ドメインを使用しているユーザーが、Forefront Online Protection for Exchangeから電子メール メッセージを受信できない

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 2598485 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

現象

ドメインを使用しているユーザーが、Microsoft Forefront Online Protection for Exchange (FOPE) から電子メール メッセージを受信できません。?

原因

この問題は、以下の 1 つ以上の条件が適合する場合に生じます。
  • MX レコードが FOPE サービスに向けられていない場合
  • FOPE 管理センターの構成がドメインに対して有効ではない場合
  • ファイアウォール構成が正しくない場合
  • 他の問題が生じている場合

解決方法

MX レコードが FOPE サービスに向けられていない場合は、以下の手順に従います。
  1. FOPE レコードを一番低い優先度に設定します。
  2. パブリック MX レコードを確認します。

    注: パブリック DNS レコードは、変更内容が反映されるまで 72 時間ほどかかる場合があります。MX レコードを移動し、その MX レコードを FOPE サービスに向ける場合は、ファイアウォール接続を最大 72 時間、開いておくことを推奨します。電子メール メッセージの外部の送信元を確認するには、DNS 参照を使用します (例: NSLookup ツールを使用して、この情報を確認する)。NSLookup ツールを使用して MX レコードの構成を確認する詳細情報については、以下の Microsoft TechNet Web サイトを参照してください。
    ?http://technet.microsoft.com/ja-jhp/library/aa998082(EXCHG.65).aspx
DNS 参照ツールを使用して MX レコードを確認する際にエラーが生じる場合、いくつかの DNS 問題が考えられます。この場合、ドメイン名のスペルに誤りがないことを確認し、テストを再度やり直してください。引き続き、DNS 参照ツールでエラーが生じる場合は、DNS プロバイダーに問い合わせてトラブルシューティングをします。

FOPE 管理センターの構成がドメインに対して有効でない場合、以下の手順を実行します。
  1. FOPE 管理センターにサインインします。これを行うには、確認するドメインの管理者権限が必要です。
  2. [管理]、[ドメイン] を順にクリックし、電子メール メッセージを受信できないドメインを選択します。
  3. ドメインが有効であることを確認します。ドメインが無効な場合は、[有効] で、[いいえ] と表示されます。
  4. [メールサーバーアドレス] 欄に表示の IP アドレスが正しいことを確認します。
  5. IP アドレスおよびその MX 優先順位を確認します。
  6. ドメインが仮想ドメインとして表示されていないことを確認します。

    : 仮想ドメイン宛ての電子メール メッセージは転送できません。仮想ドメインは、マイクロソフトのシステム内でのみで使用できます。このような仮想ドメインは、インテリジェント ルーティングの目的に使用されます。
ファイアウォールに誤構成がある場合、すべてのデータセンター IP アドレスが、ファイアウォールを通過できるよう設定を確認します。通過できない場合は、マイクロソフト データセンターは、お客様のメール サーバーに電子メール メッセージを配信できません。最新の IP アドレスを参照するには、FOPE 管理センター内の ?[情報] タブの [構成情報] セクションを参照してください。

Cisco ファイアウォールの先行バージョンを使用しているお客様は、以下についても確認してください。

Email messages are deferred in Forefront Online Protection for Exchange (FOPE) when they are sent to a mail server that is deployed behind a Cisco PIX firewall.

この問題を解決するうえで、検討できるその他の手順は以下のとおりです。
  1. 送信者に、メッセージが送り返されているかどうかを確認します。送り返されたメッセージを受信している場合は、メッセージ内のエラーを参照し、問題を解決します。
  2. ファイアウォールおよびメール サーバーを再開します。
  3. ISP が ポート 25 のトラフィックをブロックしないことを確認します。
  4. Backscatterer.org サービスを使用している場合は、以下の Microsoft Knowledge Base 資料を参照してください。

    2590562 「Backscatterer.org サービスを使用する環境の受信者へ電子メールを送信すると、FOPE 環境におけるユーザーが NDR を受信する」
注: メール サーバーおよびファイアウォールのログが有効であることを確認してください。この情報は、トラブルシューティング処理に重要です。

本資料で言及するサード パーティ製品は、Microsoft 以外の会社が製造した他社製品です。Microsoft は、この製品のパフォーマンスやその信頼性について明示的または暗示的にかかわらず、いかなる保証もいたしません。

プロパティ

文書番号: 2598485 - 最終更新日: 2013年9月25日 - リビジョン: 3.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Forefront Online Protection for Exchange
キーワード:?
KB2598485
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com