サンプル: DB2XML 実装のプラグ可能なプロトコル ハンドラー

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 260528
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

DB2XML は Internet Explorer のサンプル、プラグ可能なプロトコル ハンドラーです。SQL スタイルのクエリを使用してデータベース テーブルから XML データを抽出するために、プロトコル ベース機構を提供します。

詳細

次のファイルは、Microsoft ダウンロード センターからダウンロード可能です :
DB2XML.exe
リリース日: 2001 年 2 月 01 日

マイクロソフトのサポート ファイルをダウンロードする方法に関する詳細については、マイクロソフト サポート技術資料を参照する次の文書番号をクリックします。
119591 オンライン サービスからマイクロソフトのサポート ファイルを入手する方法
マイクロソフトでは、この配布ファイルのウイルス チェックを行いました。マイクロソフトは、アップロード時点の最新のウイルス検査プログラムを使用しました。ファイルは、ファイルに不正な変更を防ぐために役立つセキュリティが強化されたサーバーに格納されます。DB2XML プロトコルを使用するには、次の url を使用するだけでフォーマット任意の場所に XML データを返したり、URL を使用します。
x-db2xml://udl=|{URL to UDL file}|sql=|{SQL select statement}|
				
場所{URL} UDL ファイルにはデータベースのデータ ソースを識別する UDL ファイルの場所を参照する絶対 URL {SQL select ステートメントです。は、通常 SQL 選択ステートメントをデータベースを照会するため。

Prottest urllist.htm、プロジェクトに含まれる HTML ファイルを使用するには、この資料の後半の説明に従って、適切な URL 構文 urllist CSV テキスト ファイルをデータベースの実際の例を表示します。

プロジェクトのビルド

Visual C++ 6.0 でこのサンプルをビルドするには、現在のプラットフォーム SDK のヘッダーおよびライブラリが必要です。プラットフォーム SDK のインクルード フォルダーは、既定値に追加されているライブラリが含まれておよびこと Microsoft Visual C++ のライブラリのディレクトリを一覧表示を確認する必要があります。ためには、 [ツール] メニューからオプションを選択し、[ディレクトリ] タブをクリックできます。

互換性がない、アクティブ テンプレート ライブラリ (ATL) に含まれていた Visual C++ 6.0 では、新しいプラットフォーム SDK のヘッダーで、プラットフォーム SDK の「ATL30」の新しいサブフォルダーをリストの先頭にする必要があります。

Visual C++ で、成功したビルドをプロトコルにより自己登録し、使用できる状態になります。

簡単なテスト

DB2XML プラグ可能なプロトコル部分せず、データベースへの接続をテストするには Internet Explorer のアドレス バーに次の URL を入力できます。
x db2xml://* テスト *
これは単純な XML テスト、プロトコル ハンドラーからのデータを出力します。

DB2XML のフル活用を練習し、MDAC、Windows 2000、またはデータベースからデータを取得するのには、クライアント コンピューターで 2.5 またはそれ以降が必要です。また、データベースへのアクセス .udl ファイルを設定しなければなりません。

MDAC をインストールします。

最新の Microsoft データ アクセス コンポーネント (MDAC) のコンポーネントをすべてのクライアント コンピューターにインストールされていることを確認します。これらには、次のマイクロソフト Web サイトからダウンロードすることができます。
Microsoft ユニバーサル データ アクセス (MDAC) の Web ページ
このサンプルは、MDAC 2.5 をテストしました。

.Udl ファイルを設定します。

DB2XML プロトコルには、Microsoft データ リンク ファイル (.udl 拡張子)、データベースの接続文字列を指定する必要があります。完全な命令およびデータ リンク ファイルと、OLE DB データ リンク テクノロジに関するドキュメントは、この資料の「関連情報」セクションを参照してください。

DB2XML「URLlist.txt」という簡単な CSV テキスト ファイルと、関連付けられた URLlist.udl ファイル、ODBC テキスト ドライバー プロトコルをテストすることできますを提供します。単に URList.txt が現在存在するディレクトリに UDL ファイルには、初期のカタログへのパスを修正します。Example,URLlist.udl:
[oledb]
; Everything after this line is an OLE DB initstring
DefaultDir=.;Driver=
...
Initial Catalog=C:\temp\db2xml !! <-- correct this path to point to the directory where urllist.txt resides
				
[データ リンク プロパティ] ダイアログ ボックスで、新しい .udl ファイルと Dsn を作成することによって、他のデータベースに対してより複雑なテストを実行できます。これはファイルの名前を変更する、新しい空のテキスト ファイルを作成するだけで、データ リンクのマニュアルで説明したとおり、 Yourudlfilename.udl、新しい .udl ファイルを開くとします。[データ リンク プロパティ] ダイアログ ボックス ドライバー インストールされているデータ プロバイダーの接続文字列を作成できます。

関連情報

.Udl ファイルを作成する方法は、MDAC 2.5 の OLE DB プログラマ リファレンス ・ データ ・ リンクの API の概要を参照してください。MSDN ドキュメントでは、この資料は、現在の場所にあります。
プラットフォーム SDK: データ Access Services、Microsoft OLE DB OLE DB プログラマ リファレンス、パート 2 の OLE DB のコア、第 20 章: OLE DB コア コンポーネント、接続文字列とデータのリンク、データ リンクの API の概要

Visual C++ 6 で提供されている OLE DB テンプレートは、現在に記載されています。
Visual Studio 6.0 のマニュアル: Visual C++ ドキュメント、リファレンス、Microsoft Foundation クラス ライブラリおよびテンプレート OLE DB テンプレート

プロパティ

文書番号: 260528 - 最終更新日: 2013年9月21日 - リビジョン: 5.0
キーワード:?
kbdownload kbfile kbsample kburlmon kbmt KB260528 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:260528
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。
サポート期間が終了した「サポート技術情報」資料に関する免責事項
この資料は、マイクロソフトでサポートされていない製品について記述したものです。そのため、この資料は現状ベースで提供されており、今後更新されることはありません。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com