ASP に Oracle の接続の問題のトラブルシューティング方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 255084
すべて展開する | すべて折りたたむ

概要

この資料でいくつかの場合に実行する一般的な手順の概要を示しますOracle データベースへの接続問題のトラブルシューティングをActive Server Pages (ASP) アプリケーションです。いくつかの一般的なエラー メッセージです。
Microsoft OLE DB プロバイダー用 ODBC ドライバー エラー'80004005' [Oracle] の [ODBC] [Ora] ORA 12154: TNS: サービス名を解決できませんでした/vdir/filename.asp、行 xxx.
- と -
Oracle(tm) クライアントとネットワークコンポーネントが見つかりませんでした。これらのコンポーネントは Oracle Corporation によって提供されます。Oracle バージョン 7.3 (またはそれ以上) のクライアント ソフトウェアの一部であります。インストールします。

次までにこのドライバーを使用することはできません。コンポーネントがインストールされています。

詳細

場合の一般的な手順を次に示します、ASP と Oracle データベース間の接続の問題を調査します。
  1. Oracle への接続し、取得を最初に確認します。データが Oracle の SQL Plus ユーティリティ (コマンド ライン クエリ ユーティリティ) を使用します。Ifこのツールでは、接続を確立できず、どちらかが正しくインストールまたはまたは Oracle クライアント コンポーネントの構成が正しく使用されませんでした、エイリアスを作成するのには SQL Net の容易な構成または Oracle Net8 やすい構成ユーティリティOracle サーバーです。Oracle データベース管理者に協力する必要があります。必要な Oracle コンポーネントがインストールされており、あることを確認してください。正しく構成します。
  2. Oracle クライアントは、インターネット上で最近インストールした場合情報サービス (IIS) コンピューターは、コンピューターがされていることを確認してください。1 回以上再起動します。場合によっては後に Oracle コンポーネントのインストールSQL と正常に動作しますが、再起動するまで IIS からの接続が動作しません。コンピューターです。
  3. OCIW32.dll ファイルは、IIS での複数のコピーを検索します。サーバーです。必要がありますのみが 1 つの .dll ファイル、コンピューター、およびそれをコピーOracle ホーム フォルダーの \Bin サブフォルダーにあります。その他の場合にコピー、.bak 拡張子を持つこれらの名前を変更し、接続を再テストします。、任意の追加のコピーの名前を変更した後、IIS サービスを再起動することができます。見つけた .dll ファイル。
  4. 推奨されるバージョンを実行していることを確認します。Oracle コンポーネント。
  5. の取得およびこれらの修正プログラムをインストール、操作方法の詳細については、データベース管理者または Oracle 技術的サポートにお問い合わせください。(マイクロソフトテクニカル サポートは、これらの Oracle の構成をサポートしていませんコンポーネントです。
  6. Oracle クライアント コンポーネントがあることを確認してください。ローカル IIS サーバー上にインストールされて。その他をさせることが可能ですがアプリケーションをローカルにインストールされている Oracle コンポーネントもこれで解決ASP アプリケーションでの作業中に問題が発生します。マイクロソフトことを推奨します。これらのコンポーネントが IIS サーバーにインストールします。その他のカスタム設定サポートされていません。
  7. IIS でシステム環境変数を検索します。コンピューターと、PATH 変数をチェックします。ある場合、リモートの共有ディレクトリ名またはOracle コンポーネントが含まれている場所を指すマップされたドライブを削除します。します。加えた変更をコンピューターを再起動する必要があります。有効にします。
  8. IIS でシステム環境変数をもう一度見てください。コンピューターと、PATH 変数をチェックします。確認が \Bin フォルダーには、Oracle のホーム ディレクトリは、PATH 環境変数の一部として含まれています。既定のインストールでは、これは、Orant\Bin フォルダーです。もう一度、行う必要があります。有効にするには、変更、コンピューターを再起動します。
  9. Oracle の両方は、Microsoft ODBC に接続しようとしてください。ドライバー、Oracle 用の Microsoft OLEDB プロバイダーを使用します。ここでは、サンプルの接続これらの各文字列の構文:
    'Microsoft OLEDB Provider for Oracle
    "Provider=MSDAORA.1;Data Source=Your_TNSNames_Alias;User ID=User;Password=Password"
    
    'Microsoft ODBC for Oracle DSN-Less 
    "Provider=MSDASQL;DRIVER={Microsoft ODBC for ORACLE};UID=User;PWD=Password;Server=Your_TNSNames_Alias"
    
    'Microsoft ODBC for Oracle using a DSN
    "DSN=Your_DSN_Name;UID=User;PWD=Password"
    					
  10. SQL を無効にする * Net。これを行うには、編集、SQLNET.ora ファイルです。この構成ファイルは通常、Network\Admin に格納されています。Oracle ホーム フォルダーのサブフォルダー。このファイルに次の行を追加します。
    SQLNET.AUTHENTICATION_SERVICES = (none)
    SQLNET.AUTHENTICATION = (none)
    						
    これらの変更を加えた後、IIS サービスを再起動します。
  11. Iusr _ を追加します。マシン名アカウントと、iwam _マシン名 アカウントにするにはOracle ホーム フォルダーです。両方のアカウント フル コントロールを与えます。

    これを行うには、Oracle ホーム フォルダー Windows エクスプ ローラーで右クリックします。クリックしてください。 プロパティ、し、 セキュリティ タブ、適切なアカウントを追加し、それらを完全に与えるコントロールです。コンピューターを再起動します。
は、この資料で説明するサードパーティ製品が製造されていますマイクロソフトと関連のある企業。マイクロソフトは、保証を負わない、黙示、パフォーマンスや信頼性これらのについて製品。

Microsoft、サード パーティ製の連絡先情報を提供します。テクニカル サポートします。この連絡先情報は、予告なく変更可能性があります。マイクロソフトはこのサード パーティ連絡先の正確さを保証しません情報です。

プロパティ

文書番号: 255084 - 最終更新日: 2011年7月22日 - リビジョン: 2.0
キーワード:?
kbhowto kboracle kbmt KB255084 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:255084
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com