Microsoft Dynamics CRM 2011 の更新プログラム ロールアップ 7 が利用可能

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 2600643 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

はじめに

更新プログラム ロールアップ 7 Microsoft Dynamics CRM 2011 には、利用可能なです。この資料は、修正プログラムおよびこの更新プログラムのロールアップに含まれる更新プログラムについて説明します。この更新プログラムのロールアップは、Microsoft Dynamics CRM 2011 でサポートされているすべての言語に対して利用可能です。

詳細

機能の追加

更新プログラム ロールアップ 7 Microsoft Dynamics CRM 2011 に読み取り最適化フォームという新しい機能を紹介します。この機能を使用して組織をすばやくロード最適化されたフォームを使用してレコードを表示するかどうかをユーザーが選択できます。読み取り最適化フォームは、主にデータ レコードを編集する代わりに使用するユーザーの生産性が向上します。意図しない編集フィールドの値からユーザーを防ぐこともできます。

読み取り最適化フォームの詳細については、次のリンクをクリックします。
http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=246078

詳細設計の考慮事項読み取り最適化フォームで、次の SDK のトピックを読むには、次のリンクをクリックしてください。
読み取り専用のフォームのデザインの考慮事項


この更新プログラムのロールアップのビルド番号とファイル名

次のコンポーネントの更新プログラム パッケージのビルド番号は 5.0.9690.2165 です。
  • Microsoft Dynamics CRM 2011 サーバー
  • Microsoft Office Outlook 用 Microsoft Dynamics CRM 2011
  • E-mail Router の Microsoft Dynamics CRM 2011
  • Microsoft Dynamics CRM 2011 のレポートの作成の拡張機能
  • Microsoft Dynamics CRM 2011 の言語パック
  • Microsoft Dynamics CRM 2011 のレポートの拡張機能
32 ビット バージョンの更新プログラムのロールアップ パッケージのファイル名は次のとおりです。
  • CRM2011-クライアント-LKB2600643-angID-i386.exe
  • CRM2011-ルーター-KB2600643 のLangID-i386.exe
  • CRM2011-入札・ KB2600643 のLangID-i386.exe
  • CRM2011-Mui-KB2600643 のLangID-i386.exe
64 ビット バージョンの更新プログラムのロールアップ パッケージのファイル名は次のとおりです。
  • CRM2011-サーバー-KB2600643 のLangID-amd64.exe
  • CRM2011-クライアント-KB2600643 のLangID-amd64.exe
  • CRM2011-Mui-KB2600643 のLangID-amd64.exe
  • CRM2011-ルーター-KB2600643 のLangID-amd64.exe
  • CRM2011 の Sr-KB2600643 のLangID-amd64.3exe

更新プログラムのロールアップの情報

更新プログラム ロールアップ 7 Microsoft Dynamics CRM 2011 には、2012 年 3 月 22 日にオンプレミスのお客様も利用できます。

オンラインのお客様インフラストラクチャの改善点は、CRM Online に対して行われます。このため、更新プログラムのロールアップがないサーバーに適用する、強化された機能が完了するまで。システム メンテナンス ウィンドウの [システム通知] ページから通知されますの組織は、新しいインフラストラクチャを更新するとします。その時点で最新の更新プログラムが適用されます。

次のファイルは、Microsoft ダウンロード センターからダウンロード可能です :
元に戻す画像を拡大する
ダウンロード
2600643 パッケージを今すぐダウンロードします。

リリース日: 2012 年 3 月 22 日

マイクロソフトのサポート ファイルをダウンロードする方法の詳細については、次の資料番号をクリックして、Microsoft Knowledge Base 内にある資料を参照してください。
119591 オンライン サービスからマイクロソフトのサポート ファイルを入手する方法
マイクロソフトでは、この配布ファイルのウイルス チェックを行いました。マイクロソフトは、アップロード時点の最新のウイルス検査プログラムを使用しました。配布ファイルはセキュリティで保護されたサーバー上に置かれており、権限のない第三者が無断でファイルを変更できないようになっています。

インストール情報

元に戻す画像を拡大する
assets folding start collapsed
重要な注意事項
Microsoft Dynamics CRM 2011 の更新プログラムのロールアップ 6 に、上位バージョンで作成されたデータベースは、Microsoft Dynamics CRM 2011 の更新プログラムのロールアップ 5 または以前のバージョンの配置にはインポートできません。このシナリオはサポートされていません。
Windows の更新プログラムのインストール
Microsoft Dynamics CRM 2011 の更新プログラムのロールアップ 7 を自動的にインストールする、Windows Update を使用します。更新プログラム ロールアップ 7 Microsoft Dynamics CRM 2011 には、2012 年 4 月 10 日 Windows Update 上の利用可能ななります。

自動的に推奨される更新プログラムのインストールに Windows を設定することもできます。この設定は重要でない問題に対処し、コンピューティング環境を向上させることがことができます。オプションの更新プログラムしないダウンロードが自動的にインストールします。

Microsoft が公開する更新の種類についての詳細は、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。
自動更新のオンまたはオフにするには

Windows のインストールまたは更新プログラムに関する通知を受け取る方法を変更します。
Windows Update を使用して、Microsoft Dynamics CRM 2011 の更新プログラムのロールアップ 7 をインストール、以下の手順を実行します。
  1. 開始] をクリックし、更新検索の開始ボックスに入力します。結果の一覧で、 Windows Updateをクリックします。
  2. ナビゲーション ウィンドウには、更新プログラムの確認] をクリックを Windows コンピューター用の最新の更新プログラムによってチェックされるを待ちます。
  3. 更新プログラムが利用可能なまたは重要な更新プログラムを確認するプロンプトが重要なことを示すメッセージが表示されたら、する場合を表示し、重要な更新プログラムをインストールするを選択できます。
  4. ボックスの一覧で [重要な更新の詳細についてをクリックします。更新プログラムをインストールするには、チェック ボックスをオンにし、[ OK] をクリックします。
  5. 更新プログラムのインストール] をクリックします。
  6. 読み取り (場合、更新プログラムにはこの操作が必要です) し、[完了] をクリックし、ライセンス条項に同意します。管理者のパスワードのプロンプトが表示されたら、パスワードを入力します。場合は、確認メッセージが表示されたら、確認を提供します。
手動インストール
Microsoft Dynamics CRM 2011 の更新プログラムのロールアップ 7 を手動でインストール、以下の手順を実行します。
  1. 次の Microsoft Update カタログ web サイトを参照してください。
    Microsoft 更新プログラム カタログ
  2. 検索ボックスで2600643を入力し、[検索] をクリックします。
  3. クリックして追加 更新プログラムをバスケットに追加します。
  4. [ダウンロード] をクリックします。
  5. 参照] をクリックして、更新をダウンロードするフォルダーを指定し、[ OK] をクリックします。
  6. [続行] をクリックし、同意 、マイクロソフト ソフトウェア ライセンス条項に同意します。
  7. 指定した場所に、更新プログラムがダウンロードされるときに、[閉じる] をクリックします。
Microsoft Update カタログの詳細については、次のマイクロソフト サポート技術資料を参照する次の文書番号をクリックしてください。
323166 ドライバーや、Windows Update カタログからの修正プログラムが含まれている更新プログラムをダウンロードする方法

追加のインストール情報

  • この更新プログラムのロールアップをインストールした後 CRM の既存のセッションを終了し、変更を組み込むための新しい CRM セッションを開始します。
  • 言語パックのプロビジョニングを解除すると、その言語を使用しているすべての Microsoft Dynamics CRM ユーザーの言語設定は、既定の言語に戻ります。再プロビジョニング プロセスでは、ユーザーの言語設定は更新されません。したがって、ユーザーは Microsoft Dynamics CRM 2011 にログオンするときに、[個人用オプション] セクションで、言語の設定をリセットする必要があります。

前提条件

この更新プログラムのロールアップを適用するのには、Microsoft Dynamics CRM 2011 の更新プログラムのロールアップ 6 をインストール (ビルド 5.0.9690.1992) にする必要があります。

Microsoft Dynamics CRM 2011 の更新プログラムのロールアップ 6 (ビルド 5.0.9690.1992) の詳細については、次のマイクロソフト サポート技術資料を参照する次の文書番号をクリックしてください。
2600640 Microsoft Dynamics CRM 2011 用の更新プログラムのロールアップ 6 が利用可能です。

再起動の必要性

ダイアログ ボックスが表示されたら、更新プログラムのロールアップを適用した後、コンピューターを再起動します。

削除情報

更新プログラムのロールアップ 7 Microsoft Dynamics CRM サーバーからアンインストールできます。ただし、更新プログラムのロールアップ 7 をアンインストールする前に、データベースをバックアップする必要があります。詳細については、以下の Microsoft Developer Network (MSDN) web サイトを参照してください。
元に戻す画像を拡大する
assets folding end collapsed

Dynamics CRM 第 4 四半期のサービスの更新

元に戻す画像を拡大する
assets folding start collapsed
更新プログラムのロールアップ 7 には、Microsoft Dynamics CRM 2011 の更新プログラムのロールアップ 5 でリリースされた Dynamics CRM 第 4 四半期のサービス更新プログラムの機能も含まれます。Dynamics CRM 第 4 四半期のサービス更新プログラムの機能の詳細については、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。
Microsoft Dynamics CRM: 今後のロードマップ

元に戻す画像を拡大する
assets folding end collapsed

Microsoft Dynamics CRM 2011 の更新プログラムのロールアップ 7 で解決される問題

元に戻す画像を拡大する
assets folding start collapsed

更新プログラムのロールアップ 7 には、次の修正プログラムと更新プログラムが含まれています。
  • ブックマークやリンクから直接レコードを開くときに、異常なパディングが表示されます。また、ページから参照するときは、スクリプトのエラー メッセージ、エラー レポートをマイクロソフトに送信するかを表示します。
  • フォームを Microsoft Dynamics CRM 2011 では、テキスト フィールドには、円記号 (\) を入力できません。この問題は、システムは標準的なドイツ語のキーボードを使用するように設定されている場合に発生します。
  • 関連ビューのレコードを開くときに、候補リストは Internet Explorer 9 で非アクティブになります。
  • Microsoft Dynamics CRM 2011 にアップグレードした後には、関連付けられている契約がある場合は解決できません。
  • 次のシナリオについて考えてみましょう:
    • レコードを開き [接続] をクリックします。
    • 接続] ダイアログ ボックスで、フィールドに情報を入力するで保存して新規作成をクリックします。
    このシナリオでは、新しい接続] ダイアログ ボックスで接続の元のレコードを保存しません。
  • 一部の Microsoft Dynamics CRM のフォームで、キーボードの右側の Alt キー (AltGr) が必要な特殊文字を入力できません。
  • レコードを開くし、ノートのテキストをクリックすると、テキスト領域の幅は既定のサイズを縮小します。ノートを作成して、レコードの書き込みのアクセス許可があるない場合、この問題が発生します。
  • Microsoft Dynamics CRM 2011 では、フォームの読み取り専用フィールドを右クリックすると、次のエラー メッセージが表示されます。
    Microsoft Dynamics CRM では、エラーが発生しました。
  • 次のシナリオについて考えてみましょう:
    • Https プロトコルを使用して Microsoft Dynamics CRM 2011 を開きをポート番号を指定しません。
    • 既存のアカウントを開くまたは新しいアカウントを作成、アカウント番号フィールドに値を入力して、[保存] をクリックします。
    • もう一度、同じフォームを更新、し、[保存] をクリックします
    このシナリオでは、次のエラー メッセージが表示されます。
    アクセスが拒否されました。
  • 取引先企業または取引先担当者を結合すると Microsoft Dynamics CRM 2011 では、マスター レコードを指すように接続の関連するレコードは更新されません。
  • 50,000 人を超えるメンバーをマーケティング リストに追加しようとすると、次のエラー メッセージが表示されます。
    エラーが発生しました。この操作をもう一度実行してください。問題が引き続き発生する場合のソリューションは、Microsoft Dynamics CRM のコミュニティを確認または、組織の Microsoft Dynamics CRM の管理者に問い合わせてください。最後に、マイクロソフトの Support.AggregateQueryRecordLimit を超えるお問い合わせください。この操作を実行することはできません。
    .
  • 新しいソリューションを作成すると、マネージド ソリューションとしてエクスポートし、XML が無効です。サブグリッド コントロールには、既存のサブグリッドの既存のフォームの名前を変更するときに、この問題が発生します。この状況では、インポート ウィザードでは、XML を検証されませんし、次のエラー メッセージが表示されたら。
    インポート ファイルが無効です。XSD 検証に失敗しました。
    さらに、技術的な詳細を表示するときに、次のエラー メッセージが表示されます。
    'コントロール' の要素型のコンテンツ モデルが"all"の場合は 2 回以上使用できません。
  • 次のシナリオについて考えてみましょう:
    • ファイルをクリックして新しいアクティビティ] をクリックして [予定] をクリックします。
    • 件名を追加します。
    • 日付を入力する、予定活動 フィールドには 2 週間で、今後として保存] をクリックします。
    • 定期的なアイテム] をクリックするとします。
    このシナリオでは、日付、開始範囲 フィールドには 2 週間、今後の予定日ではなく、現在の日付が表示されます。
  • 次のシナリオについて考えてみましょう:
    • Microsoft Dynamics CRM 2011 では、新しいアカウントを作成します。
    • Web サイト 、引用符を含む URL を入力するフィールド。
    • アカウントには、グリッド ビューを作成し、 web サイトの列を追加します。
    • グリッドを表示します。
    このシナリオでは、スクリプトが正しく実行され、エラー メッセージを表示します。
  • 一括削除ジョブを構成すると、リンクを送信する顧客を一括削除ジョブの状態を確認するには、電子メール メッセージを使用して、電子メール メッセージ内の URL が正しくありません。
  • 価格表を Excel ワークシートからインポートするときに、価格は 100 倍されます。この問題は Excel スプレッドシート、(米国) 以外の地域の設定がサーバー上にあるときに発生します。
  • Microsoft Dynamics CRM 組織には、Microsoft SQL Server の別の SKU を更新すると、監査パーティションは作成されません。
  • ビューで Microsoft Dynamics CRM 2011 トルコの活動エンティティに関連するインシデントに列を追加しようとするインストール、次のエラー メッセージが表示されます。
    Microsoft Dynamics CRM のエンティティの種類が存在しません。
  • 英語以外の言語で Microsoft Dynamics CRM 2011 で、アカウントの概要レポートを実行しようとすると、次のエラー メッセージが表示されます。
    サブレポートを表示できませんでした。
  • 次のシナリオについて考えてみましょう:
    • 販売員のセキュリティ ロールのコピーを作成する設定して、ユーザーの読み取りアクセス許可ビジネス ・ ユニット (BU) レベルにビジネスの管理] タブで、コピーします。
    • 主の BU は BU のユーザーを作成して、新しい役割を作成したユーザーに割り当てます。
    • Outlook 用 Microsoft Dynamics CRM クライアントのユーザーを構成します。
    • Office Outlook では、ユーザーオプション、し、クリックしてメール
    • ユーザーは、Microsoft Dynamics CRM のセクションで作成する] チェック ボックスをオンし、連絡先レコードを自動的に作成する設定オプションを選択します。
    • 電子メール メッセージは、非 Microsoft Dynamics CRM ユーザーから、ユーザーに送信されます。
    • ユーザーの受信トレイから電子メール メッセージを追跡します。
    このシナリオでは、次のエラー メッセージが表示されます。
    Outlook へのデータの同期中に不明なエラーが発生しました。
  • ダッシュ ボード ソリューションの一部としてインポートすると、ソリューションに含まれる言語は基本言語のラベル、ラベルは、ソリューションのインポート時に作成されません。
  • トレース ログのエラー イベントが多すぎますが、Microsoft Dynamics CRM のでは、トレース ログに記録されます。
  • Microsoft Dynamics CRM 2011 で、システムや統合のユーザーとして、2007年のメタデータ サービスを使用してメタデータを取得する要求を実行できません。
  • され、userquery エンティティの関数を作成するメッセージには、プラグインを登録できません。
  • 関連するレコードを取得する OrganizationServiceContext オブジェクトには、Microsoft Dynamics CRM のプラグインで、LINQ を使用することを想定しています。レコードを更新するときに、次のエラー メッセージが表示されます。
    種類: System.InvalidOperationException
    メッセージ: エンティティは読み取り専用と、'Id' プロパティは変更できません。代わりに、エンティティを更新するには、コンテキストを使用します。
  • 高度な検索クエリの結果から簡易キャンペーンを作成しようとすることを想定しています。クイック キャンペーン ウィザードを完了すると、次のエラー メッセージが表示されます。
    無効な引数エラー。
  • サービス活動は、Outlook 用 Microsoft Dynamics CRM クライアントに継続的に同期します。
  • .Msg 形式で保存されているメッセージを開くしようとして、メッセージは、ファイルのプロパティは読み取り専用に設定されて、次のエラー メッセージが表示されます。
    Microsoft CRM の問題が発生したため終了する必要があります.申し訳、不便です。
    この問題は、Microsoft Office Outlook 2003年および Microsoft Office Outlook 2010年で発生します。
  • グリッド ビューと Outlook 用 Microsoft Dynamics CRM クライアントで、閲覧ウィンドウを使用して、Microsoft Dynamics CRM 2011 では、個人用オプションの設定で指定されている表示形式を使用して、データは表示されません。
  • インポートまたはいくつかの通貨または 10 進数のフィールド値を Excel スプレッドシートの XML ファイルを再インポートするときに形式の例外を除いて、レコードのインポートが失敗します。
  • プロセスを使用して、「テンプレートのデータのインポート」Excel または XML ファイル データをインポートするとき空白は削除されません。
  • アクティビティを作成しない] オプションを有効にした場合は、差し込み印刷中に、電子メール メッセージに添付ファイルはアタッチされません。
  • 重複の検出処理をキャンセルする場合は、PreValidation のプラグインが変更をマージできません。
  • ユーザーに定期的な予定のレコードを再割り当てするときに、マスターのレコードのみが割り当てられます。定期的なレコードは、ユーザーには割り当てられません。
  • RenderGridView.aspx ページをキャッシュしない 1 日の正しく。ただし、キャッシュ時間が長いことがあります。
  • トランスポート レベルのエラーは、非同期プロセスの再処理を追加する必要があります。
  • Microsoft Dynamics CRM 2011 では、エンティティのレコードを作成するときに、次のエラー メッセージが表示されます。
    CrmException: [重複するキーを挿入できません。
  • Microsoft Dynamics CRM client を実行すると、Microsoft Office Outlook クライアントがクラッシュします。FormRegion オブジェクトに設定されている場合、この問題が発生します。

元に戻す画像を拡大する
assets folding end collapsed

修正プログラムおよび更新を有効にするか手動で構成する必要があります。

元に戻す画像を拡大する
assets folding start collapsed

Microsoft Dynamics CRM 2011 用の更新プログラムのロールアップ 7 には、修正プログラムや更新を有効にするか手動で構成する必要があります含まれません。

Microsoft Dynamics CRM 2011 は、以下の修正プログラムと更新を有効にするか手動で構成する必要がありますが、プログラムのロールアップ 6 を更新します。有効にするまたは Microsoft Dynamics CRM 2011 を実行しているサーバーでこれらの修正プログラムまたは更新プログラムを構成するには、次のマイクロソフト サポート技術情報の資料手順を実行します。資料には、Microsoft Dynamics CRM 2011 リリース版の機能を維持したい場合に Microsoft Dynamics CRM 2011 の更新プログラム ロールアップ 2 をインストールする前に実行できる手順が含まれています。
2664150 更新プログラムのロールアップ 6 を適用した後、Microsoft Dynamics CRM 2011 では、PrincipalObjectAccess テーブルをクリーンアップする手順
固定表示されているビューの SQL Server CE のローカル キャッシュに、情報を抜けるを防止するには、レジストリ キーの Microsoft Dynamics CRM 2011 の Outlook クライアントで設定できます。これまた Microsoft Dynamics CRM 2011 サーバーからは Microsoft Dynamics CRM 2011 Outlook クライアント コンピューターに送信される、全体的なネットワーク トラフィックを削減できます。

重要このセクション、方法、またはタスクには、レジストリの変更方法が記載されています。レジストリを誤って変更すると、深刻な問題が発生することがあります。そのため、この手順を慎重に実行するようにしてください。万一に備えて、編集の前にレジストリをバックアップしてください。そうすることで、問題が発生した場合でもレジストリを復元できます。レジストリをバックアップおよび復元する方法の詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
322756 Windows でレジストリをバックアップおよび復元する方法
これを行うには、次の手順を実行します。
  1. Microsoft Dynamics CRM 2011 の Outlook クライアントをインストールしているユーザーとして、Microsoft Dynamics CRM 2011 Outlook クライアント コンピューターにログオンします。
  2. [スタート] ボタン、実行をクリックして型 regedit、し [ OK] をクリックします。
  3. 次のレジストリ サブキーを見つけてクリックします。
    HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\MSCRMClient
  4. [編集] メニューで、新規作成をポイントし、[ DWORD (32 ビット) 値] をクリックします。
  5. タイプ DisableMapiCaching、し、ENTER キーを押します。
  6. DisableMapiCachingを右クリックし、新規作成] をポイントし、[ DWORD 値] をクリックします。
  7. DisableMapiCachingを右クリックし、[変更] をクリックします。
  8. [値のデータ] ボックスで、次のように入力します。 1、し [ OK] をクリックします。
  9. [ファイル] メニューの [レジストリ エディターの終了] をクリックしてレジストリ エディターを終了します。

Microsoft Dynamics CRM 2011 用の更新プログラムのロールアップ 5 には、修正プログラムや更新を手動で構成する必要があります含まれません。

Microsoft Dynamics CRM 2011 用の更新プログラムのロールアップ 4 には、修正プログラムや更新を手動で構成する必要があります含まれません。

Microsoft Dynamics CRM 2011 の更新プログラムのロールアップ 3 には、修正プログラムや更新を手動で構成する必要があります含まれません。

Microsoft Dynamics CRM 2011 用更新プログラムのロールアップ 2 は、有効にするか手動で構成する必要がある以下の修正プログラムと更新プログラムを含みます。有効にするまたは Microsoft Dynamics CRM 2011 を実行しているサーバーでこれらの修正プログラムまたは更新プログラムを構成するには、次のマイクロソフト サポート技術情報の資料手順を実行します。資料には、Microsoft Dynamics CRM 2011 リリース版の機能を維持したい場合に Microsoft Dynamics CRM 2011 の更新プログラム ロールアップ 2 をインストールする前に実行できる手順が含まれています。
2535245 Microsoft Dynamics CRM 2011 の大規模なデータセットで RetrieveMultiple クエリを実行すると、パフォーマンスが低下します。
Microsoft Dynamics CRM 2011 用の更新プログラム ロールアップ 1 には、手動で構成する必要のある修正プログラムや更新は含まれません。

元に戻す画像を拡大する
assets folding end collapsed

修正プログラムおよび個々 の修正プログラムとしてリリースされた更新プログラム

元に戻す画像を拡大する
assets folding start collapsed
以下のバグが修正され、(COD) 修正プログラムの要求時に重要なものとして配信されます。

  • プレフィックスを持たないオプション セット属性が含まれているソリューションがあることを想定しています。ソリューションに以前のバージョンの Microsoft Dynamics CRM から更新プログラムをインポートするときに、次のエラー メッセージが表示されます。
    Schema 属性は一意ではありません。
  • Outlook のエクスプ ローラーからのメール アイテムがバック グラウンドで開かれるときに昇格されません。
  • 関連を設定する関数を使用して項目を昇格しようとすると、昇格が失敗した項目は 4 つのユーザー定義フィールドを使用して設定に関する情報があるし続けます。したがって、昇格エラーが解決されると、項目をもう一度昇格を昇格しようとするし、まだ問題が発生します。
  • Microsoft Dynamics CRM client を構成しようとすると、次のエラー メッセージが表示されます。
    私たちは、資格情報を認証できないために、Microsoft Dynamics CRM サーバーに接続できません。接続を確認するか、管理者に問い合わせてください。
  • ラベルの変更を含むマネージド ソリューションをインポートしようとすると、次のエラー メッセージが表示されます。
    現在のコンポーネントの評価 (名 = LocalizedLabel、id = 631f30e6-1ebf-48 c 8-8ef4-f8000ee973dd) で、現在の操作 (更新) 条件の管理プロパティの評価中に失敗しました: Microsoft.Crm.BusinessEntities.IsRenameableCondition
  • 複数の子ドメインが含まれる大規模なドメインで Active Directory からユーザー情報を取得するために、ユーザーのドメイン名を移動するときのパフォーマンスが低下が発生します。
  • HTML web リソースとしてユーザー設定のビューにリンクすることによって、Microsoft Dynamics CRM 2011 では、サイトマップを変更することを想定しています。ビューへのリンクをクリックすると、次のエラー メッセージが表示されます。
    エラーが発生しました。この操作をもう一度実行してください。問題が引き続き発生する場合のソリューションは、Microsoft Dynamics CRM のコミュニティを確認または、組織の Microsoft Dynamics CRM の管理者に問い合わせてください。最後に、マイクロソフトのサポートに連絡することができます。
    さらに、次のエラー メッセージがプラットフォーム トレースに記録されます。
    エラー: CRM パラメーターのフィルター - 無効なパラメーター ' レイアウト = 0' で Request.QueryString
  • Outlook 用 Microsoft Dynamics CRM クライアントでクイック検索を実行するとパフォーマンスが低下が発生します。
  • クリックすると既存の追加Microsoft Dynamics CRM のレコードにレコードよりも associatemore に、Internet Explorer が応答を停止します。併せて、次のエラー メッセージが表示されます。
    メッセージ: このスクリプトの実行を停止しますか。このページ上のスクリプトには実行速度が低下するには、web ブラウザーが原因です。継続を実行するには、コンピューターが応答しなくなる可能性があります。
  • チームには、Microsoft Dynamics CRM 2011 のワークフロー エンティティを割り当てるしようとすると、割り当ての既存のチームのフィールド値を選択できません。
  • 自動拡張の Microsoft Dynamics CRM 2011 で有効になっている複数のサブグリッドをエンティティ フォームをカスタマイズすることを想定しています。フォーム領域にグリッドを移動するときにグリッドのサイズが変更されます。
  • 連絡先の追加ウィザードを使用して連絡先をインポートすると、Office Outlook の連絡先の [会社名] フィールドが削除されます。この問題は、アカウントに会社名を使用する] オプションが無効になるが発生します。
  • 次のシナリオについて考えてみましょう:
    • Office Outlook で新しい電子メール メッセージを作成します。
    • 選択するリッチ テキスト のフォーマット、テキストの書式設定 ] タブ。
    • 埋め込み画像を追加し、電子メール メッセージにテキストを追加
    • 内のデータを入力する、,から、と件名 フィールド。
    • クリックする、トラック ボタンをクリックすると、し、[送信] をクリックします。
    • Microsoft Dynamics CRM 2011 でアクティビティ履歴電子メールを確認します。
    このシナリオでは、電子メール活動で挿入されたイメージは表示されません。代わりに、画像が 0 サイズを持つ添付ファイルとして表示されます。

元に戻す画像を拡大する
assets folding end collapsed

更新プログラムのロールアップ 7 のファイル情報

元に戻す画像を拡大する
assets folding start collapsed
更新プログラムのロールアップ 7 のファイル情報のパッケージをダウンロードするには、ここをクリックしてください。
元に戻す画像を拡大する
assets folding end collapsed


プロパティ

文書番号: 2600643 - 最終更新日: 2014年2月14日 - リビジョン: 3.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Dynamics CRM 2011
キーワード:?
kbqfe kbfix kbmbsmigrate kbexpertiseinter atdownload kberrmsg kbsurveynew kbmt KB2600643 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:2600643
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com