SharePoint ワークスペースの office 2010 の SP1 をインストールします。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 2612800
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

現象

次のシナリオを検討してください。
  • ライセンスのあるインストールの Microsoft Office Professional Plus 2010 があります。
  • Office Professional Plus をインストールすると、SharePoint ワークスペース 2010年プログラムをインストールしなかった。
  • Office 2010 の Service Pack 1 (SP1) をインストールします。
このシナリオでは、SharePoint ワークスペース 2010年コンポーネントがインストールされます。ショートカットを SharePoint ワークスペースがプログラムのメニューには表示されません。ただし、\Program Files\Microsoft Office\Office14\Groove.exe を実行すると、SharePoint ワークスペース 2010年を起動し、正常に動作します。SharePoint 2010 のサイトにアクセスした場合も、ワークスペースは、サポート、 [サイトの操作 メニューが含まれています。 SharePoint のワークスペースの同期.

Microsoft Office Groove 2007 以前 Office 2010 プログラムと共に実行している場合は、Groove 2007 SharePoint ワークスペース 2010 にアップグレードされます。変更のために、Groove アカウントを Groove 2007 で、Groove アカウントを使用することできなくなります。

原因

Office 2010 の SP1 の Groove ワークスペースのカスタム ツールを作成するためにアドイン ツール API を提供します。SharePoint ワークスペースが表示されていない場合、SP1 のインストール処理のバグのため、追加この API および Visual Studio ツールに関連する機能の Office (VSTO) SharePoint ワークスペースのインストールをトリガーします。(SharePoint ワークスペースが存在する場合は、それだけでアップグレードされます。)ただし、ライセンスされたバージョンの Office 2010 SharePoint ワークスペース] コンポーネントが表示されない場合このインストールは発生しません。

詳細

ほとんどの場合、この問題は無害です。ただし、その問題の 2 つの状況が発生します。
  • 企業での標準化された環境を維持します。
  • Groove 2007 のインストール
これらの問題を最小限にする方法については、状況に応じて、次のセクションのいずれかの参照してください。

SP1 をまだインストールしていない場合

自分の状況では、このセクションの冒頭に記載されている問題のカテゴリのいずれかに適合する場合は、SP1 は直接取り付けないでください。代わりに、SP1 パッケージをダウンロードする、Microsoft カスタマ サポートで、サポート インシデントを開くし、SharePoint ワークスペース チームまたは Office 展開チームへのエスカレーションを要求します。これらのチームは、SharePoint のワークスペースをインストールしないようにするには、ダウンロード可能な SP1 パッケージを変更するためのスクリプトを提供できます。

SP1 を既にインストールしている場合

この更新プログラムが既にインストールされている SharePoint のワークスペースを使用したくない場合は、だけで、コンポーネントをアンインストールできます。

Groove 2007 では、更新プログラムを既にインストールしている場合は、ダウン グレードする方法はありません。ただし、回復できないことがあります。詳細については、「サポート技術情報」資料を参照するには、次の資料番号をクリックしてください。
982777 Groove 2007 で SharePoint ワークスペース 2010 にアップグレードするの考慮事項
エンタープライズ インストールは、SharePoint ワークスペースに含めるしたくないを管理している場合は、SP1 のインストール後にサイレント モードで機能を無効にするのには、特別な Config.xml ファイルを作成できます。既にこの sp1 の変更によって影響を受ける多くのユーザーがある場合は、この SharePoint ワークスペースを安全に無効にする最も簡単な方法があります。

Config.xml ファイルでは、次のテキストを追加します。

<Configuration Product=" product=""></Configuration Product=">[商品コード]">

<Display level="none" completionnotice="no" suppressmodal="yes" accepteula="yes"></Display>

<OptionState id="GrooveFiles" state="absent" children="force"></OptionState>

<Setting id="SETUP_REBOOT" value="Always"></Setting>

このテキストをプレース ホルダー[商品コード] インストールされている実際の Microsoft Office スイートのプロダクト ID を表します。インストールのプロダクト ID を検索するのには、Setup.xml ファイルでを確認します。このファイルには、 [商品名].WW のフォルダーです。たとえば、プロダクト ID Microsoft Office Professional Plus 2010 を ProPlus.WW\Setup.xml ファイルで次の行にあります。

<Setup id="ProPlus" type="Product" ...=""></Setup>

この行から、商品 ID ProPlus であることを確認できます。

Config.xml ファイルを作成した後は、Office セットアップを再度を使用して実行する必要があります、 変更 コマンド オプションをインストールを変更して、 構成 コマンド オプションを使用して作成した Config.xml ファイルを呼び出すことです。これを行うには、次のコマンドを実行します。

"%CommonProgramFiles%\Microsoft Shared\OFFICE14\Office セットアップ Controller\setup.exe"または変更します。 [商品コード] /構成"パス\Config.xml"

このコマンドで、プレース ホルダーを交換してください。 [商品コード] プロダクト ID と、プレース ホルダーの置換パス 作成した Config.xml ファイルのパスにします。

メモ
  • プログラムのアイコンは、コンピューターが再起動するまでに残ります。
  • Setup.exe ファイルは、別の場所にことがあります。
Config.xml ファイルを使用して、展開済みのインストールをカスタマイズする方法の詳細については、以下の Microsoft TechNet web サイトを参照してください。

http://technet.microsoft.com/en-us/library/cc178956.aspx

Office カスタマイズ ツール (OCT) を使用して、展開済みのインストールをカスタマイズする方法の詳細については、以下の Microsoft TechNet web サイトを参照してください。

http://technet.microsoft.com/en-us/library/cc179141.aspx
メモ 現在のところ、SharePoint ワークスペースを削除、累積的な更新プログラム (CU) 経由で sp1 をし、その後、CU をアンインストールする場合は、SharePoint ワークスペース再インストールされます。

状況

Microsoft は、これは「対象」に記載されているマイクロソフト製品の問題であること確認しています。

プロパティ

文書番号: 2612800 - 最終更新日: 2011年11月8日 - リビジョン: 3.0
キーワード:?
kbmt KB2612800 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:2612800
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com