[XWEB] WebDAV を使用してフルテキスト検索を実行する方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 259849 - 対象製品
この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP259849
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

Microsoft Exchange 2000 Server 上で検索のパフォーマンスを改善するために、メールボックス ストアまたはパブリック フォルダ ストアにフルテキスト検索を適用することができます。この資料では、パブリック フォルダ ストア上でフルテキスト インデックスを作成し、Web Distributed Authoring Version (WebDAV) を使用して、SQL クエリの WHERE 句で CONTAINS または FREETEXT を用いたフルテキスト検索を行う方法について、説明します。

詳細

フルテキスト インデックスの作成手順

  1. Exchange システム マネージャで、パブリック フォルダ ストア を探します。
  2. [パブリック フォルダ ストア] を右クリックし、[フルテキスト インデックスの作成] をポイントして、デフォルトのカタログの場所を承諾して、[OK] をクリックします。
  3. [パブリック フォルダ ストア] を再度右クリックし、[全カタログの作成を開始] をクリックして、[はい] をクリックして続行します。
  4. パブリック ストアの [フルテキスト インデックス] サブコンテナを見て、インデックス ビルドの状態を監視して、インデックス ビルドが終了するまで待ちます。
フルテキスト検索が適用されているストアでは、次のプロパティにインデックス付けされます。

元に戻す全体を表示する
PR_SUBJECT, PR_SUBJECT_W urn:schemas:httpmail:subject
PR_BODY, PR_BODY_W urn:schemas:httpmail:textdescription
PR_SENDER_NAME, PR_SENDER_NAME_W urn:schemas:httpmail:sendername
PR_SENT_REPRESENTING_NAME, PR_SENT_REPRESENTING_NAME_W urn:schemas:httpmail:fromname
PR_DISPLAY_TO, PR_DISPLAY_TO_W urn:schemas:httpmail:displayto
PR_DISPLAY_CC, PR_DISPLAY_CC_W urn:schemas:httpmail:displaycc
PR_DISPLAY_BCC, PR_DISPLAY_BCC_W urn:schemas:httpmail:displaybcc
PR_SENDER_EMAIL_ADDRESS, PR_SENDER_EMAIL_ADDRESS_W 該当なし


サンプル コードのテスト手順

  1. [パブリック フォルダ] コンテナの下に、"MyPub" という名前のパブリック フォルダを作成します。これが検索対象のフォルダとなります。
  2. "preliminary" という単語を含むもの、含まないものを織り交ぜて、いくつかのメッセージを MyPub フォルダに投稿します。
  3. [パブリック フォルダ] コンテナの下に、"AspApps" という名前の別のパブリック フォルダを作成します。次のコードをメモ帳に貼り付けて、使用するサーバー名を反映させてコードを修正し、AspApps フォルダに FullTextIndexing.asp として保存します。
    <%@ LANGUAGE=VBScript %>
    <HTML>
    <HEAD>
    <META NAME="GENERATOR" Content="Microsoft Visual Studio 6.0">
    <TITLE>Simple SEARCH</TITLE>
    </HEAD>
    <BODY> 
    <%
    
       Response.Write("----begin----" + "<br>")
       set doc = createobject("microsoft.xmldom")
       set docback = createobject("microsoft.xmldom")
       dim strURL
       strURL = "http://servername/public/MyPub/"
       set pi = doc.createProcessingInstruction("xml","version=""1.0""")
       doc.appendChild pi
    
       set node = doc.createNode(1,"searchrequest","DAV:")
       set doc.documentElement = node
    
       set node2 = doc.createNode(1,"sql","DAV:")
       node.appendChild node2
       set query = doc.createTextNode("select ""DAV:displayname"" from """ & strURL & """ WHERE CONTAINS('""preliminary""')")
       
       node2.appendChild query
    
       set req = createobject("microsoft.xmlhttp")
       req.open "SEARCH", strURL, false, "MangoDomain\User1", "user1"
       req.setrequestheader "Translate", "f"
       req.setrequestheader "Content-Type", "text/xml"
       req.setrequestheader "Depth", "0"
       req.send doc
    
       set docback = req.responseXML
    
       Dim objNodeList
    
       '通常、DAV ネームスペースには "a" というプリフィックスが付きます。
       '検索で、複数のプロパティを指定する場合は、
       '返された XML をあらかじめ調べて、使用するコードのプリフィックスを
       '決定してください。
    
       Set objNodeList = docback.getElementsByTagName("a:displayname")
       For i = 0 To (objNodeList.length -1)
         Set objNode = objNodeList.nextNode
         Response.Write(objNode.Text & "<hr>")
       Next
    
       Response.Write("----end----" + "<br>")
    
    	%>
    </BODY>
    </HTML>
    

  4. 次の URL フォーマットを使用して、この .asp を Internet Explorer から実行します。
    http://サーバー名/public/aspapps/FullTextIndexing.asp
  5. 検索条件を満たすメッセージの全表示名のリストが返されます。

詳細

この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 259849 (最終更新日 2000-10-21) をもとに作成したものです。

プロパティ

文書番号: 259849 - 最終更新日: 2014年2月4日 - リビジョン: 1.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Exchange 2000 Server Standard Edition
キーワード:?
kbnosurvey kbarchive kbhowto kbxml KB259849
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com