Outlook の Live Meeting の会議アドインの更新プログラムの説明: 月 2011年

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 2536678
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料では、月 2011年日公開の Office Outlook 用 Microsoft Office Live Meeting 会議アドインの更新プログラムで修正される問題について説明します。このパッケージは、Live Meeting の会議アドインの Outlook のバージョン 8.0.6362.202 に更新されます。

はじめに

この更新プログラムで修正される問題

この更新プログラムには、次の Knowledge Base の資料に記載されている、以前にリリースされた更新プログラムも含まれます。
  • 2482427 Office Outlook 用会議アドインを使用して Live Meeting を作成しようとするとサブメニューの場所は、ユーザーを混乱させる可能性があります。
  • 2537288 Office Outlook の使用会議アドインでは、リモート ユーザーは、自動構成と接続のテストが失敗しました。
  • 2537291 Outlook 2010 を Office Outlook 2007 をアップグレードした後 outlook の会議アドインで無効になります

この更新プログラムには、次の以前にリリースされた更新プログラムも含まれています。
  • 2482424 Outlook 予定表で、拡張の ACSII 文字が含まれています。 Live Meeting 会議の件名が違います
  • 2482425 Office Outlook 用会議アドインが有効にできません。
  • 2482426 受信者の 1 人で Outlook のニックネーム キャッシュをオンにすると、Live Meeting 会議への招待は送信トレイ フォルダーに保持される可能性があります。
  • 2432103 追加のオプションがあります Office Outlook 用会議アドインを使用して Office 通信サーバーに基づいて Live Meeting を開始することができます
  • 2432108 ドイツ語のテキストでは、Outlook 用 Live Meeting の 2007年会議アドインを使用して作成されるミーティング招待状が会議の有人発表でドイツ語のテキストと一致しません
  • 2432109 会議] アドインを Office Outlook 2007 のバージョン 8.0.6362.190 が正常に Office Outlook 2002 SP3 にインストールすることはできません。
  • 2431899 Lync 2010 のオンライン会議に使用会議を構成した後、コントロールの [会議] アドインを Office Outlook 会議の要求には利用可能なが
  • 2432099 A レコードのみが使用可能ですが、Office Communications Server 環境で使用可能な SRV レコードがない Office Outlook 用会議アドインで接続テストに失敗しました。
  • 980931 開催者が会議の出席者を削除すると、Live Meeting サービスから会議が削除されます。
  • 980957 受信者の応答に基づいて定期的なミーティングの追跡情報は更新されません。
  • 980987 テキストの変更の有効期限を満たすミーティングのオプション] ダイアログ ボックスの [会議] アドインの Microsoft Office Outlook で利用できます。
  • 980958 Microsoft Office Outlook 2003 SP3 を使用すると、Outlook の定期的な会議は、Live Meeting の 2007年のセッションの変換が失敗しました。
  • 980954 非スケジュール「即時」Outlook 用会議アドインを使用して作成されたミーティングに参加すると出席者のスライドを共有できません。
  • 2254746 Alt キーを押しながら O キーを押して、Office Outlook 2007 の予定表で、[会議] メニューを開くことができません。
  • 2254759 "レコーディングの有効期限:"オプションが記録モードでは、Live Meeting セッションで無効になっていると会議] アドインを Outlook で引き続き使用できます。
  • 2254808 Office Outlook から Live Meeting への招待の電子メール メッセージを印刷するときに会議の実際のプロパティも印刷します。
  • 2254811 デリゲートは、Live Meeting 会議をスケジュールするとエラー メッセージ「このアカウントの所有者の代理で会議と会議をスケジュールするのには、アクセス許可がありません」
  • 2254815 Office Outlook 2010 を Office Outlook 2007 の会議アドインをインストールした後、会議呼び出しをスケジュールする」ボタンを無効にすることはできません。

解決方法

情報を更新します。

入手して、更新プログラムをインストールする方法

次に、ファイルがマイクロソフト ・ ダウンロードからのダウンロードでください。センター:

元に戻す画像を拡大する
ダウンロード
Microsoft の Live Meeting 会議アドイン保存クライアント更新月 2011年パッケージを今すぐダウンロードします。

マイクロソフトのサポート ファイルをダウンロードする方法の詳細については、Microsoft では、記事を表示するのには、次の資料番号をクリックします。ナレッジ ベース:
119591 オンライン サービスからマイクロソフトのサポート ファイルを入手する方法
Microsoft ではこのファイルのウイルスをスキャンします。Microsoft は、最も使用されます。日付が現在のウイルス検出ソフトウェア、ファイル転記されました。防止するセキュリティが強化されたサーバー上で、ファイルの保存します。ファイルに不正な変更。

前提条件

ありませんこの更新プログラム パッケージをインストールするための前提条件。

要件を再起動します。

これを適用した後コンピューターを再起動する必要があります。パッケージを更新します。

置換情報を更新します。

この更新プログラムは、Outlook Live Meeting の会議アドインの更新プログラムのバージョン 8.0.6362.201 を置き換えます。 詳細については、「サポート技術情報」資料を参照するには、次の資料番号をクリックしてください。
2505930 Outlook の Live Meeting の会議アドインの更新プログラムの説明: 2011年 2 月

レジストリ情報

この更新プログラムを適用するに変更はありませんがレジストリ。

ファイル情報

この更新可能性がありますいません。完全に、製品を更新する必要がありますすべてのファイルが含まれている、最新のビルド。この更新プログラムには修正するために必要ファイルのみが含まれています。この問題はこの資料に記載されています。

は、この修正プログラム パッケージのグローバル バージョンは、Microsoft Windows インストーラーを使用します。この修正プログラム パッケージをインストールするには、[パッケージ] をクリックします。日付および時刻これらのファイルは、世界協定時刻 (UTC)、次の表に示します。場合、ファイルの情報を表示するには、日付はローカル時刻に変換されます。検索するのにはUTC および現地時間、使用の違いを タイム ゾーン タブ日付と時刻項目コントロール パネルのします。

86

元に戻す全体を表示する
ファイル名ファイルのバージョンファイルのサイズ日付時間
Addinsca.dll8.0.6362.2021,131,27212-月-201118: 25
Confaddins_setup.exe3.0.3718.010,951,44812-月-201120: 03
Lmaddins.dll8.0.6362.2021,709,83212-月-201118: 25
Lmintsat.dll8.0.6362.202433,41612-月-201118: 25
Lmxp32.dll8.0.6362.2021,596,68012-月-201118: 25
64
元に戻す全体を表示する
ファイル名ファイルのバージョンファイルのサイズ日付時間
Addinsca.dll8.0.6362.2021,369,86412-月-1121: 33
Confaddins_setup.exe3.0.3718.011,307,80012-月-1123: 07
Lmaddins.dll8.0.6362.2022,079,49612-月-1121: 33
Lmintsat.dll8.0.6362.202433,41612-月-1121: 33
Lmxp32.dll8.0.6362.2021,955,59212-月-1121: 33

関連情報

ソフトウェアの詳細については、用語集を更新、Microsoft では、記事を表示するのには、次の資料番号をクリックします。ナレッジ ベース:
824684 マイクロソフトのソフトウェア更新プログラムの説明に使用される一般的な用語の説明

プロパティ

文書番号: 2536678 - 最終更新日: 2011年5月25日 - リビジョン: 1.0
キーワード:?
atdownload kbexpertiseinter kbmt kbsurveynew KB2536678 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:2536678
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com