ドメイン コント ローラーに切り替えた場合、active Directory コネクタの新しい更新プログラムを同期しません。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 2561415
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

現象

この資料では Microsoft システム センター サービス マネージャー 2010 Service Pack 1 (SP1) の問題を解決する更新プログラム パッケージについて説明します。

問題 1

このシナリオでは、組織間でレプリケート複数 active directory ドメイン コント ローラー (Dc) がします。DC への切り替えが発生すると、Active Directory コネクタが正しく機能しません。このシナリオでは、コネクタ可能性があります、ドメイン コント ローラー上で加えられたいくつかの更新が失われることができます。

また、コネクタをバックアップから復元された 1 つのドメイン コント ローラーと同じ問題があります。

解決方法

前提条件

この更新プログラムをインストールするには、Microsoft システム センター サービス マネージャー 2010 Service Pack 1 (SP1) および累積的な更新 2 システム センター サービス マネージャー 2010 Service Pack インストール 1 用が必要です。詳細については、更新プログラムの入手については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックする方法。
2542118 System Center サービス マネージャー 2010 Service Pack 1 用の累積的な更新 2 の説明

この更新プログラムで影響を受けるコンポーネント

この更新プログラムは、サービス マネージャーの次のコンポーネントに適用されます。
  • サービス マネージャー サーバー (SM)

この更新プログラムをダウンロードします。

次のファイルは、Microsoft ダウンロード センターからダウンロードできます。

元に戻す画像を拡大する
ダウンロード
SCSM2010SP1_OD_KB2561415_AMD64_7.0.6555.118.exe パッケージします。

リリース日: 2011 年 6 月 17日

マイクロソフトのサポート ファイルをダウンロードする方法の詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
119591 オンライン サービスからマイクロソフトのサポート ファイルを入手する方法
マイクロソフトは、このファイルのウイルスをスキャンしました。マイクロソフトは、ファイルが転記された日付に利用可能な最新のウイルス検出ソフトウェアを使用します。ファイルは、ファイルに不正な改変を防止するセキュリティが強化されたサーバーに格納されます。

この更新プログラムをインストールする方法

重要ですこの更新プログラムをインストールする前に、次の手順を実行することをお勧めします。
  1. サービス マネージャー データベースをバックアップします。
  2. SM サーバーの暗号化キーをバックアップします。

データベースと暗号化キーをバックアップする方法の詳細については、次の TechNet web サイトを参照してください。
データベースと暗号化キーをバックアップする方法
メモこの更新プログラムを適用した後、新しい AD コネクタを作成する必要があります。既存の AD のコネクタを新しい DC に変更すると、更新プログラムを正しく同期する保証はありません。その後、ドメイン コント ローラーを変更すると、DC のバックアップから回復する場合は、AD のコネクタが正しく新しいオブジェクトまたは更新既存のオブジェクトに広告から同期する必要があります。

この更新プログラムをインストールするには、次の手順を実行します。
  1. この更新プログラムを適用する前に、サービス ・ マネージャーに関連するすべてのアプリケーションを終了します。たとえば、サービス マネージャーのコンソール、セルフ サービス ポータルのリンク、およびオーサリング ツールを終了します。
  2. この更新プログラムは、別のフォルダーにダウンロードします。
  3. コピー先のフォルダーを開きます。
  4. 次のファイルを右クリックしをクリックしてください 管理者として実行します。:
    SCSM2010SP1_OD_KB2561415_AMD64_7.0.6555.118.exe
  5. マイクロソフト ソフトウェア ライセンス条項に同意し、インストール ウィザードの手順を実行します。
メモこの更新プログラムは、新しいファイルをインストール、新しいストアド プロシージャを追加、サービス マネージャー データベースです。

次の .dll ファイルは、この更新プログラムで更新され、示されたバージョン番号する必要があります。
  • Microsoft.EnterpriseManagement.ServiceManager.Connector.AD.dll、バージョン 7.0.6555.118
  • Microsoft.EnterpriseManagement.ServiceManager.Connector.SessionManager.dll、バージョン 7.0.6555.118

次のストアド プロシージャは、サービス マネージャーのサーバーに追加されます。
  • resetwatermarkfordatasource.sql

この更新プログラムが正しくインストールされているかどうかを確認する方法

この更新プログラムが正しくインストールされているかどうかを確認するには、次の方法のいずれかを使用します。

方法 1:

  1. [コントロール パネル] を開きます。 [プログラムと機能.
  2. クリックしてください。 更新プログラムのインストールの表示.
  3. 表示される一覧で、次の項目を表示するかを確認します。
    Microsoft System Center サービス マネージャー SP1 用の修正プログラム (KB2561415)
    メモ SM のサーバー コンピューターが実行している場合は、この項目は下に表示されます。 Microsoft System Center サービス マネージャー SP1.

方法 2:

エラーは、累積的な更新プログラムのインストール中に発生するかどうかを確認するには、ログ ファイルを表示します。これを行うには、%temp% フォルダー内のログ ファイルを確認します。

X 64 ベースのシステムでは、次のログ ファイルは %temp% フォルダー内を確認します。
  • SCSM2010SP1_OD_KB2561415_AMD64_7.0.6555.118.msp.0.log
  • SCSMPatcherSetupWizard01.log

問題が解決されたかどうかを判断します。

この問題を解決するかどうかを確認するには、次の点を確認します。
  • AD のコネクタは一貫性のあるユーザー アカウント、コンピューター、プリンター、および新しい DC 上のグループ オブジェクトに加えられた変更をインポートしてください。この修正プログラムを適用する前に、すべての更新プログラムおよび新しいオブジェクト特定の条件下でインポートされませんでした。
引き続き、「現象」に記載されている現象が発生する場合は、マイクロソフト カスタマー サービス & サポートに問い合わせてください。追加の質問およびこの特定のアップデートの対象とならない問題については、通常のサポート料金が適用されます。別のサービス リクエストを作成するには、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。
http://support.microsoft.com/contactus/?ws=support

状況

マイクロソフトでは、この「対象」に記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

プロパティ

文書番号: 2561415 - 最終更新日: 2011年6月27日 - リビジョン: 4.0
キーワード:?
kbfix kbqfe kbactivedirectory kbupdate kbexpertiseadvanced kbhotfixserver kbmt kbsurveynew KB2561415 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:2561415
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com