初心者でもわかる! 「文字入力や変換ができない」をズバリ解決 ? トラブル 1-1

文書番号: 2569052 - 対象製品
ホームトラブル 1
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

トラブル 1 : Shift キーを押しながらの入力で、違う文字が入力される

トラブルの現象

Shift キーを押しながら 2 キーを押したときに「@」が入力されたり、Shift キーを押しながら 7 キーを押すと「&」が入力されたりする。

元に戻す画像を拡大する
Shift キーを押しながらの入力で、違う文字が入力される



トラブルの原因と対処方法

誤ったキーボード タイプとして認識されている

パソコンがキーボード タイプを英語キーボードとして認識しています。そのため、キー トップに印字された文字を入力したつもりでも、ちがった文字レイアウトで入力されると考えられます。

■日本語 106/109 キーボード
元に戻す画像を拡大する
日本語 106/109 キーボード


■英語 101/102 キーボード
元に戻す画像を拡大する
英語 101/102 キーボード


上が日本語キーボードのキーボード レイアウト、下が英語キーボードのキーボード レイアウトです。英語キーボードの場合、Shift キーを押しながら 2 キーを押すと「@」が入力されます。このため、パソコンが英語キーボードだと認識していると、「“」ではなく「@」が入力されてしまうのです。

USB キーボードの場合、英語キーボードではなく HID キーボードとして認識されることがあり、その場合も Shift キーを押しながら 2 キーを押すことで「@」が入力されます。

※ Windows 8 をお使いの場合は、「Windows 8 でキーボードが英語キーボードとして認識される」を参照してください。

日本語キーボードに設定する

日本語キーボードに設定する手順は、お使いになられているキーボードの接続コネクターが「USB」か「PS/2」かによって変わります。

注 : ノート パソコンをお使いの場合は、「USB 接続の場合」を参照してください。


USB 接続の場合

何らかの原因によって、キーボード レイアウトが英語キーボードの設定に変更されています。日本語キーボードの設定に修正すれば、正しい文字を入力できるようになります。

PS/2 接続の場合

[キーボード デバイス] のドライバ ソフトウェアを更新することで、正しいキーボード レイアウトに修正することができます。

プロパティ

文書番号: 2569052 - 最終更新日: 2013年6月14日 - リビジョン: 5.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Windows 8
  • Windows 8 Enterprise
  • Windows 8 Pro
  • Microsoft Office Input Method Editor 2007
  • Microsoft Office Input Method Editor 2010
  • Windows Vista Business
  • Windows Vista Enterprise
  • Windows Vista Home Basic
  • Windows Vista Home Premium
  • Windows Vista Ultimate
  • Windows 7 Enterprise
  • Windows 7 Home Premium
  • Windows 7 Professional
  • Windows 7 Starter
  • Windows 7 Ultimate
  • Microsoft Windows XP Home Edition
  • Microsoft Windows XP Professional
キーワード:?
kbexpertisebeginner kbpcillustrated kbhowto KB2569052
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com