Lync オンラインで Office 365 を専用にサインインしようとすると"サーバーが一時的に利用できないためにサインインできません」のエラー

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 2619522 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

現象

Microsoft Lync Online の専用の Microsoft Office 365 にサインインすることはできません。併せて、次のエラー メッセージが表示されます。

サーバーが一時的に利用できないためにサインインできません。問題が引き続き発生する場合は、システム管理者に問い合わせてください。

原因

この問題は、次の理由のいずれかが発生します。

原因 1

Lync オンラインの権利はないです。

原因 2

Lync オンライン サービスへの接続を持っていません。

原因 3

64 ビットの Windows オペレーティング システムを実行しています。

メモ この原因には Communicator 2007 の R2 にのみ適用されます。

解決方法

この問題を解決するのには、それぞれの状況に適切なメソッドを使用します。

原因 1 の解決方法

Microsoft 管理サービス サービス提供プロバイダー (MMSSPP) の規定に従って Lync のアカウント オブジェクトを管理しました。組織 ( extensionattribute5) などの資格属性が Active Directory に Lync のユーザーを準備するのには、MMSSPP を使用します。

注: どの資格属性が不明な場合は、組織で使用して、領域の専門家やサポート契約の条件に従ってのサービス配布マネージャー (SDM) にお問い合わせください。

お客様のアカウントが Lync オンラインの対象であることを確認します。Lync オンラインの対象である場合は、以下の解決方法を使用を続行します。

原因 2 の解決方法
  1. Internet Explorer のプロキシ アドレスの設定が組織の標準に準拠を検証します。
  2. AddToFirewallExceptionListレジストリ エントリの次のレジストリ キーが1に設定されていることを確認してください。
    HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Communicator
  3. OCS と Lync クライアントは、体系的に 1 つが解決するか、クライアントがタイムアウトになるまでに、特定の DNS レコードを照会することで、Lync Online サービスにお問い合わせくださいしようとします。クライアントの DNS レコードを解決できる場合は、クライアントに対してサービスを登録し、認証プロセスを開始しようとします。(SIP トラフィックから開始)。クライアントは、次のコマンドを使用して DNS クエリを実行するのには、ユーザーのサインイン用アドレスのサフィックスを読み取ります。
    • _sipinternaltls._tcp.microsoft.com - の SRV レコード
      通常、sipint1.microsoft.com の A レコードを指す
    • _sip._tls.microsoft.com - の SRV レコード
      通常、sipint2.microsoft.com の A レコードを指す
    • sipinternal.microsoft.com ・ レコード
    • sip.microsoft.com ・ レコード
    • sipexternal.microsoft.com ・ レコード

    DNS レコードがクライアント最初を解決し、接続することができますは、ユーザーの接続方法によって異なります。OCS または Lync の標準的な展開を内部 DNS サーバーと外部 DNS サーバーが SRV レコードを発行します。両方の SRV レコードは A レコードに] をポイントし、適切なポートを指定する: 5061 の内部ポートと外部ポートを 443。クライアントは、SRV レコードを解決できない場合は、クライアントの A レコードに移動します。通常、OCS または Lync の展開 sipinternal の A レコードを公開します。sipdomain>.com は、内部の DNS サーバーのみにします。同様に、A レコードを sipexternal。sipdomain>.com では、外部 DNS サーバーにのみ公開します。ただし、A レコード、sip。sipdomain>.com、内部と外部両方の DNS サーバーには発行します。また、A レコードは関連の SRV レコードによくです。クライアントは A レコードを接続しようとすると、共有されます。sipdomain>.com、クライアントされます常にそうはポート 5061。それが失敗した場合は、クライアントはポート 443 を試みます。外部のトラフィックはすべて、443 番ポートに提示しなければならないが、内部トラフィックはポート 5061 を使用します。

    クライアント認証に関する問題をトラブルシューティングするための接続性テストは、組織の展開し、ユーザーの接続方法に依存しているために異なります。有効なトラブルシューティング テストの一般的な例を次に示します。

    メモ 既定では、Windows Vista と Windows 7 インストールされた telnet の機能はありません。機能をインストールするのには、コントロール パネルを開きをクリックしてくださいプログラムと機能[ Windows の機能のオン/オフ、し選択、 Telnet クライアント チェック ボックスします。数分後は、インストールを完了します。

    (VPN など) の内部で接続
    • 有効なトラブルシューティング テストを実行するのには、次の手順を実行します。
      1. コマンド プロンプトに入力します。 Nslookup、し、Enter キーを押します。
      2. 種類 設定の種類 srv =、し、Enter キーを押します。
      3. 種類 _sipinternaltls._tcp。sipdomain.com、し、Enter キーを押します。
      4. レコードは A レコードとポート番号を参照し、入力 終了.
      5. 種類 telnetレコード>ポート>、し、Enter キーを押します。
      注: Telnet コマンドの予想結果は、画面が空白です。
    • 有効なトラブルシューティング テストを実行するのには、次の手順を実行します。
      1. コマンド プロンプトでNslookupと入力し、Enter キーを押します。
      2. タイプタイプ設定 srv =、し、Enter キーを押します。
      3. 種類 _sip._tls。sipdomain>.com、し、Enter キーを押します。
      4. レコード A レコードおよびポート番号を参照して、終了します。
      5. タイプの A レコードを telnet >ポート>、し、Enter キーを押します。

      注: Telnet コマンドの予想結果は、画面が空白です。
    • コマンド プロンプトに入力します。 telnet の sipinternal。sipdomain>.com 5061、し、Enter キーを押します。

      注: Telnet コマンドの予想結果は、画面が空白です。
    • コマンド プロンプトに入力します。 telnet の sip。sipdomain>.com 5061、し、Enter キーを押します。

      注: Telnet コマンドの予想結果は、画面が空白です。

    外部接続 (リモート アクセス)
    • 有効なトラブルシューティング テストを実行するのには、次の手順を実行します。
      1. コマンド プロンプトに入力します。 Nslookup、し、Enter キーを押します。
      2. 種類 設定の種類 srv =、し、Enter キーを押します。
      3. 種類 _sip._tls。sipdomain>.com、し、Enter キーを押します。
      4. レコードは A レコードとポート番号を参照し、入力 終了.
      5. 種類 telnetレコード>ポート>、し、Enter キーを押します。

      注: Telnet コマンドの予想結果は、画面が空白です。
    • コマンド プロンプトに入力します。 telnet の sipexternal。sipdomain>.com 443、し、Enter キーを押します。

      注: Telnet コマンドの予想結果は、画面が空白です。
    • コマンド プロンプトに入力します。 telnet の sip。sipdomain>.com 443、し、Enter キーを押します。

      注: Telnet コマンドの予想結果は、画面が空白です。

  4. 特定の DNS レコードを解決することができますが、それでもアドレスが正しいポート (5061 の内部ポータルと外部ポートを 443) に telnet することはできない場合は、基本的なネットワーク接続のトラブルシューティングを行う必要があります。これを行うには、次の手順を実行します。
    1. 信頼できるインターネット サイトへの接続を検証します。
    2. 信頼できるイントラネット サイトを (内部で接続されている) への接続を検証します。
    3. 組織の標準によると、ユーザーのプロキシの設定が設定されていることを確認します。これを行うには、Internet Explorer を開始をクリックしてくださいツール[ インターネット オプション[ 接続プロパティ [LAN の設定.
    4. Communicator または Lync Windows ファイアウォールの例外リストに追加されることを確認します。
    5. すべてのサードパーティ製のファイアウォール アプリケーションが実行されていないことを確認してください。

  5. すべての設定を検証する場合は、失敗した接続を収集し、問題をエスカレートする tracert コマンドを実行します。これを行うには、実行します。 tracert の sip.microsoft.com コマンド プロンプトで。
  6. クライアントは、正常に認証する必要があります。しかし、そのランダムがし再度サインインします。これは、ネットワーク接続の問題も可能性があります。これを解決するのには、次の手順を実行します。
    1. ユーザーの WLAN 接続が使用されていないことを確認します。ユーザーは、ワイヤード (有線) LAN 接続を使用している場合は、ユーザーの WLAN アダプターを無効します。
    2. クライアントが解決しているし、問題が再現するまで接続する、次のコマンドが影響を受けるワークステーションに実行の A レコードを確認するのには、貴重なの DNS クエリを使用します。

      ? t l 750 に ping を実行手順 1 の A レコード>> c:\ping.txt
    3. 問題を再現して、クライアントが署名した後、CTRL キーを押しながら C を使用して ping コマンドを停止します。
    4. Ping の結果は、サポート契約の条項に従って手順 B からをマイクロソフトに送信します。
原因 3 の解決方法

Communicator が正常に認証することから防止問題は Office Communicator 2007 と 64 ビットのオペレーティング システムです。この問題を解決するのには、次のように、ユーザーのレジストリを更新します。

重要このセクション、方法、またはタスクには、レジストリの変更方法が記載されています。レジストリを誤って変更すると、深刻な問題が発生することがあります。そのため、この手順を慎重に実行するようにしてください。万一に備えて、編集の前にレジストリをバックアップしてください。そうすることで、問題が発生した場合でもレジストリを復元できます。レジストリをバックアップおよび復元する方法の詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
322756 Windows でレジストリをバックアップおよび復元する方法
  1. メモ帳を起動します。
  2. メモ帳のようちょうど、次のテキストをコピーします。
    Windows レジストリ エディタ バージョン 5.00[HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Lsa]"LmCompatibilityLevel"=dword:00000002
  3. メモ帳のファイルとして保存します。 64bitfix.reg.
  4. Office Communicator をシャット ダウンし、タスク マネージャーから communicator.exe のプロセスが実行中でないことを確認します。
  5. 64Bitfix.reg ファイルをダブルクリックして、ファイルを実行します。
  6. コンピューターを再起動し、もう一度 Office Communicator を実行します。

プロパティ

文書番号: 2619522 - 最終更新日: 2013年4月10日 - リビジョン: 7.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Business Productivity Online Dedicated
  • Microsoft Business Productivity Online Suite Federal
  • Microsoft Office Communicator 2007
  • Microsoft Office Communicator 2007 R2
  • Microsoft Office Communications Online Dedicated
  • Microsoft Lync 2010
キーワード:?
vkbportal226 kbmt KB2619522 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:2619522
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com