更新プログラムのロールアップのテスト ツール Visual Studio 2010年の SP1 では

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 2544407
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

はじめに

更新プログラムのロールアップには、テスト ツールの Microsoft Visual Studio 2010 Service Pack 1 (SP1) で次の問題が解決されます。

問題 1
Visual Studio 2010 SP1 がインストールされているコンピューターにインストールされている、テスト エージェントがテストを実行すると、テストが実行されない、し、次のエラーがログに記録されます。
アンロードされた AppDomain にアクセスしようとしています。(HRESULT からの例外: 0x80131014)
問題 2
Windows Presentation Foundation (WPF) コントロールでは、コード化された UI テストの再生を実行すると、Microsoft.VisualStudio.TestTools.UITest.Extension.UITestControlNotFoundException 例外が発生すると、し、次のエラー メッセージが表示されます。
' に失敗しました検索 '<name></name>' <control type=""></control> 子仮想化したとします。検索対象となるコントロールの子孫である場合は、'<name></name>' <control type=""></control>、親コンテナーがこの問題を解決可能性がありますなど。"
メモ
  • この例外は、WPF コントロールが UI コントロールの階層構造を深くするために生成されます。そのため、コントロールに対処することはできませんに、記録されています。 QuerID UI マップに UI コントロールの階層構造。この更新プログラムをインストールすると、コントロールは指定できます。
  • この更新プログラムをインストールした後、次のキーこの問題を解決するには、CodedUITestBuilder.exe.config/MTM.exe.config ファイルに追加されます。
    <add key="maxlevelsforitemcontainer" value=" key="MaxLevelsForItemContainer" value=""></add key="maxlevelsforitemcontainer" value="><desiredlevel></desiredlevel>"/>
  • インスタンスに到達するまで UI テスト フレームワークの UI 階層を検索します。 <desiredlevel></desiredlevel> 親コンテナーを確認します。既定では、 <desiredlevel></desiredlevel> 設定されています。 2.セット <desiredlevel></desiredlevel>状況に適切な値には。
  • 設定している場合 <desiredlevel></desiredlevel>大きい値には、書き込み操作が発生するとパフォーマンスに影響する可能性があります。

問題 3
作業項目を作成しようとすることを前提としています、 テストの結果 Visual Studio Team Foundation Server (TFS) サーバーに接続すると 2010年のウィンドウ。このような状況では、 System.OutOfMemory 例外が発生し、作成操作は失敗します。TFS サーバーに多くのビルドがある場合は、この問題が頻繁に発生します。

第 4 号
TFS サーバーにキューに入れられているいくつかのビルド、ビルド操作でいくつかのテストを実行するが応答を停止します。また、次のエラーがビルド ログに記録されます。
発行を待機しています.

テストの実行結果を公開 <build name=""></build> http://に<tfs server="" address=""></tfs>: 8080/tfs/DefaultCollection.

プロセスがファイルにアクセスできません '<directory></directory>\data.coverage' は別のプロセスによって使用されているため。



失敗したか、キャンセルを発行します。
メモこの問題は、Mstest.exe プロセスがクラッシュするために発生します。アサーション エラーまたは処理できない、致命的でない例外がないテスト スレッドを検出すると、テストの実行のコード カバレッジのコレクターを有効にすると、Mstest.exe プロセスがクラッシュします。

MSBuild スクリプトでテストを実行する場合この問題が発生する可能性があります。MSBuild のスクリプトは、テストの実行の手順をスキップします。

詳細

情報を更新します。

サポートされている修正プログラムがマイクロソフトから入手可能になりました。ただし、この資料で説明する問題のみを修正するものです。この問題が発生しているシステムにのみ適用されます。

この問題を解決するには、マイクロソフト カスタマー サポート サービス、修正プログラムを入手するに問い合わせてください。Microsoft カスタマー サポート サービスの電話番号とサポート コストに関する情報の完全な一覧については、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。
http://support.microsoft.com/contactus/?ws=support
メモ Microsoft Support 担当者が特定の更新で問題が解決されると判断した場合は特殊なケースでは、料金が通常のサポート免除されるキャンセルする可能性があります。追加の質問および問題の特定のアップデートの対象とならない問題、通常のサポート料金が適用されます。

メモ この更新プログラムは、次のマイクロソフト web サイトからもダウンロードできます。
http://connect.microsoft.com/VisualStudio/Downloads/DownloadDetails.aspx か。DownloadID 36847 =

前提条件

この更新プログラムを適用するには、Visual Studio 2010 Service Pack インストール 1 (SP1) 必要があります。

再起動の必要性

この更新プログラムを適用した後コンピューターを再起動するはありません。

置換情報を更新します。

この更新プログラムには、以前にリリースされた更新プログラムは置き換えられるありません。

ファイル情報

この修正プログラムのグローバル バージョンがファイル属性 (またはそれ以降のファイル属性) が、次のとおり。日付および時刻これらのファイルを世界協定時刻 (UTC) が表示されます。ファイル情報を表示すると、ローカル時刻に変換します。UTC とローカル時刻との時差を確認するを使用して、 タイム ゾーン タブには 日付と時刻 コントロール パネルの項目。

元に戻す全体を表示する
ファイル名ファイルのバージョンファイルのサイズ日付時間プラットフォーム
Microsoft.visualstudio.qualitytools.agentobject.dll10.0.40219.323104,86404-6 月-201108: 38x 86
Microsoft.visualstudio.qualitytools.common.dll10.0.40219.3231,352,59204-6 月-201108: 38x 86
Microsoft.visualstudio.qualitytools.executioncommon.dll10.0.40219.323478,63204-6 月-201108: 38x 86
Microsoft.visualstudio.qualitytools.tmi.dll10.0.40219.323397,71204-6 月-201108: 38x 86
Microsoft.visualstudio.teamsystem.integration.dll10.0.40219.323192,40804-6 月-201108: 38x 86
Microsoft.visualstudio.testtools.uitest.extension.uia.dll10.0.40219.323106,41604-6 月-201108: 38x 86
Qtagent.exe10.0.40219.32320,30404-6 月-201108: 38x 86
Qtagent32.exe10.0.40219.32320,30404-6 月-201108: 38x 86
Qtagent32.exe10.0.40219.32320,31204-6 月-201108: 38x 86

状況

マイクロソフトでは、この「対象」に記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

プロパティ

文書番号: 2544407 - 最終更新日: 2011年7月6日 - リビジョン: 3.0
キーワード:?
kbfix kbqfe atdownload kbexpertiseadvanced kbhotfixserver kbmt kbsurveynew KB2544407 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:2544407
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com