Microsoft システム センター Data Protection Manager 2012 RC との相互運用を有効にする修正プログラムがシステム センターの Data Protection Manager 2010 の利用します。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 2615782
すべて展開する | すべて折りたたむ

概要

この資料では Microsoft システム センター Data Protection Manager (DPM) 2012年リリース候補 (RC) を使用して、Microsoft システム センター Data Protection Manager (DPM) 2010年のサーバーを集中管理することができますは、修正プログラムについて説明します。さらに、この資料では、この修正プログラムによって修正される問題について説明します。

詳細

System Center DPM 2012 RC を単一のコンソールを使用して複数のシステム センターの DPM サーバーを管理することができます。この修正プログラムを適用した後、システムの中央の DPM 2010 サーバーおよびシステム センターの DPM 2012 RC サーバーを管理するために、同じコンソールを使用できます。

中央の DPM をシステム リソースの状態を監視するのにには、中央のコンソールを使用できます。これには、DPM サーバー、コンピューターの保護された、テープ ・ ライブラリ、および利用可能なディスク スペースが含まれています。さらに、中央のコンソールでは、システム センターの DPM サーバー上で実行中のタスクを追跡します。復旧ポイントを確保されているかどうか、たとえば、中央のコンソールを追跡、スケジュールに時間と、サーバーはネットワーク上のかどうか。

この修正プログラムで解決する問題

次の問題は、この修正プログラムで解決されています。
  • インストールされているサードパーティ製品が Microsoft SharePoint Server 2010 サーバーを構成することはできません。
  • バックアップが Microsoft SharePoint サーバーで完了した場合でも、アイテム ・ レベルのリカバリが失敗します。
  • システム中央の DPM のクライアント コンピューターを起動すると、クライアント側ユーザー インターフェイス (UI) は、バックアップ ・ プロセスを開始します。バックアップ ・ プロセスが、クライアント コンピューターの起動時に保留中の場合は、起動処理が遅くなります。
  • 保護され、クラスター化された SQL データベースに多数のネットワーク診断フレームワーク (ファイルは、共有クラスター ディスク (1240 NDF ファイル) にわたって拡散 NDF) がある場合、最初のレプリケーションが終了しません。また、ジョブ 12 時間後にタイムアウトになります。
  • データ復旧フローのシステム センターの DPM サーバーで保護グループへの新しいクライアントを追加すると、UI が応答を停止します。この問題は、レプリカ用の十分な領域がないために発生します。

重要な情報

この修正プログラムをインストールした後、監視の UI を使用して、カスタム フィルターは保持されません。したがって、この修正プログラムを適用した後、次のディレクトリから JobFilters.xml ファイルをコピーする必要があります。
フォルダー %SystemDrive%\Users\User name\appdata\Microsoft\Microsoft システム センター Data Protection Manager DPMINstallLocation\DPM\bin
メモ この修正プログラム パッケージにはシステム センターの DPM 2010 のすべての言語バージョンに適用されます。

前提条件

Windows Server 2008 R2 を実行しているシステムの中央の DPM 2010 サーバーにこの修正プログラムを適用するには、次修正プログラムをインストールする必要があります。
2223201 Windows 7 ベースまたは Windows Server 2008 R2 ベースのコンピューター上の保護されたダイナミック ボリュームを拡張するとイベント ID 82 がシステム ログに記録することがあります。
Windows Server 2008 を実行しているシステムの中央の DPM サーバーまたは Windows Server 2008 サービス パック 2 の修正プログラムを適用するには、次修正プログラムをインストールする必要があります。
2279787 Windows Vista または Windows Server 2008 を実行しているコンピューター上の保護されたダイナミック ボリュームを拡張すると、イベント ID 82 がシステム ログに記録される可能性があります。
さらに、中央のコンソールには、Microsoft システム センター操作マネージャー (SCOM) 2007 R2 がシステム センターの DPM 環境の中央集中管理サーバーとして機能する必要があります。お客様がシステムの中央の DPM を一元管理するのみに使用される専用の Microsoft システム センター操作マネージャー (SCOM) 2012 RC サーバーがあることをお勧めします。この専用の 2012 RC の SCOM サーバーに Windows Server 2008 または Windows Server 2008 R2 を実行しているし、システムの中央の DPM の集中管理サーバーとして機能するコンピューターがあります。ダウンロードして、中央コンソールのサーバー側とクライアント側コンポーネントとシステム中央の DPM 2012 RC の集中管理コンポーネントをインストールする必要がありますもします。

インストール手順

この修正プログラムには、システム センターの DPM サーバー側の修正プログラム (DataProtectionManager2010 KB2615782.exe) が含まれています。サーバー側の修正プログラムは、中央のコンソール機能を有効にするのには、システム センターの DPM バイナリを更新します。システム中央の DPM 2010 を実行しているサーバーで、サーバー側の修正プログラム パッケージをインストールするには、サーバー上の DataProtectionManager2010-KB2615782.exe の実行可能ファイルを実行します。

メモ DataProtectionManager2010 ・ KB2615782.exe x 64-ベースの実行可能ファイルですし、x にのみ適用できます x64 ベース システムの中央の DPM サーバー。この修正プログラムをインストールした後、システムの中央の DPM 管理者コンソールを使用して、保護エージェントを更新する必要があります。これを行うには、次の方法のいずれかを使用します。

方法 1

  1. システム中央の DPM 管理者コンソールを開きます。
  2. クリックして、 管理 タブをクリックしをクリックして、 エージェント タブ。
  3. で、 保護されたコンピューター 一覧表示するでコンピューターを選択し、クリックしてください 更新プログラム アクション ペインで。
  4. クリック [はい]プロパティ [エージェントの更新.
  5. で、 資格情報の入力と再起動のオプション 表示されるダイアログ ボックスに資格情報を入力、選択、 選択したサーバーを後で手動で再起動します。 オプションをクリックし. ].

方法 2

  1. 次のディレクトリにシステム センターの DPM 2010 サーバーから更新プログラム保護エージェント パッケージを入手します。
    Data Protection Manager インストール location\DPM\Agents\RA\3.0.8180.0000
    • X 86 ベースのコンピューターを更新するには、次の修正プログラムを使用して: i386\1033\DPMAgentInstaller_KB2615782.exe
    • X 64 ベースのコンピューターを更新するには、次の修正プログラムを使用して: amd64\1033\DPMAgentInstaller_KB2615782_AMD64.exe
    • DPMAgentInstaller.exe パッケージにはすべての言語に適用されます。
  2. 保護されたコンピューターごとに、適切な DPMAgentInstaller.exe パッケージを実行します。
  3. システム中央の DPM 2010 は、システム センターの DPM 管理者コンソールを開きます。
  4. クリックして、 管理 タブをクリックしをクリックして、 エージェント タブ。
  5. 保護されたコンピューターを選択し、エージェントのバージョンが 3.0.8180.0000 であることを確認します。
詳細については、「サポート技術情報」資料を参照するには、次の資料番号をクリックしてください。
2581742 Microsoft System Center Data Protection Manager 2010年の相互運用性の修正プログラムの一元管理システム センター Data Protection Manager 2012年のベータ版

情報を再起動します。

この修正プログラムを適用した後に、コンピューターを再起動するとして必要。

修正プログラムの置き換えに関する情報

この修正プログラムは、以前にリリースされた修正プログラムを置き換えません。

この修正プログラムをダウンロードする方法

この修正プログラムをダウンロードするには、次のマイクロソフト ダウンロード センター web サイトを参照してください。
元に戻す画像を拡大する
ダウンロード
修正プログラム パッケージをダウンロードします。
リリース日: 2012 年 2 月 1日

マイクロソフトのサポート ファイルをダウンロードする方法の詳細については、「サポート技術情報」資料を参照するには、次の資料番号をクリックしてください。
119591 オンライン サービスからマイクロソフトのサポート ファイルを入手する方法
マイクロソフトは配布ファイルのウイルスをスキャンします。マイクロソフトは、ファイルが転記された日付に利用可能な最新のウイルス検出ソフトウェアを使用します。ファイルは、ファイルに不正な変更を防止するセキュリティが強化されたサーバーに格納されます。

プロパティ

文書番号: 2615782 - 最終更新日: 2012年2月20日 - リビジョン: 1.0
キーワード:?
kbfix atdownload kbexpertiseinter kbmt kbsurveynew KB2615782 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:2615782
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com