その他の Exchange を有効にするのにはログ情報を格納する方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 254606 - 対象製品
重要 この資料でには、レジストリを変更する方法に関する情報が含まれています。 変更する前にレジストリをバックアップすることを確認します。 問題が発生した場合にレジストリを復元する方法を知っていることを確認します。 バックアップ、復元、およびレジストリを変更する方法の詳細については、「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) の資料を表示するには、以下「Base をクリックします。
322756バックアップを作成し、Windows レジストリを復元する方法
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

追加 Microsoft Windows NT パフォーマンス モニターのインフォメーション ストアのトラブルシューティングの目的でログを有効にする必要があります。

詳細

追加のパフォーマンス モニター インフォメーション ストア ログを有効にするのには、レジストリを変更する必要があります。 我々 はこの問題を自動的に Exchange Server 2000、Exchange Server 2003 または Exchange Server 2007 で修正するには、"Fix it for me"セクションに移動します。 自分でこの問題を修正するか、Exchange Server 5. 5 を使用している場合は、"Let me fix it myself"セクションに移動します。

私の修正します。

Exchange Server 2000、Exchange Server 2003 または Exchange Server 2007 でこの問題を自動的に修正するには、この問題の修正 のリンクをクリックします。 次に、実行ファイルのダウンロード] ダイアログ ボックスをクリックし、このウィザードの手順に従います。


この問題を
Microsoft Fix it 50330


メモ この、ソリューションの機能すべての言語を修正します。 ただし、一部の言語では、[ウィザード テキスト英語の可能性があります。

ページ、問題を修正保存が発生しているコンピューターで、されていない場合は メモ のソリューションは、フラッシュ ドライブまたは CD にし、問題が発生しているコンピューターで実行します。

修正プログラムを実行した後、ソリューションは、新しいカウンターを表示するパフォーマンス モニターを再起動する必要があります。 新しいカウンターは、MSExchangeIS オブジェクトの下に配置されています。

自分で問題を修正しましょう

警告 レジストリ エディタまたは別の方法を使用してレジストリを誤って変更すると、深刻な問題が発生することがあります。 最悪の場合、オペレーティング システムの再インストールが必要になることがあります。 マイクロソフトは、レジストリの変更により発生した問題に関しては、一切責任を負わないものとします。 レジストリの変更は、自己の責任において行ってください。
追加のパフォーマンス モニターを有効にするには、情報は自分でログを格納または Exchange Server 5. 5 で、次の操作を行います。
  1. レジストリ エディタ (Regedt32.exe) を起動します。
  2. ライブラリ は、次のキーの下でレジストリを見つけます。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\MSExchangeIS\Performance
  3. [編集] メニューの [文字列] をクリックします。

    Microsoft Exchange Server 5. 5 用:
    c:\exchsrvr\bin\mdbperf.dll から c:\exchsrvr\bin\mdbperfX.dll に、値を変更し、[OK] をクリックします。

    Microsoft Exchange Server 2000 および Microsoft Exchange Server 2003:
    c:\Program Files\exchsrvr\bin\mdbperf.dll から c:\Program Files\exchsrvr\bin\mdbperfX.dll に、値を変更し、[OK] をクリックします。

    Microsoft Exchange Server 2007 用:
    c:\Program Files\Microsoft\Exchange Server\bin\perf\%PROCESSOR_ARCHITECTURE%\mdbperf.dll から c:\Program Files\Microsoft\Exchange Server\bin\perf\%PROCESSOR_ARCHITECTURE%\mdbperfx.dll に、値を変更し、[OK] をクリックします。
  4. レジストリ エディタを終了します。
このレジストリ値を変更した後、新しいカウンターを表示するパフォーマンス モニターを再起動する必要があります。 新しいカウンターは、MSExchangeIS オブジェクトの下に配置されています。

プロパティ

文書番号: 254606 - 最終更新日: 2010年1月13日 - リビジョン: 5.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Exchange Server 5.5 Standard Edition
  • Microsoft Exchange 2000 Server Standard Edition
  • Microsoft Exchange Server 2003 Standard Edition
  • Microsoft Exchange Server 2007 Standard Edition
  • Microsoft Exchange Server 2003 Enterprise Edition
  • Microsoft Exchange Server 2007 Enterprise Edition
キーワード:?
kbinfo kbmt kbfixme kbmsifixme KB254606 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:254606
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com