SQL Server のクラスター化されたアクション、注意事項、および基本的な警告

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 254321 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料ではいくつかの重要なアクションとクラスター化サーバーで SQL Server の異なるバージョンの SQL Server を使用する場合の注意事項です。

重要これを行うには不可能であると同時にすべての顧客をもを使用しているクラスター化 SQL Server 6.5 と SQL Server 7.0 は SQL Server 2000年または SQL Server 2005 にアップグレードください。次のツール、機能、およびコンポーネントがフェールオーバー クラスターで SQL Server 2000年の Enterprise Edition でサポートされています。
  • Microsoft Search サービス
  • 複数のインスタンス
  • SQL Server Enterprise Manager
  • サービス コントロール マネージャー
  • レプリケーション
  • SQL プロファイラー
  • SQL クエリ アナライザー
  • SQL Server 2005 の分析サービスします。
メモ マイクロソフト製品サポート サービス (PSS) は、次のマイクロソフト サポート技術情報資料に記載されているように SQL Server のフェールオーバー クラスタ リングをサポートします。
327518 Microsoft クラスタ リング用の Microsoft SQL Server のサポート ポリシー
SQL Server と Microsoft クラスター サーバー (MSCS) を使用している場合、サポートの SQL Server Enterprise Edition をインストールしなければなりません。

詳細

SQL Server のインストールのための良い方法

SQL Server 2000年または SQL Server 2005 をインストールする場合にお勧め、次のマイクロソフト サポート技術情報資料に記載されている指示に従って、ドメインの管理者であること。
319723 SQL Server で Kerberos 認証を使用する方法
マイクロソフト サポート技術情報の記事 319723 は、SQL Server で Kerberos 認証を使用する方法について説明します。また、SQL Server フェールオーバー クラスターでの Kerberos 認証を有効にする方法についても説明します。

マイクロソフト サポート技術情報の記事 319723 に記載されている指示には、次の利点があります。
  • サービス プリンシパル名 (Spn) が正しく登録されている上の問題を排除できます。
  • SQL Server サービスのスタートアップ アカウントとしてドメイン ユーザー アカウントを指定した場合、SQL Server のインストール中に警告メッセージを回避できます。この警告メッセージは、次のマイクロソフト サポート技術情報資料に記載されています。
    303411 SQL Server のサービス アカウントはドメイン ユーザーである場合は、「警告 SuperSocket 情報」、警告情報が表示される
  • IP アドレスまたはドメイン名を後で変更する場合は、SQL Server サービスの Spn を手動で更新する必要はありません。

セキュリティ

SQL Server 2000

サービス アカウントを使用して、SQL Server フェールオーバー クラスターで SQL Server サービスを開始するには直接のローカルの administrators グループのメンバーにする必要があります。このサービス アカウントはグループ メンバーシップを介して、ローカルの administrators グループのメンバーにできません。その構成の一時的なセキュリティの問題があります。サービス アカウントをローカル管理者グループにしたくない場合は、サービス アカウントには、次のユーザー権利を与える必要があります。
  • オペレーティング システムの一部として機能 SeTcbPrivilege =
  • 走査チェックのバイパス = SeChangeNotify
  • メモリ内のページのロック = SeLockMemory
  • バッチ ジョブとしてログオン = SeBatchLogonRight
  • サービスとしてログオン = SeServiceLogonRight
  • プロセス レベル トークンを置き換える = SeAssignPrimaryTokenPrivilege

SQL Server 2005

インストールする SQL Server 2005 のインスタンスで、クラスター化された各サービスに対して、SQL Server インストール ウィザードのクラスター化サービス用ドメイン グループページで、ドメイン名とグループ名を入力するように求められます。ドメイン名とグループの名前を入力してください、 ドメイン名\グループ名 形式です。ドメイン グループを指定すると、次のガイドラインを使用する必要があります。
  • ドメイン グループは、システムへのログオンに使用するアカウントと同じドメインでなければなりません。たとえば、システムへのログオンに使用するアカウントが、SQLSVR ドメインの場合と SQLSVR ドメインが MYDOMAIN ドメインの子ドメインの場合は、SQLSVR ドメインのドメイン グループを指定あります。SQLSVR ドメインは、MYDOMAIN ドメインからユーザー アカウントがあります。
  • 特定のクラスター化されたサービスのサービス アカウントは、ドメインのグループの直接のメンバーでなければなりません。このサービス アカウントのグループ メンバーシップを使用して、ドメイン グループのメンバーはできません。SQL Server 2005 のセットアップ プログラムでは、サブグループのサービス アカウントがドメイン グループかどうかを確認するのには確認されません。
  • 特定のクラスター化されたサービスのサービス アカウントには、直接のローカルの administrators グループのメンバーはできません。
  • ドメインおよびドメイン グループする必要があります SQL Server 2005 のセットアップ プログラムを実行するときに存在しません。既存のドメイン グループの名前をドメイン管理者から取得できます。または、SQL Server 2005 のフェールオーバー クラスターのドメイン グループを作成することができます。直前に SQL Server 2005 のセットアップ プログラムを実行するには、SQL Server 2005 フェールオーバー クラスターのドメイン グループを作成する場合は、新規ドメインのグループを社内ネットワーク全体にレプリケートするには、しばらく待たなければなりません。
  • ドメイン グループは、適切なサービス アカウントを含める必要があります。サービス アカウントは、SQL Server 2005 をインストールするときに、適切なドメイン グループのメンバーではない、する場合、SQL Server 2005 のセットアップ プログラムをドメイン グループにサービス アカウントを追加します。したがって、アカウント、SQL Server 2005 のセットアップ プログラムを実行するにはドメイン グループにアカウントを追加するためのアクセス許可が必要です。

    ドメイン グループにアカウントを追加するアクセス許可がないアカウントで SQL Server セットアップ プログラムを実行する場合、サービス アカウントが適切なドメイン グループのメンバーをある必要があります。
  • 権限の最も正確な制御を維持するには、別のドメイン グループと、それぞれのクラスター化されたサービスおよび仮想サーバーごとに異なるサービス アカウントを指定することをお勧めします。ただし、すべての SQL Server サービスが同じドメイン グループと、同じサービス アカウントを使用できます。または、各 SQL Server サービスに対して、同一のドメイン グループと異なるサービス アカウントを使用します。
  • その他のアプリケーション、SQL Server のクラスター化サービス用ドメイン グループを共有できませんする必要があります。
  • ドメイン グループはドメインのグローバル グループ、ユニバーサル ドメイン グループの代わりにする必要があります。
これらのガイドラインの詳細については、次のマイクロソフト サポート技術資料を参照する次の文書番号をクリックしてください。
910708 SQL Server 2005 フェールオーバー クラスターをインストールするときに、クラスター化された SQL Server サービスのドメイン グループを指定する必要があります。
メモ ドメイン グループに関する問題のトラブルシューティングを行うには、ドメイン コント ローラーへのアクセスが必要です。

さらに、私たちの任意のノードのドメイン コント ローラー環境で SQL Server 2005 のフェールオーバー クラスター インスタンスをインストールすることはサポートされません。

SQL Server サービス アカウントとは、SQL Server のサービス アカウントに対して作成されたアクセス制御リスト (Acl) に与えられるアクセス許可とユーザー権利の詳細については、SQL Server 2005 Books Online のトピックの設定を Windows サービス アカウント」を参照してください。

SQL Server のサービス開始および停止

SQL Server 2005 のフェールオーバー クラスター インスタンス

SQL Server 2005 には、開始して、次のツールのいずれかを使用して SQL Server サービスを停止するサポートしています。
  • クラスター アドミニストレーター
  • SQL Server 構成マネージャー
  • SQL Server セキュリティの構成
  • SQL Server Management Studio
メモ 使わないサービス スナップインでは、SQL Server のクラスター化インスタンスを停止します。クラスター サービスは、サービス スナップインを使用する場合 SQL Server を再起動します。

SQL Server 2000年のフェールオーバー クラスターのインスタンス

SQL Server 2000年のフェールオーバー クラスター インスタンスには、上記の制限はありません。開始して、SQL Server 2000年仮想サーバーのサービスを停止する、SQL Server Enterprise Manager、SQL Server のサービス アプレットで、クラスター アドミニストレーターを使用することをお勧めします。使用できますがサービス コントロール マネージャーまたは [サービス] コントロール パネルを起動し、レジストリを損なうことがなく、サービスの停止をこれらのオプションは、サービスを停止状態のままをされません。代わりに、サービスは、クラスター化されたサーバーによって検出されで、SQL Server の複数のイベント ID 17052 エラー メッセージが表示されます。これらのエラー メッセージには、次のようになります。
[sqsrvres]CheckServiceAlive: サービスが停止している [です。
[sqsrvres]QP を待っている間に OnlineThread: サービスの停止
[sqsrvres]OnlineThread: エラー 1 状態へリソースをオンラインに
これらのエラー メッセージが表示されたら、クラスター サービスが SQL Server を再起動します。これらの種類のエラーは、この動作は仕様です。

SQL Server 6.5 と SQL Server 7.0 のフェールオーバー クラスターのインスタンス

開始または SQL Server、SQL Server Executive または SQL Server 6.5 または SQL Server 7.0 の仮想サーバーの SQL エージェント サービスを停止するには、Microsoft クラスター アドミニストレーターまたは Cluster.exe コマンド ライン ツールを使用する必要があります。

開始またはサービスを停止しようとする場合は、何らかの他の方法で (たとえばからコントロール パネルの [、SQL サービス マネージャー、または SQL Enterprise Manager) は、レジストリが破損している可能性があります、およびクラスター化を解除するまたは SQL Server を完全に再インストールする必要があります。

なく、サービス正常に開始のための最も一般的な符号は、サービス アカウントが、無意味な ASCII 文字列として表示されることです。

SQL Server をコマンドラインから開始する場合は、まず、SQL Server、SQL Executive または SQL エージェント サービスをオフラインに、クラスター アドミニストレーターまたは Cluster.exe ツールを使わなければなりません。

コマンドラインから SQL Server を起動するときに接続には、仮想サーバー名を使用します。ローカル接続を確立する唯一の方法は、リソースは、SQL Server をインストールしたノードによって所有されているかどうかです。

SQL Enterprise Manager

SQL Server 6.5 と SQL Server 7.0 のフェールオーバー クラスターのインスタンス

SQL エンタープライズ マネージャーから、サービス アカウント名を変更できません。名前を変更する場合は、クラスター化を解除し、新しいドメイン ユーザー アカウントを使用し、SQL Server をパッシブ Microsoft お勧めします。SQL Server サービス アカウントの変更の詳細については、次の資料、マイクロソフト サポート技術を参照してください。
239885 クラスター化された SQL Server を実行しているコンピューターのサービス アカウントを変更する方法
警告資料 239885 に指示に従って失敗した場合は、手動で両方のノードから SQL Server を完全に削除され、SQL Server、SQL Server データベースをセキュリティで保護した後には再インストールする必要があります。

SQL Server のサービス アカウントがクラスター内で管理者でない場合、クラスターのノード上の管理共有を削除できません。管理用共有は関数を SQL Server クラスターで利用可能な場合があります。

SQL Server 2000年のフェールオーバー クラスターのインスタンス

SQL Enterprise Manager を使用すると、SQL サービスのアカウントまたはパスワードにすべての変更を加える必要があります。

SQL Server 2005 Analysis Services (OLAP)

SQL Server 2005 の OLAP はクラスターに対応してに完全にし、初期セットアップ時にクラスター インストールを選択することができます。

SQL Server 2000 Analysis Services (OLAP)

SQL Server 2000年分析サービス (OLAP) コンポーネントはクラスター対応ではありませんが、次の資料、マイクロソフト サポート技術情報」の手順に従って、高可用性 Analysis Services ソリューションを達成することです。
308023 SQL Server 2000年分析サービスでは Windows 2000 と Windows Server 2003 でのクラスター化の方法

SQL の接続

SQL Server 2005 ネットワーク ライブラリ

SQL Server 2005 のリリースにより、SQL のネイティブ クライアントがサポートされているプロトコルの一覧に追加されました。サポートされているプロトコルは、次のとおりです。
  • 共有メモリ

    メモ Microsoft データ アクセス コンポーネント (MDAC) 2.8 またはそれ以前のバージョンの MDAC を使用するクライアントは、共有メモリ ・ プロトコルを使用できません。使用の共有メモリ ・ プロトコルをしようとすると、クライアントがパイプ プロトコルに自動的に切り替えられます。
  • 名前付きパイプ
  • TCP/IP
  • 使用して
  • SQL ネイティブ クライアント

    SQL ネイティブ クライアント (SQLNCLI) は、SQL Server 2005 の新機能であるデータ アクセス テクノロジです。SQL ネイティブ クライアント isa スタンドアロンのデータ アクセス アプリケーション プログラミング インターフェイス (API) が使われるは、OLE DB と ODBC の両方。SQL ネイティブ クライアント ネイティブ DLL の 1 つに、SQL Server OLE DBProvider と SQL Server の ODBC ドライバーを結合します。SQL NativeClient には、MDAC によって異なりますが、新しい機能をまた提供します。OfSQL Server 2005 のツールの一部として、SQL のネイティブ クライアントをインストールするには、SQL Server のセットアップ プログラムを使用します。これであり、他の networklibraries の詳細については、「SQL Server 2005 Books Online を参照してください。

    メモ SQL Server 2005 では、Banyan VINES SequencedPacket プロトコル (SPP)、マルチ プロトコル、AppleTalk、または NWLink IPX/SPX、networkprotocols はサポートされません。これらのプロトコルの mustselect 別のプロトコルを使用して、SQL Server 2005 に接続することを以前に接続されているクライアントです。

SQL Server 2000年ネットワーク ライブラリ

クラスター化された SQL Server のインストールが必要になる、TCP/IP プロトコルをインストールして、名前付きパイプ プロトコルを有効にすることをお勧め.サーバー クラスターで使用するための唯一のサポートされているプロトコルであるために、TCP/IP が必要です。

名前付きパイプの要件の詳細については、マイクロソフト サポート技術資料を参照する次の文書番号をクリックしてください。
831127 SQL Server 2000年の Service Pack 3 を実行している仮想サーバー上に名前付きパイプのサポートを削除できません。
SQL グループに追加されている他のリソースには、独自の専用のネットワーク名と ip アドレス リソースが必要です。

SQL Server 6.5 と SQL Server 7.0 のフェールオーバー クラスターのインスタンス

すべてのクラスター リソースが SQL Server リソースに依存している場合は、仮想サーバーのクラスター化を解除する前にこれらの依存関係を削除してください。これを行わない場合は、仮想サーバーが完全に削除し、失敗した SQL クラスターの削除が完了するまで、再クラスター化することはできません。

メモ 追加の MSCS リソースにクォーラム ドライブを使用は場合、これらのリソースでフェールオーバー クラスター リソースとクラスター IP アドレスとネットワーク名がオンラインに戻るまで、すべてのクラスター リソースは使用できません。

警告SQL Server 6.5 では、ネットワークの設定を変更するは、次の資料、マイクロソフト サポート技術に記載されているように SQL Server がクラスター化されたときに行う必要があります。
189037 BUG: SQL のセットアップとは変更されませんのセキュリティ SVS ネットワーク サポートのオプション
一般的な接続に関する詳細情報を接続するか、クラスター化された SQL Server サーバーを構成する際の問題を以下の資料、マイクロソフト サポート技術を参照してください。
273673 SQL 仮想サーバー クライアント接続の説明
235987 SQL Server 7.0 ベースの仮想サーバーは 1 つの TCP/IP アドレスの使用のみをサポートします。
244980 SQL Server フェールオーバー クラスター インスタンスのネットワークの IP アドレスを変更する方法
187708 クラスター内のソケット経由の SQL 仮想サーバーに接続できません。

複数の受信待ち TCP/IP ポート

SQL Server 7.0 は、1 つのサブネットに複数の受信待ちポートのサポートを提供します。このサポートの追加の可用性を提供する複数のサブネットで使用ものではありません。

複数の受信待ち TCP/IP ポートが必要な場合は、クラスター ウィザードを実行する前に、レジストリに次の変更を作成する必要があります。

重要このセクション、方法、またはタスクには、レジストリの変更方法が記載されています。レジストリを誤って変更すると、深刻な問題が発生することがあります。そのため、この手順を慎重に実行するようにしてください。万一に備えて、編集の前にレジストリをバックアップしてください。そうすることで、問題が発生した場合でもレジストリを復元できます。レジストリをバックアップおよび復元する方法の詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
322756 Windows でレジストリをバックアップおよび復元する方法
  1. レジストリ エディター (Regedt32.exe) を起動します。
  2. 次のレジストリ キーのListenOn値を探します。
    HKEY_LOCAL_Machine\Software\Microsoft\MSSQLServer\MSSQLServer
  3. [編集] メニューで、複数行文字列] をクリックし、追加の受信待ちポートを入力してください。たとえば、port1435 を追加、次を入力して [ OK] をクリックします。
    SSMSSO70、1435
  4. レジストリ エディターを終了します。
ほかのポートを追加する可能性がありますの例を次に示します。
  • SSMSSO70、1436
  • SSMSSO70、1437
ポートを追加してから、クラスター ウィザードを続行するには、接続をテストします。

SQL Server (すべてのバージョン) および WINS の構成

SQL Server をクラスター化する前に、以下の資料、マイクロソフト サポート技術で説明したようはクラスターでは、使用 Windows インターネット ネーム サービス (WINS) の適切な構成があることを確認してください。
193890 Microsoft クラスター サーバーの WINS 構成を推奨
195462 WINS の登録および Microsoft クラスター サーバーの IP アドレスの動作
クラスター化された SQL Server サーバーまたはその他の Microsoft クラスター サーバー (MSCS) リソースの WINS に静的エントリを追加することことはありませんする必要があります。これは、次の資料、マイクロソフト サポート技術について説明します。
217199 静的 WINS エントリが、ネットワーク名がオフライン

パフォーマンス カウンターの onSQL Server 7.0 フェールオーバー クラスターのインスタンス

仮想サーバーの SQL Server のパフォーマンス モニター カウンター (カウンターの拡張機能) は、仮想 SQL Server 構成では、SQL Server 7.0 が設定し、パッシブ ノードはリソースの制御には存在しません。クラスター全体がシャット ダウンされ、再起動されるまで、カウンターはプライマリ ノードに再利用可能なできません。場合でも、可用性が散発的なです。

SQL Server 拡張カウンターは、システムが最初に起動するときに含まれていなければなりません。SQL Server 6.5 では、カウンター DLL は既定では、\\Mssql\Binn ディレクトリにあります。すべての MSCS リソースがオンラインになるまで、SQL Server がインストールされているクラスター ドライブにアクセスできない、ためのカウンターでは、初期のシステムの起動時には検出されません。

SQL Server 7.0 は使用できるようにするため、%システム ルート% \System32\、適切なディレクトリにこれらのカウンターを配置します。Sqlctr65.dll ファイルを使用できるようにするには %systemroot%\System32 ディレクトリに Sqlctr65.dll ファイルのコピーを配置します。Sqlctr70.dll ファイルは既定では、このディレクトリに配置されます。

SQL Server のパフォーマンス カウンターの詳細については、以下の資料、マイクロソフト サポート技術を参照してください。
127207 不足しているオブジェクトおよびパフォーマンス モニターのカウンター
246328 クラスター上の MDAC のインストール後 SQL パフォーマンス カウンターが失われる
警告SQL Server 6.5 で、次の資料、マイクロソフト サポート技術の指示を使ってレジストリを再構築する場合は、についての詳細な手順については、この資料の後半のセクション」方法の SQL Server レジストリの再構築」レジストリを再構築する手順を実行する前に。
227662 SQL パフォーマンス モニターのカウンターがありません。
要約すると、パフォーマンス カウンターは常にクラスター化された SQL サーバーです。通常プライマリ ノードにのみフェールオーバーが発生していない場合。

SQL Server 6.5 または SQL Server 7.0 フェールオーバー クラスター ウィザードによって作成されたリソースの名前を変更します。

SQL Server フェールオーバー クラスター ウィザードを実行すると、SQL クラスター リソースの作成プロセスの一部に含まれます。既定では、これらのリソースは、次の名前付け構造があります。
Virtual_SQL_Server_Name> IP アドレス
Virtual_SQL_Server_Name> ネットワーク名
Virtual_SQL_Server_Name> SQL Server 7.0
Virtual_SQL_Server_Name> VServer
Virtual_SQL_Server_Name> エージェントの SQL Server 7.0
たとえば場合 xyz をVirtual_SQL_Server_Nameには、SQL Server リソースは次のように既定の名前します。
xyz IP アドレス
xyz ネットワーク名
SQL Server 7.0 の xyz
xyz VServer
SQL Server エージェントの 7.0 の xyz
場合は、これらの名前の一部またはすべてを次のように変更されます。
IP アドレス
ネットワーク名
SQL Server
仮想サーバー
SQL エージェント
SQL フェールオーバー クラスター ウィザードが失敗、または応答を停止します。フェールオーバー クラスター ウィザードの SQL エラーについては、次の資料、マイクロソフト サポート技術を参照してください。
254593 SQL クラスター ウィザードのエラーのトラブルシューティング

SQL Server 6.5 と 7.0 のフェールオーバー クラスター インスタンスのインストールには、SQL Server のレジストリを再構築する方法

SQL Server 6.5 Enterprise Edition

SQL Server 6.5 の Enterprise Edition がクラスター化されているときにしようとしないでください、次のコマンドラインでの SQL Server レジストリの再構築を実行します。
/t RegistryRebuild セットアップ = オン
レジストリの再構築を実行する前に、SQL Server を解除する必要があります。

SQL Server 7.0 Enterprise Edition

SQL Server 7.0 の Regrebld.exe ファイルを使用する場合は、次の制限は、クラスター環境では、レジストリを再構築できます。
  • 前のセットアップの ofmaster からは何も変更されません。
  • Sql Server のプライマリ ノードからのみこのユーティリティを実行します。
これらの制限を無視するにはレジストリの問題があります。

サービス パック

警告Service pack のインストールを実行する前に、適切なアクセス許可と権利があることを確認します。サーバーと SQL Server サービス アカウントにログオンし、処理中に Windows 認証を使用することを強くお勧めします。何らかの理由でこのアカウントがクラスター ノードのローカル Administrators グループから削除された場合、してください追加グループに、インストールを開始する前に。

SQL Server 2005

SQL Server 2000年からは、SQL Server 2005 での動作は変更されません。

SQL Server 2000

SQL Server 2000年がされていないクラスタ リングではありません。Service pack のインストールを開始するには、アップグレードする SQL Server の管理では、あるノードから。

メモ Microsoft Windows NT の次の資料、マイクロソフト サポート技術に記載されているように、通常の方法でのサービス パックをインストールできます。

174799 クラスター サービスをインストールするパックします。

SQL Server の 6.5 または 7.0

SQL Server のサービス パックをインストールする SQL Server のクラスター化を解除する必要があります。また、この資料の「レプリケーションの問題」に記載されている SQL Server のクラスター化を解除する前にレプリケーションを削除する必要があります。

レプリケーション

SQL Server 2005

すべてのかどうかは、特定のインストール用の特殊なセットアップ手順を従う必要がありますを確認するサービス パックまたは SQL Server の更新プログラムに付属している Readme ドキュメントに従います。

SQL Server 2000

すべてのかどうかは、特定のインストール用の特殊なセットアップ手順を従う必要がありますを確認するサービス パックまたは SQL Server の更新プログラムに付属している Readme ドキュメントに従います。

SQL Server 6.5 と SQL Server 7.0

次の資料、マイクロソフト サポート技術に記載されているように SQL Server のクラスター化を解除する前にレプリケーションを削除する必要があります。
247110 サービス パックを適用する前にレプリケーションを削除する必要があります。
SQL Server レプリケーションを中断する可能性があります SQL Server をクラスター化すると詳細については、次の資料、マイクロソフト サポート技術を参照してください。
236407 [BUG] アクティブ/パッシブ クラスターのセットアップが中断レプリケーションと DTS

フル テキスト検索

フル テキスト検索がないクラスター化された SQL Server 7.0 サーバー、SQL Server オンライン ブックの「構成する SQL Server フェールオーバー サポート」セクション最後に説明したように。フル テキスト検索は、SQL Server 2000年およびそれ以降のバージョンの SQL Server で使用する完全にサポートします。

再構築またはフル テキスト検索を再インストールまたは、SQL Server 2000年のフェールオーバー クラスター インスタンスに、SQL Server 2005 フェールオーバー クラスター インスタンスを完全にアンインストールして再インストールする必要がある問題がある場合、SQL Server フェールオーバー クラスター インスタンスは、唯一サポートされる回復方法です。

SQL メール

SQL メールは MAPI がクラスター対応ではないため、SQL Server フェールオーバー クラスターでの使用も完全にはサポートされません。クラスタ リングを使用すると、SQL メールのサポートは、安定性と可用性については保証されませんでだけ、「合理的」ごとに提供されます。マイクロソフトでは、この問題を SQL Server 6.5、SQL Server 7.0、およびフェールオーバー クラスタ リングを使用すると、SQL Server 2000年の問題を認識します。

オペレーティング システムのアップグレード

次の資料、マイクロソフト サポート技術に記載されているとおり、SQL Server のクラスター化されたサーバー オペレーティング システムのアップグレードがサポートされます。
239473 クラスター化された SQL Server 7.0 サーバー上で Windows 2000 と MDAC のアップグレードのための修正: 70rebind.exe
313037 SQL Server クラスターを Windows Server 2003 にアップグレードする方法

ライセンス

ライセンスの詳細については、次の資料、マイクロソフト サポート技術を参照してください。
175276 MSCS でライセンス ポリシーの実装

重要なクラスター サービスの管理規則

警告次のルールのいずれかを無視する場合は、Microsoft クラスター サービスを再インストールする必要があります。
  • 共有 SCSI バスにある物理ディスクのパーティション レイアウトを変更する場合は、両方のクラスター ノードを再起動します。
  • MSCS をインストールした後、clusternode の Windows NT コンピューター名を変更できません。
  • Firstdeleting ・ ディスク ・ リソースには、SCSI バス上のディスク パーティションを作成できません。
  • ネットワーク名リソースが依存する IP アドレスは変更されません。
  • Aphysical ディスクを低レベルで書き込みを行う診断ツールは実行されません。(これは anotheroperating システムの下のノードを起動する場合にのみ可能) です。
  • Anynode 上のシステム ディスクのドライブ文字をしないでください。
  • 書き込みませんデータに接続されたディスク、SCSI chainbefore に MSCS をインストールします。

SQL Server クラスター リソースの共有

クラスター ディスク リソースが SQL Server によって使用される必要があります、クラスターは 1 つだけのクラスター ディスク リソースには、場合を除き、他のクラスター サービス (クォーラム ドライブ、ファイルまたはプリンターの共有、インターネット インフォメーション サーバーなど) 使用されません。これらのリソースのいずれかの SQL Server のクラスター ディスクを使用する場合と、フェールオーバー時間に影響を与える可能性があります大幅に SQL Server の問題が存在しない場合も、SQL Server のフェールオーバーを開始できます。

詳細については、以下の資料番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報資料を参照してください。
835185 SQL Server のフェールオーバー クラスター リソースの依存関係

Microsoft データ アクセス コンポーネント (MDAC)

SQL Server 6.5 と SQL Server 7.0 の MDAC コンポーネントのアップグレード

SQL Server 6.5 と SQL Server 7.0 がクラスター化されたインストールのみ最大で MDAC バージョン 2.5 の MDAC コンポーネントのアップグレードをサポートします。MDAC 2.6 を MDAC 2.7 では、これらのバージョンのサーバー側のサポートはありません。

ただし、MDAC 2.6 と、後でクライアント、クラスター化された SQL Server 6.5 または SQL Server 7.0 のインストールへの接続に使用できます。

詳細について、マイクロソフト サポート技術記事を表示するには、次の資料番号をクリックしてください。
820754 MDAC 2.6 またはそれ以降 SQL Server 7.0 クラスターにインストールする必要はないです。
239473 クラスター化された SQL Server 7.0 サーバー上で Windows 2000 と MDAC のアップグレードのための修正: 70rebind.exe

MSDTC クラスター リソースのデフォルトの場所

既定では、MSDTC リソースがインストールされているオペレーティング システムによって異なります。

メモ 特に、MSDTC がインストールされているグループを変更する必要がある場合を除き、既定の場所のままにすることお勧めします。クラスター ノードで MSDTC をする必要があります実行、クラスター リソースとして。MSDTC をクラスター化されていないリソースとして実行を構成して、分散トランザクションが孤立する可能性がありますが可能性のあるデータの破損クラスターのフェイル オーバーが発生した場合。

Windows NT 4.0
有効な IP アドレス リソース、ネットワーク名リソース、およびクラスター ディスク リソースを含む最初のグループに、クラスター化された MSDTC をインストールします。通常、SQL のグループです。

Windows 2000
既定のクラスター グループにインストールし、クォーラム ドライブが使用します。クォーラムがクォーラム ドライブが使用のみお勧め MSDTC はこの規則の例外です。問題のインストールまたは SQL クラスター上で MSDTC を再構築するのには、次の資料、マイクロソフト サポート技術を参照してください。
294209 再構築または SQL フェールオーバー クラスターで使用するのには、MSDTC のインストールを移動する方法

ストレージ エリア ネットワーク (SAN) のサポート

Microsoft クラスター サービスと SQL Server のフェールオーバー クラスターのインスタンスは、記憶域ネットワーク (SAN) 環境で現在サポートされています。HCL の分類のクラスターと multicluster デバイスのコンポーネントがクラスター コンポーネント候補のテストを渡された SAN 対応のストレージ ・ デバイスのセットを一覧表示します。ただし、このコンポーネントにがないMicrosoft クラスター サービスのサポート サービスの対象にします。これらのサービスは、hcl の"Cluster"カテゴリに表示されている検証済みの構成にのみ使用します。詳細については、以下の資料、マイクロソフト サポート技術を参照してください。
280743 Windows クラスタ リングを地理的に離れたサイト
834661 マウントされたドライブを使用すると SQL Server 2000年のセットアップは、ドライブ文字が必要です。
819546 マウントされたボリュームの場合、SQL Server 2000年と SQL Server 2005 のサポート

すべての検証済みのハードウェア構成の一覧は、次のマイクロソフト Web サイトにあるハードウェア互換性リスト (HCL) の場合があります。
http://www.windowsservercatalog.com/

メモリ割り当て (すべてのバージョン)

クラスター化された SQL Server サーバーにメモリを割り当てるときに、SQL Server とその他のクラスター リソースおよびローカル アプリケーションの要件のすべてのインスタンスの最大サーバー メモリ設定の合計値が、フェールオーバー クラスター内のサーバーのいずれかの利用可能な物理 RAM の最小サイズよりも小さいことを確認します。

64 ビットの SQL Server のインストール

AWE を有効にすると追加のメモリを使用するか、PAE 起動を追加するには、Boot.ini ファイルを変更することによってスイッチを 64 ビットのインストールを構成する必要はありません。

仮想 SQL サーバーのトラブルシューティング

SQL Server の仮想サーバーでの問題のトラブルシューティングを行うときをトラブルシューティング行う必要があります、特定の順序でこの問題が SQL の既知の問題に注意する重要です。問題や障害、ハードウェア、オペレーティング システム、ネットワーク、セキュリティ、または Microsoft クラスター サービスでは実際に SQL の問題が存在しない場合は、SQL の問題として表示できます。

問題が検出された後できるだけ早くすべてのフェールオーバー クラスター インスタンスのノードから SQL Server MPS レポートを収集する必要があります。密接な相互作用のためのすべてのノードでこのツールを使用して、SQL Server フェールオーバー クラスター インスタンスをホストしているノード以外のソースの問題の原因がありますが重要です。

一定の順序で、次の方法を使用して、仮想 SQL Server の問題のトラブルシューティングを実行します。
  • ハードウェア - は、システム イベント ログ表示、警告またはエラーを説明することはできません。コンピューターのシステム レポートをチェックする場合は、問題のあるデバイス報告しますか。その場合は、ことができますが説明できるか。
  • オペレーティング システム - イベント ログは、オペレーティング システムの問題、サービスのエラー、またはドライバーの問題の任意の種類を表示しますか。
  • ネットワーク - イベント ログの接続の切断NIC の障害ですか。DNS の問題ですか。
  • セキュリティ ・ チェックのアクセス拒否エラー、セキュリティ ログのエラー。
  • MSCS では、クラスター レポートの問題のいずれか、イベント ログのでしょうか。
  • SQL Server では、SQL Server はエラー ログまたはイベント ログで特定のエラー メッセージを報告しますか。

SQL Server サービスのプロパティ

SQL Server サービスのスタートアップの種類は手動に設定する必要があります。自動スタートアップを使用は、仮想 SQL サーバーでの使用はサポートされません。

SQL Server でサポートされていないターミナル サービス アプリケーション サーバー モード

ターミナル サーバーで使用する SQL Server のフェールオーバー クラスタ リングはサポートされていません。 詳細については、以下の資料番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報資料を参照してください。
327270 SQL Server 2000年は、Windows Server 2003 のターミナル サーバー アプリケーション サーバーではサポートされていません

Microsoft Windows 2003 のサポート

だけ SQL Server 2000 Service Pack 3 (SP3) またはそれ以降のバージョンは、次のマイクロソフト サポート技術情報資料に記載されているように。
313037 SQL Server クラスターを Windows Server 2003 にアップグレードする方法

プロパティ

文書番号: 254321 - 最終更新日: 2013年10月14日 - リビジョン: 1.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft SQL Server 2005 Standard Edition
  • Microsoft SQL Server 2005 Enterprise Edition
  • Microsoft SQL Server 2000 Enterprise Edition
  • Microsoft SQL Server 2000 Developer Edition
  • Microsoft SQL Server 7.0 Enterprise Edition
  • Microsoft SQL Server 6.5 Enterprise Edition
キーワード:?
kbhowto kbinfo kbmt KB254321 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:254321
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com