[MS12-060] Office 2010 セキュリティ更新プログラム (2012 年 8 月 14 日) について

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 2597986

適用対象

この資料は、以下を対象としています。
  • Microsoft Office 2010 Service Pack 1
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

はじめに

マイクロソフトはセキュリティ情報 MS12-060 を公開しました。セキュリティ情報の詳細を参照するには、次のいずれかのマイクロソフト Web サイトにアクセスしてください。

このセキュリティ更新プログラムに関するヘルプとサポートを受ける方法

更新プログラムのインストールに関するヘルプ: Windows Update サポート ページ

IT 専門家のためのセキュリティ ソリューション:セキュリティに関するトラブルシューティングとサポート

ウイルスとマルウェアから Windows を搭載しているコンピューターを保護する: ウイルスとセキュリティ サポート ページ

国ごとのローカル サポート:その他の地域のサポート

このセキュリティ更新プログラムに関する既知の問題

既存の Office ドキュメント内、サードパーティ アドイン内、および開発者モードで新しいコントロールを挿入したときに Windows Common Control ベースの埋め込み ActiveX コントロールの読み込みに失敗することがあります。 ?

推奨される解決方法

コントロールをインストールしてコントロールの登録を修正する修正プログラムをダウンロードできます。この修正プログラムをインストールして問題を解決することをお勧めします。修正プログラムはここからダウンロードできます。

注: この修正プログラムをインストールして問題を解決する前にセキュリティ更新プログラム 2597986 をインストールする必要はありません。

注: 更新プログラムをインストールせずに別の解決方法を選び、MS12-060 以降リリースされた Office の更新プログラムをインストールすると、同じ問題が発生する可能性があります。

その他の解決方法

Fix it ソリューションを使用してこの問題を自動的に解決することもできます。これを行うには、「Fix it で解決する」セクションに進んでください。

回避策

この問題を回避するには、レジストリ エディターを使用して、関連するレジストリ エントリを削除する方法があります。続いて Regsvr32 コマンドを使用して、Mscomctl.ocx ファイルを登録します。この作業を自動化するためのバッチ ファイルを作成することもできます。

関連するレジストリ エントリを手動で削除する

重要: このセクション、方法、またはタスクには、レジストリの変更方法が記載されています。レジストリを誤って変更すると、深刻な問題が発生することがあります。レジストリを変更する際には十分に注意してください。万一に備えて、編集の前にレジストリをバックアップしてください。問題が発生した場合でも、レジストリを復元できます。バックアップおよび復元方法の詳細を参照するには、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
322756 Windows でレジストリをバックアップおよび復元する方法


このレジストリ エントリを削除するには、以下の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。[名前] ボックスに「regedit」と入力し、[OK] をクリックします。
  2. レジストリで次のサブキーを見つけてクリックします。
    HKEY_CLASSES_ROOT\TypeLib\{831FDD16-0C5C-11D2-A9FC-0000F8754DA1}\2.0
  3. [編集] メニューの [削除] をクリックし、[はい] をクリックします。
  4. レジストリ エディターを終了し、コンピューターを再起動します。
Mscomctl.ocx ファイルを手動で登録する

注: 管理者特権を持つコマンド プロンプトでコマンドを実行する必要があります。これを行うには、以下の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、「cmd」と入力します。
  2. [cmd] アイコンを右クリックし、[管理者として実行] をクリックします。
  3. オペレーティング システムに応じて、以下のいずれかのコマンドを入力し、Enter キーを押します。
    • 64 ビット オペレーティング システムの場合は、次のように入力します。
      Regsvr32 "C:\Windows\SysWOW64\MSCOMCTL.OCX"
    • 32 ビット オペレーティング システムの場合は、次のように入力します。
      Regsvr32 "C:\Windows\System32\MSCOMCTL.OCX"
関連するレジストリ エントリを削除し、Mscomctl.ocx ファイルを登録するバッチ ファイルを作成する

レジストリ エントリを削除し、Mscomctl.ocx ファイルを登録するバッチ ファイルを作成できます。バッチ ファイルを作成するには、次のテキストをテキスト ファイルにコピーし、".bat" というファイル名拡張子を付けてテキスト ファイルを保存します (次の例は、オペレーティング システムが 32 ビットか 64 ビットかを検出して適切なコマンドを実行します)。
reg delete hkcr\typelib\{831FDD16-0C5C-11D2-A9FC-0000F8754DA1}\2.0 /f
if exist %systemroot%\SysWOW64\cscript.exe goto 64
%systemroot%\system32\regsvr32 /u mscomctl.ocx
%systemroot%\system32\regsvr32 mscomctl.ocx
exit

:64
%systemroot%\sysWOW64\regsvr32 /u mscomctl.ocx
%systemroot%\sysWOW64\regsvr32 mscomctl.ocx
exit
regsvr32 コマンドをサイレント モードで実行するには、前の例の各 regsvr32 コマンドに /s?スイッチを追加します。次に例を示します。
%systemroot%\system32\regsvr32 /u mscomctl.ocx /s

注: 管理者としてバッチ ファイルを実行する必要があります。
  • Windows Vista、Windows Server 2008、Windows 7、または Windows Server 2008 R2 でこれを行うには、バッチ ファイルを右クリックし、[管理者として実行] をクリックします。
  • Windows XP または Windows Server 2003 でこれを行うには、Shift キーを押しながらバッチ ファイルを右クリックし、[管理者として実行] をクリックします。

管理者としてプログラムを起動する方法については、次のマイクロソフト Web ページを参照してください。
http://www.microsoft.com/resources/documentation/windows/xp/all/proddocs/en-us/windows_security_runas.mspx?mfr=true

ActiveX コントロールを登録する方法の詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
2746232 (リンク先は英語の場合があります) ActiveX コントロールを手動で登録する方法 (.ocx)

Fix it で解決する

セクションに記載されている Fix it ソリューションは、セキュリティ更新プログラムに代わるものではありません。常に、最新のセキュリティ更新プログラムをインストールすることをお勧めします。ただし、一部の状況用に、回避策オプションとしてこの Fix it ソリューションを提供します。

この Fix it ソリューションを有効または無効にするには、[有効にする] 見出しの下の [この問題を解決する] ボタンまたはリンクをクリックします。[ファイルのダウンロード] ダイアログ ボックスで [実行] をクリックし、このウィザードの手順に従います。
元に戻す全体を表示する
有効にする
この問題を解決する
Microsoft Fix it 50930
注意事項
  • このウィザードは英語版のみである場合があります。しかし、自動的な解決は英語版以外の Windows でも機能します。
  • 問題のあるコンピューターとは別のコンピューターを操作している場合、自動的な解決ツールをフラッシュ ドライブまたは CD に保存することで、問題のあるコンピューターで実行することができます。

このセキュリティ更新プログラムの関連情報

このセキュリティ更新プログラムを適用するための必要条件

このセキュリティ更新プログラムを適用するには、コンピューターに Microsoft Office 2010 Service Pack 1 をインストールしておく必要があります。

この Service Pack の入手方法の詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
2460049 Office 2010 SP1 の説明

この更新プログラムのコマンドライン スイッチ

この更新プログラムでサポートされている、さまざまなコマンド ライン スイッチの詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
262841 Windows ソフトウェア更新プログラム パッケージのコマンド ライン スイッチ

再起動に関する情報

このセキュリティ更新プログラムのインストール後、コンピューターの再起動が必要になる場合があります。

一部のケースでは、この更新プログラムで再起動は不要です。必要なファイルが使用されている場合、この更新プログラムを適用すると再起動が必要になります。このような動作が発生した場合は、コンピューターの再起動を求めるメッセージが表示されます。

再起動の必要性を下げるには、このセキュリティ更新プログラムをインストールする前に、影響を受けるファイルを使用する可能性があるすべてのサービスを停止し、すべてのアプリケーションを閉じます。再起動を促すメッセージが表示される理由の関連情報を参照するには、次のサポート技術情報番号をクリックしてください。
887012 Windows ベースのコンピューターにセキュリティ更新プログラムをインストールした後にコンピューターの再起動を促すメッセージが表示される理由

アンインストール情報

この更新プログラムはアンインストールできません。

更新プログラムの置き換えに関する情報

この更新プログラムにより、次の更新プログラムが置き換えられます。
2598039 [MS12-027] Office 2010 セキュリティ更新プログラム (2012 年 4 月 10 日) について

ファイル情報

この更新プログラムの英語 (米国) 版では、次の表に示す各属性を持つファイル群がインストールされます。これらのファイルの日付と時刻は世界協定時刻 (UTC) で記載されています。お使いのコンピューターでは、これらのファイルの日付と時刻は夏時間 (DST) 調整済みのローカル時刻で表示されます。さらに、ファイルに対して特定の操作を実行すると、日時が変更される場合があります。
サポートされているすべてのバージョンの Office 2010 (x86 ベース)

元に戻す全体を表示する
File nameFile versionFile sizeDateTime
Mscomctl.ocx6.01.98341,070,15206-Jun-201203:49


注意 : これは、マイクロソフトのサポート組織内で直接作成された "緊急公開" の資料です。 この資料には、確認中の問題に関する現状ベースの情報が記載されています。 情報提供のスピードを優先するため、資料には誤植が含まれる可能性があり、予告なしに随時改定される場合があります。 その他の考慮事項については、使用条件を参照してください。

プロパティ

文書番号: 2597986 - 最終更新日: 2013年2月12日 - リビジョン: 5.0
キーワード:?
kbsecvulnerability kbsecurity kbsecbulletin kbfix kbexpertiseinter kbbug atdownload KB2597986
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com