サーバー クラスタ上のホーム フォルダの実装

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 256926 - 対象製品
この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP256926
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料では、クラスタ上の共有ディスクでホーム フォルダを共有する際の、基本的な手順について説明しています。

詳細

クラスタ アドミニストレータで、すべてのユーザーのホーム フォルダに対してクラスタ ファイルの共有リソースを作成するのは、最適な構成とは言えません。多くの管理作業が必要になるだけでなく、メモリや CPU のリソースも不必要に消費します。クラスタ サービスは、クラスタ アドミニストレータで定義したすべてのリソースについて、メモリや CPU サイクルを使用します。リソースが多くなるほど、クラスタ サービスによって生成されるオーバーヘッドも大きくなります。クラスタ上に 750 ユーザーのホーム フォルダがあると仮定すると、すべてのユーザーに対してファイル共有リソースが作成されることになります。クラスタ アドミニストレータでの各リソースの表示だけでなく、ノードから別のノードへのフェールオーバー時間も増大します。最悪の場合、750 のクラスタ リソースの管理に時間がかかり、クラスタが非常に高負荷になり、接続が切断されます。

サーバー クラスタを使用してホーム フォルダを収容する最適な方法は、"サブディレクトリの共有" または動的な共有機能を使用することです。動的なファイル共有の 基本原理 は、すべてのユーザー フォルダに対して独立したファイル共有が作成されても、単一のクラスタ ファイル共有リソースが作成されるというものです。例を以下に示します。
Z:\
Z:\Users
Z:\Users\Steve
Z:\Users\Shon
Z:\Users\Elden
Z:\Users\Dewitt
Z:\Users\Emily
ドライブ Z は共有ディスクです。Z:\Users フォルダは、すべてのユーザーのホーム フォルダを含むルート共有です。

不適切な構成
  1. 各ユーザーについてクラスタ ファイルの共有リソースを作成します。この場合、Z:\Users フォルダの下で、各ユーザーについて 5 回、クラスタ リソースが定義されます。
  2. Z:\Users\ユーザー名 フォルダに対して、意図したユーザーだけにフォルダのアクセスを許可するように、NTFS のアクセス許可を設定します。
  3. ユーザーが作成されるたびに、Z:\Users フォルダに移動し、アクセス許可を指定して必要なフォルダを作成します。その後、クラスタ アドミニストレータを使用して、ファイル共有リソースを作成します。
適切な構成
  1. Z:\Users ルート フォルダに、単一のクラスタ ファイル共有リソースを作成します。
  2. クラスタ アドミニストレータで、共有レベルのアクセス許可として、フル コントロールを Everyone グループに与えます。
  3. ルート クラスタ ファイル共有リソースの [パラメータ] タブから [詳細設定] をクリックし、[サブディレクトリの共有 チェック ボックスをオンにします。
  4. Z:\Users\ユーザー名 フォルダに対して、意図したユーザーにフォルダへのアクセスを許可するように NTFS のアクセス許可を設定します。クラスタ サービスのアカウントには、少なくとも読み取りのアクセス許可が必要です。 この時点で、Z:\Users の下にあるすべてのフォルダが、ルート共有と同じネットワークのアクセス許可で自動的に共有されます。動的な共有を使用している場合にユーザーを追加するには、Z:\Users の下にフォルダを作成し、必要な NTFS アクセス許可を割り当てます (手順 4. を参照)。クラスタ サービスによって、自動的にそのフォルダが共有されます。

    : 次の手順を実行しても、共有そのものが非表示になるだけで、共有の下あるディレクトリは隠蔽されません。

  5. この時点で、Z:\Users の下にあるすべてのフォルダが、ルート共有と同じネットワークのアクセス許可で自動的に共有されます。動的な共有を使用している場合にユーザーを追加するには、Z:\Users の下にフォルダを作成し、必要な NTFS アクセス許可を割り当てます (手順 4. を参照)。クラスタ サービスによって、自動的にそのフォルダが共有されます。 ユーザー共有を非表示にするには、ルート クラスタ ファイル共有リソースの [パラメータ] タブから [詳細設定] をクリックし、[サブディレクトリ共有の非表示] チェック ボックスをオンにします。この操作により、Z:\Users\<ユーザー名> の下にある共有の末尾に "$" が付加されます。
"サブディレクトリの共有" 機能は、Microsoft Windows NT 4.0、Enterprise Edition、Service Pack 4 のクラスタ サービスに追加され、Service Pack 5 で強化されました。動的なファイル共有を実装する計画がある場合は、Service Pack 5 を適用してください。Windows 2000 Advanced Server にはこの機能が含まれています。

関連資料

185212 Cluster Server Does Not Support More Than 900 Shares
185212 [NT]Cluster Server は 900 を超える共有を処理できない
186496 Securing a Common Folder
186496 共通フォルダを保護する方法
194831 SP4 Cluster Shares Must Be Reset to Recognize Added Subdirectories
194831 [NT] ファイル共有リソースの機能強化と動的更新
224967 How to Create File Shares on a Cluster
224967 クラスタ上でファイル共有を作成する方法
254219 Security Considerations When Implementing Clustered File Shares
254219 [NT] クラスタ化されたファイル共有を実装する際のセキュリティ問題
257389 Microsoft Cluster Server Does Not Share Folders Automatically

関連情報

この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 256926 (最終更新日 2002-07-12) をもとに作成したものです。

プロパティ

文書番号: 256926 - 最終更新日: 2007年10月26日 - リビジョン: 4.1
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows 2000 Advanced Server
  • Microsoft Windows NT Server 4.0 Enterprise Edition
キーワード:?
kbinfo kbenv kbclustering kbproductlink KB256926
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com