FIX 修正プログラムは荷渡方法の他のプロパティは、最小下レイヤー プロトコルを送信し、BizTalk アクセラレータで HL7 の BizTalk Server 2010 環境では、受信アダプターを提供

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 2564013
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料で 2 つの追加配信モード プロパティの最小下レイヤー プロトコル (MLLP) 送信および Microsoft BizTalk Server 2010 環境では、HL7 の BizTalk アクセラレータを使用する場合は、受信ポートを提供する修正プログラムについて説明します。
  • MLLP のトランスポート受信確認を使用します。
    このプロパティは、両方の一方向ポートと一方向の送信ポートが表示されます。
  • MLLP トランスポート NAK で要求メッセージを中断します。
    このプロパティは、一方向の送信ポートでのみ使用可能です。
MLLP アダプターをサポートしている一方向と双方向の要求の応答モードの両方に受信します。受信アダプターが構成されている場合は、HL7 の処理を使用して、 順次配送 パラメーターです。これは、メッセージ配信の順序が保たれることを保証します。MLLP の受信アダプターは双方向モードで動作、アプリケーション (MSA) 確認前のメッセージには、上位のシステムをアダプターを生成するまで、アダプター、新しいメッセージを上位システムから受信しません。生成された ACK/NAK メッセージ ボックス データベース (MessageBoxDB) が送信されます。アップ ストリーム システムに ACK または NAK を送信する前に MessageBoxDB 次のポーリング間隔を待ちます。

上位システムとだけは、ACK/NAK を受信した後、時に 1 つだけのメッセージを送信します。さらに、BizTalk のポーリング間隔を構成、および 順次配送 パラメーターを設定します。 True を指定します。.これは、あたりに処理されたメッセージの数をもう 1 つはあることを意味します。この修正プログラムは、追加の構成は一方向の送信を提供し、ポートが表示されます。ACK/NAK は影響しません。ただし、1 秒あたりに処理されたドキュメントの数が大幅に向上します。

パフォーマンス カウンターを使用する前に、この修正プログラムを適用した後の基準計画を実行するのに必要があります。評価するときは、合理的な数のメッセージは、妥当な期間中に提出します。たとえば、次を使用可能性があります。
  • は、 BizTalk: メッセージング カテゴリを使用して、 ドキュメント処理/秒 カウンターです。
  • は、 BizTalk: メッセージの遅延時間 カテゴリの利用可能なすべてのカウンターを使用します。

1 秒あたりに処理されたドキュメントの数を増やすには、1 つのオプションは低く、 MaxReceiveInterval BizTalk ホストを設定しています。ビジネス通信 Server 2010 を実行しているコンピューターのチューニング、処理されるドキュメントの全体的な環境を削減、 MaxReceiveInterval 設定は、SQL Server のインスタンスのパフォーマンスに悪影響があります。SQL Server チューニングおよび BizTalk のチューニングは、すべての利用可能な技術文書を参照してください。

詳細

メモ この修正プログラムには、HL7 を Microsoft BizTalk 2010 アクセラレータの問題も解決されます。この問題の詳細については、「サポート技術情報」資料を参照するには、次の資料番号をクリックしてください。
2454887イベントが正しく、MLLP ベース メッセージ BizTalk 2009 アクセラレータで HL7 の BizTalk Server 2009 のマイクロソフト、または Microsoft BizTalk Server 2010 を実行しているコンピューターで記録される可能性があります。

修正プログラムの情報

サポートされている修正プログラムがマイクロソフトから入手可能です。ただし、この修正プログラムはこの資料に記載されている問題のみを修正するものです。この修正プログラムはこの資料に記載されている問題が発生しているシステムにのみ適用されます。この修正プログラムは、追加テストを受ける可能性があります。したがって、この問題で深刻な影響をされていない場合は、この修正プログラムを含む次のソフトウェア更新プログラムのリリースを待つことをお勧めします。

修正プログラムがダウンロード可能の場合は、この記事の上部に「修正プログラムのダウンロード」セクションです。このセクションが表示されない場合は、マイクロソフト カスタマー サービス & サポート修正プログラムを入手するに問い合わせてください。

メモ その他の問題が発生した場合、またはトラブルシューティングが必要な場合は、別のサービス リクエストを作成する必要があります。追加の質問およびこの特定の修正プログラムの対象とならない問題については、通常のサポート料金が適用されます。完全な一覧マイクロソフト カスタマー サービス & サポートの電話番号のまたは別のサービス リクエストを作成するのには、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。
http://support.microsoft.com/contactus/?ws=support
メモ 「修正プログラムのダウンロード」フォームの修正プログラムを入手できる言語が表示されます。お使いの言語が表示されない場合は、修正プログラムがその言語の利用できないためにです。

前提条件

HL7 を Microsoft BizTalk アクセラレータ必要 (BTAHL7) をインストールするこの修正プログラムを適用します。

情報を再起動します。

この修正プログラムを適用した後、コンピューターを再起動する必要があります。再起動を要求されない場合は、BizTalk サービスを再起動する必要があります。この手順の詳細については、この修正プログラム パッケージに含まれている Readme.txt ファイルを参照してください。

置き換えに関する情報

この修正プログラムは、以前にリリースされた修正プログラムが置き換えられない。

ファイル情報

この修正プログラムの英語版がファイル属性 (またはそれ以降のファイル属性) が、次のとおり。日付および時刻これらのファイルを世界協定時刻 (UTC) が表示されます。ファイルの情報を表示すると、ローカル時刻に変換します。UTC とローカル時刻との時差を確認するを使用して、 タイム ゾーン タブには 日付と時刻 コントロール パネルの項目。

元に戻す全体を表示する
ファイル名ファイルのバージョンファイルのサイズ日付時間プラットフォーム
Microsoft.solutions.btahl7.mllp.dll3.9.526.2116,60807-6 月-201115: 27x86
Microsoft.solutions.btahl7.shared.dll3.9.526.292,04007-6 月-201115: 27x86
Mllpreceive.exe3.9.526.226,45607-6 月-201115: 27x86
Mllpsend.exe3.9.526.226,44807-6 月-201115: 27x86


この修正プログラムについて

この修正プログラムをインストールして構成した後のメッセージ フロー

適用し、この修正プログラムを有効にすると、MLLP アダプター MessageBoxDB MLLP アダプターによって受信されたすべてのメッセージを送信します。エンド ポイント マネージャー (EPM) は、アダプターの送信の状態のコールバックは、 BatchComplete メソッドです。これはアップ ストリーム システムにコミット ACK/NAK を送信するのには、アダプターが発生します。次に上位システム ACK/NAK を受信し、次のメッセージを送信します。は、 BatchComplete メソッドは、独立したのですが MaxReceiveInterval 設定して、すぐにメッセージ BizTalk に正常に送信された後に呼び出されます。

メッセージを送信する準備がしたら、送信アダプター、ダウン ストリーム システムにメッセージを送信します。ACK/NAK 場合する必要が、 MLLP のトランスポート受信確認を使用します。 プロパティを設定するのには True を指定します。.送信 ACK の場合は、BizTalk は処理が完了正常にします。送信は、NAK、そして場合は、 MLLP トランスポート NAK で要求メッセージを中断します。 プロパティを設定するのには True を指定します。、直接再試行せず、メッセージは保留されます。ただし場合は、 MLLP トランスポート NAK で要求メッセージを中断します。 プロパティを設定するのには False、BizTalk で再試行しますベースの送信ポートの再試行の間隔の設定をします。(既定では、 MLLP トランスポート NAK で要求メッセージを中断します。 プロパティを設定するのには False.)

次の図は、メッセージの流れを示しています。
元に戻す画像を拡大する
メッセージの流れ
  1. 送信元アプリケーションが、MLLP によって処理される上位システムによって送信されるメッセージには、アダプターが表示されます。
  2. MLLP アダプターは BizTalk EPM とメッセージを送信します。
  3. EPM はアダプターがメッセージの送信の状態に関するコールバックします。EPM をこれは、 バッチの完了 メソッドです。
  4. コミット ACK/nak パケットは、MLLP アダプターによって生成され、バッチの送信の状態に基づいています。ACK/nak パケットは、送信元アプリケーションに送信されます。

    メモ バッチの送信の状態の場合 成功、、確認、アダプターを返しますただし、エラーがある場合、または、提出書類がタイムアウトになった場合 (などの場合、 バッチの完了 メソッドの呼び出しがタイムアウト)、アダプター NAK を送信元アプリケーションに返します。

  5. EPM は、MLLP の送信アダプターを送信する、メッセージを渡します。
  6. MLLP アダプター送信、処理されたメッセージを送信、ダウン ストリーム システムに。
  7. トランスポート レベルの ACK と NAK MLLP の送信アダプターによって通信を完了する必要があります。
  8. ACK を手順 7 では、メッセージの場合は、アダプターがメッセージを削除するのには、EPM を要求します。それ以外の場合は、アダプター再試行間隔の設定を基に、再試行を EPM を求める必要があります。MLLP NAK を受信した場合は、新しいオプションは再試行せず、直接メッセージの中断を送信ポートの構成設定が提供されます。既定では、このオプションを設定するのには False.場合は、このオプションを設定するのには True を指定します。、、MLLP NAK を受信した場合は再試行せず、メッセージ直接一時保留されます。

トランスポート レベルの ACK と NACK の形式

トランスポートの指定の詳細については、次の HL7 の web サイトを参照してください。
http://www.hl7.org/v3ballot/html/infrastructure/transport/transport-mllp.html
Web サイトには、次の情報が含まれます。
  • 使用例は、MLLP の受信確認をコミットします。
    <SB><ACK><EB><CR></CR></EB></ACK></SB>
  • 例、MLLP 負の受信確認をコミットします。
    <SB><NAK><EB><CR></CR></EB></NAK></SB>
メモ
  • これらの例は、<SB>のブロックの開始の文字 (1 バイト) を参照します。これは相当、 <VT>ASCII 文字、または<0x0B>.<b00> </b00> </0x0B> </VT> </SB>

    これは SOH STX の ASCII 文字を混同しません。
  • これらの例は、<ACK>または<NAK>は、受信確認の文字 (1 バイト。 を参照してください。<ACK>ASCII 文字、または<0x06>に相当します) または否定の受信確認の文字 (1 バイトです。対応しています、 <NAK>ASCII 文字、または<0x15>).<b00> </b00> </0x15> </NAK> </0x06> </ACK> </NAK> </ACK>
  • これらの例の<EB>は、ブロックの終了文字 (1 バイト) を参照します。これは、 <FS>ASCII 文字または<0x1C>.</0x1C></FS>に対応しています</EB>
  • これらの例では、<CR>キャリッジ リターン文字 (1 バイト) を示します。これに対応しています、<CR>ASCII 文字、または<0x0D>.</0x0D></CR></CR>
  • Microsoft はテクニカル サポートを見つけられるように、サード ・ パーティ製の連絡先情報を提供します。この連絡先情報は、予告なく変更可能性があります。マイクロソフトはこのサード パーティ連絡先情報の正確性を保証しません。

受信を構成し、新しいプロパティを使用してポートを送信する方法

受信を構成し、送信ポートは、次のようにします。

メモ 受信および送信ポートの設定は、個別または組み合わせて使用できます。

受信ポートの構成
  • ポートが一方向のポートを指定します。
  • は、 順次配送 パラメーターを有効にする必要があります。
  • 設定する必要があります、 MLLP のトランスポート受信確認を使用します。 プロパティに True を指定します。 トランスポート レベルの受信確認を有効にするには。既定では、このプロパティに設定されて False 既存のポートまたはポートの新しい。
元に戻す画像を拡大する
受信ポート
ポートの構成を送信します。
  • ポートが一方向のポートを指定します。
  • 要請-応答モードに設定する必要があります。 いいえ.
  • は、 順次配送 パラメーターを有効にする必要があります。
  • 設定する必要があります、 MLLP のトランスポート受信確認を使用します。 プロパティに True を指定します。 トランスポート レベルの受信確認を有効にするには。既定では、このプロパティに設定されて False 既存のポートまたはポートの新しい。
  • 設定する必要があります、 MLLP トランスポート NAK で要求メッセージを中断します。 プロパティに True を指定します。 場合は、メッセージを直接転送の nak パケットと再試行せずに停止する必要がありますからダウン ストリーム システムが受信されます。それ以外の場合は、高度なオプションは、送信ポートのトランスポートに設定されている回数をメッセージは再試行されます。既定では、このプロパティに設定されて False 既存のポートまたはポートの新しい。
元に戻す画像を拡大する
送信ポート

「使用 MLLP トランスポート受信確認」プロパティについて

次の表は正常な動作の一方向または双方向のポートを使用、 MLLP のトランスポート受信確認を使用します。 [プロパティ] します。修正プログラムを有効にする方法」セクションの説明に従って必要な設定の組み合わせを適用しなければなりません。

メモ
  • 送信元アプリケーションに「上位システム」を参照します。メッセージは BizTalk に送信されます。これらのメッセージは BizTalk に受信です。
  • 受信側のアプリケーションに「ダウン ストリーム システム」を参照します。BizTalk のメッセージを受信します。これらのメッセージは BizTalk に送信しています。


元に戻す全体を表示する
ポートの種類MLLP V2 オプションMLLP V2 をオフ
一方向が表示されます。MLLP ACK/NAK を送信、上位システム内に、 BatchComplete メソッドです。動作に変更はありません。 このような状況では、ACK/NAK は、上位のシステムに送信されません。
双方向受信動作に変更はありません。 この状況では、HL7 ACK/NAK のでは TransmitMessage メソッドは、上位のシステムに送信されます。

メモ このオプションはサポートされていません。たとえば、値に設定されている場合でもを無視します。 True を指定します。.
動作に変更はありません。 この状況では、HL7 ACK/NAK のでは TransmitMessage メソッドは、上位のシステムに送信されます。
一方向の送信メッセージが転送されると、MLLP ACK/NAK ダウン ストリーム システムから待機しています。動作に変更はありません。 メッセージが転送されるとこのような状況では、ダウン ストリーム システムから NAK ACK 待機しているされません。
双方向の送信、または一方向の送信が有効になっている送信請求-応答モード動作に変更はありません。 メッセージを送信するとこのような状況では、HL7 ACK/NAK ダウン ストリーム システムから待機しています。

メモ このオプションはサポートされていません。たとえば、値に設定されている場合でもを無視します。 True を指定します。.
動作に変更はありません。 メッセージを送信するとこのような状況では、HL7 ACK/NAK ダウン ストリーム システムから待機しています。


双方向送受信ポートの動作が変更されます。一方向の送受信ポートの動作もされ、変更されませんない限りは、 MLLP のトランスポート受信確認を使用します。 プロパティが設定を true にします。

詳細については、MLLP アダプターのマニュアルを参照してください。一方向の場合受信および送信ポートは、適切な構成がある、パフォーマンスが向上します。場合は、 MLLP のトランスポート受信確認を使用します。 ポート双方向または一方向のポートのプロパティは false に設定されて、変更なしの ACK 生成される種類を続行します。このような状況は、BTAHL7 構成エクスプ ローラーの設定メッセージを送信するアプリケーションを生成する ACK の種類によって異なります。フィールドの値 MSH 15MSH 16 特定のメッセージのこの設定をオーバーライドできます。ただし場合は、 MLLP のトランスポート受信確認を使用します。 ポート双方向または一方向のポートのプロパティを false に設定されて、静的 Ack のみ、BTAHL7 構成エクスプ ローラーを使用して予想されるアプリケーションの構成を設定することができます。ポートのタイムアウトの動作は変更されません。

プロパティを使用している場合の上にある場合に予想される動作は次のとおりです。

表示されます。
  • WrongMLLPFormat: メッセージは BizTalk に送信されません。
  • WrongHL7Format: BizTalk には、メッセージの送信し、MLLP ACK/NAK は、バッチの完了状態を基に送信されます。
  • TransmittingSocketIssue: メッセージは BizTalk に送信されますが、MLLP ACK/NAK が送信されます。
  • ReceivingSocketIssue: メッセージを受信せず、したがっては送信されません、し、MLLP ACK/nak パケット転送は送信されません。
  • BizTalk に送信が失敗した場合は、NAK が送信されます。
  • 負の状態のバッチ全体が受信されるは、NAK が送信されます。
ポートを送信し、送信 プロパティ"stop 現在メッセージ エラーの後続のメッセージを送信"= True
  • WrongMLLPFormat: MLLP の ACK と NACK を読み取ることができないため、メッセージは中断されます。保留されたメッセージがクリアされるまで、処理は続行されません。
  • WrongHL7Format: は、アダプターに到達する前に、メッセージは失敗します。保留されたメッセージがクリアされるまで、処理は続行されません。
  • TransmittingSocketIssue: メッセージは中断されます。保留されたメッセージがクリアされるまで、処理は続行されません。
  • ReceivingSocketIssue: メッセージは中断されます。保留されたメッセージがクリアされるまで、処理は続行されません。

予想される動作時、 MLLP トランスポート NAK で要求メッセージを中断します。 プロパティを設定するのには True を指定します。 または False 次のとおりです。
  • 場合は、 MLLP トランスポート NAK で要求メッセージを中断します。 プロパティを設定するのには True を指定します。 NAK を受信すると、送信が再試行せず、メッセージは保留されます。
  • 場合は、 MLLP トランスポート NAK で要求メッセージを中断します。 プロパティの既定の設定に設定されて Falseを再送信するメッセージを起動するに基づいて、送信ポートの再試行の間隔設定をします。

MLLP の SDK のユーティリティの変更

MLLP SDK ユーティリティは、次の新しいパラメーターが含まれています。その他のすべてのパラメーターは変更されません。詳細については、製品のマニュアルを参照してください。
  • MLLPReceive.exe では、メッセージを受信した後、MLLP ACK/NAK を取得するのに新しいパラメーターを使用します。たとえば。
    MLLPReceive/p 12000/sb 11/eb 28/cr 13/MLLPTransACK
    MLLPReceive/p 12000/sb 11/eb 28/cr 13/MLLPTransNAK
  • MLLPSend.exe は、MLLP ACK/NAK を待機する新しいパラメーターを使用します。たとえば。
    MLLPSend/sb 11/eb 28/cr 13/f"C:\HL7\ls.txt"/I 127.0.0.1/p 11000/UseMLLPTransACK

関連情報

BizTalk server のパフォーマンスの設定を管理する方法の詳細については、次のマイクロソフト開発ネットワーク (MSDN) web サイトを参照してください。
BizTalk Server のパフォーマンスの設定を管理します。
メッセージングのパフォーマンス カウンターの詳細については、次の MSDN web サイトを参照してください。
メッセージングのパフォーマンス カウンター
メッセージの配信の順序の詳細については、次の MSDN web サイトを参照してください。
メッセージの配信を注文します。
HL7 の BizTalk 2010 アクセラレータの詳細については (BTAHL7)、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。
HL7 の BizTalk 2010 のアクセラレータ (BTAHL7) ドキュメント
詳細については、 IBTBatchCallBack.BatchComplete メソッドは、次の MSDN web サイトを参照してください。
IBTBatchCallBack.BatchComplete メソッド
BizTalk Server の修正プログラムの詳細については、「サポート技術情報」資料を参照するには、次の資料番号をクリックしてください。
2003907 BizTalk Server の修正プログラムに関する情報

プロパティ

文書番号: 2564013 - 最終更新日: 2011年11月1日 - リビジョン: 2.0
キーワード:?
kbbug kbfix kbqfe kbexpertiseinter kbhotfixserver kbautohotfix kbmt kbsurveynew KB2564013 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:2564013
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com