SharePoint Foundation 2010 の修正プログラム パッケージ (Wss x none.msp) の説明: 2012 年 7 月 2 日

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 2598348 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料では、2012 年 7 月 2 日 (日) は、SharePoint Foundation 2010 の修正プログラム パッケージで修正される Microsoft SharePoint Foundation 2010 の問題について説明します。

はじめに

この修正プログラム パッケージで修正される問題

  • 更新プログラムを有効に MigrateUser データベースの指定されたリストに移行を実行できるようにするには、コンテンツ データベースの名前をパラメーターとして受け取るメソッドです。さらに、この更新プログラムを有効を実行します。移行同時に大量のデータがある場合は、何百万もユーザーにはが含まれています。
  • SharePoint Designer ワークフローを電子メール メッセージの本文で 2,000 を超える文字を持つ電子メール メッセージを送信することを前提としています。この例では、行の先頭の文字が、電子メール メッセージの本文にありません。
  • ドキュメント ライブラリに固有のアクセス許可を持つサブサイトのナビゲーション リンクが断続的に表示されなくなります。
  • コマンドレットは、同じ型を要求されていることを確認します、同じエンコーディングの文字を複数の SharePoint ファームを使用して更新の Api が用意されています。
  • 翻訳サイトに SharePoint Foundation 2010 をエクスポートしようとすると、次のエラー メッセージが表示されます。
    '/' アプリケーションでサーバーのエラー
  • ドキュメント ライブラリのビューをフィルター処理するのには、メタデータ ナビゲーションおよびフィルター機能を使用することを前提としています。チェックインするか、[リボン] メニューからドキュメントをチェック アウトすると、次のエラーの例外が表示されます。
    : 値は有効な範囲内では分類されません。Microsoft.SharePoint.SPWeb.GetFile で (文字列画像) に Microsoft.SharePoint.ApplicationPages.Checkin.get_File() Microsoft.SharePoint.ApplicationPages.Checkin.OnPreInit (EventArgs e) に System.Web.UI.Page.PerformPreInit() System.Web.UI.Page.ProcessRequestMain (includeStagesBeforeAsyncPoint のブール値、ブール値の includeStagesAfterAsyncPoint) では
  • 次のシナリオを検討してください:
    • 発行ポータル テンプレートを使用してサイト コレクションを作成します。
    • ユーザー設定のリストから情報を取得するサイト ルックアップ列を作成します。
    • 新しいサイト コンテンツ タイプは、ページ ライブラリの設定に追加します。
    • サイト コンテンツ タイプを使用して新しいページを作成して、ルックアップ列の値を選択します。
    • 新しいページを保存します。
    • ページを編集し、その後します。
    このシナリオでは、ルックアップ列で選択した値がありません。
  • AllItems.aspx ページの列の幅を変更するには、Microsoft SharePoint デザイナー 2010年を使用することを前提としています。AllItems.aspx ページのサイト コレクションでの文書をチェック アウトしようとすると、2 回、[下書き] フォルダーを選択するように求めるダイアログ ボックスを表示します。さらに、2 回目のダイアログ ボックスが飛び出すと、次のエラー メッセージが表示されます。
    ここにチェックができないか。ドキュメントをチェック アウトする権限がない可能性があります。 またはが既にチェック アウトされてまたは別のユーザーによって編集用ロックされてです。
  • 追加した後、 <FieldRef></FieldRef> 要素は、コンテンツ タイプ スキーマにフィールド、コンテンツ タイプを使用して、既存のリストに追加されません。
  • 次のシナリオを検討してください:
    • 含まれている承認ワークフローを作成します。 依頼に含めるメッセージを入力します。 Microsoft Office の SharePoint Server 2007 の [承認] ページのフィールド。
    • ワークフローは SharePoint Server 2007 から SharePoint Foundation 2010 に移行します。
    • SharePoint Foundation 2010 年には、ワークフローのインスタンスを実行します。
    このシナリオで、 依頼に含めるメッセージを入力します。 フィールドが [承認] ページでは表示されません。
  • 再利用可能なコンテンツ アイテムは再利用可能なコンテンツ リストの SharePoint ページに追加することを前提としています。編集して、ページを保存する場合は、特定再利用可能なコンテンツ アイテムは表示されません。さらに、ページに空き領域の一部の行が追加されます。
  • ユーザーをサイト コレクションの管理者として設定し、その他の追加のアクセス許可を割り当てていないことを想定しています。サイト データの web サービスをサイト コレクションからユーザーを削除すると、サイト コレクション レベルのセキュリティの更新を発生させません。
  • サイト コレクションのごみ箱を無効にすることを前提としています。リスト アイテムの削除、ワークフローを実行する] ボックスの一覧の項目は削除されません。さらに、次のエラー メッセージが表示されます。
    ワークフローは、リスト項目を削除できません。リストが存在して、ユーザーがリスト内の項目を削除するのには、アクセス許可を持っていることを確認します。不明なエラー
  • サイトをサイト コレクションから権限を継承するカスタム リストを作成します。次にユーザー設定リスト] ボックスの一覧の項目を追加し、アクセス許可の継承を中断します。このような状況では、ユーザーのアクセス許可] ボックスの一覧の項目に時間がかかります。
  • SharePoint オブジェクトのコレクションを列挙するサンド ボックス化されたソリューションを作成することを前提としています。列挙子は例外をスローする場合は、 SecurityException 例外がスローされます。
  • カスタム コンテンツ タイプを継承するコンテンツ タイプをインストールすると、標準のコンテンツ タイプを SharePoint Foundation 2010 年には消えます。
  • 場合をクリックして検索結果の文書を開く [ブラウザーで表示を、Office クライアントではなくオフィスの Web アプリケーション内でドキュメントを開いたとき。
  • 英語以外の言語には、サイトの地域の設定を設定することを前提としています。クリックして、サイトのビューにフィルターを適用するときに フィルターの選択肢を表示します。、次のエラー メッセージが表示されます。
    <!-- #RENDER FAILED -->
  • コンテンツの展開を公開しているサイト コレクションを実行した後ページのリダイレクトは動作しません。
  • SharePoint サイト上のデータシート ビューを使用してリスト アイテムを表示するには、リスト ビュー web パーツを構成することを前提としています。サイトをテンプレートとして保存し、テンプレートを使用してには、新しいサイトを作成します。このような状況では、データシート ビュー、リスト ビュー web パーツの設定、新しいサイトに失われてしまいます。
  • クレーム ベースの認証を使用するように構成された web アプリケーションでチーム サイトを作成することを前提としています。チーム サイトでは、3 段階のワークフローの開始時に 割り当てる プロパティは、ワークフロー内では空です。
  • 会議ワークスペース サイトに web パーツ追加用ツール パーツから web パーツをドラッグするとページには、JavaScript エラーが発生します。
  • SharePoint Foundation 2010 の外部 BLOB ストレージを有効にすることを前提としています。2 つ目のドキュメント ライブラリにドキュメントをドキュメント ライブラリから移動した後、2 番目のドキュメント ライブラリからドキュメントをダウンロードできません。さらに、次のエラー メッセージが表示されます。
    予期しないエラーが発生しました。
  • ファイルのチェック アウトを要求するのには、ドキュメント ライブラリを構成することを前提としています。変更をアップロードし、ドキュメント ライブラリに自動的にファイルをチェックインするプロセスを実行すると、ドキュメント ライブラリ内の同じ名前を持つ 2 つのファイルを保存可能性があります。
  • Knowledge Base (KB) 資料 2598321 に記載されている、SharePoint Foundation 累積的な更新プログラムを適用すると、新しいリスト アイテムのアクセス許可が失われます。さらに、対象となるリスト アイテムにアクセスしようとすると、HTTP 500 エラー メッセージが表示されます。
  • ソリューション ギャラリーには、ソリューション ID が指定されていない、ソリューションが含まれていると、サイトをサイト テンプレートとして保存できません。
  • メールが有効なドキュメント ライブラリに添付ファイルを含む電子メール メッセージを送信することを前提としています。電子メール メッセージには電子メール ヘッダーに 255 を超える文字が含まれます。ドキュメントを Office クライアントを編集すると、ドキュメント ライブラリにドキュメントを保存できません。
  • ドキュメントをドキュメント ライブラリから別のドキュメント ライブラリをサイトのコンテンツと構造] ページで、移動および移行先のライブラリのメタデータ列が管理されていると仮定します。ドキュメントのプロパティを編集すると、「0」が表示される列が予期せずに表示されます。
  • 計算済みの列名と集計列の数式を変更した後は、発行コンテンツ タイプでは正常に動作しません。コンテンツ タイプのサブスクライバーのタイマー ジョブが実行されている場合は、この問題を発生します。
  • 分散要求を送信する HTTP 別の SharePoint フロント エンド (WFE) サーバーをそのネットワークを読み込むたびに、XSLT のリスト ビュー web パーツが突然 .xsl ファイルをコンパイルします。この問題は、ソリューションで同時に複数の WFE サーバー上に展開されていません場合に発生します。
  • インターネット エクスプ ローラー 8 または Internet Explorer 9 を SharePoint サイトにアクセスするために使用して、既定の言語以外の言語には、ユーザー インターフェイスの言語を設定することを想定しています。SharePoint サイトのサブサイトを移動すると、サブサイトでの既定の言語が正しく表示されないです。
  • 2 つのドキュメント ライブラリは同じサイト内の列に別の SharePoint サイトが含まれていることを前提としています。最初のサイトの列の値を変更すると、2 つ目のサイトの最初のサイトのサブサイトはありませんが、サイト列の値の 2 番目のサイトのドキュメント ライブラリにも、変更されます。
  • 次のシナリオを検討してください:
    • コンテンツ クエリ web パーツをホーム ページにした独自のチームのサブサイトを作成します。
    • チームのサブサイトをサイト テンプレートとして保存します。
    • サブサイトを作成するのにには、サイト テンプレートを使用します。
    • サブサイトは、他の SharePoint ファームを展開するのにには、コンテンツ展開機能を使用します。
    • 展開先のファームでサイトを参照してください。
    このシナリオでは、次のエラー メッセージが表示されます。
    この ID は、Web パーツはこのページに既に追加されています。
  • 多くのサイト コレクションを移行する場合は、パフォーマンスが低下を発生します。この問題が発生するため、 SPWebApplication.MigrateUser メソッドでは、特定のデータ項目はキャッシュされません。
  • サイトが使用不可能なサイト削除のタイマー ジョブが削除される場合は、サイトが完全に削除されます。代わりに、サイト、サイト コレクションのごみ箱に送信する必要があります。
  • 匿名アクセスが有効になっている SharePoint サイト上で匿名ユーザーとして、ホーム ページを参照すると、次のエラー メッセージは、ユニファイド ログ サービス (ULS) ログに記録されます。
    'Proc_SecGetUserAccountDirectoryPath' のオブジェクトで EXECUTE アクセス許可が拒否されました
  • ツリー ノードのカスタム クレーム プロバイダー経由の reclick と、 ユーザーとグループを選択します。 予期せず、ユーザー入力を現在のツリー ノードの下にあるだけでなくダイアログ ボックスに、ユーザー選択ウィンドウ コントロールを現在のツリー ノードの子ノードに属しているユーザーのエントリが表示されます。
  • サイト コレクションのクォータ機能を使用して、ドキュメント ライブラリが存在するサイト コレクションが構成されていない場合は、ドキュメント ライブラリ受信電子メール メッセージを受信できません。
  • カスタム web パーツを web パーツ ページに追加することを前提としています。カスタム web パーツ アセンブリの名前を変更すると、web パーツ ページ、web パーツが表示されないし、エラーが発生します。

解決方法

修正プログラムの情報

サポートされている修正プログラムをマイクロソフトから入手することができます。ただし、この修正プログラムはこの資料に記載されている問題のみを修正するものです。この修正プログラムはこの資料に記載されている問題が発生しているシステムにのみ適用されます。この修正プログラムは、今後さらにテストがあります。したがって、この問題のために深刻な影響を受けていない場合は、この修正プログラムを含む次のソフトウェア更新プログラムのリリースを待つことをお勧めします。

修正プログラムがダウンロード可能な場合は、この記事の上部に「修正プログラムのダウンロード」セクションが表示されます。このセクションが表示されない場合は、マイクロソフト カスタマー サービス & サポートへお問い合わせいただき、修正プログラムを入手してください。

その他の問題が発生した場合、またはトラブルシューティングが必要な場合は、別のサービス リクエストを作成する必要があります。追加の質問およびこの特定の修正プログラムの対象とならない問題については、通常のサポート料金が適用されます。一覧マイクロソフト カスタマー サービス &amp; サポートの電話番号のまたは別のサービス リクエストを作成するには、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。
http://support.microsoft.com/contactus/?ws=support
「修正プログラムのダウンロード」フォームには、利用可能な言語の修正プログラムが表示されます。お使いの言語の修正プログラムが存在しない場合、表示されません。

前提条件

この修正プログラムをインストールするには、SharePoint Foundation 2010 または SharePoint Foundation 2010 をインストールしましたが必要です。

再起動の必要性

可能性があります。この修正プログラムを適用した後コンピューターを再起動するありませんが。

修正プログラムの置き換えに関する情報

この修正プログラムを以前にリリースされたに置き換えることはありません。修正プログラムです。

レジストリ情報

この修正プログラムを使用するにはこのパッケージを変更する必要はありません、レジストリ。

ファイル情報

この修正プログラムは、製品を最新のビルドに更新に必要なすべてのファイルが含まれているとはしません。この修正プログラムには、この資料に記載されている問題を解決するために必要のファイルのみが含まれています。

、この修正プログラム パッケージのグローバル バージョンが Microsoft Windows インストーラーを使用してください。この修正プログラム パッケージをインストールするパッケージです。日付および時刻これらのファイルは、世界協定時刻 (UTC)、次の表に示します。場合、ファイル情報の表示、日付はローカル時刻に変換されます。検索するにはUTC および現地時間、使用の違いを タイム ゾーン タブ日付と時刻項目コントロール パネルのします。


情報をダウンロードします。

元に戻す全体を表示する
ファイル名のプロパティを確認します。ファイルのサイズ日付時間
Sharepointfoundation2010 kb2598348 フルファイル x の 64 glb.exe14.0.6123.500235,262,90426-6 月-128: 22

Microsoft Windows インストーラー .msp ファイル情報

元に戻す全体を表示する
ファイル名のプロパティを確認します。ファイルのサイズ日付時間
Wss の x-none.msp該当なし36,203,00826-6 月-1212: 17

この修正プログラムをインストールした後、この修正プログラムのグローバル バージョンが、ファイル属性、または次の表に記載されているファイル属性のそれ以降のバージョンがあります。

Wss の x-none.msp について

元に戻す全体を表示する
ファイル名のプロパティを確認します。ファイルのサイズ日付時間
Addgallery.officeonlineprovider.dll14.0.6015.100055,16829 年 8 月 11 日13: 53
Csisrv.dll14.0.6123.50003,370,1528-6 月-1212: 59
Dwdcw20.dll14.0.6116.5000637,72817-1 月-1219: 47
Microsoft.businessdata.dll14.0.6009.1000116,6321 年 9 月 11 日17: 17
Microsoft.sharepoint.addgallery.server.dll14.0.6108.5000124,80029 年 8 月 11 日13: 53
Microsoft.sharepoint.administrationoperation.dll14.0.6122.5000834,22416 月です。19: 37
Microsoft.sharepoint.applicationpages.administration.dll14.0.6108.5000608,12829 年 8 月 11 日13: 52
Microsoft.sharepoint.applicationpages.dll14.0.6122.50001,063,58416 月です。19: 37
Microsoft.sharepoint.client.dll14.0.6108.5000288,62429 年 8 月 11 日13: 53
Microsoft.sharepoint.client.dll14.0.6108.5000288,62429 年 8 月 11 日13: 53
Microsoft.sharepoint.client.serverruntime.dll14.0.6108.5000186,27229 年 8 月 11 日13: 53
Microsoft.sharepoint.client.silverlight.dll14.0.6108.5000272,26429 年 8 月 11 日13: 53
Microsoft.sharepoint.client.silverlight.runtime.dll14.0.6009.1000145,30429 年 8 月 11 日13: 53
Microsoft.sharepoint.dll14.0.6123.500016,833,1208-6 月-1211: 08
Microsoft.sharepoint.dll14.0.6123.500016,833,1208-6 月-1211: 08
Microsoft.sharepoint.dll14.900.6123.50001,796,7288-6 月-1211: 08
Microsoft.sharepoint.dsp.dll14.0.6105.500059,26429 年 8 月 11 日13: 53
Microsoft.sharepoint.dsp.oledb.dll14.0.6108.5000124,80029 年 8 月 11 日13: 53
Microsoft.sharepoint.dsp.soappt.dll14.0.6108.500087,93629 年 8 月 11 日13: 53
Microsoft.sharepoint.dsp.sts.dll14.0.6108.5000104,32029 年 8 月 11 日13: 53
Microsoft.sharepoint.dsp.xmlurl.dll14.0.6108.500087,93629 年 8 月 11 日13: 53
Microsoft.sharepoint.health.dll14.0.6017.100096,17629 年 8 月 11 日13: 53
Microsoft.sharepoint.identitymodel.dll14.0.6120.5000109,17625-4 月-121: 48
Microsoft.sharepoint.intl.dll14.0.6114.50001,010,48828 年 11 月 11 日8: 33
Microsoft.sharepoint.library.dll14.0.6114.5000166,71228 年 11 月 11 日8: 33
Microsoft.sharepoint.linq.dataservice.dll14.0.6023.100051,10429 年 8 月 11 日13: 53
Microsoft.sharepoint.linq.dll14.0.6101.5000374,64029 年 8 月 11 日13: 53
Microsoft.sharepoint.powershell.dll14.0.6123.5002649,84825-6 月-1218: 36
Microsoft.sharepoint.powershell.intl.dll14.0.6108.500067,45629 年 8 月 11 日13: 53
Microsoft.sharepoint.sandbox.dll14.0.6009.1000122,24829 年 8 月 11 日13: 54
Microsoft.sharepoint.search.dll14.0.6123.50004,854,4086-6 月-125: 05
Microsoft.sharepoint.search.intl.dll14.0.6009.1000378,78429 年 8 月 11 日13: 40
Microsoft.sharepoint.usercode.dll14.0.6009.100034,68829 年 8 月 11 日13: 53
Microsoft.sharepoint.workflowactions.dll14.0.6122.5000318,08016 月です。19: 37
Microsoft.sharepoint.workflows.dll14.0.6108.500071,55229 年 8 月 11 日13: 55
Microsoft.web.commandui.dll14.0.6016.1000137,06429 年 8 月 11 日14: 05
Microsoft.web.commandui.dll14.0.6016.1000137,06429 年 8 月 11 日14: 05
Microsoft.web.design.server.dll14.0.6108.5000382,8641 年 9 月 11 日17: 17
Mssdmn.exe14.0.6119.5000790,85625-4 月-121: 45
Mssearch.exe14.0.6116.5000524,61617-1 月-1219: 26
Mssph.dll14.0.6116.50001,674,05617-1 月-1219: 26
Mssrch.dll14.0.6122.50004,988,04015-月月 12 日14: 25
Offparser.dll14.0.6123.50002,923,6728-6 月-1211: 07
Oisimg.dll14.0.6123.5000195,7048-6 月-1211: 07
Oleparser.dll14.0.6123.500033,4408-6 月-1211: 07
Onetnative.dll14.0.6123.5000584,8328-6 月-1212: 17
Onetutil.dll14.0.6123.50002,987,1288-6 月-1212: 17
Onfda.dll14.0.6123.50002,785,4088-6 月-1212: 58
Owssvr.dll14.0.6123.50006,627,4488-6 月-1211: 07
Owstimer.exe14.0.6123.500074,8568-6 月-1211: 07
Policy.12.0.microsoft.sharepoint.search.dll14.0.6107.500011,16829 年 8 月 11 日13: 39
Psconfig.exe14.0.6009.1000567,19229 年 8 月 11 日13: 53
Psconfigui.exe14.0.6009.1000825,24029 年 8 月 11 日13: 53
Query.dll14.0.6108.5000371,05629 年 8 月 11 日13: 42
Setup.exe14.0.6118.50001,378,10425-4 月-121: 56
Spmetal.exe14.0.6107.5000149,43229 年 8 月 11 日13: 53
Spuchostservice.exe14.0.6105.5000108,49629 年 8 月 11 日13: 53
Spucworkerprocess.exe14.0.6015.100047,05629 年 8 月 11 日13: 53
Spucworkerprocessproxy.exe14.0.6009.1000124,89629 年 8 月 11 日13: 53
Spwriter.exe14.0.6123.500042,6168-6 月-1211: 07
Stsadm.exe14.0.6119.5000346,98425-4 月-121: 49
Stssoap.dll14.0.6122.5000473,72016 月です。19: 37
Stswel.dll14.0.6123.50003,260,0248-6 月-1211: 07
Tquery.dll14.0.6123.50005,646,9846-6 月-124: 51
Wssadmin.exe14.0.6122.500016,55216 月です。19: 37
Wsssetup.dll14.0.6120.50007,595,61625-4 月-121: 56
Wsstracing.exe14.0.6123.5000108,6648-6 月-1211: 07

関連情報

詳細についてはソフトウェアの更新の用語でクリックして、次の資料番号を表示するには、資料は、マイクロソフト サポート技術。
824684 マイクロソフトのソフトウェア更新プログラムの説明に使用される一般的な用語の説明

プロパティ

文書番号: 2598348 - 最終更新日: 2012年7月3日 - リビジョン: 1.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft SharePoint Foundation 2010
キーワード:?
kbqfe kbsurveynew kbexpertiseinter kbhotfixserver kbhotfixrollup kbautohotfix kbmt KB2598348 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:2598348
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com