Windows 2000 での IIS 5. 0 の基本 (クリア テキスト認証の構成方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 262233 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

概要

ここでは Web サイトの基本 (クリア テキスト認証を Microsoft インターネット インフォメーション サービス (IIS) 5. 0 を使用して構成する方法について説明します。

詳細

Web サイトを使用していくつかの異なる形式の認証、ただし、この資料の焦点は特に基本 (クリア テキスト認証します。
301457ビューまたは IIS での認証方法を変更する方法
メモ 基本認証を使用すると強くお勧めします Secure Sockets Layer (SSL) を使用します。 基本認証でユーザー名、パスワードはクリア テキストで送信され、ネットワーク モニターによってキャプチャされる可能性がありますソフトウェア。 そのため、強くお勧めしますを使用する SSL、ユーザー名とパスワードは暗号化し、ネットワーク監視することによってキャプチャされたかどうかは読み取ることができませんようにソフトウェア。

基本 (クリア テキスト認証を構成する手順のについては、次の 3 つのセクションで記述されています。
  1. (必須) 基本 (クリア テキスト認証を構成します。
  2. ローカル、ログを構成するユーザー権利 (必須)
  3. 既定のログオン ドメイン (オプション) を構成します。

基本 (クリア テキストおよびユーザーの認証 (必須) を構成します。

Web サイトが複数の異なるフォーム認証の使用しても、ファイル転送プロトコル (FTP) サイトは、[匿名] または [ユーザーの認証に制限されます。 基本 (クリア テキスト認証を Web サイトと FTP サイト用のユーザー認証に必要な手順に専念だけ下詳細はする手順。

すべての Web サイトの構成 すべての Web サイトを構成するには、次の手順に従います。
  1. インターネット サービス マネージャーを開きます。
  2. コンピュータ名を右クリックし、 プロパティ をクリックします。
  3. [ マスター シェイプのプロパティ ] には [ WWW サービス 選択して 編集 ] をクリックします。
  4. [ ディレクトリ セキュリティ ] タブをクリックします。 [ 匿名アクセスおよび認証コントロール ] の [ 編集 をクリックします。
  5. 選択 基本認証 (パスワードはクリア テキストで送信) 。 受信すると、 続行してもよろしいですか? しますか? ] ダイアログ ボックスで、[ はい ] をクリックします。
  6. [OK ] をクリックして [ OK] をもう一度クリックします。
  7. [ 継承/優先 ] ダイアログ ボックスが表示されたら、) をクリックして すべて選択 して、 [OK ] をクリックします。
  8. マスター シェイプのプロパティを終了して [OK] をクリックします。
特定の Web サイトを構成します。 特定の Web サイトを構成するには、次の手順に従います。
  1. インターネット サービス マネージャーを開きます。
  2. next to、コンピュータ名ツリーを展開します。
  3. 特定 Web サイトを右クリックして [ プロパティ ] をクリックします。
  4. [ ディレクトリ セキュリティ ] タブをクリックします。 [ 匿名アクセスおよび認証コントロール ] の [ 編集 をクリックします。
  5. 選択 基本認証 (パスワードはクリア テキストで送信) 。 受信すると、 続行してもよろしいですか? しますか? ] ダイアログ ボックスで、[ はい ] をクリックします。
  6. [OK ] をクリックして [ OK] をもう一度クリックします。
  7. [ 継承/優先 ] ダイアログ ボックスが表示されたら、) をクリックして すべて選択 して、 [OK ] をクリックします。

ユーザーのローカル ログオン権利を構成する (必須)

基本 (クリア テキスト認証を必要のある Web ユーザーと両方の IIS で認証が必要な FTP ユーザーが、"ローカル ログオン ユーザー権限を必要です。 右には Microsoft Windows NT 4. 0 のローカル ログオン ユーザーでユーザー マネージャーによってが割り当てられましたが Microsoft Windows 2000 ではこの構成はポリシーを使用。

スタンドアロン サーバーを構成します。 スタンドアロン サーバーで、"ローカル ログオン権限を設定するには、次の手順に従います。
  1. [ローカル コンピューター ポリシー] スナップインで、Microsoft 管理コンソール (MMC) を開きます。 これを行うには、次の手順を実行します。
    1. [スタート ] をクリックし、入力 MMC ] で、 [OK] をクリックします。
    2. [ コンソール ] をクリックして [ スナップインの追加と削除 ] をクリックして [ 追加 ] をクリックします。
    3. グループ ポリシー を選択し、[ 追加 ] をクリックします。
    4. グループ ポリシー オブジェクトと ローカル コンピューター を表示することを確認し、 [完了] をクリックします。
    5. 閉じる をクリックし、 [OK] をクリックします。
  2. ユーザーまたはグループの"ローカル ログオン権限を与えます。 これを行うには、次の手順を実行します。
    1. MMC で次のパスを展開します。
      ローカル コンピューター Policy\Computer の構成 \Windows の設定 \ セキュリティの設定 \ ローカル ポリシー \ ユーザー権利の割り当て
    2. ローカルでログオンする] をダブルクリックします。
    3. 任意のユーザーまたは基本 (クリア テキスト認証を使用するグループを追加します。
ドメイン コントローラーの構成 : Windows 2000 ドメイン コントローラー上で IIS Web サーバーをインストールすることを推奨されません。 必要、Windows 2000 ドメイン コントローラーを IIS Web サーバーをインストールする場合は、グループ ポリシーを使用してローカル ログオン権利を構成するには、次の手順に従います。

ドメイン コントローラーで、"ローカル ログオン権限を設定するには、次の手順に従います。

  1. MMC で開きます、既定のドメイン コントローラーのポリシー] スナップイン。 これを行うには、次の手順を実行します。
    1. [スタート ] をクリックし、入力 MMC ] で、 [OK] をクリックします。
    2. [ コンソール ] をクリックして [ スナップインの追加と削除 ] をクリックして [ 追加 ] をクリックします。
    3. グループ ポリシー を選択し、[ 追加 ] をクリックします。
    4. [ 参照 ] をクリックします。
    5. ドメインのドメイン コントローラーをダブルクリックします。
    6. 既定のドメイン コントローラーのポリシー をダブルクリックし、 [完了] をクリックします。
    7. 閉じる をクリックし、 [OK] をクリックします。
  2. ユーザーまたはグループの"ローカル ログオン権限を与えます。 これを行うには、次の手順を実行します。
    1. MMC で次のパスを展開します。
      既定のドメイン コントローラー Policy\Computer 構成 \Windows の設定 \ セキュリティの設定 \ ローカル ポリシー \ ユーザー権利の割り当て
    2. ローカルでログオンする] をダブルクリックします。
    3. 任意のユーザーまたは基本 (クリア テキスト認証を使用するグループを追加します。
  3. ポリシーを更新します。 これを行うには、コマンド プロンプトを開き、 secedit/refreshpolicy machine_policy を入力し、コマンド プロンプトを閉じます。

既定のログオン ドメイン (オプション) を構成します。

クリア テキスト形式の認証を構成する、省略可能な手順は、 既定のログオン ドメイン を構成します。 この省略可能な値を設定、ドメイン ユーザーは認証の入力を求めるメッセージが表示されたら、ドメイン名を入力する必要されるできなくなります。

すべての Web サイトの構成 構成する、既定のログオン ドメインのすべての Web サイトには、次の手順に従います。
  1. インターネット サービス マネージャーを開きます。
  2. コンピュータ名を右クリックし、 プロパティ をクリックします。
  3. [ マスター シェイプのプロパティ ] には [ WWW サービス 選択して 編集 ] をクリックします。
  4. [ ディレクトリ セキュリティ ] タブをクリックします。 [ 既定のドメインの選択 を、 編集 をクリックします。
  5. 自分のドメイン名を入力または 参照 をドメインを検索するをクリックします。
  6. [OK ] をクリックして [ OK] をもう一度クリックします。
  7. [ 継承/優先 ] ダイアログ ボックスが表示されたら、) をクリックして すべて選択 して、 [OK ] をクリックします。
  8. マスター シェイプのプロパティを終了して [OK] をクリックします。
特定の Web サイトを構成します。 特定の Web サイトの既定のログオン ドメインを構成するには、次の手順に従います。
  1. インターネット サービス マネージャーを開きます。
  2. next to、コンピュータ名ツリーを展開します。
  3. 特定 Web サイトを右クリックして [ プロパティ ] をクリックします。
  4. [ ディレクトリ セキュリティ ] タブをクリックします。 既定のドメインの選択 、クリック 編集 してください。
  5. 自分のドメイン名を入力または 参照 をドメインを検索するをクリックします。
  6. [OK ] をクリックして [ OK] をもう一度クリックします。
  7. [ 継承/優先 ] ダイアログ ボックスが表示されたら、) をクリックして すべて選択 して、 [OK ] をクリックします。

プロパティ

文書番号: 262233 - 最終更新日: 2006年11月21日 - リビジョン: 3.2
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Internet Information Services 5.0
キーワード:?
kbhowto kbmt KB262233 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:262233
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。
サポート期間が終了した「サポート技術情報」資料に関する免責事項
この資料は、マイクロソフトでサポートされていない製品について記述したものです。そのため、この資料は現状ベースで提供されており、今後更新されることはありません。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com