Windows Vista、Windows Server 2008 R2、Windows Server 2008、Windows Server 2003、Windows XP、および Windows 2000 用のメモリ ダンプ ファイル オプションの概要

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 254649
この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP254649
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

デバッグ情報を書き込むには、次のオペレーティング システムを構成することができます。
  • Windows Vista
  • Windows Server 2008
  • Windows Server 2008 R2
  • Windows Server 2003
  • Windows XP
  • Windows 2000
デバッグ情報 (メモリ ダンプ ファイルとも呼ばれます) の別のファイル形式に書き込むことができるとき、コンピューター停止が予期せず停止エラー (とも呼ばれる、「青い画面」のためシステムのクラッシュ、またはバグ チェック)。いない書き込まれるように Windows を構成することもできます。メモリ ダンプ ファイルのデバッグ情報。

Windows のいずれかを生成できます。次のメモリ ダンプ ファイル タイプ:
  • 完全メモリ ダンプ
  • [カーネル メモリ ダンプ
  • 最小メモリ ダンプ (64 KB)

詳細

完全メモリ ダンプ

完全メモリ ダンプをシステム メモリの内容をすべて記録します。コンピューターが予期せず停止します。完全メモリ ダンプ、メモリダンプが収集されたときに実行中のプロセスからのデータが載っています。

選択すると、 完了メモリ ダンプ オプションは、ブート ボリューム上のページング ファイルが必要物理 RAM と 1 メガバイト (MB) を保持するのに十分です。

別の問題が発生した場合、完全メモリ ダンプ (またはカーネル メモリ ダンプ) ファイルが作成、既存のファイル上書きされます。

メモ
  • Windows vista、Windows Server 2008 および Windows Server 2008 R2 では、ページング ファイルから、オペレーティング システムがインストールされているパーティションとは異なるパーティションにあります。ページング ファイルを別のパーティションに配置するには、という名前の新しいレジストリ エントリを作成する必要があります。 DedicatedDumpFile.という名前の新しいレジストリ エントリを使用して、ページング ファイルのサイズを定義することができます。 DumpFileSize.これを行う方法の詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
  • は、 完全メモリ ダンプ オプションは利用できません。32 ビットのオペレーティング システムを実行している、2 ギガバイト (GB) 以上の RAM がコンピューターにします。詳細についてを参照してください、 システムが予期せずに停止したときの動作を指定します。 トピックには、次のマイクロソフト TechNet Web サイト:
    .aspx の http://technet.microsoft.com/en-us/library/cc778968 (WS.10)

[カーネル メモリ ダンプ

カーネル メモリ ダンプは、カーネル メモリのみが記録されます。これは、コンピューターが突然停止したときの情報をログに記録して処理を迅速化します。ページファイルをカーネル メモリに対応できる十分な大きさが必要です。32 ビット システムでは、カーネル メモリは、通常 between150MB と 2 GB です。また、Windows 2003 と Windows XP では、ページング ファイルがブート ボリューム上でなければなりません。それ以外の場合は、メモリ ダンプを作成できません。

これ割り当てられていないメモリ、または割り当てられているすべてのメモリ ダンプ ファイルは含まれませんユーザー モードのプログラムにします。カーネルに割り当てられたメモリのみが含まれていますハードウェア アブストラクション レイヤー (HAL) では、Windows 2000 以降およびメモリカーネル モードのドライバーやその他のカーネル モードのプログラムに割り当てられています。ほとんどため、このダンプ ファイルが最も有用です。大幅により小さいです。完全メモリ ダンプ ファイルが省略されている部分だけのメモリこの問題に関連する可能性が低い。

新たな問題が発生した場合は、別のカーネル メモリ ダンプ ファイル (または完全メモリ ダンプ ファイル) が作成されます、以前のファイルが上書きされる、任意の既存ファイルを上書きする' が設定を確認します。

最小メモリ ダンプ

最小メモリ ダンプは、最小限の有用な記録します。コンピューターが突然停止した理由を判別するのに役立つ情報です。これオプションには、少なくとも 2 MB のページング ファイルがブート ボリューム上に必要とし、指定Windows 2000 およびそれ以降は、コンピューターが停止するたびに新しいファイルを作成します。予期せず。これらのファイルの履歴はフォルダーに格納されます。

これダンプ ファイルの種類には次の情報が含まれます。
  • Stop メッセージとそのパラメーター、およびその他のデータ
  • 読み込まれているドライバーの一覧
  • プロセッサのプロセッサ コンテキスト (PRCB)、停止
  • プロセス情報とカーネル コンテキスト (EPROCESS)停止するプロセス
  • プロセス情報とカーネル コンテキスト (ETHREAD)停止したスレッド
  • カーネル モード呼び出し履歴スレッドは、停止
スペースが限られている場合、この種類のダンプ ファイルが便利です。含まれている場合は、ただし、情報は制限されるのでもないエラー問題の時に実行していたスレッドによって直接引き起こさ可能性がありますこのファイルの解析で検出されません。

別の問題がある場合発生して、2 つ目の最小メモリ ダンプ ファイルが作成されます、前のファイル保存します。各ファイルに異なる名前が与えられます。日付をエンコードします。ファイル名にします。たとえば、mini022900-01.dmp 最初のメモリ ダンプです。2000 年 2 月 29 日を生成します。最小メモリ ダンプ ファイルをすべての一覧が保持されます。%SystemRoot%\Minidump フォルダーにします。

ダンプの種類を設定します。

[起動と回復のオプション (ダンプを含む構成するのには型)、次の手順を実行します。

メモ いくつかのバージョンの Microsoft Windows がないため、手順を実行は、コンピューターに異なる場合があります。場合を参照してください、これらの手順を実行する製品のドキュメント。
  1. クリックしてください。 開始、し、 コントロールパネル.
  2. パフォーマンスとメンテナンス] をクリックし、クリックしてください システム.
  3. で、 高度な タブで、クリックしてください 設定 下にあります。 スタートアップ/リカバリ.
注: を変更を有効にするには Windows を再起動する必要があります。



各種のダンプ用のツール

完全メモリ ダンプを読み込むことができ、カーネル メモリのダンプ標準シンボリック デバッガー、I386kd.exe など。I386kd.exe が含まれていますWindows 2000 のサポート CD-ROM。

使用して、最小メモリの負荷をダンプします。Dumpchk.exe Dumpchk.exe を使用します。 は、サポート ツールは Windows 2000 に含まれています。Windows XP とします。Dumpchk.exe いることを確認するのには、メモリ ダンプ ファイルを使うも行えます正しく作成されました。

詳細については Windows での Dumpchk.exe の使用方法XP は、Microsoft Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックします。
315271Dumpchk.exe を使用して確認する方法については、メモリ ダンプ ファイル
詳細については Windows での Dumpchk.exe の使用方法2000 は、Microsoft Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
156280Dumpchk.exe を使用して確認する方法については、メモリ ダンプ ファイル
Windows のデバッグの詳細についてはツールは、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://www.microsoft.com/whdc/devtools/debugging/default.mspx

定義

  • ブート ボリューム: Windows の動作が含まれているボリュームシステムとそのサポート ファイル。ブート ボリュームはする必要はありません、同じシステム ボリュームです。
  • システム ボリューム: ボリュームが含まれています、Windows をロードする必要があります、ハードウェア固有のファイルします。システム ボリュームことができますが、するのには、ブート ボリュームと同じはありません。Boot.iniNtdetect.com、ntbootdd.sys というファイルの例に置かれているファイルがシステム ボリューム。

[起動と回復のレジストリ値

次のレジストリ値が使用されます。
HKEY_LOCAL_MACHINE\System\CurrentControlSet\Control\CrashControl


CrashDumpEnabled REG_DWORD 0x0 = なし
CrashDumpEnabled REG_DWORD 0x1 = の完全メモリ ダンプ
CrashDumpEnabled REG_DWORD 0x2 = のカーネル メモリ ダンプ
CrashDumpEnabled REG_DWORD 0x3 = の最小メモリ ダンプ (64 KB)
CrashControl 用の追加レジストリ値。
0x0 = 無効
0x1 = 有効

AutoReboot REG_DWORD 0x1
ダンプファイルの REG_EXPAND_SZ %SystemRoot%\Memory.dmp
LogEvent REG_DWORD 0x1
MinidumpDir REG_EXPAND_SZ %SystemRoot%\Minidump
REG_DWORD 0x1 を上書きします。
SendAlert の REG_DWORD 0x1

注: を変更を有効にするには Windows を再起動する必要があります。


ダンプ ファイルを作成できることを確認します

詳細については、ダンプ ファイルを生成するようにコンピューターを構成する方法テストの目的は、Microsoft Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックします。
244139Windows の機能は、キーボードを使用して、メモリ ダンプ ファイルを生成することができます。

デフォルトのダンプの種類

  • Windows 2000 Professional: 最小メモリ ダンプ (64KB)
  • Windows 2000 Server: 完全メモリ ダンプ
  • Windows 2000 Advanced Server: 完全メモリ ダンプ
  • Windows XP (Professional および Home Edition): 最小メモリダンプ (64 KB)
  • Windows Server 2003(すべてのエディション): 完了メモリ ダンプ
  • Windows Vista (すべてのエディション): カーネル メモリ ダンプ
  • Windows Server 2008 (すべてのエディション): カーネル メモリ ダンプ
  • Windows Server 2008 R2 (すべてのエディション): カーネル メモリ ダンプ

ページング ファイルの最大サイズ

ページング ファイルの最大サイズを次のように制限されています。
元に戻す全体を表示する
x86x64IA-64
ページング ファイルの最大サイズ4 gb (非 PAE)
16 tb (PAE)
16 テラバイト32 テラバイト
ページング ファイルの最大数161616
総ページング ファイル サイズ64 ギガバイト (非 PAE)
256 テラバイト (PAE)
256 テラバイト512 テラバイト

X x64 ベース バージョンの Microsoft Windows のテクニカル サポートに

テクニカル サポートおよび x x64 ベース バージョンの Windows については、ハードウェアの製造元が用意されています。X x64 ベース バージョンの Windows がハードウェアに搭載されているため、ハードウェアの製造元のサポートを提供します。ハードウェアの製造元固有のコンポーネントのインストールを Windows をカスタマイズしている可能性があります。独自のコンポーネントは、固有のデバイス ドライバーを含めることができます。 またはハードウェアのパフォーマンスを最大化のオプションの設定を含めることができます。X x64 ベース バージョンの Windows とテクニカル ヘルプが必要な場合は、マイクロソフトの合理的なサポートを提供します。ただし、製造元に直接問い合わせる必要があります。製造元は、製造元のハードウェアがインストールされているソフトウェアをサポートする最適な修飾されます。

については、Microsoft Windows XP Professional x64 Edition の製品情報については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://www.microsoft.com/windowsxp/64bit/default.mspx
製品情報については x x64 ベース バージョンの Microsoft Windows Server 2003、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://www.microsoft.com/windowsserver2003/64bit/x64/editions.mspx

プロパティ

文書番号: 254649 - 最終更新日: 2011年10月10日 - リビジョン: 0.1
キーワード:?
kbinfo kbenv kbmt KB254649 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:254649
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com