ユーティリティ 4 gb 以上の物理メモリでは、Windows Server 2003 および Windows 2000 Server で表示されません。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 255600
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

現象

以上 4 ギガバイト (GB) のランダムなコンピューターを持つアクセス メモリ (RAM) がシステムでメモリの量を表示するとプロパティまたは Microsoft システム診断 (WinMSD) では、集計などのツールで物理メモリは 4 GB として誤って報告します。

原因

この動作は仕様です。最大数32 ビットのオペレーティング システムによってアドレス指定可能な物理メモリが 4 GB、または 0 です。4 GB のアドレス空間。

すべてのプロセッサに基づいています、Ia-32 アーキテクチャ Intel Pentium Pro と、開始、新しい 36 ビットのサポートします。物理アドレス拡張 (PAE) 物理メモリ アドレス割り当てモードを指定します。PAE を使用します。64 GB の物理メモリ。PAE が最大 64 GB のメモリは、32 ビットに (4 マップします。GB) の仮想アドレス空間。各オペレーティング システムにハードコーディング アドレス可能性がありますまた、64 GB 未満に制限します。Ffor 例では、Microsoft Windows 2000 の詳細設定では、8 GB のハードコーディング アドレス制限があります。サーバーです。PAE モードのカーネルが、Intel アーキテクチャ プロセッサ Pentium が必要です。Pro 以降バージョンで 4 GB の RAM、および Windows 2000 Advanced Server、Windows 2000 Datacenter Server、Microsoft Windows Server 2003 Enterprise Edition、または Windows Server 2003 Datacenter Edition より。

解決方法

4 GB のアドレス空間よりも大きいメモリへのアクセスを許可するには(4 GB から 32 GB) のルート フォルダーの Boot.ini ファイルを手動で変更する必要がありますシステム ドライブを追加するのには /PAE 適切なオペレーティング システムに切り替える行:
  1. クリックしてください。 開始をクリックして 実行、タイプ cmd で、 ファイルを開く ボックスとクリック [OK].
  2. 種類 attrib c:\boot.ini-r、、次を押します 入力してください。.
  3. 種類 終了、し、キーを押します。 入力してください。.
  4. クリックしてください。 開始をクリックして 実行、タイプ メモ帳c:\boot.ini で、 ファイルを開く ボックスとクリック [OK].

    ウィンドウBoot.ini ファイルが表示されます。
  5. "Default"で始まる行は、場所です。起動ユーザーに Windows 2000 Advanced Server を読み込まれます介入します。たとえば、行が表示されます。
    既定マルチ (0) = ディスク (0) rdisk (0) パーティションの \WINNT (1)
  6. Windows 2000 Advanced Server の行を見つけること既定の行の情報に対応しています。同様に参照する必要があります。次:
    マルチ (0) (0) をディスクの rdisk (0) パーティション (1) \WINNT="Windows 2000 Advanced Server"/fastdetect
  7. スペースを追加し、 /PAE 最後に行です。行は次のようになります。
    マルチ (0) (0) をディスクの rdisk (0) パーティション (1) \WINNT="Windows 2000 Advanced Server"/fastdetect/PAE
  8. クリックして、 閉じる ボックスを閉じるにはメモ帳のウィンドウをクリックし [はい] されたら、変更を保存します。
  9. システムを再起動し、ことを確認、正しいシステム メモリの容量を使用できるようになりました。
システムの Boot.ini ファイルの例を次に示します含むには、 /PAE スイッチ:
[ブート ローダー]
タイムアウト = 0
既定マルチ (0) = ディスク (0) rdisk (0) パーティションの \WINNT (1)
[オペレーティング システム]
マルチ (0) (0) をディスクの rdisk (0) パーティション (1) \WINNT="Windows 2000 Advanced Server"/fastdetect/PAE

詳細

詳細については、付属のユーザー ガイドを参照してください。オペレーティング システムを使用します。詳細については PAE および 4 を超えるメモリのサポートGB は、マイクロソフト サポート技術記事を表示するのには、次の資料番号をクリックします。
283037大容量メモリのサポートは Windows Server 2003 および Windows 2000 で利用可能なが
247904 ページ アドレス プールおよびシステム ページ テーブル エントリのメモリ領域を構成する方法
274598 2 Gb 以上の RAM を持つコンピューターでは使用できませんに完全メモリ ダンプします。


PAE の詳細についてサーバー設計、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://www.microsoft.com/whdc/system/platform/server/PAE/default.mspx
http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/Aa366796.aspx
多くのメモリをシステムに追加する場合は、BIOS が、サーバーに搭載された物理 RAM の全容量を認識が、Windows が RAM の一部にのみ認識されることができます。サーバーで冗長メモリ機能またはメモリ ミラーリング機能が有効になっている場合は、メモリの全容量が Windows に認識場合があります。メモリ バンクが失敗した場合、システムでは、フェールオーバーのメモリ バンク冗長メモリを提供します。メモリ ミラーリングは、メモリ バンクをミラー セットに分割します。両方の機能を有効または、BIOS で無効に、Windows からアクセスできません。これらの機能の設定を変更するのには、システム ユーザー マニュアルまたは OEM の Web サイトを参照してくださいする必要があります。また、ハードウェアの製造元に連絡してください必要があります。

4 GB の RAM が搭載されたシステムを実行しているし、4 GB の RAM を追加する場合は、たとえば、Windows は、4 GB の物理メモリまたはおそらく 6 GB、完全な 8 GB の代わりにのみ認識します。冗長メモリ機能またはメモリ ミラーリング機能、知識がなくても、新しいメモリ バンクで有効にすることができます。これらの現象は追加しない場合に発生する現象に類似している、 /PAE Boot.ini ファイルに切り替えます。

プロパティ

文書番号: 255600 - 最終更新日: 2011年7月22日 - リビジョン: 6.0
キーワード:?
kbhowto kbmt KB255600 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:255600
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com