文書番号: 2600217 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

.NET Framework 4 にいくつかの安定性、信頼性、およびパフォーマンスの問題を解決するのには、Microsoft.NET Framework 4 の 2 の信頼性更新しました。

この更新プログラムに記載されている更新プログラム パッケージが含まれています、"更新プログラムの置き換えに関する情報"セクション。

この更新プログラム パッケージは、以前にリリースされたマイクロソフト サポート技術情報 (KB) 資料に記載されていないいくつかの問題も解決されます。これらの問題の詳細についてを参照してください、"この更新プログラムで解決される問題"セクション。

解決方法

更新プログラムの情報

次のファイルは、Microsoft ダウンロード センターからダウンロードできます。

元に戻す画像を拡大する
ダウンロード
Microsoft.NET Framework 4 のパッケージの信頼性、更新 2 を今すぐダウンロードします。

マイクロソフトのサポート ファイルをダウンロードする方法の詳細については、次のマイクロソフト サポート技術資料を参照する次の文書番号をクリックしてください。
119591 オンライン サービスからマイクロソフトのサポート ファイルを入手する方法
マイクロソフトはこのファイルのウイルスをスキャンします。マイクロソフトは、ファイルが転記された日付に使用可能な最新のウイルス検出ソフトウェアを使用します。ファイルは、ファイルに不正な変更を防止するセキュリティが強化されたサーバーに格納されます。

前提条件

この更新プログラムを適用するには、.NET Framework 4 またはインストールされている Microsoft.NET Framework 4 のクライアント プロファイルが必要です。

この更新プログラムをインストールするには Windows インストーラー 3.1 またはそれ以降のバージョンがインストールされてが必要です。Windows インストーラーの最新バージョンを入手するには、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。

この更新プログラムのコマンド ライン スイッチ


この更新プログラムでサポートされているさまざまなコマンド ライン スイッチの詳細については、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。
227091 Microsoft Windows インストーラー ツールのコマンド ライン スイッチ

Windows インストーラーの詳細については、次の MSDN web サイトを参照してください。
Windows インストーラーについての一般的な情報

再起動の必要性

この更新プログラムを適用した後、影響を受けるファイルがロックされたり使用されている場合は、コンピューターを再起動する必要があります。

更新プログラムの置き換えに関する情報

この更新プログラムには、以下の修正プログラムが置き換えられます。
2628838 .NET Framework 4.0 ベースのアプリケーションで、FileSystemWatcher クラスを使用するとメモリ リークを修正:
2600088 修正プログラムは、Microsoft.NET Framework 4.0 では、ASP.NET のブラウザー定義ファイルの使用

この更新プログラムで解決される問題

この更新プログラムは、次の問題を解決します。

詳細情報を表示または非表示にするにはここをクリック

問題 1

次のシナリオを検討してください。
  • Microsoft ASP.NET ベースの web ページにアクセスするには、Windows Internet Explorer 10 を使用します。
  • Web ページでは、ポストバック操作が開始されます。
このシナリオでは、ポストバックの処理に失敗したし、次のエラー メッセージが表示されます。
スクリプト エラーが発生しました」、「'_ _dopostback' は定義されていません


メモWeb ページはさまざまな方法で、ポストバックの処理を開始できます。たとえば、web ページでポストバックを実行するには、 LinkButtonコントロールを使用できます。

問題 2

次のシナリオを検討してください。
  • 作成する、ASP.NET ベースの web ページは、 MaintainScrollPositionOnPostBack属性をTrueに設定すること。
  • Mozilla Firefox の 4.0 またはそれ以降の Mozilla Firefox を使用するには、web ページを開くに。
  • Web ページでは、ポストバック操作が開始されます。
このシナリオでは、ポストバック操作が完了した後、web ページのスクロール位置は維持されません。

メモこの資料で説明するサードパーティ製品はマイクロソフトとは無関係の企業によって製品です。マイクロソフトは保証、黙示またはそれ以外の場合は、パフォーマンスや信頼性これらの製品のものとします。

問題 3

ワトソン博士のエラーはSystem.Web.Configurationクラスには、.NET Framework 4 ベースの ASP.NET web サイトで、 InitStandaloneConfig関数は 2 回 2 つの異なるスレッドで競合状態のため発生します。この問題が発生した場合は、web サイトがクラッシュします。さらに、ワトソン博士のエラーが発生した後、次のアクセス違反のエラー メッセージが表示されます。
System.AccessViolationException 例外コード

第 4 号

次のシナリオを検討してください。
  • ユーザーを IIS マネージャーの出力をキャッシュにあるファイル名拡張子を含む要求に対する応答をキャッシュするにインターネット インフォメーション サービス (IIS) のユーザー モード キャッシュ ポリシーを設定します。
  • 以前に構成された拡張子を持つリソースに対する要求は、IIS マネージャーの出力をキャッシュすることによって受信されます。
  • カスタム モジュールは、応答の cookie を設定します。次に、応答は、IIS マネージャーの出力をキャッシュすることによってキャッシュされます。
  • IIS マネージャーの出力をキャッシュするが別のユーザーから別の要求を受信したし、クッキーと元のキャッシュされた応答が、別のユーザーに送信します。
このシナリオで同じ cookie を応答に送信されます別のリクエスターが予期せず。

問題 5

現象

.NET Framework 4 ベースのアプリケーションで指定されたディレクトリ内の変更を監視するFileSystemWatcherクラスを使用すると、メモリ リークが発生します。

原因

この問題は、 FileSystemWatcherクラスのエラーのため発生します。FileSystemWatcherオブジェクトが作成されるときに、 FileSystemWatcherクラスは固定されたガベージ コレクター ハンドルを作成するには、 GCHandleクラスを使用します。ハンドルは、8 kb (キロバイト) ありbyte[]データ形式を使用します。ただし、 FileSystemWatcherオブジェクトは、ガベージ コレクター ハンドルを解放します。

問題 6

次のシナリオについて考えてみましょう:
  • インストールしてから、PowerPivot の Microsoft.NET Framework 3.5 Service Pack 1 (SP1) または Microsoft.NET Framework 2.0 Service Pack 2 (SP2) がインストールされているコンピューターの Excel アドイン アプリケーションを有効にします。
  • Microsoft Excel 2010 を開始しようとするとします。
このシナリオで、スプラッシュ スクリーンが断続的に開いたままに通常より長い時間 Excel 2010 で、次のメッセージを受信したとき。
読み込み中のアドイン (<x> </x><y></y>) Excel で PowerPivot


注:<x></x> ローディング シーケンス内の PowerPivot が表示されている Excel アドイン アプリケーション間を表すプレース ホルダーです。 <y> </y>Excel でアドイン アプリケーションの合計数を表すプレース ホルダーです。

問題 7

.NET Framework 4.0 アセンブリのサービスの競合状態があります。この動作により、4.0 を.NET Framework 共通言語ランタイム (CLR) が矛盾した状態を入力すると、マネージ コードを実行しているプロセスです。さらに、プロセスが予期せず停止ことがあります。この更新プログラムをインストールした後は CLR 統一推移的に終了リスト一覧にエントリが追加されます。これにより、すべての関連する競合状態を防ぎます。

ファイル情報

この修正プログラムの英語版のファイル属性 (またはそれ以降のファイル属性) を、次の表に一覧表示します。これらのファイルの日付と時刻は世界協定時刻 (UTC) で表示されます。ファイル情報を表示する際に、ローカル時刻に変換されます。UTC とローカル時刻との時差を確認するには、コントロールパネルの日付と時刻の項目で、[タイム ゾーン] タブを使用します。

詳細情報を表示または非表示にするのにはここをクリック

プロパティ

文書番号: 2600217 - 最終更新日: 2014年5月22日 - リビジョン: 11.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft .NET Framework 4.0
キーワード:?
kbqfe kbfix atdownload kbsurveynew kbexpertiseadvanced kbcip kbmt KB2600217 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:2600217
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com