HTTP のバージョンを Outlook オフライン アドレス帳 (OAB) はダウンロードされません。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 2619347
すべて展開する | すべて折りたたむ

現象

Microsoft Office Outlook 2007年、Microsoft Outlook 2010、または Microsoft Outlook 2013 を使用して、Microsoft Exchange Server メールボックスに接続します。手動ダウンロードのオフライン アドレス帳 (OAB)、HTTP (S) の位置から開始すると、[ Outlook 送受信の進行度] ダイアログ ボックスに表示される進行状況バー固定したり固定されています。ダウンロードが完了しない、ローカルの OAB ファイルは更新されません。

原因

この問題の既知の原因のいくつかがあります。

  • コンピューターのワイヤレス デバイス ドライバーが古く

古い場合はこの問題が発生する可能性があります。 またはワイヤレス周辺機器の最新のデバイス ドライバーがインストールされます。これには、キーボードおよびマウスのドライバーが含まれます。

  • ポリシーは、バック グラウンド インテリジェント転送サービス (BITS) がコンピューターに構成されています。

BITS ポリシーの更新プログラムのダウンロードの速度を制御できます。ポリシーの値が正しく構成されていない場合は、効果的にそれらからのダウンロードを防ぐことができますを終了します。

  • バック グラウンド インテリジェント転送サービス サービスは開始されていません

バック グラウンド インテリジェント転送サービスサービスは実行されていない場合は、オフライン アドレス帳はダウンロードされません。

解決方法

この問題を解決するのには、次の方法のいずれかを使用します。

  • ワイヤレス ハードウェアのデバイス ドライバーを更新します。

ワイヤレス受信機に接続して、更新プログラムを確認するのには、次の Microsoft Windows Update web サイトを参照してください。

http://update.microsoft.com

省略可能なハードウェアの更新として表示されます、次のタイトルを持っている更新プログラムをインストールします。

マイクロソフトの HID ユーザーの入力データのフィルター

または、最新の IntelliPoint または IntelliType ソフトウェアをインストールします。これを行うには、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。

http://www.microsoft.com/hardware/downloads

サード パーティ製のキーボードまたはマウスを使用している場合は、製造元の web サイトを参照してくださいし、デバイス ドライバーまたはデバイス用の最新の更新プログラムの最新バージョンをダウンロードします。

  • レジストリのすべてのビットのポリシーを確認します。

最新の場所から OAB をダウンロードするのには、使用している場合は、ビットの OAB ダウンロード処理が処理されます。この構成では、構成された BITS ポリシーがあるかを判断する必要があります。

BITS ポリシーをレジストリ内の次のキーの下にあります。

HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Policies\Microsoft\Windows\BITS

このキーの下の次の DWORD 値を設定できます。

EnableBitsMaxBandwidth
MaxBandwidthValidFrom
MaxBandwidthValidTo
MaxTransferRateOnSchedule
MaxTransferRateOffSchedule

EnableBitsMaxBandwithを見つける場合 = 1BITS のダウンロード制限が有効とビットでダウンロードを管理するための他の値。この OAB ダウンロード問題が解決されるかを確認するのにはダウンロードのビットを調整を無効にするのには、システム管理者に問い合わせてください。

  • バック グラウンド インテリジェント転送サービスが開始されているかどうかを確認します。

最新の場所から OAB をダウンロードするのには、使用している場合は、ビットの OAB ダウンロード処理が処理されます。この構成では、バック グラウンド インテリジェント転送サービスサービスの状態を開始することを確認する必要があります。

  1. [スタート] メニューの検索プログラムおよびファイルボックスに Services.mscを入力し、結果ウィンドウに、 「services.msc」 ] をクリックして。
  2. サービスダイアログ ボックスで、[バック グラウンド インテリジェント転送サービスサービスを探します。
  3. サービスの状態を確認します。サービスの状態開始するかどうかを確認する必要があります。



    場合は、バック グラウンド インテリジェント転送サービス サービスを開始、サービスを開始するのには、次の手順に進んでください。
  4. [サービス] ダイアログ ボックスでバック グラウンド インテリジェント転送サービスをダブルクリックします。
  5. [スタートアップの種類ドロップダウン自動 (遅延開始)] を選択し、[適用] をクリックします。


  6. その後、サービスを開始する開始をクリックします。

注意してください、できますもを確認は、バック グラウンド インテリジェント転送サービス サービスの現在の構成を表示するのには、レジストリします

キー: HKEY_LOCAL_MACHINE\system\currentcontrolset\Services\BITS
DWORD:開始
値: 4 = 無効、3 = 手動、2 = 自動

レジストリでサービスの状態を変更します。この情報は参照用としてのみ提供されます。

詳細

Outlook 2007 および Outlook 2010

オフライン アドレス帳をダウンロードするのには、最新の場所を使用しているかどうかを判断するのには、次の手順を使用できます。

  1. 現在実行されていない場合は、Outlook を起動します。
  2. CTRLキーを押し、タスク バーの右端の通知領域の Outlook アイコンを右クリックし、[テスト電子メールの自動構成] をクリックします。
  3. Guessmart を使用する] チェック ボックスをオフにする] をクリックし、 Guessmart 認証をセキュリティで保護する] チェック ボックスをオフにします。
  4. 自動検出の使用] チェック ボックスをオンにします。
  5. 入力された場合は、お客様のメール アドレスパスワードを入力し、[テスト] をクリックします。
  6. [結果] タブのパスはOAB URLを注意してください。

OAB URL値をHTTPで始まる場合は、最新の場所は、オフライン アドレス帳をダウンロードするのには使用しては。OAB URL値がパブリック フォルダーの場合は、最新の場所、OAB をダウンロードするのには使用してはいません。

注: Outlook 2013 だけ HTTP の場所を使用して、OAB をダウンロードします。

プロパティ

文書番号: 2619347 - 最終更新日: 2013年4月10日 - リビジョン: 2.0
キーワード:?
kbmt KB2619347 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:2619347
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com