Exchange Server 2010 Service Pack 1 用の更新プログラムのロールアップ 4 の説明

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 2579150
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

マイクロソフトの更新プログラムのロールアップ 4 Microsoft Exchange Server 2010年サービス パック、2011 年 7 月 27 日 1 (SP1) をリリースしました。この資料では、更新プログラムのロールアップに関する以下の情報について説明します。
  • 更新プログラムのロールアップで解決される問題
  • 更新プログラムのロールアップの入手方法
  • 更新プログラムのロールアップをインストールするための前提条件

はじめに

更新プログラムのロールアップで解決する問題

Exchange Server 2010 SP1 用の更新プログラムのロールアップ 4 には、以下のマイクロソフト サポート技術情報 (KB) 資料に記載されている問題が解決されます。
  • 2537099 外部クライアント アクセス名前空間 Exchange Server 2010年サーバーでを構成しようとすると「80040154」エラー メッセージ
  • 2536700 Outlook は、2010 SP1 の Exchange Server 環境でのオンライン モードで Outlook を使用して、サブフォルダーにフォルダーをコピーするときに応答を停止します。
  • 2536517 Microsoft Exchange RPC クライアント アクセス サービスが断続的に、Exchange Server 2010年のサーバーのクラッシュします。
  • 2536494 Exchange Server 2010 SP1 でのオンライン モードで Outlook を使用して、メールボックスの高度な検索を実行すると結果を返すまでに長時間をかかる
  • 2535648 EMC が Exchange Server 2010年環境で開くには、時間がかかる
  • 2535130 Exchange Server 2010年環境で連絡先フォルダーにアクセスするのには、IMAP4 を使用する場合の Outlook または OWA のパフォーマンスが低下します。
  • 2535105 Exchange Server 2010 SP1 をインストールした後 Outlook クライアント アプリケーションがパブリック フォルダーに接続できない
  • 2533543 イベント ID 2153 Exchange Server 2010年環境で各データベース可用性グループのメンバーにログオンしています。
  • 2533538 あるユーザーの空き時間情報の組織から別の組織の Exchange Server 2010 Exchange Server 2010年を検索できません。
  • 2533451 RBAC 役割のタスク実施者が突然」更新 FileDistributionService「コマンドを Exchange Server 2010年サーバー役割割り当ての範囲外で実行できます
  • 2519359 「ルールの変更を保存できません」エラー メッセージの Exchange Server 2010年環境で Outlook を使用して、返信用のルールを作成しようとすると
  • 2518850 Exchange Server 2010年環境では、ActiveSync を使用して携帯電話での電子メール メッセージを受信することはできません。
  • 2517088 Exchange Server 2010年環境でパブリック フォルダーの競合の解決は通常どおり動作しません。
  • 2515259 「項目ないコピーできませんでした。」のエラー メッセージが Exchange Server 2010 SP1 環境では、Get-MailboxSearch コマンドレットを実行すると
  • 2514709 Exchange Server 2010年のユニファイド メッセージング サーバーの役割のインストールが正常に後、イベント ID 1001
  • 2514574 Exchange Server 2010年環境では、Exchange RPC クライアント アクセス サービスがクラッシュします。
  • 2513723 Exchange Server 2010年環境では ANSI 形式の .pst ファイル内のすべてのメッセージをインポートしません、「New MailboxImportRequest」のコマンドレット
  • 2512023 "GetUserOofSettings"、"SetUserOofSettings"、および"GetUserAvailability"操作 Exchange Server 2010年の SP1 のスキーマには、Exchange の偽装をサポートしていません
  • 2511897 移動の Exchange Server 2010年環境では、オンラインを使用して、メールボックスを移動すると、短い時間では、メールボックスに電子メール メッセージを送信できません。
  • 2507463 Exchange Server 2010年環境で破損した検索フォルダーを含むメールボックスを移動することはできません。
  • 2506820 Exchange Server 2003年サーバーにメールボックスがあるユーザーの空き時間情報は表示されません。
  • 2506049 Exchange Server 2010 SP1 サーバーで新しいパブリック フォルダー データベースの階層がレプリケートされていません。
  • 2505968 Exchange Server 2010年環境で、不正な電子メール アドレスを含む規則を適用する場合の EdgeTransport.exe プロセスがクラッシュします。
  • 2504453 Exchange Server 2010 SP1 環境では「Get-PublicFolderStatistics」コマンドレットを使用してパブリック フォルダーに関する統計情報を取得することはできません
  • 2503337 コメント Exchange Server 2010年環境では、会議出席依頼を辞退すると、会議の返信のメッセージがありません
  • 2501070 RBAC 役割のタスク実施者、Exchange Server 2010年のハブ トランスポート サーバーまたは Exchange Server 2010年エッジ トランスポート サーバーの役割の割り当ての範囲外に処理キューを停止します。
  • 2500903 Exchange Server 2010年環境では「仮承諾」会議の返信の件名行にはスペースがありません。
  • 2500648 Exchange Server 2010年環境では、Outlook でフォルダーを表示しようとするとエラー メッセージ「このビューにします。 表示するアイテムがありません」
  • 2495010 EdgeTransport.exe プロセス Exchange Server 2010年エッジ トランスポート サーバーまたは Exchange Server 2007年のエッジ トランスポート サーバーの CPU 使用率が 100% を消費します。
  • 2493393 ECP を使用して、Exchange Server 2010 SP1 環境における携帯電話のワイプを実行することはできません。
  • 2492068 "アイテムをこのフォルダーします。 保存することはできません」エラー メッセージ Exchange Server 2010 SP1 環境で、メールが無効なパブリック フォルダーにアイテムを投稿しようとしています。
  • 2491354 Exchange Server 2007年と Exchange Server 2010年の混在環境でのユーザーの空き時間情報を表示することはできません。
  • 2490134 Exchange Server 2010年環境でのオンライン モードで Outlook 2007 を使用して遅延配信メールが配信されません。
  • 2489964 範囲 0 0x-0x1f 文字 Exchange Server 2010年のユーザー アカウントの表示名で更新を有効に
  • 2489938 「接続に含まれている」関数、ターゲット Exchange サーバー Exchange Server 2010年では変更されません。
  • 2489130 RBAC 役割のタスク実施者が突然 Exchange Server 2010年環境で管理役割グループの範囲外にあるメールボックスのプロパティを変更できます。
  • 2488643 POP3 電子メール メッセージを Exchange Server 2010年環境で outlook のダウンロードを複製
  • 2479188 Exchange Server 2003年メールボックスから、Exchange Server 2010年メールボックスに送信すると電子メール メッセージの iCal の部分の無効なエントリが含まれています。
  • 2477273 Exchange Server 2010年環境でメールボックスを移動するには、"MoveMailbox.ps1"スクリプトを使用すると、ドメイン コント ローラー パラメーターが機能しません。
  • 2471964 Exchange Server 2010年の SP1 またはそれ以降のバージョンの環境で、個人用フォルダー ファイルに、電子メール メッセージを移動すると、NDR が送信者に送信します。
  • 2467619 Exchange Server 2010年環境では、配布グループを管理するユーザー別のユーザーのメールボックスが無効になっているを削除できません。
  • 2465292 MAPI アプリケーションを使用して、Exchange Server 2010年メールボックスにアクセスするときの"MAPI_E_FAILONEPROVIDER (0x8004011D)"エラー メッセージ
  • 2446908 ESE イベントの説明は、Exchange Server 2010 SP1 サーバーでは、Eseutil ユーティリティが呼び出されるとイベント ビューアーで不足しているが
  • 2394554 件名 Exchange Server 2010年環境でサポートされていないエンコードされた文字が含まれている場合、電子メール メッセージが配信されません。
  • 2491951 ドメイン コント ローラーの NetBIOS ドメイン名にアンパサンド (&) 文字が含まれている場合は、Exchange Server の 2010年の SP1 をインストールすることはできません。
  • 2507066 管理者監査ログ出力が無効になって突然、Exchange Server 2010年の SP1 のインストール中に

解決方法

更新プログラムのロールアップの情報

ダウンロードし、Exchange Server 2010 SP1 用の更新プログラムのロールアップ 4 をインストールするには、以下の Microsoft Update web サイトを参照してください。
http://update.microsoft.com
メモ マイクロソフトの更新プログラムのデータベース可用性グループ (DAG) の一部である Exchange Server 2010年メールボックス サーバーに更新プログラムのロールアップが検出されません。

この更新プログラムのロールアップは、次のシナリオで使用するには、更新プログラムのロールアップは、マイクロソフト ・ ダウンロード ・ センターからです。
  • 更新プログラムのロールアップ 4 Exchange Server 2010年の SP1 の Exchange Server 2010 SP1 を実行している複数のコンピューターに展開します。
  • 更新プログラムのロールアップ 4 は Exchange Server 2010年の SP1 のデータベース可用性グループ (DAG) の一部であるメールボックス サーバーを展開します。

ファイルは、次のマイクロソフト ダウンロード センター web サイトからダウンロード利用可能です。
Exchange2010 ・ KB2579150 ・ EN-x 64 パッケージします。
日付: 7 月 27 日 2011年をリリースします。

インターネットに接続されていないコンピューター上の問題を更新します。

インターネットに接続されていないコンピューターでこの更新プログラムのロールアップをインストールすると、インストールが長い時間をことがあります。また、次のメッセージが表示される可能性があります。
ネイティブ イメージを作成します。Net のアセンブリ。

この問題が発生するネットワークの要求のための http://crl.microsoft.com/pki/crl/products/CodeSigPCA.crl web サイト。

ネイティブ イメージの生成 (NGen) をネイティブ コードにコンパイルするアセンブリごとに、証明書失効リストをネットワーク要求を見ると、インストールを続行する前に要求ごとにタイムアウト必要があります。

この問題を解決するには、無効にする、 発行元の証明書の取り消しを確認します。 Internet explorer のセキュリティ オプションです。これを行うには、次の手順を実行します。
  1. Internet Explorer をクリックします。 ツール[ インターネット オプション、し、 高度な タブ。
  2. 下に セキュリティ セクションを明確に 発行元の証明書の取り消しを確認します。 チェック ボックス。
  3. クリックしてください。 ].

厳しく制御された環境では、コンピューターである場合は、この Internet explorer のセキュリティ オプションをオフにことをお勧めします。この更新プログラムをインストールした後、再度有効に、 発行元の証明書の取り消しを確認します。 セキュリティ ・ オプションです。

Outlook Web App ファイルをカスタマイズしているコンピューター上の問題を更新します。

重要 更新プログラムのロールアップを適用する前に、カスタマイズされた Outlook Web App ファイルのバックアップ コピーを作成することをお勧めします。Outlook Web App をカスタマイズする方法の詳細については、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。
Outlook Web App をカスタマイズする方法
更新プログラムのロールアップ パッケージを適用すると、更新処理が必要な場合、Outlook Web App ファイルを更新します。したがって、Logon.aspx ファイルまたはその他の Outlook Web App ファイルには、カスタマイズは上書きされます、Logon.aspx に Outlook Web App のカスタマイズ作成し直す必要があります。

CAS プロキシ展開ガイダンス CAS CAS のプロキシ処理を導入するお客様の問題を更新します。

次の条件の両方を満たす場合は、インターネットに接続されていないクライアント アクセス サーバーに更新プログラムのロールアップを適用する前に更新プログラムのロールアップのインターネット フェーシング クライアント アクセス サーバー上でが適用されます。
  • あなたは、CAS プロキシ展開ガイダンスのお客様です。
  • CAS CAS のプロキシ処理を導入しています。

メモ Exchange Server 2010年の他の構成で、サーバーが特定の順序で更新プログラムのロールアップを適用する必要はありません。

CAS CAS のプロキシ処理の詳細については、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。
CAS CAS のプロキシ処理に関する一般的な情報

前提条件

この更新プログラムを適用するには、Exchange Server 2010 SP1 をインストールする必要があります。

メモ この更新プログラムのロールアップを適用する前に Exchange Server 2010年の SP1 のすべての中間更新プログラムを削除します。

再起動の必要性


この更新プログラムのロールアップを適用すると、必要なサービスが自動的に再起動されます。

プログラムのアンインストール情報

Exchange Server 2010 SP1 用の更新プログラムのロールアップ 4 を削除するを使用します。 追加またはプログラムを削除します。 2579150 の更新プログラムを削除するのには、コントロール パネルの項目。

参照

Microsoft ソフトウェア更新プログラムに関する記述に使用する用語の詳細については、Microsoft Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
824684 マイクロソフトのソフトウェア更新プログラムを説明するために使用される一般的な用語の説明

プロパティ

文書番号: 2579150 - 最終更新日: 2012年1月16日 - リビジョン: 3.0
キーワード:?
atdownload kbexpertiseinter kbmt kbsurveynew KB2579150 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:2579150
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com