Expression Web 4 Service Pack 2 の説明

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 2571841 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

概要

マイクロソフトは、Expression Web 4 用 Service Pack 2 を公開しました。この資料では、修正プログラムおよび Service Pack 2 の機能強化について説明します。さらに、この資料、サービス パックの入手方法を説明します。

詳細

Microsoft Expression Web 4 サービス パック 2 (SP2) には、重要な修正と改善プログラムの他の領域で [フォルダー一覧] パネルで、新しいスニペット] パネルで、サムネール画像の jQuery のサポートが含まれます。

この service pack で解決される問題

  • 製品の安定性を向上させるいくつかの問題を修正します。
  • 修正された項目で [記号の挿入] ダイアログ ボックスでの映像。
  • CSS プロパティ"オーバーフロー: 非表示"は、デザイン サーフェイスでは正しく動作します。
  • HTML の「名前」属性の処理の向上。
  • 通知のエラー スナップショット パネルに追加します。
  • いくつかの場所でオンライン ヘルプへのリンクを修正しました。
  • 問題 [フォルダー一覧] パネルでのコピーと貼り付けを修正しました。
  • CSS のメディア クエリ"HTML の書式変更] コマンドが削除されました、問題を修正します。
  • 特殊文字や記号の書式設定に影響するいくつかの問題を修正します。
  • Src 属性とリンクの処理ができますプロトコルの相対 Url。
  • どのテーブルを削除するのに行または列のコンテキスト メニューで予期しない動作が、問題を修正します。
  • [ハイパーリンク] ダイアログ ボックスが既に URL エンコードされたリンクが適切に処理します。
  • CSS プロパティ"pre-wrap"は、デザイン サーフェイスに正しく動作します。
  • [フォルダー一覧] パネルの固定の ALT キーを押しながら f1 キーのショートカット。
  • JavaScript の機能拡張モデルに修正されます。
この service pack で提供される機能の強化

jQuery のサポート

IntelliSense は、jQuery を追加されています。JQuery 関数に加えて自体、この提供 IntelliSense の id とドキュメント内のクラスを jQuery セレクターを作成するとします。また、継続的な jQuery 関数の呼び出しの連鎖し、IntelliSense を取得する機能が含まれます。

新しいスニペット パネルとスニペットの動作を向上させる。

スニペットには、独自のパネルが表示されます。このパネルのキーボードの [コード] ビューで、CTRL キーを押しながら ENTER キーを含めて、スニペット機能の以前のすべての機能を提供します。スニペットは、ユーザーが以前に作成した新しいスニペットの形式に自動的に移行され、[スニペット] パネルに表示されます。

また、[スニペット] パネルは、以下の強化された機能を提供します。
  • スニペットの分類にフォルダーを作成できます。
  • スニペットをラップを作成する機能-前に、と後のセクションで: を選択 [コード] ビューでテキストを囲むために使用することができます。
  • 多数新しいサンプル スニペットにはでいくつかのカテゴリが含まれます。
  • スニペットによっては、名前、説明、およびコード スニペット自体を検索するのには、[スニペット] パネルをすばやく検索する機能。


[フォルダー一覧] パネルで、サムネール画像

[フォルダー一覧] で画像サムネイル プレビュー Windows 7 と Vista のようになりました。これは、ファイルのサイズ、幅、および高さのイメージを参照などが含まれます。クイック リンク、イメージ、CSS、および JavaScript の横に、ファイルのコピーを適切なマークアップをクリップボードに、コードに貼り付けます。

対話型のスナップショット パネル

[スナップショット] パネルは Internet Explorer と Firefox の両方に対して対話モードを提供します。このモードでは、動的なコンテンツとコード内の式の Web ブラウザーでプレビューするのにはできます。すべての JavaScript やその他のインタラクティブなコンテンツはブラウザー] コマンドでは、プレビューを使用は場合に動作します。

汎用コメント/コメント解除

[コード] ビューが状況に応じたコメントを提供し、機能のコメントを解除します。適切な種類のコメントは、ドキュメントで選択したコード ブロックの種類に応じて、挿入されます。コメント/コメント解除 HTML、CSS、PHP、および JavaScript サポートしています。

ワークスペース

顧客を定義する、アプリケーションとパネルの複数のレイアウトを保存します。いくつかの初期ワーク スペース レイアウトが用意されています。さらに、独自のパネルのレイアウトを作成し、独自のユーザー設定のワークスペースに保存することができます。

ユーザー設定のツールバー

広く使用されているカスタム ツールバー アドインが直接アプリケーションを作成して複数のカスタム ツールバーの名前をし、それぞれに独自の項目を追加するように作成されたです。

[コード] ビューの外観を改良

コード今すぐ人気 Consolas フォントをデフォルトで使用します。色と構文の [コード] ビューで強調表示も改善されています。


Expression Web 4 SP2 の入手方法およびインストール方法

Expression Web 4 SP2 は、Microsoft ダウンロード センターから利用できます。このサービス パックを Microsoft ダウンロード センターからダウンロードするのには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。

http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=87d98075-a40b-40b8-86bc-38e7a7606ca4

Expression Web 4 SP2 がインストールされているかどうかを確認する方法

Expression Web 4 で、[Microsoft Expression Web について] をクリックします。Expression Web 4 SP2 がインストールされている場合は、次のバージョン番号が表示されます。

Microsoft Expression Web 4 Version 4.0.1303.0



注意 : これは、マイクロソフトのサポート組織内で直接作成された "緊急公開" の資料です。 この資料には、確認中の問題に関する現状ベースの情報が記載されています。 情報提供のスピードを優先するため、資料には誤植が含まれる可能性があり、予告なしに随時改定される場合があります。 その他の考慮事項については、使用条件を参照してください。

プロパティ

文書番号: 2571841 - 最終更新日: 2013年7月1日 - リビジョン: 2.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Expression Web 4
キーワード:?
kbmt KB2571841 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:2571841
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com