[FIX] DTS: メール送信 タスクがメールボックスをいっぱいにする

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 261133 - 対象製品
この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP261133
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
すべて展開する | すべて折りたたむ

現象

SQL Server のデータ変換サービス (DTS) のメール送信タスクを使ってメッセージを送信するパッケージを作成すると、送信側のメールボックスがいっぱいになり、DTS は次のようなエラー メッセージを表示することがあります。
Cannot execute package because mailbox is full.
しかし、送信側の Microsoft Outlook の送信済みアイテム フォルダを調べてメールボックスのサイズを確認すると、そのサイズはほぼ 0 KB で、Outlook 側からは送信側のメールボックスには何も表示されません。

Exchange Server の管理コンソールから送信側のメールボックスのサイズをチェックした場合は、正しいメールボックスのサイズが表示されますが、上記のメッセージは Outlook や Exchange Server では表示されないため、メールボックスがメッセージでいっぱいになっている状態は確認できません。

原因

Outlook と Exchange のクライアントからは、Exchange Server のインフォメーション ストアのルート ディレクトリにあるアイテムを参照することができません。DTS のメール送信でメッセージを送信すると、DTS はそのメッセージを Exchange Server 上で送信側 (送信元) のルート フォルダに保持します。したがって、送信側の Outlook クライアントからは、これらのメッセージを参照または削除することができません。

回避策

Microsoft Exchange ユーティリティの MDB Viewer を使用することにより、メールボックスが一杯になっている原因の電子メール メッセージを表示したり削除することが可能です。

DTS のメール送信で使用するように設定されているメールボックスのルート フォルダをチェックするには、以下の手順を実行します。
  1. 以下のファイルを Outlook がインストールされているコンピュータにコピーします。

    • Mdbvu32.exe
    • Propvu32.dll
    • Statvu32.dll
    • Tbvlu32.dll
    • Xvport.dll

    Mdbvu32 ユーティリティおよび付随する DLL ファイルは、Exchange Server 5.5 CD-ROM の \Server\Support\Utils\I386 フォルダか \Server\Support\Utils\Alpha フォルダにあります。
  2. ユーザーのメールボックスに対するプロファイルが存在すること、そのプロファイルがデフォルトのプロファイルとして選択されていること、および (ユーザーのメールボックスに対する権限を持っている) ユーザーがクライアント ワークステーションに正常にログオンしていることを確認します。
  3. Outlook が現在、ワークステーション上で実行中ではないことを確認します。
  4. MDBVU32.exe 実行可能ファイルをダブルクリックして、MDB Viewer を起動します。
  5. [MAPILogonEx] ダイアログ ボックスが開いたら、[MAPI_EXPLICIT_PROFILE] チェック ボックスをオンにして、[OK] をクリックします。
  6. [プロファイルの選択] ダイアログ ボックスが表示されたら、前の手順で作成したプロファイルを選択して、[OK] をクリックします。

    : [プロファイルの選択] ダイアログ ボックスが表示されない場合は、既にプロファイルにログオンしています。クライアントおよびプロファイルを終了、ログオフして、もう一度試してください。
  7. MDB Viewer Test Application のメニューの [MDB] をクリックして、[OpenMessageStore] オプションを選択します。
  8. [Select Message Store To Open] ダイアログ ボックスで、表示名 [Attendant (Server)] を選択して、[Open] をクリックします ([Open Mode] はデフォルトで [Best Access] になっています。この設定はデフォルトのままにすることをお勧めします)。
  9. MDB Viewer Test Application のメニューの [MDB] をクリックして、[Open Root Folder] をクリックします。

    この手順で、DTS によって送信されたメッセージ "DTStest1" が、DTS によって使用されるプロファイルのルート ディレクトリにあることがわかります。ルート ディレクトリは、クライアント側には隠されていますので、Outlook を使用します。このメッセージは、参照することはできませんが、受信者に送信された後もメールボックスに保管されています。これがメールボックスがいっぱいになる理由です。しかし、Outlook ではこのメールボックスで発生している状況をつかむことができません。
  10. [MAPI_FOLDER ROOT] ウィンドウの中で、2 番目のボックス [Operation Available] を選択します。 演算を選択して、[Call Function] をクリックします。[lpFld->DeleteMEssages()] という名前の関数を選択し、[Call Function] をクリックして、ルート ディレクトリで選択されたメッセージを削除します。

状況


弊社では、これを Microsoft SQL Server version 7.0 の問題として確認しています。
この問題は、Microsoft SQL Server version 7.0 Service Pack 3 で修正されています。
最新の SQL Server サービスパックのダウンロードおよびインストールについて詳しくは以下をご覧下さい。

http://www.microsoft.com/japan/sql/download/default.asp (日本語版)
http://www.microsoft.com/sql/downloads/default.htm(英語版)

詳細

DTS の GUI デザイナでメール送信タスクを使用した場合、デフォルトでは、メールは送信済みアイテム フォルダに保存されません。現在のバージョンでは、DTS の GUI には、この動作を変更するオプションがありません。ただし、次の Microsoft Visual Basic コードを使用すれば、この動作を変更することができます。
Dim myPackage As New DTS.Package
Dim oCustomTask3 as DTS.SendMailTask
Set oTask = myPackage.Tasks.New("DTSSendMailTask")
Set oCustomTask3 = oTask.CustomTask
oCustomTask1.SaveMailInSentItemsFolder = False

関連情報

この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 261133 (最終更新日 2001-07-27) をもとに作成したものです。

プロパティ

文書番号: 261133 - 最終更新日: 2014年2月23日 - リビジョン: 4.1
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft SQL Server 1.1 Standard Edition
  • Microsoft SQL Server 2000 Standard Edition
  • Microsoft Exchange Active Server Components 5.0
キーワード:?
kbnosurvey kbarchive kbbug kbfix kbsqlprog kbsqlserv700 KB261133
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com