検出し、頻繁に構成の変更に Operations Manager をトラブルシューティングする方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 2603913 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

詳細

構成の概要

システムの中央管理構成サービスは、各オペレーション マネージャーの管理グループでの医療サービスの構成を計算しなければなりませんです。稼働状態のサービスの構成、ルール、モニター、検出と、ヘルス サービスおよびヘルス サービス監視のすべてのインスタンスの作業で構成されます。

各ヘルス サービスのすべての必要な構成を計算するには、管理構成サービスは次の項目の一覧を設定する必要があります。
  • 監視対象のすべてのクラスのすべてのインスタンス
  • インスタンス間のホスト関係
  • ルール、モニター、検出、監視対象のクラスに割り当てられている他のワークフロー
  • インスタンスを監視するヘルス サービス
さらに、管理構成サービスは、管理グループ内のすべてのインスタンス グループのメンバーシップを読み取ることができませんでなければなりません。管理構成サービスがルールと、これらのグループ、クラス、または個々 のインスタンスを対象とするモニターの上書きを適用することもする必要があります。

管理グループ内のオブジェクトの探索ワークフローによって送信される探索データに基づいて監視対象のクラスのインスタンスとして定義されます。オブジェクトのキー プロパティを変更すると、そのオブジェクトは、監視対象のクラスの新しいインスタンスとして追加可能性があります。それ以外の場合は、そのオブジェクトがそのクラスのインスタンスと見なされます。

オブジェクトが所属しているクラスの一覧を変更すると、構成オブジェクトを監視するヘルス サービスをも変更されます。ルール、モニター、検出タスクとしてこのような変更が発生して上書きを追加したり、前の設定から削除します。

構成・ チャーン

エージェント、次のシナリオで、安定した構成設定を受信できない場合があります。
  • 大量の探索データは、管理構成サービスに送信されます。
  • 探索データは、検出データの送信前にサービスが処理する高速すぎる管理構成が送信されます。このシナリオは、データが常に計算処理中になるために発生します。
またはが古くなるには、管理サーバーの構成を古い構成で実行する一部の医療サービスの探索データを「構成問題」とも呼ばれ、頻繁に送信可能性があります。この現象、いくつかの健康を表示するサービスの原因は、オペレーション コンソールで (利用不可) 淡色表示。

探索のワークフローを実行すると、ヘルス サービスによって探索データが送信されます。各エージェントを実行するには、いくつかの探索ワークフロー管理グループに新しい管理パックの導入可能性があります。また、新しいインスタンスが検出されると、一部のエージェントに追加の検出を実行することがあります。上のエージェントを実行するには、探索ワークフロー グループ、オーバーライド、およびその他のワークフローへの変更可能性があります。また、新しいエージェントの構成を使用して、インスタンス領域を更新するには、管理構成サービスは新しいエージェントの導入可能性があります。

ヘルス サービスの構成は、次のシナリオで頻繁に更新する構成管理サービスが強制されます。
  • 探索のワークフローが頻繁に実行するように構成されます。
  • 検索ワークフローが実行されるたびに、ワークフローによって追加されたプロパティを変更します。
多くの担当者は、このような場合に発生するか、管理サーバーに重い負荷が既にある場合は、構成管理サービスの変更レートを維持できない可能性があり、構成のチャーンが発生する可能性があります。

MS のイベント ログを使用して、識別の構成チャーン

管理サーバーで Operations Manager イベント ログに次のようなイベントは、新しい探索データがあるため、管理グループの構成が変更されたことを示します。

Operations Manager のログ名:
OpsMgr のコネクタをソースします。
イベント ID: 21024
レベル: 情報
コンピューター: <MS name=""></MS>
説明:
OpsMgr の構成は、管理グループに古いことがあります。 <ManagementGroupName></ManagementGroupName>、および更新された構成設定サービスから要求しています。Current(out-of-date) 状態の cookie は"3A B0 1E 5C 81 F3 12 F5 56 B7 8A EF F8 01 BA 09 86 55 06 48"


次のようなイベントは、管理構成サービスは、新しい探索データの処理が完了し、新しいデータに基づく、管理グループの構成に必要な変更を計算することを示します。

Operations Manager のログ名:
OpsMgr のコネクタをソースします。
イベント ID: 21025
レベル: 情報
コンピューター: <MS name=""></MS>
説明:
OpsMgr 構成サービスから管理グループ<ManagementGroupName>の新しい設定を受信しました。新しい状態の cookie は"34 FA 11 61 値で B8 03 59 の 3D 1D 66 B7 83 F3 C0 AA 7A 6F 1 a 3 b」</ManagementGroupName>


一般的な環境では、すべて 21024、21025 で必要があります。探索データを変更するには、構成データを起こさなかったのと、イベント ID 21026 を代わりになります。大規模な管理グループには、いくつかの時間の 1 時間あたりに発生する 21024 や 21025 21026 イベントのペアを予定する必要があります。長い文字列をせずには、対応する 21025 や 21026 21024 イベント構成チャーンのイベントであります。さらに、その解約を示す次のイベントが検出されたイベント ログが表示されます。

Operations Manager のログ名:
ソース: OpsMgr 構成サービス
イベント ID: 29202
レベル: 警告
コンピューター: <MS name=""></MS>
説明:
OpsMgr の構成サービスは OpsMgr データベースが頻繁にデータベースの変更のための一貫性のある状態を取得できませんでした。
探索データの標準的かつ一時的な増加が原因の可能性があります。ただし、最新の変更内容の増加が予想されるかどうかを確認してください。
最新の監視オブジェクト変更します。
インスタンス = %1
クラス = %2
変更時刻 = %3
監視の最も最近の関係を変更します。
関係インスタンス %4 =
ソース インスタンス %5 =
ターゲット インスタンス %6 =
RelationshipClass = %7
変更時間 %8 です。

データ アクセス層の変更のクエリを実行すると、データ アクセス層の複数のテーブルをお読みください。読み込み後のテーブルのいずれかが変更された場合はすべてのテーブルが読み取られた前に、データ アクセス層、上記のイベント ID 29202 と再試行をログ出力します。エンティティまたは関係インスタンス間に読み取られた場合は、イベント フィールドでこれらのインスタンスに関する情報が含まれます。それ以外の場合は、これらのフィールドは空のままにされます。

操作マネージャーのデータ ウェアハウスを使用して構成チャーンの識別可能性がします。

操作マネージャーのレポート コンポーネントがインストールされた管理グループでは、頻繁に変更を送信するワークフローを識別するために SQL のいくつかのクエリを使用できます。これらのクエリ SQL Management Studio では、データ ウェアハウスのインスタンスに対して実行してください。

過去 24 時間以内に検出ワークフローでを送信の合計の変更:
select ManagedEntityTypeSystemName, DiscoverySystemName, count(*) As 'Changes' from (select distinct    MP.ManagementPackSystemName,    MET.ManagedEntityTypeSystemName,    PropertySystemName,    D.DiscoverySystemName,    D.DiscoveryDefaultName,    MET1.ManagedEntityTypeSystemName As 'TargetTypeSystemName',     MET1.ManagedEntityTypeDefaultName 'TargetTypeDefaultName',    ME.Path,    ME.Name, 
   C.OldValue,    C.NewValue,    C.ChangeDateTime  from dbo.vManagedEntityPropertyChange C  inner join dbo.vManagedEntity ME on ME.ManagedEntityRowId=C.ManagedEntityRowId  inner join dbo.vManagedEntityTypeProperty METP on METP.PropertyGuid=C.PropertyGuid  inner join dbo.vManagedEntityType MET on MET.ManagedEntityTypeRowId=ME.ManagedEntityTypeRowId  inner join dbo.vManagementPack MP on MP.ManagementPackRowId=MET.ManagementPackRowId  inner join dbo.vManagementPackVersion MPV on MPV.ManagementPackRowId=MP.ManagementPackRowId  left join dbo.vDiscoveryManagementPackVersion DMP on DMP.ManagementPackVersionRowId=MPV.ManagementPackVersionRowId  AND CAST(DefinitionXml.query('data(/Discovery/DiscoveryTypes/DiscoveryClass/@TypeID)') AS nvarchar(max)) like '%'+MET.ManagedEntityTypeSystemName+'%'  left join dbo.vManagedEntityType MET1 on MET1.ManagedEntityTypeRowId=DMP.TargetManagedEntityTypeRowId  left join dbo.vDiscovery D on D.DiscoveryRowId=DMP.DiscoveryRowId  where ChangeDateTime > dateadd(hh,-24,getutcdate())  ) As #T group by ManagedEntityTypeSystemName, DiscoverySystemName order by count(*) DESC
このクエリは、次の 3 つの列を作成します。最初の列は、ワークフローを対象としているオブジェクトのクラスです。2 番目の列で検索ワークフローの内部名を示します。3 番目の列にはプロパティの変更をこのクラスのワークフローによっては、過去 24 時間に送信されたすべてのインスタンスの合計数を示します。構成管理サービスの構成、エージェントの稼働状態サービスを再計算する必要があります時間の数の変更に関するすべてのクラスの合計数を表します。

変更によって、安定した環境であっても、オブジェクトのクラスの数ゼロが返ってくるかもしれません。返される数値の追加や、プロパティに追加または変更、追加または解除された場合、サーバーの役割をするのエージェントを削除するなど、何らかの変更が反映されます。構成にチャーンが発生する環境では、1 つまたは複数のワークフローが非常に大きい値より他のワークフローが表示されます。

過去 24 時間でのプロパティを変更しました。
select distinct   MP.ManagementPackSystemName,   MET.ManagedEntityTypeSystemName,   PropertySystemName,   D.DiscoverySystemName,   D.DiscoveryDefaultName,   MET1.ManagedEntityTypeSystemName As 'TargetTypeSystemName',   MET1.ManagedEntityTypeDefaultName 'TargetTypeDefaultName',   ME.Path,   ME.Name,   C.OldValue,   C.NewValue,   C.ChangeDateTime from dbo.vManagedEntityPropertyChange C inner join dbo.vManagedEntity ME on ME.ManagedEntityRowId=C.ManagedEntityRowId inner join dbo.vManagedEntityTypeProperty METP on METP.PropertyGuid=C.PropertyGuid inner join dbo.vManagedEntityType MET on MET.ManagedEntityTypeRowId=ME.ManagedEntityTypeRowId inner join dbo.vManagementPack MP on MP.ManagementPackRowId=MET.ManagementPackRowId inner join dbo.vManagementPackVersion MPV on MPV.ManagementPackRowId=MP.ManagementPackRowId left join dbo.vDiscoveryManagementPackVersion DMP on DMP.ManagementPackVersionRowId=MPV.ManagementPackVersionRowId     AND CAST(DefinitionXml.query('data(/Discovery/DiscoveryTypes/DiscoveryClass/@TypeID)') AS nvarchar(max)) like '%'+MET.ManagedEntityTypeSystemName+'%' left join dbo.vManagedEntityType MET1 on MET1.ManagedEntityTypeRowId=DMP.TargetManagedEntityTypeRowId left join dbo.vDiscovery D on D.DiscoveryRowId=DMP.DiscoveryRowId where ChangeDateTime > dateadd(hh,-24,getutcdate()) ORDER BY MP.ManagementPackSystemName, MET.ManagedEntityTypeSystemName
このクエリには、過去 24 時間でプロパティが変更されたを識別できます。前のクエリを組み合わせることにより、エージェントが変更を行ったプロパティには、古いものと新しい値は何ですかこのクエリを表示することができます、検索、および管理を実行する、ワークフローをパックに格納されました。

構成の解約を減らす方法

管理パックの古いプロパティの変更が頻繁に送信するワークフローを探索を導入しました。ほとんどの管理パックの最新版が頻繁にデータを送信するのには、これらの探索ワークフローを変更、管理パックが頻繁に変更する揮発性のプロパティ クエリを送信しません。前のクエリで頻繁に発生するワークフローが含まれている管理パックをアップグレードすることをお勧めします。管理パック カタログから管理パックの新しいバージョンをダウンロードできます。
http://systemcenter.pinpoint.microsoft.com/en-US/applications/search/operations-manager-d11?q

管理パックの新しいバージョンが利用できないか、新しいバージョンが展開できない場合は、上書きを使用して、頻繁に実行する探索の間隔を調整できます。場合によっては、構成の解約を行うには、探索完全に上書きして無効できます。週間の検出が無効になっている場合は、データベースからワークフローによって検出されたオブジェクトをクリーンアップする可能性があります。ただし、データベースからオブジェクトをクリーンアップする前に、恒久的なソリューションを実装できる場合に限り検出を無効にする設定の解約を排除するために短期的な回避策を提供できます。ワークフローがクリーンアップされる前に、オブジェクトを再検出する短い間隔にも有効です。

これら以前の管理パックの一部のワークフローは次のブログで説明します。
http://blogs.technet.com/b/kevinholman/archive/2009/10/05/what-is-config-churn.aspx
空きディスク領域などの揮発性のプロパティは、カスタム探索を場合は、ワークフローが頻繁に更新するプロパティを対象ないように検出が書き換えする必要があります。探索のワークフロー、短い有効期間を持つインスタンスをターゲットする必要がありますいない (週間以内)。探索のワークフロー (1 つまたは複数の回 1 か月) を頻繁に変更するこれらのインスタンスのプロパティを収集する必要がありますはありません。揮発性データは、構成を計算するためには考慮されません。したがって、パフォーマンス ルールとワークフローの検索ではなく、揮発性データを収集する必要があります。

その他のパフォーマンスのチューニング

(1,000 のエージェントよりも大きい) の大規模な管理グループに、RMS は、通常、問題管理室では発生しませんする操作を非常にビジー状態になります。このような状況では、プロパティの変更の小さな割合も頻繁にチャーンが変更を処理するために必要な時間の長さがあるため可能性があります。RMS の運用上のオーバーヘッドを削減し、構成チャーンを避けるためにすぐに、典型的なレートのプロパティの変更の処理を有効にするには、いくつかの構成変更を使用できます。これらの構成変更は、次のブログで説明します。
http://blogs.technet.com/b/mgoedtel/archive/2010/08/24/performance-optimizations-for-operations-manager-2007-r2.aspx

管理グループの構成の変更を強制します。

構成はチャーンと管理グループ変更問題のワークフローの頻度を減らすために、または問題のワークフローを無効にするのにはエージェントに伝達されます常に発生します。この例では、このデータを生成するワークフローが無効か頻繁に実行される、現在の構成を計算するには、システム センターの構成の管理のサービスを許可するように着信の探索データの流れを阻止しなければなりません。

探索データの OperationsManager データベースを通じて、システム Center データ アクセス サービス (DAS) に送信されます。中央管理のシステム サービスは RMS で DAS に、まずデータが送信されます。RMS エージェントからまたはその他の管理サーバからデータを取得します。Windows ファイアウォールを使用することができますか、いくつかの他のネットワーク ポート 5723 を RMS への着信接続をブロックすることを意味します。ここをブロックしている探索データだけのに十分なデータを送信するエージェントの現在の構成を計算するには、構成管理サービスは OperationsManager データベースへの送信を防ぐことができます。

中央管理のシステム サービス、システム中心のデータ アクセス サービスは RMS 上に停止したりしないでください構成管理サービスの現在の構成では、計算中に無効にします。システム センターの構成管理サービスを計算の管理グループの構成を完了するには、以下が必要です。
  • システムの中央管理サービスは RMS 上に実行され、正常な状態でなければなりません。
  • システム センター データ アクセス サービスは、データベースと通信する必要があります。
構成管理サービスの現在の構成では、計算中また、いくつかのデータ、エージェントおよびその他の管理サーバー上でバックログ可能性があります。そのため、Operations Manager イベント ログにイベント ID 21025 RMS を見たらすぐにファイアウォールまたはポートの除外を持ち上げる必要があります。構成管理サービスが新しいワークフローが今すぐに無効にまたは変更は、管理グループの構成を計算がこのイベントを示しています。

Operations Manager のレポートを使用して構成チャーンの識別可能性がします。

新しいレポートは、Operations Manager 2007 R2 管理パックのバージョン 6.1.7599.0 で導入されました。このレポートは、管理グループを処理するデータの全体量を把握できます。標準的な基準を確立するために、オブジェクト検出のワークフローを調整するためのオポチュニティを特定するのには、これらのレポートを使えます。構成の解約を特定し、対処してすぐ、これらのレポート長期計画のチャーンの反復を防ぐために使用できます。

管理パックをダウンロードするには、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。
http://www.microsoft.com/download/en/details.aspx?displaylang=en&id=23081
?
  • 管理パックのレポートでのデータの量

    管理パックのレポートのデータ量は、管理パックが生成するデータの量に関する情報をコンパイルします。レポート管理パックの次のデータ型ごとの出現数の一覧です。
    • 検出
    • 警告
    • パフォーマンス (、用のパフォーマンス カウンターが発行され、管理パックによって収集されるインスタンスの数)
    • イベント
    • 状態の変更
  • レポートのワークフローとインスタンスのデータ量

    レポートのワークフローとインスタンスのデータ量は、ワークフロー (検出、ルール、モニター、)、インスタンス構成、生成されるデータの量に関する情報をコンパイルします。

    このレポートにアクセスする方法は 2 とおりあります。
    • 管理パックのレポートのデータ量で、データ量の管理パックのワークフローとインスタンスのレポートを開くには、レポートの上部にテーブル内の数のセルをクリックします。
    • オペレーション コンソールで [レポート] セクションから直接レポートを実行します。直接に、データ量のワークフローとインスタンスのレポートを実行する場合は、結果をカスタマイズするには、レポートのパラメーターを設定する必要があります。このレポートでは詳細データの量について管理パック レポートを提供します。したがって、パラメーターの既定の設定は、探している情報を提供可能性があります。

プロパティ

文書番号: 2603913 - 最終更新日: 2012年8月2日 - リビジョン: 5.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft System Center Operations Manager 2007 R2
  • Microsoft System Center Operations Manager 2007
  • Microsoft System Center Operations Manager 2012
  • Microsoft System Center Operations Manager 2007 Service Pack 1
キーワード:?
kbtshoot kbmt KB2603913 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:2603913
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com