールを含むドライブの文字を指定する必要があります。
  • /sagerun。n -指定したタスクに割り当てられているこのスイッチを実行、 n\sagesetスイッチを使用して値を指定します。コンピューター内のすべてのドライブを列挙するされます、および各ドライブに対して選択したプロファイルが実行されます。

    たとえば、スケジュールされたタスクは、次のコマンド実行後実行でした、 「cleanmgr」/sageset:11 コマンド:
    「cleanmgr」/sagerun:11
    ディスク クリーンアップで指定したオプションがこのコマンドを実行、 「cleanmgr」/sageset:11 command.
/Sagesetおよび/sagerunスイッチを使用して指定することができますディスク クリーンアップの使用できるオプションは次のとおりです。
  • セットアップの一時ファイル - これらのファイルが必要です。動作していないセットアップ プログラムによって作成されました。
  • プログラム ファイルのダウンロード - ダウンロードしたプログラム ファイルは、ActiveX コントロールおよび Java のプログラムを特定のページを表示したときにインターネットから自動的にダウンロードされます。ダウンロードされたプログラム ファイル フォルダー、ハード ディスク上に一時的に格納されます。このオプションにはでは削除されるファイルを表示するファイルを表示するボタンが含まれます。ボタンは、C:\Winnt\Downloaded プログラム ファイル フォルダーを開きます。
  • インターネット一時ファイル、インターネット一時ファイル フォルダーに Web ページすばやく表示するハード ディスク上に保存されているにはが含まれます。Web ページ用の個人用設定はそのまま残されます。このオプションには、削除するファイルを表示するファイルを表示するボタンが含まれます。C:\Documents と Settings\ ボタンが表示されます。ユーザー名\Local Settings\Temporary インターネット Files\Content.IE5 フォルダー。
  • Chkdsk は、ディスクのエラーをチェックすると古い Chkdsk ファイル - 破損ファイルの断片をディスクのルート フォルダー内のファイルとして保存可能性があります。これらのファイルは必要ないので削除できます。
  • ごみ箱 - ごみ箱には、コンピューターから削除したファイルが含まれます。これらのファイルは、ごみ箱を空にするまで完全には削除されません。このオプションには、ごみ箱を開くファイルの表示ボタンが含まれます。
  • 一時ファイル - プログラムを Temp フォルダーに一時的な情報も保存します。プログラムが終了する前に、通常、この情報を削除します。1 週間以上変更されていない一時ファイルは安全に削除できます。
  • 一時オフライン ファイル - 一時オフライン ファイルはネットワークから切断されているときに使用できるように自動的に自動的にキャッシュされる最近使用したネットワーク ファイルのローカル コピーです。オフライン ファイル フォルダーを開くファイルの表示ボタンがします。
  • オフライン ファイル - 一時ファイルがネットワークから切断されているとき、使用できるようにすることはオフラインで利用可能なネットワーク ファイルのローカル コピーです。オフライン ファイル フォルダーを開くファイルの表示ボタンがします。
  • 古いファイルの圧縮 - Windows が使用していないファイルを圧縮できます。ファイルを圧縮中に有効にするが、それらを使用するディスク領域を節約します。ファイルは削除されません。ファイル、圧縮率が異なるため、表示により得られるディスク領域の量は概算です。[オプション] ボタンを使用していないファイルを圧縮するまでの日数を指定することができるがあります。
  • コンテンツ インデクサーでインデックス サービスのカタログ ファイルは、高速にし、ディスク上のファイルのインデックスを保持することによってファイルの検索を改善します。これらのファイルは前回のインデックス操作である場合、安全に削除することができます。
Windows インストールを含むドライブを選択すると、これらのディスクのクリーンアップ] タブで利用できます。他のドライブは、ごみ箱のみを選択したかどうか、 コンテンツ インデックス カタログ ファイル オプションは、 [ディスク クリーンアップ] タブで利用可能です。

[詳細オプション] タブの Windows コンポーネントをクリーンアップするオプションが含まれています。 またはインストールされているプログラム。使用していないオプションの Windows コンポーネントを削除して空き領域を作成するのには、[ Windows コンポーネント] オプションを使用できます。このオプションの[クリーンアップ] ボタンをクリックすると、Windows コンポーネント ウィザードを起動します。使用しないプログラムを削除してディスク領域を解放するには、インストールされているプログラム] オプションを使用できます。このクリーンアップ] ボタンをクリックすると開始、 変更またはプログラムの削除] [プログラムの追加と削除] ツールのオプションです。

その他の情報


この資料の Windows XP バージョンを参照してください。 315246.

メモ: ディスク クリーンアップのオプションでドライブの全般的なプロパティと、cleanmgr.exe が既定で Windows Server 2008 または Windows Server 2008 R2 に存在できません。ディスクのクリーンアップ] ボタンを作成する方法の詳細については、または cleanmgr.exe の Windows Server 2008 または Windows Server 2008 R2 の場合は、次の Web サイトを参照してください。

.aspx の http://technet.microsoft.com/en-us/library/ff630161 (v=ws.10)



プロパティ

文書番号: 253597 - 最終更新日: 2012年12月17日 - リビジョン: 0.1
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows 2000 Server
  • Microsoft Windows 2000 Advanced Server
  • Microsoft Windows 2000 Professional
  • Microsoft Windows XP Home Edition
  • Microsoft Windows XP Professional
  • Microsoft Windows XP Professional x64 Edition
  • Microsoft Windows Server 2003 Service Pack 2
  • Microsoft Windows Server 2003 R2 Datacenter x64 Edition
  • Microsoft Windows Server 2003 R2 Datacenter x64 Edition with Service Pack 2
  • Microsoft Windows Server 2003 R2 Enterprise Edition (32-Bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003 R2 Enterprise x64 Edition
  • Microsoft Windows Server 2003 R2 Standard Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003 R2 Standard x64 Edition
  • Microsoft Windows Server 2003, Datacenter Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, Datacenter Edition for Itanium-Based Systems
  • Microsoft Windows Server 2003, Datacenter x64 Edition
  • Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition for Itanium-based Systems
  • Microsoft Windows Server 2003, Enterprise x64 Edition
  • Microsoft Windows Server 2003, Standard Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, Standard x64 Edition
  • Windows Vista Business
  • Windows Vista Business 64-bit edition
  • Windows Vista Enterprise
  • Windows Vista Enterprise 64-bit edition
  • Windows Vista Home Basic
  • Windows Vista Home Basic 64-bit edition
  • Windows Vista Home Premium
  • Windows Vista Home Premium 64-bit edition
  • Windows Vista Service Pack 2
  • Windows Vista Ultimate
  • Windows Vista Ultimate 64-bit edition
  • Windows Server 2008 Service Pack 2
  • Windows Server 2008 R2 Datacenter
  • Windows Server 2008 R2 Datacenter without Hyper-V
  • Windows Server 2008 R2 Enterprise
  • Windows Server 2008 R2 Enterprise without Hyper-V
  • Windows Server 2008 R2 for Itanium-Based Systems
  • Windows Server 2008 R2 Standard
  • Windows Server 2008 R2 Standard without Hyper-V
  • Windows Server 2008 R2 Service Pack 1
  • Windows 7 Enterprise
  • Windows 7 Home Basic
  • Windows 7 Home Premium
  • Windows 7 Professional
  • Windows 7 Ultimate
  • Windows 7 Service Pack 1
  • Windows Server 2008 Datacenter
  • Windows Server 2008 Datacenter without Hyper-V
  • Windows Server 2008 Enterprise
  • Windows Server 2008 Enterprise without Hyper-V
  • Windows Server 2008 for Itanium-Based Systems
  • Windows Server 2008 Standard
  • Windows Server 2008 Standard without Hyper-V
キーワード:?
kbhotfixserver kbqfe kbinfo kbmt KB253597 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:253597
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com