[XADM] パブリック フォルダのホーム サーバーの変更が正しく行われないと、ストアから 3079 および 3084 のエラーが出力される

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 258056 - 対象製品
この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP258056
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
すべて展開する | すべて折りたたむ

現象

パブリック フォルダでデータを共有しているユーザーから、同じデータが見えない場合があります。すべてのパブリック フォルダがメインのパブリック フォルダ サーバーをホーム サーバーとしているにもかかわらず、異なるサーバー上のユーザーから、2 種類の異なるデータ セットが見えます。イベント ビューアを調べると、アプリケーション ログに次のようなエラー メッセージが記録されています。
イベント ID: 3084
ソース : MSExchangeIS Public
分類 : Replication Errors
説明 :
Error (0x469) has occurred while processing the Owning Folders table. /O='ORGANIZATION'/OU='SITE'/CN=RECIPIENTS//CN=PUBLICFOLDERNAME.
イベント ID 3084 の後に、次のエラー メッセージが続きます。
イベント ID: 3079
ソース : MSExchangeIS Public
分類 : Replication Errors
説明 :
Unexpected replication thread error 0x469.

EcGetFolderReplicas
RMS::EcGetStatusRequestResponders
RMS::EcPack
EcSendStatusRequestReplicaDeletePending
EcStartReplicaDeletePending
EcReplStateUpdate
FReplAgent
: エラー 0x469 は、ecNoReplicaAvailable です。

このエラーが記録されると、アルファベット順で PUBLICFOLDERNAME より後になる名前で作成されたフォルダについて、ホーム サーバーの変更が行われません。アルファベット順で PUBLICFOLDERNAME より前になる名前で作成されたフォルダについては、ホーム サーバーの変更が正しく行われ、ユーザーから見えるデータも正常です。

解決方法

この問題については、修正ファイルを用意していますが、完全な遡行テストを行ってはいませんので、問題が発生したシステムにのみ適用してください。Microsoft Exchange Server version 5.5 サービスパックの次のリリースには、この修正内容が収められる予定です。この問題による大きな障害が発生していない限り、サービスパックのリリースを待つことをお勧めします。

この問題を解決するには、Microsoft Product Support Services にお問い合わせのうえ、修正ファイルを入手してください。Microsoft Product Support Services の電話番号リストおよびサポート料金については、次の Web ページにアクセスしてください。
http://support.microsoft.com/directory/overview.asp
修正ファイル (英語版) の属性は次のとおりです。ただし、これより新しい修正ファイルがリリースされている可能性もあります。

コンポーネント : インフォメーション ストア

元に戻す全体を表示する
Store.exe 5.5.2652.22

回避策

メールボックス サーバーで、プライベート インフォメーション ストアに、サイトのパブリック フォルダ サーバーを指定します。これは、Microsoft Exchange Server 5.5 の管理ツールを使用して実行できます。サーバーをクリックし、プライベート インフォメーション ストア オブジェクトをクリックします。このオブジェクトのプロパティを開くと、パブリック フォルダ サーバーを選択するオプションがあります。メールボックス サーバーではなく、サイトのパブリック フォルダ サーバーのオプションをクリックします。

状況

この問題については、修正ファイルを用意していますが、完全な遡行テストを行ってはいませんので、問題が発生したシステムにのみ適用してください。Microsoft Exchange Server version 5.5 サービスパックの次のリリースには、この修正内容が収められる予定です。この問題による大きな障害が発生していない限り、サービスパックのリリースを待つことをお勧めします。

この問題を解決するには、Microsoft Product Support Services にお問い合わせのうえ、修正ファイルを入手してください。Microsoft Product Support Services の電話番号リストおよびサポート料金については、次の Web ページにアクセスしてください。
http://support.microsoft.com/contactus/?ws=support

詳細

この問題をもう少し詳しく説明するには、構成に関する情報が必要です。以下は、この問題が発生する可能性のある構成を示しています。
サイトのパブリック フォルダ = PFSERVER1
メールボックス サーバー = MBSERVER1
メールボックス サーバーには、パブリック インフォメーション ストアが 1 つ設定されています。
メールボックス サーバーには、パブリック フォルダとして自分自身が指定されています。
すべてのフォルダは、PFSERVER1 をホーム サーバーとしています。
パブリック フォルダ名は、PUBLICFOLDERINQUESTION です。
あるユーザーがパブリック フォルダを作成すると、実際には MBSERVER1 のパブリック インフォメーション ストア上にフォルダが作成されます。バッググラウンド スレッドがこのフォルダを見つけ、そのホーム サーバーを変更します。問題は、このスレッドがアルファベット順にソートされたフォルダ テーブルを使用していることにあります。エラーが発生するまでは、フォルダのホーム サーバーの変更が正しく行われます。PUBLICFOLDERINQUESTION フォルダで問題が生じると、スレッドがエラーになり、残りのフォルダは処理されません。この例の場合、MBSERVER1 以外のサーバー上のユーザーからは、PFSERVER1 上のフォルダが見えます。フォルダ内にデータを保管しても、問題なく動作します。一方、MBSERVER1 サーバー上のユーザーからはローカル フォルダが見え、このフォルダ内にデータが保管されます。この時点でフォルダの整合性がなくなり、異なるサーバー上のユーザーから異なるデータが見えるようになります。

解決方法として、このような状況をチェックするためのロジックを追加し、フォルダのホーム サーバーを適切に移動する必要があります。

詳細

この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 258056 (最終更新日 2000-08-02) をもとに作成したものです。

プロパティ

文書番号: 258056 - 最終更新日: 2014年2月13日 - リビジョン: 4.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Exchange Server 5.5 Service Pack 3
  • Microsoft Exchange Server 5.5 Standard Edition
  • Microsoft Exchange Server 5.5 Service Pack 1
  • Microsoft Exchange Server 5.5 Service Pack 2
キーワード:?
kbnosurvey kbarchive exc55sp1 exc55sp2 exc55sp3 kbbug kbfix KB258056
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com