SQL Server 内のフルテキスト クエリのパフォーマンスを向上します。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 2549443 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

概要

この資料では、フルテキスト検索の述語 ( CONTAINS CONTAINSTABLE) などを使用して、選択データが Microsoft SQL Server クエリのパフォーマンスを向上させる方法について説明します。たとえば、このメソッド、次のクエリのパフォーマンスを向上させます。
select * from dbo.ftTest where CONTAINS(TextData, '"keyword"') and CDate > @date
このメソッドでは、クエリのデザイン、テーブル スキーマ、およびフルテキスト インデックスをリレーショナル エンジンに送信する前に、フル ・ テキスト検索エンジンによって結果がフィルタに方法でできます。そのため、リレーショナル エンジンは、大規模なデータセットにフィルターを適用するはありません。

詳細

影響、クエリのパフォーマンス、データ量を全文検索エンジンは、残りの前に処理する必要がある、フルテキスト検索クエリの原則の要素を作成すると、リレーショナル エンジンにデータが送信されます。SQL Server では、後で処理する行の数を減らすために行を早期のフィルターによって、クエリのパフォーマンスを向上できます。

SQL Server 2008 より前にリリースされたバージョンの SQL Server は、フルテキスト検索エンジンを検索の語句に一致するすべての行が返され、リレーショナル エンジンはフィルターが適用されます。この問題を SQL Server 2008 SQL Server 2008 R2 で、SQL Server 2012年の強化されました。ただし、全文検索用のインデックスは非常に異なる方法でデータベースのインデックスから構成されるため、これらの機能強化を使用することは困難です。さらに、全文検索エンジンと、リレーショナル エンジンは非常に異なる方法で動作します。そのため、この資料に記載されて、テーブル値関数 (TVF) 行を事前にフィルターを適用して、後で処理する必要があります行の数を減らすために使用します。

たとえば、次のクエリ プランを含む検索文字列に一致する 131051 の行を返します。さらに、プラン内の結合演算子は、インデックスのシークを使用して追加のフィルター処理を実行します。
Rows StmtText 
-------------------- -----------------------------------------------------------------------------------------------------------
1167 select CDate, ID from dbo.fttest where contains (c2, '"create"') and CDate> '08/05/2019' 

1167 |--Merge Join(Left Semi Join, MERGE:([FTSdb].[dbo].[fttest].[ID])=(FulltextMatch.[docid]), RESIDUA
5858 |--Sort(ORDER BY:([FTSdb].[dbo].[fttest].[ID] ASC)) 
5858 | |--Clustered Index Seek(OBJECT:([FTSdb].[dbo].[fttest].[clidx1]), SEEK:([FTSdb].[
131051 |--Table-valued function 
クエリ述語として一意インデックス キー列が含まれている場合は、ただし、全文検索エンジン、述語、フル ・ テキスト ・ レベルで結果をフィルター処理できます。追加フィルタ リングを適用する必要があります前にこのような状況では、TVF は少ない容量のデータを返します。C2 は、条件に一致する必要があります 5 つの値は、次のクエリを指定して TVF は 5 つの値に一致する結果のみが返されます。
Rows StmtText 

-------- ---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
5 select CDate, ID from dbo.fttest where contains (c2, '"create"') and CDate > '08/05/2019' and ID in ( 654051, 644051, 649106, 465, 105)

5 |--Nested Loops(Left Semi Join, OUTER REFERENCES:([FTSdb].[dbo].[fttest].[ID])) 
5 |--Index Seek(OBJECT:([FTSdb].[dbo].[fttest].[idx1]), SEEK:([FTSdb].[dbo].[fttest].[ID]=(105) OR ...
5 |--Table-valued function
全文検索エンジンの機能を一意インデックス キーで使用される値をプッシュするのには、次の方法の基礎です。

述語には、DateTime データ型の列が含まれている場合は、この述語に一致する行だけを出力するように、日付情報を一意なインデックス キー列に含めることができます。これを行うには、論理的に、キー列の日付の情報を組み込む必要があります。ただし、キー列のデータ型と、クエリを使用するアプリケーションを変更する必要があります。

フルテキスト一意のデータ型を変更して、メソッドを実装するには、キーの ID をサポートします。最初の 4 バイトのキー ID キャプチャ、年、月、および日] 列との最後の 4 バイトの日付値は同じです。たとえば、ID が、年を参照可能性があります、キーの最初のバイトは次の月には、次のバイトを参照できる、最後の 2 バイトに日を参照してくださいできます。アプリケーションはこのデータ型の変更に対応する必要があります。

次に、範囲述語のキー述語を変換 id。たとえば、"x<>< y"="" range="" predicate="" can="" be="" translated="" to="" the="" "(x*2^32="">< id="">< y*2^32)"="" predicate.="" because="" the="" translated="" predicate="" is="" a="" predicate="" on="" the="" full-text="" key,="" the="" predicate="" will="" be="" pushed="" down="" into="" the="" full-text="" streaming="" table-valued="" functions="" (stvf).="" this="" behavior="" effectively="" performs="" searches="" within="" the="" date="">

プロパティ

文書番号: 2549443 - 最終更新日: 2013年3月22日 - リビジョン: 2.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft SQL Server 2008 Developer
  • Microsoft SQL Server 2008 Enterprise
  • Microsoft SQL Server 2008 Enterprise Evaluation
  • Microsoft SQL Server 2008 R2 Datacenter
  • Microsoft SQL Server 2008 R2 Developer
  • Microsoft SQL Server 2008 R2 Enterprise
  • Microsoft SQL Server 2008 R2 Standard
  • Microsoft SQL Server 2012 Developer
  • Microsoft SQL Server 2012 Standard
  • Microsoft SQL Server 2012 Web
  • Microsoft SQL Server 2012 Enterprise
キーワード:?
kbmt KB2549443 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:2549443
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com