更新プログラムのロールアップ 7 をホストされているメッセージングおよびコラボレーション 4.0 の説明

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 2545773 - 対象製品
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

マイクロソフトはホストされているメッセージングおよびコラボレーション 4.0 (HMC 4.0) の Microsoft ソリューションの更新を公開します。この更新プログラムは 2011 年 6 月を日付します。

注: この更新プログラムのロールアップには HMC 4.0 のすべての以前にリリースされた更新プログラムが含まれます。

この更新プログラムのロールアップには HMC 4.0 では、次のコンポーネントで問題が解決されます。
  • SharePoint 2007 のホストされている名前空間
  • SharePoint 2007 のマネージ名前空間
  • SharePoint 2007 のホストされている Web サービス
  • SharePoint 2007 Web サービスの管理
  • Sharepoint 2007 のプロバイダー
  • Windows Sharepoint サービスの Web サービス
  • ホストされている Active Directory の名前空間
  • Active Directory をホストされている Web サービス
  • Active Directory の名前空間を管理します。
  • Web サービスの Active Directory の管理
  • Exchange 2007 のプロバイダー
  • DNS クライアント
  • DNS プロバイダー
  • Exchange 2007 リソース マネージャーの名前空間
  • Exchange 2007 リソース マネージャーの Web サービス
  • リソース データベースを管理します。
  • ユニファイド メッセージング 2007年の名前空間をホストします。
  • ユニファイド メッセージング 2007 Web サービスをホストします。
  • ユニファイド メッセージング 2007年の名前空間を管理します。
  • ユニファイド メッセージング 2007年のプロバイダー
  • ホストされる電子メール 2007年の名前空間
  • Web サービスのホストされている電子メール
  • マネージ電子メール 2007年の名前空間
  • 管理の電子メール 2007 Web サービス
  • モビリティ 2007年のホストされている名前空間
  • モビリティ 2007 Web サービスをホスト
  • マネージ モビリティ 2007年の名前空間
  • モビリティ 2007 Web サービスの管理
  • マネージ ヘルパーの名前空間
  • 計画のマネージ名前空間
  • Web サービスの管理の計画
  • マネージャー データベースの同時実行の重ね合わせを計画します。
  • 共有の OAB ユーティリティ
  • Exchange 2007 のモビリティのプロバイダー
  • Exchange 2007 OAB リソース マネージャーの名前空間
  • Exchange 2007 OAB リソース マネージャーの Web サービス
  • カテゴライザー オーバーライド エージェント
  • EmailPermissionMigrationTool (957582 を参照してください)
  • ExchangeData.exe
  • HmOABUpdate
  • モビリティ ポリシー移行ツール
  • SSIS パッケージの PWDB40
  • SMTP メール プロバイダー
  • SMTP ドメイン キャッシュのタスク
  • MPF エンジン (Windows Server SP2 の修正プログラム)
この資料について、更新プログラムのロールアップの次の項目について説明します。
  • 更新プログラムのロールアップの解決の問題。
  • 更新プログラムのロールアップをインストールするための前提条件です。
  • かどうか、更新プログラムのロールアップをインストールした後、コンピューターを再起動する必要があります。
  • かどうか更新プログラムのロールアップは、他の更新プログラムのロールアップによって置き換えられます。
  • かどうか、レジストリを変更をする必要があります。
  • 更新プログラムのロールアップに含まれるファイル。

はじめに

更新プログラムのロールアップで解決される問題

この更新プログラムのロールアップは、次のマイクロソフト サポート技術情報 (KB) 資料に記載されている問題を解決します。
  • 2492954 更新プログラムのロールアップ 6 をホストされているメッセージングおよびコラボレーション 4.0 の説明
  • 952077 ホストされているメッセージングおよびコラボレーション 4.0 用の Microsoft のソリューションでは、Exchange のホストされているサービスの更新プログラムのロールアップ 4 の説明
  • 939216 いくつかのプロビジョニング要求が機能しないと、ホストされているメッセージングとコラボレーションのソリューションを実行しているサーバーに Windows Server 2003 の Service Pack 2 をインストールした後、"0xc220140b"のエラー メッセージが表示されます。
  • 943728 SMTP メール プロバイダーが送信しないユーザー名やパスワード Microsoft ソリューションのホストされているメッセージングおよびコラボレーション 4.0
  • 957582 Send As アクセス許可および Receive As administrators のアクセス許可でマイクロソフトのソリューションをホストされているメッセージングとコラボレーション 4.5 を拒否するツールの説明
  • 2484528 Exchange データ コレクション ジョブが失敗し、HMC 4.0 環境でログに記録はイベント ID 50103
  • 953674 Exchange およびホストされているメッセージングとコラボレーション 4.5 のホストされているメッセージングおよびコラボレーション 4.0 では、外部組織からメッセージを受信したときに、外部の OOF のではなく、内部の OOF を送信します。
この更新プログラムのロールアップには、KB 資料に記載されていないいる以下の問題もが解決されます。
  • 「インポート データから PlanManager に PWDB40「SQL エージェント ジョブを実行するときにはログ ファイル ビューアーで特定のエラー メッセージが記録されます。

解決方法

更新プログラムのロールアップの情報

サポートされている修正プログラムをマイクロソフトから入手することができます。ただし、この修正プログラムはこの資料に記載されている問題のみを修正するものです。この修正プログラムはこの問題が発生しているシステムにのみ適用して下さい。

修正プログラムがダウンロード可能な場合は、この記事の上部に「修正プログラムのダウンロード」セクションが表示されます。このセクションが表示されない場合は、マイクロソフト カスタマー サービスへリクエストを送信して、修正プログラムを入手してください。

メモ その他の問題が発生した場合、またはトラブルシューティングが必要な場合は、別のサービス リクエストを作成する必要があります。追加の質問およびこの特定の修正プログラムの対象とならない問題については、通常のサポート料金が適用されます。マイクロソフト カスタマー サービス & サポートの電話番号の一覧、または別のサービス リクエストを作成するには、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。
http://support.microsoft.com/contactus/?ws=support
メモ 「修正プログラムのダウンロード」フォームには、修正プログラムを利用可能な言語が表示されます。お使いの言語が見つからない場合は、修正プログラムがその言語で利用可能ではありません。

前提条件

この更新プログラムを適用するにはホストされているメッセージングおよびコラボレーションのバージョン 4.0 がインストールされてが必要です。また、Domain Admins グループのメンバーにする必要があります。

メモ HMC デプロイメント ツールは、マイクロソフト提供サーバー (MPS) エンジンの最初のサーバーにインストールしなければなりません。

再起動の必要性


この更新プログラムのロールアップを適用した後コンピューターを再起動するありませんが。ただし、インストール中にいくつかのサービスの再起動が必要。

修正プログラムの置き換えに関する情報

この更新プログラムは、すべての以前にリリースされた更新置き換えられます。

ファイル情報

この修正プログラムの英語版のファイル属性 (またはそれ以降のファイル属性) を、次の表に一覧表示します。これらのファイルの日付と時刻は世界協定時刻 (UTC) で表示されます。ファイル情報を表示する際に、ローカル時刻に変換されます。UTC とローカル時刻との時差を確認するには、コントロールパネルの日付と時刻の項目で、[タイム ゾーン] タブを使用します。
元に戻す全体を表示する
ファイル名ファイル バージョンファイル サイズ日付時間プラットフォーム
Categorizeroverrideagent x64.msi該当なし374,7842011 年 5 月 16-12:55該当なし
Categorizeroverrideagent.msi該当なし374,7842011 年 5 月 16-12:55該当なし
Dnsclient.msi該当なし679,9362011 年 5 月 16-12:55該当なし
Dnsprovider.msi該当なし359,9362011 年 5 月 16-12:55該当なし
Emailpermissionmigration.msi該当なし371,2002011 年 5 月 16-12:55該当なし
Exchange2007mobilityprovider.msi該当なし367,6162011 年 5 月 16-12:55該当なし
Exchange2007oabresourcemanagerns.msi該当なし251,3922011 年 5 月 16-12:55該当なし
Exchange2007oabresourcemanagerws.msi該当なし447,4882011 年 5 月 16-12:55該当なし
Exchange2007provider.msi該当なし510,9762011 年 5 月 16-12:55該当なし
Exchange2007resourcemanagerns.msi該当なし295,9362011 年 5 月 16-12:55該当なし
Exchange2007resourcemanagerws.msi該当なし469,5042011 年 5 月 16-12:55該当なし
Exchdatasetup.msi該当なし304,6402011 年 5 月 16-12:55該当なし
Hmoabupdate.msi該当なし391,1682011 年 5 月 16-12:55該当なし
Hostedactivedirectoryns.msi該当なし258,0482011 年 5 月 16-12:55該当なし
Hostedactivedirectoryws.msi該当なし471,0402011 年 5 月 16-12:55該当なし
Hostedemail2007ns.msi該当なし314,8802011 年 5 月 16-12:55該当なし
Hostedemail2007ws.msi該当なし529,9202011 年 5 月 16-12:55該当なし
Hostedmobility2007.msi該当なし252,9282011 年 5 月 16-12:55該当なし
Hostedmobility2007ws.msi該当なし462,8482011 年 5 月 16-12:55該当なし
Hostedsharepoint2007ns.msi該当なし254,4642011 年 5 月 16-12:55該当なし
Hostedsharepoint2007ws.msi該当なし476,1602011 年 5 月 16-12:55該当なし
Hostedunifiedmessaging2007ns.msi該当なし251,3922011 年 5 月 16-12:55該当なし
Hostedunifiedmessaging2007ws.msi該当なし455,1682011 年 5 月 16-12:55該当なし
Kb939216.msi該当なし559,6162007 年 7 月 31 日16: 57該当なし
Managedactivedirectoryws.msi該当なし479,7442011 年 5 月 16-12:55該当なし
Managedadns.msi該当なし284,1602011 年 5 月 16-12:55該当なし
Managedemail2007ns.msi該当なし280,0642011 年 5 月 16-12:55該当なし
Managedemail2007ws.msi該当なし514,5602011 年 5 月 16-12:55該当なし
Managedhelpers.msi該当なし317,9522011 年 5 月 16-12:55該当なし
Managedmobility2007.msi該当なし250,3682011 年 5 月 16-12:55該当なし
Managedmobility2007ws.msi該当なし454,6562011 年 5 月 16-12:55該当なし
Managedplansns.msi該当なし282,1122011 年 5 月 16-12:55該当なし
Managedplansws.msi該当なし496,6402011 年 5 月 16-12:55該当なし
Managedsharepoint2007ns.msi該当なし272,3842011 年 5 月 16-12:55該当なし
Managedsharepoint2007ws.msi該当なし469,5042011 年 5 月 16-12:55該当なし
Managedunifiedmessaging2007ns.msi該当なし248,8322011 年 5 月 16-12:55該当なし
Planmanagerdbconcurrencyrollup1.msi該当なし756,7362011 年 5 月 16-12:55該当なし
Pwdb40ssis.msi該当なし128,5122011 年 5 月 16-12:55該当なし
Resourcemanagedatabase.msi該当なし791,0402011 年 5 月 16-12:55該当なし
Sharedoabutility.msi該当なし391,6802011 年 5 月 16-12:55該当なし
Sharepointprovider.msi該当なし576,5122011 年 5 月 16-12:55該当なし
Smtpdomaincachetask x64.msi該当なし370,6882011 年 5 月 16-12:55該当なし
Smtpdomaincachetask.msi該当なし370,6882011 年 5 月 16-12:55該当なし
Smtpmailprovider.msi該当なし301,5682011 年 5 月 16-12:55該当なし
Unifiedmessaging2007provider.msi該当なし406,0162011 年 5 月 16-12:55該当なし
Updatemobilepolicy.msi該当なし379,9042011 年 5 月 16-12:55該当なし
Windowssharepointserviceswebservice.msi該当なし645,6322011 年 5 月 16-12:55該当なし

インストール情報


この更新プログラムのロールアップをインストールするには、次の手順を実行します。
  1. 無効にし、提供エンジンすべて MPS エンジン サーバー (MPS0n) で終了します。これを行うには、次の手順を実行します。
    1. MPS エンジン サーバーでコンポーネント サービスを開始します。
    2. コンポーネント サービスを展開を展開コンピューターマイ コンピューターを展開し、します。
    3. COM + アプリケーション] をクリックします。
    4. プロビジョニング エンジンを右クリックし、[無効] をクリックします。
    5. エンジンのプロビジョニングを右クリックし、[シャット ダウン] をクリックします。
  2. 最初の MPS サーバー (MPS01)、ドメイン管理者グループのメンバーとしてログオンします。
  3. MPS01 サーバーで、次の古いコンポーネントをアンインストールするには、デプロイメント ツールを起動します。
    1. コア プラットフォームを展開します。
    2. コア MPF のインストールを展開するヘルパーの管理を右クリックし、[アンインストール] をクリックします。
    3. MPF コア名前空間を展開し、次のコンポーネントを右クリックして [アンインストール] をクリックします。
      • DNS プロバイダー
      • Active Directory の管理
      • SMTP メール プロバイダー
    4. Active Directory をホストを展開します。
    5. Active Directory をホストを右クリックし、[アンインストール] をクリックします。
    6. Exchange のホストされているを展開し、 Exchange プロビジョニングの順に展開します。
    7. 次のコンポーネントを右クリックし、[アンインストール] をクリックします。
      • Exchange 2007 でメールがホストされています。
      • ホストされている Exchange 2007 ユニファイド メッセージング
      • Exchange 2007 マネージ電子メール
      • 管理された Exchange 2007 ユニファイド メッセージング
      • Exchange 2007 のモビリティのプロバイダー
      • Exchange 2007 の OAB リソース マネージャー
      • Exchange 2007 のプロバイダー
      • Exchange 2007 のリソース マネージャー
      • Exchange 2007 ユニファイド メッセージングのプロバイダー
      • ホストされるモビリティ 2007
      • マネージ モビリティ 2007
    8. をホストするプラットフォームを展開し、計画のホストされているデータベースを展開、管理計画の名前空間を右クリックし、[アンインストール] をクリックします。
    9. MPS Web サービスを展開します。
    10. Exchange 2007 OAB RM の Web サービス] を展開、各サーバーを右クリックし、[アンインストール] をクリックします。
    11. Exchange 2007 RM の Web サービス] を展開、各サーバーを右クリックし、[アンインストール] をクリックします。
    12. アクティブ ディレクトリのホストされている Web サービスを展開、アクティブにホストされているWeb サービスのディレクトリの下の各サーバーを右クリックし [アンインストール] をクリックします。
    13. 展開電子メール 2007 Web サービスのホストされている電子メール 2007 Web サービスをホスト、各サーバーを右クリックし、[アンインストール] をクリックします。
    14. 展開モビリティ 2007 Web サービスをホストモビリティ 2007 Web サービスをホスト、各サーバーを右クリックし [アンインストール] をクリックします。
    15. SharePoint Web サービスのホストを展開する、 SharePoint Web サービスのホストされているの下で、各サーバーを右クリックし [アンインストール] をクリックします。
    16. ユニファイド メッセージング 2007 のホストされている Web サービスを展開、各サーバーを右クリックし、[アンインストール] をクリックします。
    17. アクティブなディレクトリの Web サービス管理] を展開、各サーバーを右クリックし、[アンインストール] をクリックします。
    18. 展開管理の電子メール 2007 Web サービス、各サーバーを右クリックし、[アンインストール] をクリックします。
    19. モビリティ 2007 Web サービスの管理] を展開、各サーバーを右クリックし、[アンインストール] をクリックします。
    20. 計画の Web サービスの管理] を展開、各サーバーを右クリックし、[アンインストール] をクリックします。
    21. SharePoint Web サービスの管理] を展開、各サーバーを右クリックし、[アンインストール] をクリックします。
    22. SharePoint Services をホストExchange プロビジョニングを展開します。
    23. 次のコンポーネントを右クリックし、[アンインストール] をクリックします。
      • ホストされている SharePoint
      • SharePoint の管理
      • SharePoint のプロバイダー


    の開始の展開] をクリックします。

  4. 更新のロールアップ パッケージ、MPS サーバーで一時的な場所に抽出します。たとえば、次の場所に抽出します。
    C:\temp\QFERollupPackage
  5. 名前の変更や、次のファイル名がC:\MSIShare\フォルダー内の既存のファイルのコピーを作成し、次の MSI ファイルをC:\MSIShare\フォルダーにC:\temp\QFERollupPackage\フォルダーからコピーします。
    • DNSProvider.msi
    • Exchange2007MobilityProvider.msi
    • Exchange2007OABResourceManagerNS.msi
    • Exchange2007OABResourceManagerWS.msi
    • Exchange2007Provider.msi
    • Exchange2007ResourceManagerNS.msi
    • Exchange2007ResourceManagerWS.msi
    • HostedActiveDirectoryNS.msi
    • HostedActiveDirectoryWS.msi
    • HostedEmail2007NS.msi
    • HostedEmail2007WS.msi
    • HostedMobility2007.msi
    • HostedMobility2007WS.msi
    • HostedSharePoint2007NS.msi
    • HostedSharePoint2007WS.msi
    • HostedUnifiedMessaging2007NS.msi
    • HostedUnifiedMessaging2007WS.msi
    • KB939216.msi
    • ManagedActiveDirectoryWS.msi
    • ManagedADNS.msi
    • ManagedEmail2007NS.msi
    • ManagedEmail2007WS.msi
    • ManagedHelpers.msi
    • ManagedMobility2007.msi
    • ManagedMobility2007WS.msi
    • ManagedPlansNS.msi
    • ManagedPlansWS.msi
    • ManagedSharePoint2007NS.msi
    • ManagedSharePoint2007WS.msi
    • ManagedUnifiedMessaging2007NS.msi
    • SharePointProvider.msi
    • SMTPMailProvider.msi
    • UnifiedMessaging2007Provider.msi
  6. MPS エンジン サーバー上で、次のコンポーネントを再インストールするには、配置ツールを使用します。
    • マネージ ヘルパー
    • DNS プロバイダー
    • Active Directory の名前空間を管理します。
    • SMTP メール プロバイダー
    • ホストされている Active Directory の名前空間
    • ホストされる電子メール 2007年の名前空間
    • ユニファイド メッセージング 2007年の名前空間をホストします。
    • マネージ電子メール 2007年の名前空間
    • ユニファイド メッセージング 2007年の名前空間を管理します。
    • Exchange 2007 のモビリティのプロバイダー
    • Exchange 2007 OAB リソース マネージャーの名前空間
    • Exchange 2007 のプロバイダー
    • Exchange 2007 リソース マネージャーの名前空間
    • ユニファイド メッセージング 2007年のプロバイダー
    • モビリティ 2007年のホストされている名前空間
    • マネージ モビリティ 2007年の名前空間
    • 計画のマネージ名前空間
    • Exchange 2007 OAB リソース マネージャーの Web サービス
    • Exchange 2007 リソース マネージャーの Web サービス
    • Active Directory をホストされている Web サービス
    • ホストされる電子メール 2007 Web サービス
    • モビリティ 2007 Web サービスをホスト
    • SharePoint 2007 のホストされている Web サービス
    • ユニファイド メッセージング 2007 Web サービスをホストします。
    • Web サービスの Active Directory の管理
    • 管理の電子メール 2007 Web サービス
    • モビリティ 2007 Web サービスの管理
    • Web サービスの管理の計画
    • SharePoint 2007 Web サービスの管理
    • SharePoint 2007 のホストされている名前空間
    • SharePoint 2007 のマネージ名前空間
    • Sharepoint のプロバイダー
  7. 配置を開始] をクリックします。
  8. 配置ツールでは、[ Exchange のホストされているを展開し、[ Exchange プロビジョニングの構成] を展開、次のノードを右クリックして、初期化コマンドを実行します。
    • ホストされる電子メール 2007
    • マネージ電子メール 2007
    • Exchange 2007 のリソース マネージャー
    • Exchange 2007 の OAB リソース マネージャー
    • Exchange 2007 マネージ モビリティ
  9. 展開ツールでは、ホスティング プラットフォームを展開、既定サービスの初期化、次のノードを右クリックしや、初期化コマンドを実行します。
    • [データベースの管理の計画
    • ホストするための active Directory
    • 名前空間のセキュリティ
  10. 展開ツールで、[ Sharepoint サービスをホストしているを展開し、[次のノードを右クリックして、初期化コマンドを実行します。
    • SharePoint 2007 のホストされています。
    • SharePoint 2007 の管理
    • SharePoint の初期化の名前空間のセキュリティ
    1. プロビジョニング エンジンを再起動します。これを行うには、次の手順を実行します。
    2. MPS エンジン サーバーでコンポーネント サービスを開始します。
    3. コンポーネント サービスを展開を展開コンピューターマイ コンピューターを展開し、します。
    4. COM + アプリケーション] をクリックします。
    5. エンジンのプロビジョニングを右クリックし、[シャット ダウン] をクリックします。
    6. エンジンのプロビジョニングを右クリックし、[開始] をクリックします。
  11. 配置を開始] をクリックします。
  12. ドメイン管理者としてログオンし、プラットフォーム上の任意のサーバー上のEmailPermissionMigration.msiファイルを実行します。すべての既定設定を受け入れます。プログラム ファイル Hosting\Provisioning\EmailPermissionMigration.exeファイルを見つけて実行します。
  13. ドメイン管理者としてログオンし、プラットフォーム上の任意のサーバー上の UpdateMobilePolicy.msi ファイルを実行します。すべての既定設定を受け入れます。プログラム ファイル Hosting\Provisioning\UpdateMobilePolicy\UpdateMobilePolicies.exeファイルを探し、以下のように実行します。
    UpdateMobilePolicies /log <filename>
    注:<filename></filename> ユーティリティによって記録されたイベントをキャプチャするファイルの名前です。
  14. 01DNSは、ドメインの管理者アカウントを使用してログオンします。
  15. 更新プログラム パッケージの DNSClient.msi ファイルをコピーし、それを 2 回実行します。この操作は、DNS クライアントの以前のバージョンを削除しが新しいバージョンをインストールします。DNSClient.msi コンポーネントをインストールするには、HMC 4.0 の展開ガイドの「展開 MPS DNS クライアント」セクションで指示に従います。MPS DNS クライアントを展開する方法の詳細については、次のマイクロソフト TechNet web サイトを参照してください。
    MPS DNS クライアントを展開する方法
  16. Web の DNS クライアントを構成します。これを行うには、次の手順を実行します。
    1. インターネット インフォメーション サービス (IIS) マネージャーで、 DNSProviderを右クリックし、プロパティを選択し、ディレクトリ セキュリティします。
    2. [認証とアクセス制御] の [編集] をクリックします。
    3. 既定ドメイン値を設定する基本認証設定の' \' (バック スラッシュ)[Ok]をクリックします。
    4. セキュリティ チャネル (SSL) を要求する] を選択します。
    5. 構成の変更を保存し、IIS マネージャーを閉じます。
    6. IIS を再起動します。
  17. 各 MPS エンジン サーバー (MPS0x) にKB939216.msiファイルを実行します。
  18. MPS01PlanManagerDBConcurrencyRollup1.msiファイルを実行します。
  19. Hmoabupdate.msi のプログラムがアンインストールを実行することによって、HMOABUpdate のプログラムを更新して、手順、DWHE.106 からの DWHE.112 をOAB の更新バッチ アプリケーションをインストールします。.
  20. すべてフロント エンドの SharePoint サーバーで (COLLAB0n)、WindowsSharePointServicesWebService.msi ファイルの古いバージョンをアンインストールします。これを行うには、次の手順を実行します。
    1. MPS01からCOLLAB0nに、WindowsSharePointServicesWebService.msi ファイルの新しいバージョンをコピーします。
    2. 新しいバージョンの WindowsSharePointServicesWebService.msi ファイルを実行します。
    3. すべての SharePoint サーバー上の IIS を再起動します。
    メモ WindowsSharePointServicesWebService.msi コンポーネントをインストールした後、SharePoint 2007 のプロバイダーからエラー メッセージを受信する場合は、マイクロソフト サポート技術資料を参照する次の文書番号をクリックします。
    939030 HMC 4.0 を使用して、Windows SharePoint Services 3.0 サイトを提供しようとすると、SharePoint 2007 のプロバイダーのエラー メッセージを表示します。

  21. ResourceManageDatabase.msi コンポーネント、 MPSSQLサーバーは、リソース マネージャーのデータベースをインストールします。ResourceManageDatabase.msi コンポーネントを実行すると、次のアクションが実行されます。
    1. [Rmcore_Candidates]テーブルには、次のインデックスが追加されます。
      rmcore_candidates_ix_target_set_object_category_object_id_trans_id
    2. ResourceManagerデータベースで読み取り専用の操作を実行する次のストアド プロシージャが追加されます。
      • SeleteAndAssembleAllocateOrgMailStores
      • SeleteAndAssembleReallocateOrgMailStores
    3. リソース マネージャーのデータベースに読み取り専用の操作を実行する次のユーザー定義関数が追加されます。
      • fn_min(スカラー値)
      • fn_ResourceCapacityOnAllocatedMailStores(テーブル値)
      • fn_ResourceCapacityOnUnallocatedMailStores(テーブル値)
  22. Office (OOF) のエージェントをインストールします。

    HMC 4.5 を RTM 展開ガイドをインストールし、次のユーティリティが含まれている Office (OOF) のエージェントを構成するには、「インストールと構成、OOF エージェント」セクションで手順に従います。
    • カテゴライザー オーバーライド エージェント
    • SMTP ドメイン キャッシュのタスク


    インストールして、不在時のエージェントを構成する方法の詳細については、次のマイクロソフト TechNet web サイトを参照してください。
    インストールして、不在時のエージェントを構成する方法
    指示は、HMC 4.0 と 4.5 に等しく適用されます。
    メモ を、同じドメイン内の別の組織では、テナントのマルチ テナント型の Office の機能の対応をサポートするには、すべての Exchange ハブ トランスポート サーバーで、不在時のエージェントをインストールする必要があります。Microsoft Exchange トランスポート サービスをカテゴライザー上書きエージェントのインストールに再起動してください。
  23. 、PWDB40SSIS をコピーします。MSI MOMSQL01 (またはOMSQL01) ファイルし、既存のパッケージを削除するために実行します。手順、DWR.14 から DWR.16 にする パフォーマンスのウェアハウス データベースを作成します。 新しいパッケージをインストールします。
  24. DWHE.118 の手順を指示に従って」Exchange 2007 の監視とデータ収集を構成します。Exchdatasetup.msiコンポーネントをインストールするには、HMC 4.0 導入ガイドのセクションです。Exchange Server 2007 SP1 の監視を構成する方法とデータ収集に関する詳細については、次のマイクロソフト TechNet web サイトを参照してください。
    Exchange Server 2007 SP1 の監視とデータ収集を構成する方法
  25. オフラインで共有を作成する必要がある場合アドレス帳 (OAB) の Oab を 32,000 の制限に近づくとMPS01、上の theSharedOABUtility.msi ファイルを実行して、既定の設定をそのままです。共有の OAB ユーティリティの詳細については、次のマイクロソフト サポート技術資料を参照する次の文書番号をクリックしてください。
    977990 ホストされているメッセージおよびコラボレーション環境で新しいオフライン アドレス帳を作成できません。
  26. 各 Web サービス サーバーで IIS を再起動します。

プロパティ

文書番号: 2545773 - 最終更新日: 2013年11月4日 - リビジョン: 2.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Solution for Hosted Messaging and Collaboration 4.0
キーワード:?
kbnosurvey kbarchive kbautohotfix kbqfe kbhotfixserver kbfix kbexpertiseadvanced kbsurveynew kbmt KB2545773 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:2545773
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com