Windows 95、Windows 98、または Windows Millennium Edition に Windows 2000 をインストールまたはアップグレードするとエラー メッセージ "NTLDR is missing" が表示される

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 255220 - 対象製品
この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP255220
Windows XP については、次の資料を参照してください。 314057
すべて展開する | すべて折りたたむ

現象

Microsoft Windows 95 ベース、Microsoft Windows 98 ベース、または Microsoft Windows Millennium Edition (Me) ベースのコンピュータに、Windows 2000 をインストールするか、または Windows 2000 にアップグレードするとき、最初にコンピュータを再起動した後、次のエラー メッセージが表示されることがあります。
NTLDR is missing
Press any key to restart
この現象は、FAT32 ファイル システムを使用する大容量ドライブに Windows 95、Windows 98、または Windows Me がインストールされている場合にのみ発生します。

原因

この問題は、Windows 95、Windows 98、または Windows Me のインストールが誤ってジオメトリの異なるドライブに複製され、さらに以下の条件に当てはまる場合に発生します。
  • システム パーティション、またはブート パーティションが FAT32 ファイル システムでフォーマットされています。
  • コンピュータが拡張 INT-13 (パーティション テーブルで 7.8 GB を超える、システム ID タイプが 0C のパーティション) を使用して起動されています。
  • FAT32 BIOS パラメータ ブロック (BPB) のヘッド (サイド) 値が不適切です。この値は、物理ドライブのジオメトリと一致している必要があります。
Windows 95、Windows 98、または Windows Me のブート コードでは、BPB のヘッド値は無視されるため、この値が無効でも起動します。Windows 2000 ブート コードではこの値が使用されるため、値が適切でない場合は起動処理は失敗します。

解決方法

この問題を解決するには、Windows 2000 の起動処理が続行されるように FAT32 BPB の無効なヘッド (サイド) 値を修正します。このフィールドを更新する最も簡単な方法は、次の手順を使用して Windows 95、Windows 98、または Windows Me のブート コードを書き換えることです。
  1. Sys.com ファイルが含まれている Windows 95、Windows 98 または Windows Me の起動ディスク (Sys.com はデフォルトで含まれています) を使用して、コンピュータを再起動します。
  2. コマンド プロンプトで sys c: と入力します。このコマンドを実行すると、Windows 95、Windows 98、または Windows Me のブート コードが適切な BPB 情報で書き換えられます。このコマンドが正常に実行された場合は、手順 3. に進みます。

    Windows Me の起動ディスクの使用中、"ドライブ C の規定の場所に、システム ファイルが見つかりません。" というエラー メッセージが表示された場合は、Windows Me のインストールから 1 つ以上のファイルが削除されています。sys コマンドでこれらのファイルにアクセスできるように、次の手順を実行してドライブに適切なファイルを配置します。
    1. コマンド プロンプトで、次のコマンドを使用して、c:\Windows に移動します。
      c:
      cd \windows
      : Windows が異なるディレクトリにインストールされている場合は、それに応じて上記のコマンドを変更する必要があります。
    2. 次のコマンドを使用して、Command ディレクトリに移動します。
      cd command
      パスが見つからないことを示すエラー メッセージが表示された場合は、次のコマンドを使用してフォルダを作成した後、上記のコマンドを再度実行します。
      md command
    3. 次のコマンドを使用して、EBD フォルダに移動します。
      cd ebd
      パスが見つからないことを示すエラー メッセージが表示された場合は、次のコマンドを使用してフォルダを作成した後、上記のコマンドを再度実行します。
      md ebd
    4. EBD フォルダで、次のコマンドを実行して、Io.sys ファイルをハード ディスクのルートからコピーし、そのファイル名を Winboot.sys に変更します。Winboot.sys は、sys.com でシステムを移動するために必要なファイルです。
      attrib -s -h -r c:\io.sys
      copy c:\io.sys winboot.sys
    5. 以下のコマンドを実行して、A ドライブに戻り、ドライブに対して sys コマンドを実行します。
      a:
      sys c:
  3. コンピュータを Windows 95、Windows 98、または Windows Me で再起動し、Windows 2000 のインストールまたはアップグレードの手順を再度実行します。

    : sys c: コマンドの実行後、回復コンソールを起動し、fixboot コマンドを使用して Windows 2000 ブート コードを書き換えることもできます。この手順を実行すると、元のインストールが通常どおりに続行されます。

状況

マイクロソフトでは、この問題をこの資料の冒頭に記載したマイクロソフト製品の問題として認識しています。

関連情報

この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 255220 (最終更新日 2003-11-05) を基に作成したものです。

プロパティ

文書番号: 255220 - 最終更新日: 2006年3月23日 - リビジョン: 3.1
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows 2000 Professional
キーワード:?
kbhotfixserver kbenv kberrmsg kbprb kbsetup KB255220
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com