PXE クライアントが DHCP サーバーから IP アドレスを受け取りません

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 257579
この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP257579
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

PXE クライアントが Windows NT 4. 0、Windows 2000、および Windows Server 2003 にインストールできない問題を解決する方法について説明します。この PXE インストールの問題は、PXE クライアントは、DHCP サーバーまたは構成情報は、RIS サーバーからの IP アドレスを受信しないために発生します。PXE クライアントが正常にインストールするのに必要な情報を受信できるようにするには、この資料では RRAS では、DHCP リレー エージェントを構成する方法について説明します。

詳細

ブート前実行環境 (PXE) クライアントをリモート インストール サービス (RIS) サーバーからのインストール プロセスを開始するのには、動的ホスト構成プロトコル (DHCP) サーバーから IP アドレスを必要とします。クライアントから DHCP サーバーや RIS サーバーで、ルーター間である場合は、PXE クライアントの IP アドレス、RIS サーバーからの DHCP サーバーまたは構成情報からがあります。これら 2 つの情報が利用できない場合は、PXE クライアントのインストールが機能しません。

DHCP サーバーからルーター経由で配置されている DHCP クライアントは、ルーターがリモート サブネット上にある DHCP サーバーに DHCP トラフィックを転送するように設定必要があります。DHCP トラフィックはブロードキャスト トラフィックです。これを行うには構成されていないルーター ブロードキャスト トラフィックは、通常、転送しません。Cisco 社または Microsoft ルーティングとリモート アクセス サービス (RRAS) などのソフトウェア ベースのルーター、製造などのハードウェア ベースのルーター、ネットワークのルーターがあります。どちらの場合も、指定された DHCP サーバーの DHCP トラフィックを中継するルーターを構成する必要があります。DHCP サーバーの IP アドレスは IP ヘルパー機能を使用して、ルーター上でインターフェイスごとに構成されます。また、RRAS では、DHCP リレー エージェントを使用して IP アドレスを構成します。次の例は、IP ヘルパーの構成: サードパーティのルーター製品で DHCP サーバーを構成する方法の詳細については、製品に付属する構成マニュアルを参照してください。

RRAS で Windows NT の DHCP リレー エージェントを構成する方法4. 0

Windows NT 4. 0 で DHCP リレー エージェントを構成するには、次の手順を実行します。
  1. をクリックして開始、ポイントプログラム、ポイント管理ツール、し、ルーティングと RAS アドミニストレーター.
  2. 展開、IP ルーティングフォルダーを右クリックして概要、し、ルーティング プロトコルを追加します。.
  3. をクリックしてDHCP リレー エージェントクリックし、リストに[OK].
DHCP リレー エージェント オプションが [IP ルーティング] フォルダーになりました。DHCP リレー エージェントを構成するには、次の手順を実行します。
  1. 右クリックDHCP リレー エージェント、し、DHCP リレー エージェントを構成します。.
  2. DHCP サーバーの IP アドレスを入力できます、ダイアログ ボックスが表示されます。これは、RIS サーバーと通信する必要があります、PXE クライアントであるため、RIS サーバーの IP アドレスを追加する必要はも。リレー エージェントが DHCP サーバーと RIS サーバーに DHCP ブロードキャスト トラフィックを同時に転送することができます。
  3. 必要なすべての IP アドレスを追加すると、中継機能を実行するインターフェイスを選択します。これを行うには、右クリックします。DHCP リレー エージェント、し、インターフェイスを追加します。.
  4. RRAS サーバー上のすべての利用可能なインターフェイスの一覧を表示するダイアログ ボックスが表示されます。PXE クライアントと同じサブネット上に存在するインターフェイスを選択するには、(、ホップの数を変更するは、DHCP サーバーや RIS サーバー上の場所によってがあります)、既定値をそのまま使用し、クリックしてください[OK].
DHCP リレー エージェントが正しく機能しているかどうかを確認するには、次の手順を実行します。
  1. ネットワーク モニターを使用して DHCP トラフィックを解析するには、DHCP パケットの giaddr フィールドが、RRAS サーバー上の中継インターフェイスの IP アドレスをあることを確認します。
  2. 要求を受信し、応答が受信中継インターフェイスに関連付けられた RRAS 管理インターフェイスの右側のペインの数を確認してください。

    DHCP サーバーと RIS サーバー両方の Discover パケットを受信し、両方、提供パケットで応答します。提供パケット DHCP サーバーにはには、PXE クライアントの IP アドレスおよびその他のオプション (例、ルーター、DNS サーバー、および WINS サーバーの) が構成されているが含まれています: RIS サーバーのパケット、提供するにはには RIS サーバー IP アドレスのみが含まれています、は、クライアント ソフトウェアのインストールを続行するには、ARP 要求を送信します。

Microsoft Windows 2000 および Windows Server 2003 での DHCP リレー エージェントを構成する方法

Windows 2000 および Windows Server 2003 での DHCP リレー エージェントを構成するプロセスには、Windows NT 4. 0 を使用して、プロセスに似ています。これを行うには、次の手順を実行します。
  1. をクリックして開始、ポイントプログラムまたはすべてのプログラム、ポイント管理ツール、し、ルーティングとリモート アクセス.
  2. RRAS が既にインストールされている場合は、右クリックします。全般IP ルーティング、し、新しいルーティング プロトコル.

    メモ: ここからインストールし、DHCP リレー エージェントの構成プロセスでは、Windows NT 4. 0 と同じです。ただし、表示を少しで外観が異なる場合があります。
  3. PXE クライアントに IP アドレスが構成されていると、その会話を RIS サーバーに別の DHCP Request パケットを送信して続行します。
  4. RIS サーバー PXE クライアントがインストール処理を続行する必要がありますの構成情報が含まれています、Ack パケットを送信します。
  5. DHCP サーバーとクライアントの間の通常の DHCP 通信は UDP ポート 67 (サーバー) と 68 (クライアント) に発生します。PXE クライアントと RIS サーバーの間で会話は、インストール時に、UDP ポート 68 (クライアント) と 4011 (サーバー) に発生します。
メモROM バージョン .99j が実施したテストの詳細については、Intel ベースのコンピューター上の 02 と ROM のバージョン .99n 参照、次のマイクロソフト サポート技術資料してください。
244454リビジョンの .99j ブート ROM での PXE クライアントが RIS サーバーに接続できないことがあります。
PXE クライアントは、DHCP を構成する方法の詳細については、RIS サーバーは、「サポート技術情報」資料を表示するには、次の資料番号をクリックして。
244036PXE クライアント、DHCP と RIS サーバーの間の対話の PXE の説明
255952DHCP サーバーと RIS ブート ディスクにアクセスできません。
120932DHCP: 複数のサブネットにまたがる
161571DHCP スーパースコープを使用して、複数の論理サブネットに対応するには
197197DHCP クライアントが DHCP サーバーから IP アドレスを取得できません。

プロパティ

文書番号: 257579 - 最終更新日: 2011年3月25日 - リビジョン: 1.0
キーワード:?
kbinfo kbenv kbnetwork kbmt KB257579 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:257579
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com