デバッグの診断ツールの v1.2 は現在利用可能です。

文書翻訳 文書翻訳
閉じる 閉じる
文書番号: 2580960
すべて展開する | すべて折りたたむ

概要

デバッグの診断ツール (DebugDiag) バージョン 1.2 が表示されます。ツールは、Microsoft ダウンロード センターの次の場所からダウンロードできます。



http://www.microsoft.com/download/en/details.aspx?id=26798



詳細

DebugDiag ツールがハングする、パフォーマンスの低下、メモリ リークまたはメモリの断片化などの問題のトラブルシューティングに役立つように設計されていて、任意でユーザー モードのプロセスがクラッシュします。ツールは、インターネット インフォメーション サービス (IIS) アプリケーションに対する web データ アクセス コンポーネント、COM + および関連の Microsoft テクノロジ、Sharepoint では、追加のデバッグ スクリプトが含まれているとします。NET。COM オブジェクトの形式で拡張可能なオブジェクト モデルが用意されていて、組み込みのレポート作成フレームワークを使用するスクリプト ホストが用意されています。これは次の 3 つのコンポーネントで構成されています。 サービスのデバッグ、デバッガー ホストとユーザー インターフェイス。


使用法の指示:



メモリに生成をダンプします。

DebugDiag を使用する場合、まず、どのような種類の実行を識別する必要があります (、クラッシュ、ハング、パフォーマンスの低下やメモリとハンドルの使用量など) のトラブルシューティングを行います。この手順は、適切なデータを取得するには、ツールが適切に構成して、問題の根本原因を特定するためしてそれを解決するを支援します。



プロセスのクラッシュ

プロセスのクラッシュは、プロセスやアクティブなプロセスを終了、プロセスで実行されているコードで発生した、処理されない例外の存在していることです。プロセスのクラッシュをデバッグするには、対象のプロセスに対するクラッシュ ルールを作成して、起動します。以前のデバッガーと同様、DebugDiag 特定のプロセスに接続され、プロセスが予期せずに終了すると、プロセスがユーザー設定のブレークポイントを 1 つまたは複数の種類の例外を監視します。クラッシュが発生すると、完全なメモリ ダンプ ファイル、クラッシュ ルールの設定時に指定したディレクトリに作成されます。



プロセスがハングする、またはパフォーマンスの低下

パフォーマンスをプロセス ハング、デバッグや時間がかかる場合に、次のいずれかを使用します。

1. パフォーマンス ルールを作成します。パフォーマンス ルールはパフォーマンス カウンターまたは HTTP のレスポンス ・ タイムに基づいて可能性があります。この後者の web サーバーまたは HTTP ベース web サービスに固有です。パフォーマンス カウンターのルールは、1 つまたは複数のパフォーマンス カウンターが指定したしきい値を超えたときに、一連の連続した userdumps をキャプチャすることができます。HTTP レスポンス ・ タイムに ETW (IIS web サーバーに固有の) WinHTTP ('は web サーバーまたは HTTP ベースの web サービスの ping する場合 ')、構成されたタイムアウト時間が経過すると、userdumps をキャプチャする使用規則をことができます。

2. 手動メモリ ダンプ シリーズは、低速の中に、またはハング状態は、プロセス名、プロセス ビューでを右クリックし、[「ダンプのシリーズを作成」オプションを選択して作成します。

その後、.dmp ファイル CrashHangAnalysis.asp または PerfAnalysis.asp (下記参照)、あるいはその両方を分析します。



メモリまたはハンドルの使用

メモリをデバッグし、処理するには、次のいずれかを使用します。

1. 対象のプロセスに対してリーク ルールを作成します。機能を監視して、メモリ リーク、プロセス内のメモリの割り当てを追跡します。DLL (leaktrack.dll) は、指定されたプロセスに挿入し、時間の経過と共にメモリの割り当てを監視追跡が実装されています。メモリとハンドル リーク ルールを構成する場合は、時間やメモリの使用状況に応じてメモリ ダンプの生成を指定できます。

2 は、「処理」のビューを使用して、問題のプロセスを右クリックし、「モニター」リークのオプションを選択します。手動でプロセスが疑われる場合の問題のサイズに成長すると、プロセスは同じプロセス内、プロセス ビューで右クリックし、["フル Userdump の作成] オプションを選択するとダンプします。



メモリの分析にダンプします。

DebugDiag の最も強力な機能の 1 つは、メモリ ダンプを分析し、特定された問題を解決する推奨事項と共に、分析、表示、レポート ファイルを生成することです。

DebugDiag「分析スクリプト」を使用して、メモリ ダンプを分析します。DebugDiag 1.2 では次のとおりに出荷された 5 つの解析用スクリプトです。

元に戻す全体を表示する
カテゴリスクリプト ファイル説明
クラッシュとハング アナライザーCrashHangAnalysis.aspクラッシュおよび分析用の ASP、.net、WCF、および IIS 固有のレポートがハングします。
メモリ圧迫のアナライザーDotNetMemoryAnalysis BETA.aspマネージ メモリの分析 (ベータ版)
メモリ圧迫のアナライザーMemoryAnalysis.aspLeaktrack およびヒープ情報の報告を含むメモリの分析
パフォーマンス アナライザーPerfAnalysis.asp同じプロセスの複数の連続したダンプはパフォーマンス分析
SharePoint のアナライザーSharePointAnalysis.aspSharePoint のプロセスの分析


その他の情報


1.2 の新機能

DebugDiag 1.2 充実した新機能と、x86 と x64 バージョンの Windows Vista、Windows 7、Windows 2008 2008R2 の完全な互換性が用意されています。X の x64 システムに DebugDiag 1.2 をインストールするのには、ツールの x64 バージョンをインストールする必要。このバージョンは、プロセスをデバッグと分析に x86 サポート組み込み x86 があります。1.2 のリリースに追加された新機能の概要を次に示します。

分析:

?.Net 2.0 以降の分析にハングするクラッシュ分析を統合します。

?SharePoint の解析用スクリプト。

?パフォーマンス分析のスクリプトです。

?.NET メモリ分析スクリプト (ベータ版) です。

?すべてのサポートされているオペレーティング システムのネイティブ ヒープの分析

コレクション:

?Userdumps のシリーズを生成します。

?パフォーマンス ルールです。

?IIS ETW のハングの検出:

?.NET の CLR 4.0 をサポートします。

?マネージ ブレークポイントをサポートします。

?Userdump の生成は、イベント ログに報告します。



展開

?ルールと設定をインポートまたはエクスポートします。

?XCopy と Register.bat を使用してエンタープライズ展開のサポート。



サポートされていないアイテム

?x 64 の userdump 分析を x86 システム。

?X 86 DebugDiag で x64 システムにインストールします。

?DebugDiag 1.2 および 1.1 では、同じシステム上にインストールします。

?1.2 1.1 Leaktrack のメモリ リークが発生分析しています。

?X 86 の分析 Userdumps x 64 で生成されたデバッガー。



このリリースに関する注意事項
DebugDiag 1.2 をインストールする前に以前のすべての DebugDiag バージョンをアンインストールします。


注意 : これは、マイクロソフトのサポート組織内で直接作成された "緊急公開" の資料です。 この資料には、確認中の問題に関する現状ベースの情報が記載されています。 情報提供のスピードを優先するため、資料には誤植が含まれる可能性があり、予告なしに随時改定される場合があります。 その他の考慮事項については、使用条件を参照してください。

プロパティ

文書番号: 2580960 - 最終更新日: 2011年10月11日 - リビジョン: 2.0
キーワード:?
kbmt KB2580960 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:2580960
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com