OWebComp.exe にはスクリプトのサンプルについては、Office 2000 Web コンポーネントが含まれています。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 258187
すべて展開する | すべて折りたたむ

概要

OWebComp.exe は、一連の機能を示すサンプル スクリプトと Microsoft Office の Web コンポーネントの使用を含む、自己解凍形式の実行可能ファイルです。サンプル VBScript と Active Server Pages (ASP) を使用します。

詳細

次のファイルは、Microsoft ダウンロード センターからダウンロードできます。
OWebComp.exe

スプレッドシートのサンプル

サンプルを含む Microsoft スプレッドシート コンポーネントのスクリプト作成の手法を示します。
  • 書式設定
  • 読み込みとデータの取得
  • セルとシートの保護
  • スプレッドシート コンポーネントで発生するさまざまなイベントを処理します。
  • 「プロパティーのバインド
  • カスタムの並べ替えとフィルター処理

グラフのサンプル

サンプル Microsoft グラフを含むコンポーネントのスクリプト作成の手法を示します。
  • グラフ コンポーネントをサポートするグラフの種類を作成します。
  • 各種のグラフ要素の書式設定
  • グラフの作成をリテラル データを使用できるだけでなく、他のコンポーネントからのデータを使用して
  • グラフ コンポーネントで発生するさまざまなイベントを処理します。
  • 複数のグラフでの操作
  • カスタムの並べ替えとフィルター処理
  • 静的グラフ イメージ サーバー側の生成

ピボット テーブルのサンプル

サンプル スクリプト技術 Microsoft PivotTable 関連のコンポーネントを示しています。
  • OLAP データ ソースの表形式を使用して
  • XML データを使用します。
  • レポートのさまざまな要素の書式設定
  • ピボット テーブル コンポーネントで発生するさまざまなイベントを処理します。
  • グラフ コンポーネントのバインド
  • フィルター、集計、および実行時のフィールド セットの追加
  • サーバー側の静的レポートを生成します。

このサンプルの使用

Microsoft Office 2000 OWebComp.exe ファイルに含まれているサンプルを必要とし、Microsoft Internet Explorer 4.01 以上。ほとんどのサンプルは、クライアント側のスクリプトし、file://プロトコルを使用して実行できます。したがって、Web サーバーは、クライアント側のスクリプトのサンプルを実行するのには必要ありません。サーバー側のスクリプトのサンプルは、Microsoft Iis 4.0 または 5.0 で構成された Web サーバーを必要と。

指示
  1. OWebComp.exe の内容を抽出します。デフォルトフォルダー C:\Program Files\OWebComp が、これは、好みのフォルダーに変更できます。
  2. サンプルにアクセスするには、http://プロトコルを使用している場合は、定数の sDataPath に変更する必要があります。\OWebComp\Data.htm は、サンプルを使用して、データ ファイルの正しい場所を指定します。たとえば、C:\InetPub\wwwroot\OWebComp フォルダーに OWebComp.exe を抽出する場合は、Data.htm の内容は次のとおりで表示されます。
       Const sDataPath = "C:\InetPub\wwwroot\owebcomp\data"
       
       Function GetDBPath()
    
          Select Case UCASE(document.protocol)
          Case "FILE PROTOCOL":                GetDBPath = "..\data"
          Case "HYPERTEXT TRANSFER PROTOCOL":  GetDBPath = sDataPath
          Case Else:                           GetDBPath = vbNullString
          End Select
    
       End Function
    						
    メモ:、パス、割り当てられたドライブまたは UNC を使用して共有フォルダーを表す sDataPath 定数を指定できます。
  3. サンプルにアクセスするために、file://プロトコルを使用するには、ダブルクリックすると Default.htm OWebComp フォルダーにします。

    サンプルにアクセスするために http://プロトコルを使用するのには、http://の URL に移動. します。 Default.htm OWebComp フォルダーにします。
  4. ASP のスクリプトの一部を必要とします。 セッション 作成し、一時ファイルを管理するには、[オブジェクト] をクリックします。IIS マネージャー] を使用して、次のフォルダーがアプリケーションとして設定するのにはスクリプトのアクセス許可でポイントを開始します。
    ..\OWebComp\Chart\ASP

    - と -

    ..\OWebComp\PivotTables\ASP
    Web アプリケーションのプロパティを構成する方法の詳細については、IIS のドキュメントを参照してください。
デザインとレイアウトのサンプルが画面の解像度を 800 x 600 またはそれ以上が最適です。これ、Office Web コンポーネントによってデザイン制限が 1 つではなく、これらのサンプルの性質によって課せられたないことに注意してください。サンプルは、説明ありなどは長い説明とサンプルのほとんどで表示されるメモをリーダー。

いくつかのサンプルを使用するのには、VBScript の CreateObject ステートメントを使用、 ファイル システム オブジェクト ファイルへのアクセスをします。サンプルの実行時にエラーを受け取った場合は、ActiveX コントロールをスクリプトことができることを確認するのには、Internet Explorer のセキュリティ設定を確認してください。

サーバー側の使用に関する問題

Office 2000 Web コンポーネントがサーバー側での使用を意図していないし、コンポーネントを使用して、サーバー上での同時ユーザー接続数が多い場合は、問題が発生する可能性がありますに注意する必要する必要があります。これらの問題の多くは、Office XP Web コンポーネントに対処し、大規模なサーバー側のソリューションを Office XP Web コンポーネントを使用することを検討する必要があります。

詳細については、「サポート技術情報」資料を参照するには、次の文書番号をクリックしてください。
317316 情報: サーバー側の Office 2000 Web コンポーネントとの制限の使用

関連情報

詳細については、Knowledge Base の次の資料を参照してください。
195826 PRB: クライアント側スクリプトからの CreateObject の失敗します。
(c) Microsoft Corporation 2000、1999直射 Bennur および Lori ターナー、マイクロソフト コーポレーションによって出資。

プロパティ

文書番号: 258187 - 最終更新日: 2011年7月22日 - リビジョン: 5.0
キーワード:?
kbdownload kbofficewebchart kbpivottable kbfile kbsample kbofficewebpivot kbofficewebspread kbmt KB258187 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:258187
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。
サポート期間が終了した「サポート技術情報」資料に関する免責事項
この資料は、マイクロソフトでサポートされていない製品について記述したものです。そのため、この資料は現状ベースで提供されており、今後更新されることはありません。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com