Microsoft Exchange ActiveSync とサードパーティ製のデバイスの現在の問題

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 2563324 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

Microsoft Exchange ActiveSync デバイスと Microsoft Exchange Server のメールボックスの受信トレイ、予定表、およびその他の項目の同期を有効にします。Exchange ActiveSync を使用して、Exchange サーバーと同期するサードパーティ製のデバイスでの一般的な問題について説明します。これらのデバイスは Android と iOS のデバイスがあります。

Exchange ActiveSync のライセンス サード パーティ製のデバイスで使用されている Exchange ActiveSync ソフトウェアを提供します。マイクロソフトは、お客様のデバイス、またはサービスの Exchange ActiveSync のコードが書き込まれません。マイクロソフトは、ライセンスの特許ライセンスを Exchange ActiveSync にします。これらの特許はマイクロソフトの知的財産です。また、Microsoft へのパブリック アクセスを提供します Exchange ActiveSync プロトコルのマニュアル.

注: プロトコルは、コンピューター間の通信の規格です。

マイクロソフトとサード パーティで何ができます。

マイクロソフトをサード パーティのベンダーによって製造されたものをモバイル デバイスでの問題の調査に役立ちます。ただし、このようなデバイスは、EAS プロトコルの実装変更またはできませんマイクロソフトによって更新されました。

デバイス固有のトラブルシューティング、デバイス、およびデバイスに関連する問題の原因を確認するには、更新プログラムは、デバイスの製造元からのみ発生します。また、一部のデバイス、更新プログラムの統合戦略がないとキャリアの要求の更新を作成するに依存します。キャリアは、これらの更新を配布します。したがって、問題の特定のデバイス用の更新プログラムは適切なできません。

マイクロソフトのお客様については、モバイル デバイスの製造元または携帯電話会社に連絡を直接可能性があります。方法の取り組みをサポートするサード ・ パーティの詳細について」を参照セクションを参照してください。マイクロソフトのサポートは、常に仕入先を従事する必要がある場合は、共同のトラブルシューティングを開くです。

モバイル デバイスに関する情報

Exchange ActiveSync を使用する Exchange Server 組織で使用するデバイスを評価するときに、デバイスの機能を理解することを確認します。同じ構成オプションをサポートしていないすべてのデバイスといくつかのデバイスがすべての機能やバージョンの Exchange ActiveSync プロトコルをサポートしていません。

コミュニティのグラフ Exchange ActiveSync クライアントの比較 Wikipedia で利用可能です。管理者およびヘルプ デスク担当者は、公開情報と、独自のテストを使用してデバイスの機能を理解するください。Exchange チームは、この問題を解決するには、新規作成 Exchange ActiveSync のロゴ プログラム デバイスを Exchange ActiveSync を使用します。

このドキュメントが Exchange ActiveSync プロトコルを使用するサードパーティ製のデバイスに適用される新たな問題を特定するよう更新されます。

詳細

サードパーティ製のデバイスと Exchange Server 2007年または Exchange Server 2010年を使用する場合に発生する現在の問題の一覧を次に示します。Exchange Server 2007 Service Pack 3 (SP3) または Exchange Server 2010 SP1 を使用して、ここに記載されていない問題が発生している場合は、 マイクロソフトのサポート web サイト。

サードパーティ製のデバイスは、デバイス ソフトウェアの最新バージョンに更新することをお勧めします。いくつかの状況でいくつかのデバイスを更新できないことに注意してください。

IOS デバイスのユーザーは、iOS ソフトウェアを使用できるは、最新のバージョンに、デバイスを更新できます。詳細についてを参照して、 アップルの iOS web サイト。

情報とソリューションは、このドキュメントの発行日の時点でこれらの問題に関するマイクロソフトの現在のビューを表します。これらのソリューションは、Microsoft またはサード パーティのプロバイダーを通じて利用可能です。具体的には勧めしません、サード パーティ プロバイダーまたはこの資料に記載されているサード パーティのソリューションです。またあります他のサード パーティ プロバイダーまたはサード パーティのソリューションをこの資料では説明しません。変化する市場状況に対応する必要があります、あるためこの情報を解釈できません確約マイクロソフトによって。マイクロソフトは、保証またはやソリューションに説明した、サード パーティのプロバイダーまたは Microsoft によって提供される情報の正確性を保証できません。

マイクロソフトはいかなる責任とし、明示、黙示または法定かどうかすべての表現、保証、および条件を除外します。これらを含めるが、表現、保証、またはタイトル、非侵害、満足のいく条件、商品、および任意のサービス、ソリューション、製品、または、その他のマテリアルもしくは情報に関して、特定目的に対する適合性の条件に限定されません。場合においてはマイクロソフトは、この資料に記載されているサードパーティ ソリューションの責任を負いません。

この資料で説明する問題は、次のカテゴリに分けられます。
  • 会議の自動処理
  • 接続と同期の失敗

1. 自動会議の処理

問題 1.1 - 定期的な会議は、主催者は、1 回をキャンセルするとカレンダーから削除します。

Exchange Server 2007年のメールボックスに Exchange ActiveSync を使用して iOS のデバイスを同期することを想定しています。開催者の定期的な会議の 1 回をキャンセルする場合デバイスが定期的、全体な会議が予期せず削除します。
ソリューション
次の手順を実行します。
  1. Exchange Server 2007 Service Pack 3 用の更新プログラムのロールアップ 4 をインストールします。問題の詳細および更新プログラムへのリンクは、次のマイクロソフト サポート技術情報の資料に記載されています。
    2502276 Exchange Server 2007年環境では、予定表からシリーズが突然削除された会議出席依頼
  2. バージョン 4.3 またはそれ以降のバージョンに、Apple の iOS デバイスを更新します。最新の iOS のバージョンの詳細についてを参照して、 アップルの iOS web サイト。
この問題の詳細については、次の web サイトを参照してください。
iOS: 削除 Exchange 予定表の定期的なイベント

問題 1.2 - 出席者が会議の開催者

Exchange Server 2007年のメールボックスに Exchange ActiveSync を使用して、iOS や Android デバイスを同期するときに招待したが、会議の開催者が突然なる可能性があります。これには、すべての出席者に対して、会議は変更されません。
ソリューション
この問題は、iOS または Android デバイスで定期的な会議の 1 回のアラームを変更する場合に発生します。会議アイテムが、同じ問題が発生する可能性があります。

Exchange Server 2007
この問題は、Exchange Server 2007年のサービス パック 3 のプログラムのロールアップ 4 の更新プログラムで解決されます。詳細については、次のマイクロソフト サポート技術情報の資料を参照してください。
2521063 正しく表示されません、会議の開催者として、Exchange Server 2007年環境では、モバイル デバイスを使用して、会議を同期しました後
注: 影響を受ける会議を削除する必要がありますとの交換の会議の更新プログラムをインストールした後に作成する必要があります。

現在の問題点 (すべての Exchange のバージョン)
ような現象が、最近の問題に報告され、マイクロソフトによって調査されました。これらの問題すべてのバージョンの Exchange Server 上のユーザーに影響を与えることができます。現在、マイクロソフトはこれらの新しい問題の影響を軽減できません。ユーザーは、問題の解決方法を検索するには、デバイス ベンダーを使用することをお勧めします。

アップルの iOS 6 で発生する可能性のある問題の 1 つは、次のマイクロソフト サポート技術情報資料に記載されています。
2768774 出席者の予定表で会議が、会議の開催者の追跡を失った

6.1.3 の iOS を使用しているデバイスに 6.0.1 の iOS のリリース後、問題を報告されています。この問題が発生しているユーザーについてアップルに問い合わせてください。

他のユーザーによって送信された場合と同様、問題 1.3 の会議開催者に返信が表示されます。

Exchange ActiveSync のミーティングの招待状に返信するには、ときに、会議の開催者に表示するのではなくの招待を承諾することと、他の人の名前が表示されます。
ソリューション
デバイスで、アップルの iOS がバージョン 4.3 またはそれ以降のバージョンを確認します。最新の iOS のバージョンの詳細についてを参照して、 アップルの iOS web サイト。IOS の 3.1 Apple によって解決されました。詳細については、次の web サイトを参照してください。

問題 1.4 - すべての日フラグは、正しく設定されていないモバイル デバイスで、会議が複数日にわたってスケジュールされているときに

モバイル デバイス クライアントには、終日のイベントの出席依頼と会議出席依頼は扱いません。また、すべての日付フィールドはなしをとマークされます。
ソリューション
この問題は、Exchange 2007 のサービス パック 3年のプログラムのロールアップ 2 の更新プログラムで解決されます。詳細については、以下の資料、マイクロソフト サポート技術を参照してください。
2201236 「終日」フィールドが「いいえ」、ActiveSync によって Exchange Server 2007年環境でモバイル クライアントを使用して 24 時間以上である時間が会議出席依頼にアクセスすると
2407025 Exchange Server 2007 Service Pack 3 用の更新プログラムのロールアップ 2 の説明

1.5 - 定期的な交換のカレンダー イベントが削除されますを発行します。

場合によっては、定期的な予定表イベント、開催者は、イベント インスタンスをキャンセルするとも iOS デバイスと Exchange の両方から削除できます。
ソリューション
この問題は、アップルの iOS 4.3 で解決され、バージョン 4.2.6 と以前のバージョンに影響を与えます。この問題の詳細については、次の web サイトを参照してください。
iOS: 削除 Exchange 予定表の定期的なイベント

1.6 - 予定の問題が 24 時間よりも長くなりますが、複数日にわたるイベントに変更

予定アイテムの期間が 24 時間よりも長い時間と予定が終日のイベントとしてマークされていないことを想定しています。この場合、Exchange ActiveSync が複数日にわたるイベントをデバイス上の項目を変更します。次回デバイスをメールボックスと同期される変更は Exchange Server 2010年メールボックスには、上の項目をデバイス上のアイテムから伝達されます。
ソリューション
この問題を解決するには Exchange Server 2010年のサービス パック 2 (SP2) の更新プログラム ロールアップ 1 をインストールします。詳細については、次の資料、マイクロソフト サポート技術を参照してください。
2549255 会議アイテムには、正しく表示されない Exchange Server 2010年のメールボックスには、モバイル デバイスを同期するときに複数の終日のイベントとして

モバイル デバイスによっては、期日のない問題 1.7 - 会議は OWA と Outlook にあります。

定期的な予定または会議を作成するときに (日付、時間や場所などの一連の出来事の重要なプロパティを変更し、しもう一度定期的な会議全体を変更、デバイス上の項目は更新されません。

Outlook では、変更が正しく反映されますが、会議の開催者または出席者の変更は、デバイスに反映されますが表示されません。結果は、明白な「ない予定」デバイス ユーザーの予定表にします。
原因
デバイスは同期要求には、予定表アイテムに変更を追跡するのに、serverid というのではなく、グローバル オブジェクトの識別子 (GOID) を使用します。

定期的な会議を変更すると、同じ GOID はシリーズ全体で保持されます。デバイス内の個々 のオカレンスを別の同期要求の変更からの系列が変更されたときに送信される、削除要求の受信を重複として一連の変更を考慮して、更新を処理できません。
ソリューション
この問題は、iOS 6.0 で解決されると考えられてきた。以降のバージョンでこの問題が発生した場合は、顧客を問題を調査するには、Apple に問い合わせてください。

IOS 6.1 または 6.1.1-based のデバイスを使用して、ユーザー メールボックスと同期するときに、1.8 - トランザクション ログ、CPU 使用率と Exchange Server 2010年では、メモリの使用量の急増を発行します。

6.1 ベース iOS、iOS 6.1.1-based デバイスを使用して、メールボックスを同期するユーザー、Microsoft Exchange Server 2010年のクライアント アクセス サーバー (CAS)、メールボックス (MBX) サーバーのリソースが消費される、ログの増加が過剰な回復可能なアイテムの過剰な増加が発生し、メモリおよび CPU 使用率が大幅に増加します。サーバーのパフォーマンスが影響を受けます。

さらに、Office 365 オンライン Exchange ユーザーは、6.1.1-based デバイスの iOS、6.1 ベース iOS で次のようなエラー メッセージが表示されます。

メールを取得することはできません。

サーバーへの接続に失敗しました。
原因
6.1 と 6.1.1 の iOS の問題が、Exchange Server の応答が会議の連続するストリーム。この問題は、Exchange Server のパフォーマンスに影響され、デバイスのバッテリの寿命に悪影響を与えます。
ソリューション
6.1.2 の iOS を取得します。アップルは、サポート技術情報の次の資料で問題をドキュメント化しています。

iOS 6.1: 過剰な為替の活動に同意した後定期的な予定表イベントの例外

6.1.2 の iOS の更新プログラムを適用することによってこの問題が解決しない場合は、お客様がこれらの手順に従います。
  1. IOS デバイス上の予定表の同期を無効にして再同期します。予定表の同期を再度有効にし、デバイスがサーバー側での現象表示するまだかどうかを確認するログを確認します。
  2. 手順 1 が失敗した場合は、デバイスのパートナーシップを完全に削除し、デバイスを再同期します。
  3. これが失敗した場合、お客様より多くの調査のため Apple に問い合わせてください。

キャッシュ モードで Outlook を使用して、会議室メールボックスが出席者問題 1.9 の予定が更新されません。

以下の条件によって、iOS デバイス上で更新をしない予定。
  • 開催者がキャッシュ モードで Outlook を使用しています。
  • 参加者として、会議室メールボックスが表示されています。
  • 予定表の会議室メールボックスの処理が自動承諾に設定します。
  • 開催者は定期的な会議のインスタンスに変更を加える
原因
Exchange は、予定の例外が含まれているデバイス上で予定の 2 つの応答を送信します。2 番目の応答には、会議の更新時間が含まれます。ただし、予定の時刻のタイムスタンプが古いことの最初の応答。

デバイスの ActiveSync メールボックス ログの例を次に示します。

最初のログ エントリ

<Exceptions xmlns="Calendar:">       <Exception>              <DtStamp>20131112T184410Z</DtStamp>              <StartTime>20131128T170000Z</StartTime>              <EndTime>20131128T180000Z</EndTime>              <ExceptionStartTime>20131128T170000Z</ExceptionStartTime>              <MeetingStatus>1</MeetingStatus>       </Exception></Exceptions>

2 番目のログ エントリ

<Exceptions xmlns="Calendar:">       <Exception>              <DtStamp>20131112T184334Z</DtStamp>              <StartTime>20131128T190000Z</StartTime>              <EndTime>20131128T200000Z</EndTime>              <ExceptionStartTime>20131128T170000Z</ExceptionStartTime>              <Attendees>                     <Attendee>                           <Email bytes="30"/>                           <Name bytes="12"/>                           <AttendeeStatus>0</AttendeeStatus>                           <AttendeeType>1</AttendeeType>                     </Attendee>                     <Attendee>                           <Email bytes="30"/>                           <Name bytes="21"/>                           <AttendeeStatus>0</AttendeeStatus>                            <AttendeeType>3</AttendeeType>                     </Attendee>              </Attendees>              <MeetingStatus>1</MeetingStatus>       </Exception></Exceptions>

ソリューション
予定表を同期するフォルダーの一覧に戻るし追加し、は、数分待ってから、同期するフォルダーの一覧から予定表を削除します。

この問題は、現在、デバイスの問題が発生するを防ぐには、現在調査中です。


2. 接続と同期の失敗

2.1 - を準備し、Android の OS と同期のエラーを発行します。

Exchange ActiveSync ポリシーにはプロビジョニングと同期は、デバイスをカスタマイズするときにエラーが発生する可能性があります。これらのデバイスのユーザーに適用されるポリシーがこれらの限界を超えている場合は、デバイスが準備されていません。この問題は、次の Google の Android のフォーラムに投稿からのコメント 9 について説明します。

http://code.google.com/p/android/issues/detail?id=9426


ソリューション
この問題を解決するのには、Android OS のバージョンへの更新と思われます。デバイスのユーザーのプロバイダーから提供されている最新バージョンに更新して、同期の問題を説明するベンダー フォーラムをことをお勧めします。決定は組織内の古いデバイスを使用する場合は、管理者ユーザーがデバイスのユーザーの canvass またはログ パーサーまたはエクスポート ActiveSyncLog などのツールを使用して、組織内でこのようなデバイスが識別することになっていることを確認します。古いデバイスのユーザーは、それらの機能をポリシーにグループ化できます。

2.2 - ユーザーの問題は、Exchange のリソースの消費のための Exchange ActiveSync を使用して接続できません。

リソース枯渇の問題が原因で Exchange ActiveSync を使用して接続しているデバイスが発生する可能性があります。
ソリューション
管理者は、ユーザーがサーバーの同じ現象が発生しているかどうかを確認するには、マイクロソフト サポート技術情報の次の資料を確認ください。
2469722 Exchange ActiveSync を使用して Exchange リソースの消費のために接続できません。

メモ また、iOS 4.0 に更新した後に発生する既知の問題についても説明します。詳細についてを参照して、 iOS 4.0: Exchange のメール、連絡先、または予定表の更新後に同期可能性があります web サイト。このセクションの後半の問題 2.5 でこの問題についても説明します。
Exchange 2007 の管理者がサーバーの同じ現象発生しているかどうかを確認するには、マイクロソフト サポート技術情報の次の資料を確認します。
2656040 Exchange Server 2007年のクライアント アクセス サーバーの応答が遅くなるまたはユーザーが自分のメールボックスで Exchange ActiveSync のデバイスを同期するときを応答を停止
IT 管理者も、前のセクションで問題 1.8 を参照してください。

別の可能な手段を調査するが、かどうか、デバイスを継続的に再同期します。アップルでの動作は、次の資料を公開されています。

2.3 のメッセージを開くしようとすると「このメッセージがダウンロードされていないサーバーから"エラーを発行します。

Exchange Server のメールボックスを同期するには、iOS デバイスにします。IOS デバイスでメッセージを開くしようとすると、次のエラーが表示されます。
このメッセージはサーバーからダウンロードされていません
ソリューション
Exchange 管理シェルを使用して、承認済みドメインを構成する必要があります。Exchange チームのブログからの項目 7 には次の投稿の手順に従います。
Exchange 2010 SP1 の FAQ と既知の問題
この問題は、マイクロソフトの Exchange 製品チームによってチェックされています。

問題 2.4 - モバイル デバイスを同期するときに、「同期の失敗」電子メール メッセージが表示されます。

Exchange Server 2010年メールボックスに Microsoft ActiveSync を使用して、モバイル デバイスを同期するときに、次のような同期の失敗した電子メール メッセージが表示されます。
から:代わりに Microsoft Exchangeuser>
送信日時。<date></date>
:<other user=""></other>
件名:同期して、 <ActiveSync device=""></ActiveSync> 1 の項目に失敗しました。
同期して、 <ActiveSync device=""></ActiveSync> 1 の項目に失敗しました。
Microsoft Exchange は、次の項目をモバイル デバイスに送信できませんでした。これらの項目が削除されていません。それらにアクセスすることができます Outlook または Outlook Web Access のいずれかを使用します。
アイテム フォルダー: 受信トレイ
項目の種類: IPM。Schedule.Meeting.Resp.Pos
ソリューション
この問題は、次の資料、マイクロソフト サポート技術に記載されています。
2457304 Exchange Server 2010年のメールボックスに、ActiveSync を使用して、モバイル デバイスを同期するときに、同期が失敗した電子メール メッセージが表示されます。
この問題を解決するには、次の更新プログラムのロールアップをインストールします。
2529939 Exchange Server 2010 Service Pack 1 の更新プログラムのロールアップ 3 の説明

2.5 - ユーザーの問題は、Exchange Server のメールボックスにアップル iPhone iOS 4.0 を同期できません。

IOS 4.0 を更新した後、すぐに Exchange ActiveSync のメール、連絡先、または予定表は同期されない、または非常にゆっくりと同期するに注意してください可能性があります。また、Exchange Server の管理者がサーバーをゆっくりと実行していることを確認します。この問題は、ここでの問題の 2.2 にも説明しました。
ソリューション
バージョンの iOS にデバイスを更新します。この問題の詳細については、次の web サイトを参照してください。

2.6 - ActiveSync の問題は 2010 を Exchange Server と Exchange Server 2007年との間の Url のスワップ後に、Exchange Server 2007年のメールボックスに接続しているモバイル デバイスのユーザーに対しては機能しません

この問題はデバイス正しくメールボックスが移動されたユーザーをリダイレクトできないために発生します。デバイスには、「451」のリダイレクト応答は正しく解釈されません。
ソリューション
通常は、最新のオペレーティング システムにデバイスを更新することにより、この問題を解決できます。次の値を確認します。
  • Exchange Server 2007年ユーザーの LegacyURL は、構成されていることを確認します。この構成はユーザーの URL を適切なターゲット ・ デバイス上に自動的に切り替わります。Exchange 2007 環境から Exchange 2010 に移行する方法の詳細については、次のブログのトピックを参照してください。
    http://blogs.technet.com/b/jribeiro/archive/2009/11/26/transitioning-from-an-exchange-2007-environment-to-exchange-2010.aspx
  • この問題は、iOS と Android のオペレーティング システムを含むいくつかのデバイスの種類を報告されました。この問題が発生した場合、デバイスのオペレーティング システムの最新バージョンを使用すると、LegacyURL が正しく構成されていると他のデバイスには、デバイスの製造元のテクニカル サポートに問い合わせてください。
  • アップルの iOS のデバイスを使用している場合は、iOS のバージョン 4.3.2 をデバイスを更新します。
メモ 異なるフォレスト間でのメールボックスの移動が、移行には、「451」応答は送信されません。古いサーバーが新しい接続のエンドポイントを認識するためです。このような場合は、デバイスを手動で再構成する必要があります。

問題 2.7 - 重複する連絡先が Exchange ActiveSync を使用して、モバイル デバイスを同期するときに作成されました。

ソリューション
マイクロソフトは、この問題は、iOS の 6 で解決と考えています。確認またはこの問題の詳細調査では、デバイスの製造元に問い合わせてください。

メモ それは、問題と、次の資料で、マイクロソフト サポート技術情報オンラインでの一時的な回避策に記載されています。
2711181 Exchange ActiveSync を使用して、モバイル デバイスを同期するときに重複する連絡先が作成されます。

2.8 - 高い CPU 使用率が、Exchange Server の CA には、モバイル デバイスを同期するときの問題します。

ソリューション

IOS の 6 でこの問題が解決されていると考えています。確認またはこの問題の詳細調査では、デバイスの製造元に問い合わせてください。

メモ 問題と、次の資料、マイクロソフト サポート技術の潜在的な軽減策をまとめました。
2711053 高い CPU の使用率、Exchange Server の CA には、モバイル デバイスを同期するときに


問題 2.9 - 断続的にモバイル デバイスを Exchange Online に接続しません。

Microsoft Exchange Online に Exchange ActiveSync (EA) を使用しているモバイル デバイスを同期しようとすると、デバイスが接続できません。次のエラーが表示されます。

メールを取得することはできません。
サーバーへの接続に失敗しました。

メールを送信することはできません。
メッセージの配信中にエラーが発生しました。

セキュリティ更新プログラムのためのサーバーの接続を開けません

原因
モバイル デバイスの動作に悪影響を与えることができるときにデバイスが短時間、アクセス拒否の状態に格納されるデバイスがごく短時間で同一の同期コマンドが多すぎます、サービスを特定のフォルダーを送信するなどの Microsoft Exchange Online のサービスのパフォーマンスに影響します。

Microsoft Exchange Online を管理し、Office365 Exchange Online 環境の最適なパフォーマンスを維持する Exchange ActiveSync (EA) スロットルが実装されます。

回避策
詳細については、次の資料を参照してください。調査のヘルプについては、モバイル デバイスの製造元に問い合わせてください。
2748176 モバイル デバイスが Exchange Online への接続に断続的に失敗します。

2.10 - IOS デバイスのユーザーの Active Directory アカウント ロックアウトの問題

Active Directory アカウントのパスワードを変更すると iOS デバイスは、新しいパスワードを確認します。ユーザーに新しいパスワードを入力します。ただし、アカウントはロックアウトされます。

ステータス
この問題を回避するには、iOS デバイス iOS 7 へのアップグレードします。この問題の詳細については、以下の apple 社 web サイトを参照してください。

回避策
デバイス設定] パネルで、開きし、次回の接続時に、iOS デバイスで使用する新しいパスワードを強制的には、プロファイルを編集します。複数の iOS デバイスを持っているユーザーは、同時にすべてのデバイス パスワードを変更する必要があります。

注: 多数のアカウントでロックアウトを発生させるサービス拒否攻撃の手段として限定的なロックアウト ・ ポリシーを使用できます。IT 管理者は、きめ細かなパスワード ポリシーのような選択肢を検討してください。詳細については、Microsoft TechNet の以下のトピックを参照してください。
新しい、きめ細かなパスワード ポリシーを作成します。

2.11 - IOS デバイスのユーザーの問題は iOS 7.0 には、デバイスを更新した後 Exchange Server のメールボックスを同期できません。

ユーザーは、iOS デバイスが iOS 7.0 にアップグレードした後は、Exchange Server 2010年または Exchange Server 2013年でホストされているメールボックスを持つ自分の iOS のデバイスを同期できません。

ソリューション
Exchange Server 2013

この問題を解決するのには Exchange Server で 2013 年に更新をインストール記載されている、次の資料、マイクロソフト サポート技術。
2859928 Exchange Server 2013年用の累積的な更新プログラム 2 の説明

Exchange Server 2010

この問題を解決するのにはでは、Exchange Server 2010 年記載されている更新プログラムのロールアップでインストール、次の資料、マイクロソフト サポート技術。
2866475 Exchange Server 2010年のサービス パック 3 に更新プログラムのロールアップ 2 の説明

メモ マイクロソフトでは、問題は、次の資料、マイクロソフト サポート技術情報で説明してください。
2851708 IOS の 7.0 をアップルの iOS のデバイスを更新した後、Exchange のメールボックスを同期することはできません。

問題は 2.12 - Android デバイスを Exchange サーバーと同期できません。


ActiveSync のプロファイルが構成されている場合、デバイスに未決定の状態の時間を新しいアイテムを受信して更新を停止し。

原因
ActiveSync メールボックス ポリシーは更新ポリシーを定義します。143 - エラー: PolicyRefresh の状態で応答を受信するデバイス。必要に応じて、デバイスはプロビジョニング コマンドを送信しません。

IIS のログ例:

Cmd=Sync&User=contoso%5Ce15&DeviceId=android1362622918557&DeviceType=Android&Log=PrxFrom:10.0.1.151_V141_HH:mail.contoso.com_SmtpAdrs:e15%40contoso.com_NMS1_Fet78_TmTr:TID%3a18%3e%3e%5bID%3aH%5FEPR%2cStart%3a2%3a40%3a30+PM%2cEnd%3a2%3a40%3a30+PM%2cExcl%3a0+ms%2cChild%3a%5bNONE%5d%2c%5dTID%3a50%3e%3e%5bID%3aH%5FBPR%2cStart%3a2%3a40%3a30+PM%2cEnd%3a2%3a40%3a30+PM%2cExcl%3a15+ms%2cChild%3a%5bID%3aH%5FRMBP%2cStart%3a2%3a40%3a30+PM%2cEnd%3a2%3a40%3a30+PM%2cExcl%3a0+ms%2cChild%3a%5bNONE%5d%2c%5d%2c%5d_Pk3609689902_DevOS:Android+4.1.2_S143_Error:PolicyRefresh_As:AllowedG_Mbx:CLT-E15-MBX1.contoso.local_Throttle0

ソリューション
ActiveSync メールボックス ポリシーの更新間隔を無制限に設定します。

問題 2.13 - フォルダー内のアイテムが表示されなくなり、iOS デバイスに再表示されます

デバイス上のアイテムは表示されなくなり、し、自動的に再読み込みします。すべてのメール フォルダー、予定表、または連絡先の可能性があります。

原因
デバイスの同期フォルダーの同期の状態を再初期化する 0 の値とキーが送信されます。

ソリューション
この動作は仕様です。詳細については、以下の資料を参照してください。

http://support.apple.com/kb/TS4511



関連情報

次のリンクの詳細については Exchange ActiveSync のエクスペリエンスを提供します。

ActiveSync とのパートナー
http://blogs.technet.com/b/exchange/archive/2005/10/25/413056.aspx
取得している知っている方法と同じ、なぜ Exchange ActiveSync のエクスペリエンスのすべてではないです。
http://blogs.technet.com/b/exchange/archive/2010/07/15/3410397.aspx
Exchange ActiveSync のロゴ プログラム

http://technet.microsoft.com/en-us/exchange/gg187968.aspx

Android のサポート:

Android OS デバイスは、通常、またはモバイル キャリア フォーラムを通じてサポートします。デバイスの製造元または携帯電話会社の web サイトのヘルプがあります。
Exchange ActiveSync と iOS のアップル ・ エンタープライズ ・ サポート
アップルのエンタープライズ ・ サポートは、 エンタープライズ ・ サポート契約 や 〜、 クロス プラットフォームと PPI (インシデントごとの支払) のコマンド ライン インターフェイス.

Microsoft では、お客様がテクニカル サポート情報を見つけるお手伝いをするためにサード パーティーの連絡先情報を掲載しています。この連絡先情報は予告なく変更される可能性があります。マイクロソフトは、このサード パーティ連絡先情報の正確性を保証しません。

この資料に記載されているサード パーティ製品は、マイクロソフトに関係しない会社によって製造されています。マイクロソフトは、明示的または黙示的に関わらず、これらの製品に関するパフォーマンスや信頼性について保証しません。


プロパティ

文書番号: 2563324 - 最終更新日: 2014年2月18日 - リビジョン: 6.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Exchange Server 2007 Service Pack 3
  • Microsoft Exchange Server 2010 Service Pack 1
  • Microsoft Business Productivity Online Dedicated
  • Microsoft Exchange Online Dedicated
  • Microsoft Business Productivity Online Suite Federal
  • Microsoft Business Productivity Online Standard Suite
  • Windows Live@edu
  • Microsoft Office 365 for education
  • Microsoft Office 365 for enterprises
  • Microsoft Office 365 for small businesses
  • Microsoft Office 365 for government
キーワード:?
kbsurveynew vkbportal226 kbtshoot kbexpertiseinter o365 gwt kbmt KB2563324 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:2563324
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com