ドメインの DFS を再作成リンク フォルダーの DFS ルートで FRS が有効と 1 時間ごと

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 259033 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

概要

ファイル レプリケーション サービス (FRS) は、マルチスレッド、マルチマスター レプリケーション エンジン バージョン 4. 0 および以前の Microsoft で LMREPL サービスを置換する Windows NT: Windows 2000 ベースのドメイン コントローラーおよびサーバー FRS Windows 2000 と以前のバージョンのクライアント用のシステム ポリシーとログオン スクリプト複製を使用して。

必要に応じて、FRS によりをレプリケート ファイルとフォルダーを同じフォールト トレラント Microsoft 分散ファイル システム (DFS) ルートまたは子レプリカをホストする Windows 2000 サーバー間でできます。

ここでは morphed または競合の FRS レプリケーションになっている DFS ルート ターゲットの共有ディレクトリの影響について DFS ルートに説明します。

詳細

使用して、分散ファイル システム スナップインでドメイン DFS ルートまたはリンクを作成する DFS ルートおよびリンクの名前と各 DFS ルート ターゲット サーバー上の階層を反映する空のディレクトリ ツリーが作成、DFS サービスします。 DFS ルートに FRS レプリケーションを有効にする場合は FRS すべて他ルート ターゲット コンピューターに、FRS レプリカ セットに参加する DFS によって作成されたディレクトリをレプリケートします。 このディレクトリを作成する DFS のコードは各 DFS ルート ターゲットで実行されます。

さらに、DFS は 1 時間 1 時間ごとに構成変更を Active Directory をポーリングし、これらのリンクのディレクトリを再作成します。 これを行うには、コードは、削除、既存のファイルや、関連付けられている名前でフォルダーした後、新しいファイルまたはフォルダーを作成しています。 FRS は、新しく作成したフォルダーを見つけると、そのフォルダー ターゲットがレプリケートされますの他と DFS によって作成された同じ名前の既存のフォルダーが見つかる場所。 このディレクトリ名の競合を処理する FRS 形式でサフィックス"NTFRS_xxxxxxxx"、ディレクトリのいずれかの末尾とが追加され FRS レプリケーション操作を完了します。 問題は、FRS レプリカ セットの各メンバーに同じ名前のディレクトリを作成する管理者に似ています各ディレクトリが、一意のファイル ID です。 Windows 2000 Service Pack 3 の動作は各 DFS で作成された重複するディレクトリの名前を morph に FRS のターゲットを元のディレクトリを保護します。 この現象はルート ディレクトリゆっくり塗りつぶします morphed ディレクトリ名、管理者は、保守で問題があるため、1 時間ごとを繰り返します。

Windows 2000 Service Pack 2 で強化は、ルートまたはリンク ディレクトリが既に存在する場合、DFS によって時間各ポーリング中に新しいディレクトリの再作成をできません。

ルートおよびリンクのターゲットへの参照は引き続き、morphed ディレクトリは、DFS 名前空間のルートを表示するユーザーから見えるです。 この問題を解決するには、次のいずれかの方法を実行します:
  • DFS のルートにあるレプリケーション有効にしないでください。 代わりに、リンク レベルでターゲットを作成し、ターゲットの FRS レプリケーションを有効にします。
  • ディレクトリを定期的にクリーンアップします。
DFS ルートでのレプリケーションを有効にする次な利点を持つ DFS リンクでの FRS レプリケーションを有効化します。
  • オフラインでできます個々 のリンクのターゲットの DFS リンクに追加する新しいターゲットとします。 これは、クライアントに接続できなく、既存のメンバーからの初期の FRS 同期の完了のあるターゲットです。
  • オフラインできますリンク ターゲットのデータが矛盾したまたはエラー状態にします。
  • データが分割しているので、新しい FRS 複製メンバーは、管理者によって優先順位のデータをソースことができます。
  • データが既存メンバー レプリケーション エラーや必要リソース FRS 複製コンテンツに遭遇した場合、管理者によって優先順位でデータをソースできるため設定分類されています。
DFS リンクのターゲットをオフラインで撮影するときそのターゲットの紹介の操作を行います既に持っていないいる DFS クライアントの操作を行いましていない検出が。 具体的には、DFS ルート ターゲット操作を行いますオフライン リンク ターゲットの紹介が手をされません。 ターゲットをオフラインにする、DFS クライアントものプロセスでデータをレプリケートまたは何らかのエラー状態にあるリンク ターゲットに接続できなくなります。
についてには、記事の「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) を表示する次の資料番号をクリックしてします。
205524作成し、NTFS 接合点を操作する方法
328492フォルダーの名前は"FolderName_NTFRS_ <xxxxxxxx>"に変更されます。
265365FRS が DFS ルートの代替に不必要なフォルダを作成する

プロパティ

文書番号: 259033 - 最終更新日: 2007年3月1日 - リビジョン: 3.3
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows Server 2003, Standard Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, Datacenter Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, Web Edition
  • Microsoft Windows 2000 Server
  • Microsoft Windows 2000 Advanced Server
  • Microsoft Windows 2000 Datacenter Server
キーワード:?
kbinfo kbmt KB259033 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:259033
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com