Active Directory 内のオブジェクトの表示の削除

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 258310
Notice
この資料は Windows 2000 に適用されます。 2010 年 7 月 13日両端の Windows 2000 をサポートします。 は、 Windows 2000 のサポート終了のソリューション センター Windows 2000 から移行の計画の開始点です。詳細については、 マイクロソフト サポート ライフ サイクル ポリシー.
すべて展開する | すべて折りたたむ

概要

Active Directory オブジェクトが削除されると、変更をレプリケートしている他のドメイン コント ローラーが、削除を認識になるようにするには、オブジェクトの一部は一定時間です。この期間は「期間として」と呼ばれますおよび設定可能です。削除されたオブジェクトを表示する方法について説明します。

詳細

Active Directory ドメイン コント ローラーに格納されている、削除されたオブジェクトを表示するのには
  1. Ldp.exe を起動し、クリックしてください 接続 で、 接続 メニューです。エンタープライズ内のドメイン コント ローラーのサーバー名を入力、確認、 ポート 389 に設定されてをオフにします、 コネクションレス型 チェック ボックスをオンにしをクリックしてください [OK].接続が確立されると、右側のウィンドウでサーバーに固有のデータが表示されます。
  2. で、 接続 メニューをクリックして 連結.該当するボックスにユーザー名、パスワード、およびドメイン名 (DNS 形式) を入力 (オンにする必要があります、 ドメイン チェック ボックス) をクリックして [OK].バインドが成功した場合と同様にメッセージを受信する必要があります"dn として認証: 'YourUserID'"、右側のウィンドウで。
  3. で、 ビュー メニューをクリックして ツリー.ドメイン内の識別名 (DN) を入力、 Base DN ボックス。ベース DN の検索を開始する Active Directory 階層内の開始点です。で、 Base DN ボックスの種類
    dc=<mydomain>,dc=<com></com></mydomain>
    <mydomain>や<com>、適切なドメイン名を使用します。</com></mydomain>

    入力した DN で始まる、左側のウィンドウでツリー ビューを生成します。右側のウィンドウでツリー ビューのルート ノードをダブルクリックして、"wellKnownObjects"の属性に関連付けられたデータを探します。[オブジェクトの削除] のデータに関連付けられた行を探します。たとえば、次のようになります。
    B:32:18E2EA80684F11D2B9AA00C04F79F805:CN = 削除
    オブジェクトでは、DC 管理, DC = COM =
  4. 2 番目のコロンに続くすべてのデータのコピー、3 番目のコロンの前にします。たとえば。
    18E2EA80684F11D2B9AA00C04F79F805
  5. で、 参照 メニューをクリックして 検索.で、 Base DN ボックスの種類
    <wkguid=18e2ea80684f11d2b9aa00c04f79f805,dc=yourdomain,dc=com> </wkguid=18e2ea80684f11d2b9aa00c04f79f805,dc=yourdomain,dc=com>
    "18E2EA80684F11D2B9AA00C04F79F805"の値で置き換え、前の手順でコピーしました。

    メモ: 開始と終了"<" and="" "="">"文字は非常に重要です。</">

  6. で、 フィルター ボックスに、入力:
    (objectClass = *)
  7. クリックしてください。 オプション、し コントロール.で、 オブジェクト識別子 ボックスに、入力:
    1.2.840.113556.1.4.417
  8. 明確に、 ボックスで、設定を コントロールの種類 するには サーバーをオフにし、 重要です チェック ボックスをオンにしをクリックしてください チェックイン >>.クリックしてください。 [OK].
  9. で、 検索呼び出しの種類 セクションのダイアログ ボックスをクリックします。 拡張 次のチェック ボックスの状態を確認します。
    ― 属性がオフになって
    紹介の追跡がオフになって
    選択された結果の表示-
    設定"サイズ制限:」など、ディレクトリ内のすべての削除されたオブジェクトは、クエリが返すことができますは、十分大きな値します。LDP はで指定されたオブジェクトの数を返します"サイズの制限:"とより多くのオブジェクトを返すことができない場合、エラー ログに記録します。返されるエラー右側のウィンドウでです。
    エラー: 検索: サイズの制限を超えています。<4> </4>
    このエラーが発生する場合は、設定、"サイズの制限:"高し、もう一度検索を実行します。

    必要であればから 0 60000 ミリ秒単位のタイムアウト値を変更します。
  10. クリックしてください。 [OK] 閉じるには、 検索オプション ダイアログ ボックス、クリックして サブツリー で、 スコープ ボックスとクリック 実行.
削除されたオブジェクトの Ldp で右側のウィンドウで表示されます。たとえば、"TestUserAccount"ユーザー アカウントを管理者が削除されていた場合は、次のサンプル テキスト出力ようになります。
***Searching...
ldap_search_ext_s(ld, "<WKGUID=18E2EA80684F11D2B9AA00C04F79F805,dc=MyDomain,dc=com>", 2, "(objectclass=*)", attrList,  0, svrCtrls, ClntCtrls, 0, 0 ,&msg)
Result <0>: (null)
Matched DNs: 
Getting 1 entries:
>> Dn: CN=TestUserAccount\
DEL:58db189b-1eda-4b1a-b66c-cd9ddce1b3eb,CN=Deleted Objects,DC=MyDomain,DC=com
	1> canonicalName: MyDomain.com/Deleted Objects/TestUserAccount
DEL:58db189b-1eda-4b1a-b66c-cd9ddce1b3eb; 
	1> cn: TestUserAccount
DEL:58db189b-1eda-4b1a-b66c-cd9ddce1b3eb; 
	1> distinguishedName: CN=TestUserAccount\
DEL:58db189b-1eda-4b1a-b66c-cd9ddce1b3eb,CN=Deleted Objects,DC=MyDomain,DC=com; 
	4> objectClass: top; person; organizationalPerson; user; 
	1> name: TestUserAccount
DEL:58db189b-1eda-4b1a-b66c-cd9ddce1b3eb;
				
メモ: スキーマや、Active Directory の構成パーティション内の削除されたオブジェクトを探して、同じプロセスを使用できます。

プロパティ

文書番号: 258310 - 最終更新日: 2011年7月22日 - リビジョン: 5.0
キーワード:?
kbinfo kbenv kbmt KB258310 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:258310
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com