SharePoint Foundation 2010 の修正プログラム パッケージ (sts x none.msp) の説明: 2011 年 6 月 30 日

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 2536591 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料では、2011 年 6 月 30 日にリリースされた SharePoint Foundation 2010 の修正プログラム パッケージで修正される Microsoft SharePoint Foundation 2010 の問題について説明します。

既知の問題 1

この修正プログラムの以前のビルドをインストールした後、次のサービスが、ファーム管理者アカウント以外のユーザー アカウントを使用してこれらのサービスを実行する場合は、ランタイムまたはプロビジョニング プロセスで失敗し。

  • セッション状態サービス
  • セキュリティで保護されたストア サービス
  • ビジネス データ接続 (BDC) サービス

メモ この問題は、この修正プログラム パッケージで修正します。


既知の問題 2

この修正プログラムをインストールした後を正常に動作するには、プロファイルの同期のユーザー プロファイルの同期サービスを再起動する必要があります。

回避策

この問題を解決するには、以下の手順を実行します。

  1. サーバーの全体管理を参照してください。
  2. [システム設定] セクションで、サービスの管理] をクリックします。
  3. サービスの一覧で、ユーザー プロファイルの同期サービスを検索し、場合は、その状態が開始し、[停止] をクリックします。[スタート] ボタンし、その状態が停止になるとすぐに、ユーザー プロファイルの同期サービスを開始する資格情報を指定します。

はじめに

この修正プログラム パッケージで修正される問題

  • リストに複数のビューで Microsoft SharePoint Foundation 2010 ビューが場合、 現在のビュー ドロップ ダウン ボックスはアルファベット順には表示されません。
  • SharePoint Foundation 2010 の web アプリケーションのセキュリティ アサーション マークアップ言語 (SAML) トークンを使用すると、情報権利管理 (IRM) が機能していません。
  • DspSts の web サービス、および web サービス SharePoint Foundation 2010 で残されて、DspSts の出力パラメーターと入力パラメーターのメソッドです。したがって、DspSts の web サービスを使用すると、結果が返されない期待されます。
  • 次のシナリオについて考えてみましょう:
    • SharePoint Foundation web アプリケーションを作成するとします。この web アプリケーションのアプリケーション プール id は、ファーム管理者の資格情報で実行しています。
    • クレーム認証アカウントを使用して、web アプリケーションにログオンします。
    • ファーム管理者のアクセス許可が必要なタスクを実行するとします。たとえば、サイト コレクションを作成しようとしました。

    このシナリオでは、次のエラー メッセージが表示されます。

    アクセスが拒否されました
  • 次のシナリオについて考えてみましょう:
    • Id プロバイダーからの認証を使用して、SharePoint Foundation 2010 のサイトを構成します。
    • セキュリティ アサーション マークアップ言語 (SAML) トークンを使用するには id プロバイダーにログオンします。
    • SharePoint ページにリダイレクトした後、web ブラウザーで [戻る] ボタンを押します。

    このシナリオでは、id プロバイダー] ページの SharePoint ページの間で無限ループが発生します。
  • 次のシナリオについて考えてみましょう:
    • SharePoint Foundation 2010 を使用するには、SQL Server Reporting Services を構成できます。
    • アクセス許可の継承を中断している SharePoint リストがあります。
    • レポート サービスを使用するには、SharePoint リストのデータ ソースからレポートを生成します。

    このシナリオでは、次のエラー メッセージが表示されます。

    レポートの処理中にエラーが発生しました。(rsProcessingAborted)
    DataSet1 データセットの次のデータ行を読み取ることができません。(rsErrorReadingNextDataRow)
    このエラーに関する詳細情報は、ローカル サーバー上のレポート サーバーに移動またはリモート エラーを有効にします。
  • 次のシナリオについて考えてみましょう:
    • SharePoint Server 2010 では、Active Directory フェデレーション サービス (ADFS) の認証を使用するサイト コレクションの個人用サイトのページがあります。
    • 使用します。 匿名アクセス 個人用サイトのページにアクセスするアクセス許可。
    • 使用して個人用サイトのページを表示しようとすると、 ReturnUrl URL にクエリ文字列パラメーター。

    このシナリオでの ADFS 認証ページに、[資格情報] ダイアログ ボックスが表示されます。クリックした場合 [キャンセル] 資格情報の設定] ダイアログ ボックスで、次のエラー メッセージが表示されます。

    要求が HTTP ステータス 401 で失敗しました: 承認されていません。
  • SharePoint Foundation 2010 では、信頼されたクレーム認証になってと仮定します。URL にスペース文字を含むを SharePoint サイトにアクセスしようし、します。この状況で、次のエラー メッセージが表示されます。

    Http エラー 400 不正な要求
  • 次のシナリオについて考えてみましょう:
    • SharePoint Foundation 2010 では、予定表リストを作成します。
    • カスタマイズされたコンテンツ タイプを構成するには、[予定表] ボックスの一覧で。
    • このカレンダーのリストは、テンプレートとして保存します。
    • テンプレートを使用するには、新しい予定表リストを作成します。

    このシナリオでは、新しい予定表リストのコンテンツ タイプの設定が予期せず変更されます。
  • 次のシナリオについて考えてみましょう:
    • 空のサイト テンプレートを使用するには、SharePoint Foundation 2010 のサイト コレクションの下にサブサイトを作成します。
    • この新しいサブサイトの wiki ページのホーム ページ機能を有効にするとします。ここで、サイド リンク バー ] メニューの [新しいリンクが作成されます。
    • リンクをクリックするとします。

    このシナリオでは、不正なページに送信されます。
  • 次のシナリオについて考えてみましょう:
    • SharePoint Foundation 2010 では、ドキュメント セット機能を有効にするとします。
    • ドキュメント ライブラリを作成し、追加ドキュメントをドキュメント ライブラリにコンテンツ タイプを設定します。
    • ドキュメント ライブラリをテンプレートとして保存するとします。
    • このテンプレートを使用するには、新しいドキュメント ライブラリを作成します。
    • ドキュメント ライブラリを開きます。

    この場合、既存のドキュメントはドキュメント セットではなくフォルダーとして表示を設定します。
  • ユーザーが SharePoint Foundation サイトで複数の個人用ビューを作成します。これらの個人用のビューの間で切り替えると、現在表示されているビューにビューの名前は更新されません。
  • 次のシナリオについて考えてみましょう:
    • AlternateHeaderプロパティまたはSiteLogoUrlプロパティでは、SharePoint Foundation 2010 のサイトの値をカスタマイズします。
    • このサイトをテンプレートとして保存するとします。
    • このテンプレートを使用するには、新しいサイトを作成します。

    このシナリオでは、 AlternateHeaderプロパティまたはSiteLogoプロパティには新しいサイトでの値が正しくありません。
  • 次のシナリオを検討してください。SharePoint Foundation 2010 では、番号を開始するリストの名前があります。Listdata.svc データ サービスへのサービス参照を Visual Studio で作成しようとするとします。このシナリオでは、次のエラー メッセージが表示されます。

    エラー 7001: スキーマの指定が正しくありません。
  • 渡すと、エラーが発生します エディター 属性を GetVersionCollection SharePoint Foundation では、Lists.asmx Web サービスのメソッド。
  • 次のシナリオを検討してください。SharePoint Foundation 2010 のリストを含むサイト コレクションをエクスポートするとします。次に、サイト コレクションをインポートします。このシナリオで、 LastItemModifiedDate リストのプロパティは保持されません。代わりに、 LastItemModifiedDate プロパティは、インポート時に設定されます。
  • 次のシナリオについて考えてみましょう:
    • セキュリティ グループを追加するには、既存の SharePoint Foundation 2010 サイトにします。Active Directory ドメイン サービス (AD DS) では、セキュリティ グループが作成されます。
    • SharePoint サイトにエクスポートします。
    • AD DS のセキュリティ グループの名前を変更するとします。
    • 新しい SharePoint サイトを SharePoint サイトをインポートします。

    このシナリオでは、インポートしたセキュリティ グループは、ユーザーに変更されます。さらに、 stsadm ? o migrategroup コマンドは機能しません。
  • 次のシナリオについて考えてみましょう:
    • クリックする、バリエーション リンクは、Windows SharePoint Services 3.0 の発行サイトにバリエーション設定を構成します。
    • クリックする、バリエーション ラベル リンクを 2 つのバリエーション ラベルを作成します。
    • 階層を作成するには、階層の作成リンクをクリックするとします。
    • ソース バリエーション サイトで新しい発行ページを作成します。
    • 新しい発行ページを発行して、ページの伝達するまで待ちます終了します。
    • 保存しようとするし、ターゲット バリエーション サイトでページを編集する.

    このシナリオでは、次のエラー メッセージが表示されます。

    このリストの設定が変更されました。このリストを編集する前に、ブラウザーを更新します。
  • 次のシナリオを検討してください。リストを作成するディスカッション掲示板は、SharePoint Foundation 2010 で。フラットビューまたはスレッドビューでの返信を複数のページを作成します。このシナリオでは、改ページ コントロールは、正しくない項目の範囲が表示されます。また、ページの応答を逆方向に改ページコントロールを使用すると、改ページ コントロールが悪い状態に。
  • 使用すると、特定の Unicode 文字が正しく処理されない、 SPWebApplication.MigrateUsers SharePoint Foundation 2010 では、認証を要求するユーザーの移行を実行する方法です。したがって、この動作は無効なユーザー アカウントのエントリになります。
  • 次のシナリオについて考えてみましょう:
    • SharePoint Server 2010 では、既存の web アプリケーションに新しいサイトを作成します。
    • SharePoint Server 発行インフラストラクチャ機能を有効にするとします。
    • 承認ワークフロー、フィードバックの収集ワークフロー署名の収集ワークフローなどの特定のワークフローに関連付けるコンテンツ タイプのプロジェクトのページを構成します。
    • エンタープライズ wiki に新しいサブサイトを作成しようとするとします。

    このシナリオでは、次のエラー メッセージが表示されます。

    競合を保存します。
    他のユーザーが同時に行ったとが競合しています。Web ブラウザーに戻る] をクリックして変更を適用する場合は、ページを更新および変更内容の再送信。
    Microsoft SharePoint Foundation に関する問題のトラブルシューティングを行います。
    相関関係 ID: {GUID}
    日付と時刻: {MM と DD/YYYY HH:MM:SS A/PM}
  • SharePoint Foundation 2010 でワークフローの状態] ページで、リスト アイテムのタイトルをクリックするときに、リスト アイテムのリンクが壊れています。
  • 次のシナリオを検討してください。オフにする、 非同期の読み込みを有効にします。 SharePoint Foundation 2010 では、XSLTListView の Web パーツのプロパティ ウィンドウでチェック ボックスします。その後、XSLTListView の Web パーツのプロパティ] ウィンドウでもう一度このチェック ボックスを確認します。このシナリオでは、このチェック ボックスが選択されています。
  • 次のシナリオを検討してください。200 を超えるサブサイトおよびリストは、SharePoint オブジェクト モデルを使用して作成されます。、 BreakRoleInheritance メソッドし、呼ばれ中、それらのサブサイトに作成プロセスを示します。このシナリオでは、SharePoint Foundation 2010 では、SQL のデッドロックが発生します。
  • SharePoint Foundation 2010 ソリューション パッケージを使用すること、 バインディング リダイレクト アセンブリ 属性は使用できません特定の PublicKeyTokens。
  • この修正プログラムにより、新しい ForceDeleteSite メソッドを SPContentDatabase クラスです。このメソッドは、既存のと機能的に等しい stsadm ? o deletesite-強制 command.
  • 次のシナリオについて考えてみましょう:
    • コンテンツ展開を実行するには、SharePoint Foundation 2010 で、展開先の web アプリケーションをソースの web アプリケーションから。
    • 元の web アプリケーションで言語が [言語] セクションを選択します。
    • 増分、コンテンツ展開を実行するとします。

    このシナリオでは、展開先の web アプリケーションで、別の言語の設定は変更されません。
  • 特定のデータベースが含まれている場合に、コンテンツ データベースをアップグレードできませんは Web パーツを SharePoint Server 2010 ではないです。
  • 次のシナリオについて考えてみましょう:
    • SharePoint Foundation 2010 では、wiki ページ ライブラリを作成します。
    • この wiki ページ ライブラリは、ライブラリ自体内のページに Web パーツとして追加します。
    • このテンプレートとしてすべての内容が含まれている SharePoint サイトに保存します。
    • このテンプレートを使用するには、新しい SharePoint サイトを作成します。
    • Wiki ページのライブラリで、新しい SharePoint サイトの Web パーツを含むページにアクセスしようとするとします。

    このシナリオでは、次のエラー メッセージが表示されます。

    予期しないエラーが発生しました。
  • SharePoint Foundation 2010 サイトのディスカッションのリストを作成することを想定しています。マイクロソフト サポート技術情報 (KB) 資料 2479788 に記載されている修正プログラム パッケージを適用した後このディスカッションのリストにアクセスできません。
  • 2516472 は、技術情報の記事に記載されている修正プログラム パッケージを適用した後、信頼済みの Id クレーム プロバイダーは SharePoint Foundation 2010 で SharePoint のユーザー選択ウィンドウを開いたときに表示されません。
  • 次のシナリオについて考えてみましょう:
    • グループを作成する新しいリスト ビューの結果では、SharePoint Foundation 2010 のリストを降順で。
    • リスト ビューで、ページごとに表示されるグループの数を構成します。
    • リスト ビューで、ページごとに構成されているグループの数を超える十分なリスト項目を追加します。
    • リストを使用する新しいビューを項目、SharePoint リストで。

    このシナリオでは、すべてのグループと項目をリスト ビューに表示されますが表示されます。
  • 次のシナリオについて考えてみましょう:
    • SharePoint Foundation 2010 では、移動先のサイトにソース ・ サイトからのコンテンツを展開します。
    • ドキュメント ライブラリにアクセスするには、移動先サイトで変更を加えずに。
    • 移動先のサイトのすべてのサイト コンテンツの表示] をクリックします。

    このシナリオの値で、 最後に変更されました。 内の列、 すべてのサイト コンテンツ ページが、現在の日付または現在の時刻に変更されます。
  • 先の SharePoint Server 2010 ファームでは、増分のコンテンツ展開を実行することを想定しています。このような場合は、展開先ファームにソース ファーム上の別の言語設定の変更は反映されません。
  • 2553060 RSS フィードには、SharePoint Server 2010 の検索コア結果 Web パーツのクエリ結果を表示しません。
  • 2553059 SharePoint Server 2010 では、検索を実行すると、破損した web ページを生成する検索 Web パーツのページング
  • 2553058 SharePoint Server 2010 では、複数の Acl が適用されているコンテンツ インデックスから検索結果を返すに予想よりも長い
  • 2553057 SharePoint Server 2010 では、著者名で検索すると誤った結果が返さ検索機能
  • 2553056 SharePoint サーバーのクエリを 1 つ以上が SharePoint Server 2010 ファームで、SharePoint のクエリ サーバーが停止した場合、SearchServiceApplication.Pause() コマンドの検索結果が返されない
  • 2552995 SharePoint Server 2010 では、ドキュメント ライブラリにファイルを保存するときに、ファイルのコンテンツ タイプを選択する必要があります。
  • 2552142 インストールした後 Office オンラインの SharePoint Server 2010 検索が不完全な結果が返されます
  • 2551695 ページが表示されない検索結果ページを SharePoint Server 2010 では、エクストラネット環境に、警告を作成した後
  • 2537540 SharePoint の正常性アナライザー ルールは自動的に SharePoint Server 2010 では、プロパティ ストアの最適化を行いません
  • 2537539 クエリがタイムアウトしたとき、検索結果を返す、検索サーバー 2010 SharePoint Server 2010 または SharePoint Foundation 2010 では 10 秒以上を要する場合
  • 2532279 SharePoint Foundation 2010 では、基本コンテンツ タイプを基にした別のコンテンツ タイプを作成することはできません。

解決方法

修正プログラムの情報

サポートされている修正プログラムをマイクロソフトから入手することができます。ただし、この修正プログラムはこの資料に記載されている問題のみを修正するものです。この修正プログラムは、この資料に記載されている問題が発生しているシステムのみに適用してください。この修正プログラムには、さらに追加テストが行われる可能性があります。したがって、この問題により深刻な影響を受けていない場合は、この修正プログラムを含む次のソフトウェア更新プログラムのリリースを待つことをお勧めします。

修正プログラムがダウンロード可能な場合は、この記事の上部に「修正プログラムのダウンロード」セクションが表示されます。このセクションが表示されない場合は、マイクロソフト カスタマー サービス & サポートへお問い合わせいただき、修正プログラムを入手してください。

メモ その他の問題が発生した場合、またはトラブルシューティングが必要な場合は、別のサービス リクエストを作成する必要があります。追加の質問およびこの特定の修正プログラムの対象とならない問題については、通常のサポート料金が適用されます。マイクロソフト カスタマー サービス & サポートの電話番号の一覧、または別のサービス リクエストを作成するには、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。
http://support.microsoft.com/contactus/?ws=support
メモ 「修正プログラムのダウンロード」フォームには、修正プログラムを利用可能な言語が表示されます。お使いの言語が見つからない場合は、修正プログラムがその言語で利用可能ではありません。

前提条件

この修正プログラムをインストールするには SharePoint Foundation 2010 のインストールが必要です。

再起動の必要性

この修正プログラムの適用後、コンピューターを再起動する必要はありません。

修正プログラムの置き換えに関する情報

この修正プログラムは、以前にリリースされた修正プログラムを置き換えません。

レジストリ情報

このパッケージに含まれるいずれの修正プログラムを使用する場合も、レジストリに変更を加える必要はありません。

ファイル情報

この修正プログラムには、製品を最新のビルドに更新するために必要なすべてのファイルが含まれているとは限りません。この修正プログラムにはこの資料に記載されている問題を解決するために必要なファイルのみが含まれます。

この修正プログラム パッケージのグローバル版は、Microsoft Windows インストーラー パッケージを使用して修正プログラム パッケージをインストールします。これらのファイルの日付および時刻は、標準世界時 (UTC) で次の表に表示されています。ファイル情報を表示すると、日付はローカル時刻に変換されます。UTC とローカル時刻との時差を確認するには、コントロール パネルの [日付と時刻] アイテムで [タイム ゾーン] タブを使用します。


ダウンロード情報

元に戻す全体を表示する
ファイル名ファイル バージョンファイル サイズ日付時間
Sharepointfoundation2010-kb2536591-時-x 64-glb.exe14.0.6106.500234,329,12030-6 月-1114: 23

Microsoft Windows Installer .msp ファイル情報

元に戻す全体を表示する
ファイル名ファイル バージョンファイル サイズ日付時間
Sts-x-none.msp該当なし34,426,88030-6 月-113:20

修正プログラムがインストールされている場合、この修正プログラムのグローバル バージョンが、ファイル属性または以降のバージョンのファイル属性は次の表に記載されています。

Sts-x-none.msp 情報

元に戻す全体を表示する
ファイル名ファイル バージョンファイル サイズ日付時間
Addgallery.officeonlineprovider.dll14.0.6015.100055,16820-12 月-1012:03
Csisrv.dll14.0.6106.50003,368,88012-6 月-112:24
Dwdcw20.dll14.0.6015.1000636,76820-12 月-1019:41
Microsoft.businessdata.dll14.0.6009.1000116,63220-10 月-105:14
Microsoft.sharepoint.addgallery.server.dll14.0.6015.1000124,80020-12 月-1012:03
Microsoft.sharepoint.administrationoperation.dll14.0.6010.1000829,36028-10 月-106:51
Microsoft.sharepoint.applicationpages.administration.dll14.0.6106.5001608,12819-6 月-1111:08
Microsoft.sharepoint.applicationpages.dll14.0.6106.50011,058,72019-6 月-1111:08
Microsoft.sharepoint.client.dll14.0.6106.5001288,62419-6 月-1111:08
Microsoft.sharepoint.client.dll14.0.6106.5001288,62419-6 月-1111:08
Microsoft.sharepoint.client.serverruntime.dll14.0.6106.5001186,27219-6 月-1111:08
Microsoft.sharepoint.client.silverlight.dll14.0.6106.5001272,26419-6 月-1111:08
Microsoft.sharepoint.client.silverlight.runtime.dll14.0.6009.1000145,30420-10 月-106:07
します14.0.6106.500216,770,92029-6 月-111:03
します14.0.6106.500216,770,92029-6 月-111:03
します14.900.6106.50011,795,96819-6 月-1111:08
Microsoft.sharepoint.dsp.dll14.0.6105.500059,2642011/05/2118:37
Microsoft.sharepoint.dsp.oledb.dll14.0.6106.5001124,80019-6 月-1111:08
Microsoft.sharepoint.dsp.soappt.dll14.0.6106.500187,93619-6 月-1111:08
Microsoft.sharepoint.dsp.sts.dll14.0.6106.5001104,32019-6 月-1111:08
Microsoft.sharepoint.dsp.xmlurl.dll14.0.6106.500187,93619-6 月-1111:08
Microsoft.sharepoint.health.dll14.0.6017.100096,17619-1 月-114:40
Microsoft.sharepoint.identitymodel.dll14.0.6106.5002104,32029-6 月-111:03
Microsoft.sharepoint.intl.dll14.0.6010.10001,009,53628-10 月-106:51
Microsoft.sharepoint.library.dll14.0.6022.1000165,7602 〜 3 月 11 日12:01
Microsoft.sharepoint.linq.dataservice.dll14.0.6023.100051,10411 〜 3 月 11 日8:24
Microsoft.sharepoint.linq.dll14.0.6101.5000374,64013-4 月-1119:19
Microsoft.sharepoint.powershell.dll14.0.6105.5000644,9922011/05/2118:37
Microsoft.sharepoint.powershell.intl.dll14.0.6009.100067,45620-10 月-106:07
Microsoft.sharepoint.sandbox.dll14.0.6009.1000122,24820-10 月-104:31
Microsoft.sharepoint.search.dll14.0.6105.50004,849,03211 月-18-16: 38
Microsoft.sharepoint.search.intl.dll14.0.6009.1000378,78420-10 月-104:31
Microsoft.sharepoint.usercode.dll14.0.6009.100034,68820-10 月-106:07
Microsoft.sharepoint.workflowactions.dll14.0.6106.5001317,31219-6 月-1111:08
Microsoft.sharepoint.workflows.dll14.0.6106.500171,55219-6 月-1111:08
Microsoft.web.commandui.dll14.0.6016.1000137,0647-1 月-112:38
Microsoft.web.commandui.dll14.0.6016.1000137,0647-1 月-112:38
Microsoft.web.design.server.dll14.0.6106.5001382,86419-6 月-1120:47
Mssdmn.exe14.0.6105.5000790,40811 月-18-16:30
Mssearch.exe14.0.6105.5000523,65611 月-18-16:30
Mssph.dll14.0.6105.50001,672,07211 月-18-16:30
Mssrch.dll14.0.6105.50004,986,76011 月-18-16:30
Offparser.dll14.0.6106.50002,915,23212-6 月-110:38
Oisimg.dll14.0.6106.5001194,94419-6 月-1111:08
Oleparser.dll14.0.6106.500132,68019-6 月-1111:08
Onetnative.dll14.0.6106.5000584,07212-6 月-111:24
Onetutil.dll14.0.6106.50022,982,26429-6 月-1117: 14
Onfda.dll14.0.6106.50002,782,60012-6 月-112:21
Owssvr.dll14.0.6106.50026,588,80029-6 月-111:03
Owstimer.exe14.0.6106.500174,09619-6 月-1111:08
Policy.12.0.microsoft.sharepoint.search.dll14.0.6013.100011,16819-11 月-108:01
Psconfig.exe14.0.6009.1000567,19220-10 月-106:07
Psconfigui.exe14.0.6009.1000825,24020-10 月-106:07
Query.dll14.0.6015.1000371,05620-12 月-1012:30
Setup.exe14.0.6010.10001,377,14428-10 月-107:54
Spuchostservice.exe14.0.6105.5000108,4962011/05/2118:37
Spucworkerprocess.exe14.0.6015.100047,05620-12 月-1012:03
Spucworkerprocessproxy.exe14.0.6009.1000124,89620-10 月-106:07
Spwriter.exe14.0.6106.500141,85619-6 月-1111:08
Stsadm.exe14.0.6106.5001346,02419-6 月-1111:08
Stssoap.dll14.0.6106.5001472,96019-6 月-1111:08
Stswel.dll14.0.6106.50023,253,12029-6 月-111:03
Tquery.dll14.0.6106.50005,646,2168-6 月-114:33
Wssadmin.exe14.0.6010.100015,79228-10 月-106:51
Wsssetup.dll14.0.6015.10007,588,20020-12 月-1020:24
Wsstracing.exe14.0.6106.5000107,90412-6 月-110:38

関連情報

ソフトウェア更新プログラム関連用語の詳細については、次の資料番号をクリックして Microsoft サポート技術情報資料を参照してください。
824684 マイクロソフト ソフトウェア更新プログラムの説明で使用される一般的な用語の説明

プロパティ

文書番号: 2536591 - 最終更新日: 2014年6月24日 - リビジョン: 7.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft SharePoint Server 2010
キーワード:?
kbsurveynew kbqfe kbhotfixserver kbhotfixrollup kbexpertiseinter kbautohotfix kbhotfixallversions kbmt KB2536591 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:2536591
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com