PowerPoint 2002 修正プログラム パッケージについて

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 2543242 - 対象製品
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

はじめに

この資料では、PowerPoint 2002 修正プログラム パッケージで修正される Microsoft Office PowerPoint 2002 の問題について説明します。

現象

プレゼンテーションのレイアウトに背景画像が設定されている場合に、そのプレゼンテーションを PowerPoint 2002 で開くとエラーが発生することがあります。このエラーが発生すると、コンテンツ (テキスト、画像、またはオブジェクト) が破損していることを通知するメッセージが表示されます。どのコンテンツが失われたかを確認するには、スライド コンテンツではなくレイアウトを表示します。削除されたアイテムのところには、空白のボックスか、"cleansed" という文字の入ったボックスが表示されます。

解決策

この問題に対する更新プログラムは、セキュリティ更新プログラム 2535802 に含まれています。 セキュリティ更新プログラム 2535802 に関する詳細情報については、マイクロソフト サポート技術情報 2535802 [MS11-036] PowerPoint 2002 セキュリティ更新プログラム (2011 年 5 月 10 日) についてをご覧ください。
2535802 [MS11-036] PowerPoint 2002 セキュリティ更新プログラム (2011 年 5 月 10 日) について

詳細

修正プログラムの情報

マイクロソフトでは、この問題を修正する修正プログラムを提供しています。ただし、この修正プログラムは、ここで説明する問題のみを修正することを目的としたものです。この修正プログラムは、ここで説明する問題が発生しているシステムにのみ適用してください。この修正プログラムは、今後さらにテストを行う場合があります。したがって、この問題の影響が深刻でない場合は、この修正プログラムが含まれる次のソフトウェア更新プログラムがリリースされるまで待つことをお勧めします。

修正プログラムをダウンロードできる場合は、このサポート技術情報の資料の上部に「修正プログラムのダウンロード」セクションがあります。このセクションが表示されていない場合は、マイクロソフト カスタマー サービス サポートにお問い合わせのうえ、修正プログラムを入手してください。

: 別の問題が発生した場合、またはトラブルシューティングが必要な場合には、別のサービス リクエストの作成が必要になる場合があります。特定の修正プログラムの対象とならない追加の質問および問題については、通常のサポート料金が適用されます。マイクロソフト カスタマー サービス サポートの電話番号一覧の参照、または別のサービス リクエストの作成については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://support.microsoft.com/contactus/?ln=ja&ws=support#tab0
: 「修正プログラムのダウンロード」フォームには、修正プログラムを入手できる言語が表示されます。使用している言語が表示されない場合は、その言語の修正プログラムは提供されていません。

前提条件

この修正プログラム パッケージを適用するには、Microsoft Office 2002 Service Pack 3 がインストールされている必要があります。

再起動の必要性

この修正プログラムの適用後にコンピューターを再起動する必要はありません。

修正プログラムの置き換えに関する情報

この修正プログラムは、セキュリティ情報 MS11-022 に記載されているセキュリティ更新プログラム 2464617 を置き換えるものです。

レジストリ情報

このパッケージに含まれている修正プログラムを使用するために、レジストリを変更する必要はありません。

ファイル情報

この修正プログラムには、製品を最新ビルドに完全に更新するために必要なすべてのファイルが含まれているとは限りません。この修正プログラムには、この資料に記載されている問題を修正するために必要なファイルのみが含まれています。

この修正プログラム パッケージ (グローバル版) のインストールには、Microsoft Windows インストーラー パッケージを使用します。以下の表では、各ファイルの日付および時刻は、世界協定時刻 (UTC) で示されています。ファイル情報に表示される時刻は、ローカル時刻に変換されています。UTC とローカル時刻との時差を確認するには、コントロール パネルの [日付と時刻] の [タイム ゾーン] タブを使用してください。

元に戻す全体を表示する
ファイルバージョンサイズ更新日
POWERPNT.EXE10.0.687260866562011/04/26 14:02
PP7X32.DLL10.0.68671083682011/04/26 14:04
POWERPNT.EXE_103310.0.687260866562011/04/26 14:04
POWERPNT.EXE_104910.0.687260866562011/04/26 14:04

回避策

この問題に対する回避策を実行するためには、次の 1 つを行ってください。

  • 回避策 1: PowerPoint 2007 または PowerPoint 2010 で影響を受けるファイルを開き、次に [スライド マスター] から画像を削除します。

    これを行うためには、次のステップに従ってください。
    1. PowerPoint 2007 または PowerPoint 2010 で影響を受けるファイルを開きます。
    2. [表示] をクリックし、[マスター表示] をクリックし、次に [スライド マスター] をクリックして [マスター表示] を表示します。
    3. 各マスターで問題を起こしている画像を削除します 。

    注: スライドで削除された画像を使用する必要がある場合、それらの画像をマスターではなく各スライドに直接挿入する必要があります。 PowerPoint 2002 でこの変更が行われるファイルを編集できます。
  • 回避策 2: PowerPoint 2010 で影響を受けるファイルを開き、次にそのファイルを 「PowerPoint 画像化プレゼンテーション (*.pptx)」 として保存します。

    これを行うために、次のステップに従ってください。
    1. PowerPoint 2010 で影響を受けるファイルを開きます。
    2. [名前を付けて保存] をクリックし、次に PowerPoint 画像化プレゼンテーション (*.pptx) を選択してファイルを保存します。


    注: 編集が必要でない場合、以前の手順を使用してすべてのスライドを画像として構成します。 画像として保存されたファイルは、ファイルが変換された時にすべての情報が画像となるため、再編集することはできません。
  • 回避策 3: PowerPoint 2007 で影響を受けるファイルを開き、次にそのファイルを HTML 形式で保存します。


    これを行うために、次のステップに従ってください。
    1. PowerPoint 2007 で影響を受けるファイルを開きます。
    2. [名前を付けて保存] をクリックし、次に [単一ファイル Web ページ] または [Web ページ] を選択し、ファイルを保存します。


    注: PowerPoint 2002 でファイルをこの形式で再編集することができます。 しかし、PowerPoint 形式で再度保存した場合、この現象が再発します。
  • 回避策 4: エラー メッセージが表示された後、プレゼンテーションのコピーを保存し、次にそのコピーで編集を行います。

関連情報

ソフトウェア更新プログラムに関する用語の詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
824684 マイクロソフトのソフトウェアの更新で使用される一般的な用語の説明
注意 : これは、マイクロソフトのサポート組織内で直接作成された "緊急公開" の資料です。 この資料には、確認中の問題に関する現状ベースの情報が記載されています。 情報提供のスピードを優先するため、資料には誤植が含まれる可能性があり、予告なしに随時改定される場合があります。 その他の考慮事項については、使用条件を参照してください。

プロパティ

文書番号: 2543242 - 最終更新日: 2013年11月1日 - リビジョン: 2.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft PowerPoint 2002 Standard Edition
キーワード:?
kbnosurvey kbarchive atdownload kbbug kbexpertiseinter kbfix kbsecbulletin kbsecurity kbsecvulnerability kbautohotfix KB2543242
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com