「Active Directory レプリケーションが予定より長くかかっている」メッセージが SBS インストールを停止

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 2612832 - 対象製品
スモール ビジネスのお客様の場合は、追加のトラブルシューティング ラーニング リソースを探し、 スモール ビジネス向けのサポート サイトです。
すべて展開する | すべて折りたたむ

現象

Windows 小規模ビジネス Server(SBS) 2011 標準インストールの一時停止をインストールしようし、次の警告メッセージが表示されます。

元に戻す画像を拡大する
2691053

原因

通常、Active Directory システム ボリューム (SYSVOL) のレプリケーションが完了していないがあるためこのメッセージが生成されます。

解決方法

SYSVOL ディレクトリの共有を使用して、スクリプトとグループ ポリシーが、ネットワーク上のクライアント コンピューターにサポート ファイルを配布します。システム ボリュームのマルチ マスター複製は、各ドメイン コント ローラー上で存在します。新しいサーバー、SysVol の複製が完了するまで、ドメイン コント ローラーを動作が true になることができません。

画面に警告しておくことをクリックしていないことをお勧め いいえ 警告ダイアログ ボックスでします。代わりに、手動で SYSVOL の複製を確認してください。

レプリケーションが完全に機能していることを確認した後をクリックします。 [はい] [警告] ダイアログ ボックスし、SBS セットアップを再試行することができます。

Sysvol の複製が完了すると、Netlogon と Sysvol フォルダーを共有すると、有効なドメイン コント ローラーにするのには、新しいサーバーと見なされます。

SYSVOL のレプリケーションを手動で確認するには、次の手順を実行します。
  1. ソース ・ サーバで、ファイル レプリケーション サービスを再起動します。これを行うには、次の手順を実行します。

    SYSVOL ディレクトリから既存のドメイン コント ローラーは、新しい SBS にレプリケートされます。ドメイン コント ローラーでは、 ソース ・ サーバ.
    1. クリック ボタンをクリックし、] サービスプロパティ サービス プログラム.
    2. Usbehci.sys ファイル レプリケーション サービスプロパティ 再起動.

      元に戻す画像を拡大する
      2683997
  2. ソース サーバーで、イベント ビューアーを開くし、ファイル複製サービス イベント ログを表示します。イベント ビューアーを開くをクリックします。 ボタンをクリックし、] イベント ビューアープロパティ イベント ビューアー プログラム.

    元に戻す画像を拡大する
    2683998
  3. ファイル複製サービス イベント ログに、イベント ID を表示: 13568。

    ファイル レプリケーションの失敗の最も一般的な原因は、NTFRS はジャーナル ラップです。ソース サーバーは、ジャーナル ラップ エラーが発生した場合は、次のようなイベント ログ エントリが記録されます。

    イベントの種類: エラー
    イベント ソース: NtFrs
    イベント カテゴリ: なし
    イベント ID: 13568
    説明: ファイル レプリケーション サービスのレプリカ セット「ドメイン システム ボリューム (SYSVOL 共有)」が JRNL_WRAP_ERROR のあることが検出されました。

    のみ機能しているドメイン コント ローラー ジャーナルのラップで、ソース ・ サーバをであり、ソース ・ サーバの場合は、ソース サーバーに権限のある NTFRS の設定には、次の手順を実行します。
  1. ソース ・ サーバ上で、レジストリ エディターを開きます。これを行うをクリックします。 ボタンをクリックし、] をクリックし、プロパティ をクリックし、 プログラム.
  2. 次のレジストリ サブキーを展開します。
    起動時に HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\NtFrs\Parameters\Backup/Restore\Process
    元に戻す画像を拡大する
    2683999
  3. 右側のペインでダブルクリックします。 BurFlags.
  4. で、 [値のデータ ボックス、入力 D4プロパティ ].

    元に戻す画像を拡大する
    2684000
  5. レジストリ エディターを終了します。
  6. と入力して サービス、し、ファイル レプリケーション サービスを再起動します。
  7. ファイル複製サービス イベント ログの新しいエラーを確認してください。
ジャーナル ラップ状態が修正されると、次のようなイベント ログ エントリを記録する必要があります。

イベントの種類: 情報
イベント ソース: NtFrs
イベント ID: 13516
説明:
ファイル レプリケーション サービスはサーバー コンピューターがドメイン コント ローラー妨げなくなりました。システム ボリュームは正しく初期化されて、システム ボリュームが SYSVOL として共有される準備がある、Netlogon サービスに通知しました。

ジャーナル ラップ エラーが修正されるをクリックします。 [はい] [警告] ダイアログ ボックスし、SBS セットアップを再試行することができます。

環境では、1 つ以上の作業ドメイン コント ローラーがある場合は、NTFRS エラーを解決するには、次の Microsoft Knowledge Base 資料の手順を実行します。
290762 レプリカ セットの BurFlags レジストリ キーを使用してファイル複製サービスを再初期化するのには

NTFRS の問題のもう 1 つは、最も一般的な原因は、接続や名前解決の問題です。この例では、ファイル レプリケーション サービス ログに表示されます、次のようなエラー イベント。

イベント ソース: NtFrs
イベント ID: 13508
説明: ファイル レプリケーション サービスから SERVER1 へのレプリケーションを有効にするときには
C:\windows\sysvol\domain は、DNS 名 server1.contoso.local FRS を使用して SERVER2
再試行されます。この警告が表示されます理由のいくつかを次に示します。

この問題を解決するには、次の手順を実行します。
  1. クリック ボタンをクリックし、[ Exchange Server 2010 SP1 をインストールした後 Outlook クライアント アプリケーションがパブリック フォルダーに接続できない] cmd 続いて と入力して [ ].
  2. 接続をテストするのには、Ping コマンドとは、ソース ・ サーバの内部の完全修飾ドメイン名 (FQDN) を使用します。これを行うには、次のコマンドを実行します。
    Ping<FQDN></FQDN>
    このコマンドで、 <FQDN>、元のサーバーの FQDN を表します</FQDN>。
  3. 元のサーバーの sysvol 共有にネットワーク ドライブをマップしようとしてください。これを行うには、次のコマンドを実行します。
    Net use * \\<Source_Server_Name></Source_Server_Name>\sysvol
    このコマンドで、 <Source_Server_Name>、ソース サーバーの名前を表します</Source_Server_Name>。
  4. 2011 標準の SBS サーバーからの RPC の接続性、ソース サーバー上のファイアウォール プログラムがブロックされていないことを確認します。
  5. SBS 2011 は、services.msc を開くし、ファイル レプリケーション サービスを再起動します。
  6. かどうかを確認するには、SBS 2011 サーバーでファイル複製サービス イベント ログを確認します。 エラーが発生しました。
NTFRS サービスが正しく動作している場合は、次のイベントが表示される必要があります。
ファイル レプリケーション サービスのログ名:
ソース: NtFrs
イベント ID: 13516
説明:

ファイル レプリケーション サービスは、コンピューター CONTOSOSERVER ドメイン コント ローラー妨げなくなりました。システム ボリュームは正しく初期化されて、システム ボリュームが SYSVOL として共有される準備がある、Netlogon サービスに通知しました。
このイベントは、ファイル複製サービス イベント ログに記録される後をクリックします。 [はい] 警告メッセージ ダイアログ ボックスし、SBS のレプリケーションを再設定することができます。

詳細

FQDN は、ドメイン ネーム システム (DNS) と、コンピューターや DNS ツリー階層内のリソースの場所を示すために使用される、階層構造の名前付け形式です。Fqdn およびサポートされている名前付け構造に関する詳細については、公開されている RFC 1035 であります ("ドメイン名: 実装および仕様」)。

Ping コマンドの詳細については、次の Microsoft Technet のトピックを参照してください。
Ping

プロパティ

文書番号: 2612832 - 最終更新日: 2013年7月16日 - リビジョン: 5.1
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Windows Small Business Server 2011 Standard
  • Windows Small Business Server 2008 Standard
  • Windows Small Business Server 2008 Premium
キーワード:?
kbmt KB2612832 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:2612832
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com