累積的な更新 6 でシステム センター操作マネージャー 2007 R2 は

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 2626076
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料でには、累積的な更新 6 では、Microsoft システム センター操作マネージャー 2007 R2 に含まれている変更の完全な説明が含まれます。

オペレーション マネージャー 2007 R2 の累積的な更新 6 では、オペレーション マネージャー 2007 R2 のすべての以前の累積的な更新を含むし、クロス ・ プラットフォームのすべての更新プログラムが含まれています。

Operations Manager 2007 R2 の累積的な更新 6 をダウンロードするには、次のマイクロソフト ダウンロード センター web サイトを参照してください。
累積的な更新 6 で System Center Operations Manager 2007 R2 のダウンロードします。

累積的な更新 6 オペレーション マネージャー 2007 R2 の次の問題を解決します。
  • ネットワーク名リソースと PrincipalNames は、エージェントの同期でない場合は、RMS のプロモーションを失敗します。
  • UI は、100 MB のメモリ使用量のフィールド、ウィザードでのみに限定されます。
  • 追加の Oid では、認証の証明書は正しく処理されません。
  • AEM は、エージェントの NetBIOS 名に基づく OpsMgr で重複するコンピューター オブジェクトを作成します。
  • OpsMgr 2007 R2 リモート コンソールでレポートのウィンドウを開くことができません。
  • スケジュールされたレポートのスケジュールを表示できません。
  • ManagementServerConfigTool"promoterms"オプションを使用は、SDK サービスがポーリングを停止するために失敗します。
  • OpsMgr のレポート エラーが Windows 7 の失敗:「レポートを初期化できません」。
  • ACS イベント、ACS データベース内のカテゴリとして"n/a"をあります。
  • エージェントレスの監視リスナーに応答に失敗した場合を検出するを確認します。
  • 暗号化キーおよび暗号化のコンテキストを SCOM SDK メモリ リークが発生します。
  • [スケジュールの編集] をクリックし、メッセージ ボックスが表示されたら、変更値を保存することはできません。
  • AdtServer のプロセスがクラッシュすると監査イベントが失われることができます。
累積的な更新 6 オペレーション マネージャー 2007 R2 の次のクロスプラット フォームの問題を解決します。
  • IBM AIX 6.1 エージェントをインストールする、AIX 5.3 パッケージを正しくチェックします。
  • システムが再起動した後、ローカルのファイル ・ システムがマウントされる前に実行する OpsMgr エージェントに対して Solaris 起動します。
  • Red Hat Linux バージョン 4 とバージョン 9 の SUSE Linux、LVM ディスクが検出され、監視することはできません。
  • OpsMgr エージェント aix 上の監視対象のプロセスの引数は報告されません。
  • マイクロソフト セキュリティ更新プログラム MS12 006、OpsMgr の管理サーバーにインストールされている場合は、管理サーバーは、Linux または UNIX サーバー上の OpsMgr エージェント通信できます。
  • HP-UX では、OpsMgr では発見し、で構成される 128 個以上の物理ボリュームの論理ボリュームを監視することができません。
累積的な更新 6 オペレーション マネージャー 2007 R2 の次のプラットフォームの機能を追加します。
  • IBM AIX 7.1 (電力) をサポートします。
  • Oracle の Solaris 11 のサポート (x86 および SPARC)。
IBM AIX 7.1 および Oracle の Solaris の 11 の新しいエージェントは、オペレーション マネージャー 2007 R2 の累積的な更新 6 で含まれています。次のマイクロソフト web サイトにアクセスすると、これらのオペレーティング システムの新しいバージョンの管理パックをダウンロードできます。
System Center Operations Manager 2007 R2 のクロス プラットフォームの管理パックの監視

詳細

Operations Manager 2007 R2 の累積的な更新 6 で解決する問題

元に戻す全体を表示する
現象シナリオ
OpsMgr エージェント AIX 6.1 上で不足している依存関係が失敗します。OpsMgr の探索ウィザードを使用して OpsMgr エージェント AIX 6.1 上でインストールまたは手動で不足している依存関係に関するエラーが報告する場合。この依存関係は、AIX 5.3、AIX 6.1 上でのインストールの前提条件はできませんからファイルです。
必要なローカルのファイルが見つからないため、システムの再起動後、OpsMgr エージェント Solaris 上で失敗します。OpsMgr エージェントでは、Solaris のインストール プロセスは、上のローカル ファイル システムのマウントされている依存関係を持たない、スタートアップ項目を作成します。そのため、タイミングのバリエーション、エージェントが必要なファイルを見つけることができませんが、ローカルのファイル ・ システムがマウントされます前に実行する、エージェント可能性があります。
Red Hat Linux バージョン 4 とバージョン 9 の SUSE Linux は、LVM のディスクが検出監視したり使用しません。LVM のディスクを表示することができないすべての Red Hat Linux 4 と、OpsMgr 2007 の R2 の CU5 を使用して、監視対象の SUSE Linux 9 オペレーティング システムで発生します。
AIX では、OpsMgr エージェント監視対象プロセスの引数は報告されません。CIM クラス SCX_UnixProcess を使用して、カスタム モニターを作成すると、「パラメーター」フィールドは、常に空白として AIX コンピューターに返されます。
マイクロソフトのセキュリティ更新プログラムの場合、OpsMgr の管理サーバー、管理サーバーからのすべての通信は HTTP 501 エラーでの Linux または UNIX の結果を OpsMgr エージェントの MS12 006 がインストールされます。MS12 006 方法のデータを変更するセキュリティ更新プログラム用のトランスポート SSL/TLS でセキュリティの脆弱性を削除するためにパッケージされています。変更は無効です。ただし、Linux/UNIX のすべてのオペレーティング システムに OpsMgr エージェントを使用して、誤った前提になりますこの変更を理解することはできません。これですべての通信は HTTP 501 エラーが発生します。
HP-UX の 127 を超える物理ボリュームを持つ論理ボリュームが検出され、ために監視することはできません。HP-UX オペレーティング ・ システム上の論理ボリュームを検出すると、128 個以上の物理ボリュームをボリュームを持っている場合、OpsMgr エージェント HP-UX の内部エラーを受信します。エラーは無視し検出監視またはされていないディスクになります。

この更新プログラムの既知の問題

この更新プログラムの既知の問題はありません。

推奨されるインストール順序

この累積的な更新プログラム、次の順序でインストールすることを推奨します。
  1. ルート管理サーバー (RMS)
  2. 操作マネージャーのデータベースの手動で、次のセクションで説明しているプロシージャのファイルが含まれているを実行して更新を保存しました。
    • [ルート管理サーバーと、データ ウェアハウスの更新後に実行する必要があります手動操作」
    • [ACS コレクターの更新後に実行する必要があります手動操作」
  3. -手動で「、管理パックをインポートする」のセクションで説明する管理パックをインポートします。
  4. セカンダリ管理サーバー
  5. ゲートウェイ サーバー
  6. エージェントを更新 - 検出ベースのインストールを使用するエージェントを展開します。
  7. オペレーション コンソールの役割を持つコンピューター

    このロールを更新すると、選択、 サーバーの更新を実行します。 オプション、 ソフトウェア更新プログラム ダイアログ ボックス。
  8. Web コンソール サーバーの役割を持つコンピューター
  9. 手動でインストールされたエージェントのエージェントの更新プログラムを適用します。
  10. 監査コレクション サービス (ACS) の役割のコンピューター

ACS のコンピューターに、累積的な更新プログラムを適用した後、次の手順を実行します。
  1. Net stop adtserver。
  2. DbUpgV6toV7.sql を実行します。
  3. Net start adtserver。
DbUpgV6toV7.sql を実行する方法の詳細については、「後を実行する必要があります手動での操作、ACS コレクターの更新」を参照してください。

インストールに関する補足

  • インストーラーのスプラッシュ スクリーンを使用してコンポーネントを更新すると、次の 3 つの更新プログラムのインストーラーを実行することがあります。RMS などのコンポーネントを更新すると、各インストーラーが起動しをクリックする必要があります。 終了日します。更新が完了するとします。次のインストーラーが自動的に起動します。

インストールの手順

この更新プログラムに含まれているファイルを抽出するには、次の手順を実行します。
  1. 次のファイルは、ローカル フォルダーまたは、利用可能なネットワーク共有にコピーします。
    SystemCenterOperationsManager2007-R2CU6-KB2626076-X86-X64-IA64-ENU.MSI
  2. このファイルは各該当するコンピューターにローカルで実行します。たとえば、このファイルで、ルート管理サーバー (RMS) を実行します。

    注意?
    • Windows エクスプ ローラーまたはコマンド プロンプトのいずれかを使用してこのファイルを実行します。
    • このファイルは、Windows Server 2008 を実行しているコンピューター上で実行するには、管理者特権でコマンド プロンプトを使用する必要があります。管理者特権のコマンド プロンプトを使用して起動したコマンド プロンプトのです、 管理者としての実行します。 オプションです。管理者特権のコマンド プロンプトで windows インストーラー ファイルを実行しない場合は、システム センター操作マネージャー 2007年のソフトウェアの更新のスプラッシュ画面で修正プログラムをインストールすることはできません。
  3. システム センター操作マネージャー 2007年ソフトウェアの更新] ウィンドウで、[更新] の更新は、ロールを選択します。

この累積的な更新プログラムは、クラスター化されたルート管理サーバーに適用する推奨される手順

この累積的な更新プログラムは、クラスター化されたルート管理サーバーに適用する推奨される手順の詳細についてには、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。

ルート管理サーバーと、データ ウェアハウスの更新後に実行する必要があります手動での操作

SQL スクリプトを実行します。

この更新プログラムには、手動で適用する必要があります修正プログラムが含まれます。C:\program ファイル (86) システム センター 2007 R2 修正プログラム utility\KB2626076 \SQLUpdate\CU_DataWarehouse.sql ファイルに対する操作マネージャー データ ウェアハウス (OperationsManagerDW) を実行して、Operations Manager データベースに対する (OperationsManager) c:\program ファイル (x86) システム センター 2007 R2 の修正プログラムの utility\KB2626076 の \SQLUpdate\CU_Database.sql ファイルを実行して、これらの修正プログラムが適用されます。以下が手順例となります:
  1. コンピューターにはデータベース システム管理者 (SA) 権限を Operations Manager 2007 データベースのインスタンスを持つユーザー アカウントを使用して、そのホスト、Operations Manager 2007 データベース ログオンします。データベースの更新をリモートで実行するには、コンピューターにホスト SQL Server Management Studio、Operations Manager 2007 データベースに適切な SA 権限を持つユーザー アカウントを使用してログオンします。
  2. SQL Server Management Studio を実行します。
  3. で、 サーバーへの接続します。 ダイアログ ボックスでは、Operations Manager データベースをホストする SQL Server のインスタンスに接続します。既定のデータベース名は OperationsManager です。
  4. ツールバーをクリックします。 新しいクエリ.
  5. SQL エディター ツールバーの [を使用して、 使用可能なデータベース Operations Manager のデータベースを選択するオプションを指定します。
  6. で、 ファイル メニューをクリックして と入力して、C:\program ファイル (x86) システム センター 2007 R2 の修正 utility\KB2626076\SQLUpdate\ を参照するには、Windows インストーラー (.msi ファイル) で抽出された CU_Database.sql ファイルを選択し、クリックしてと入力して.
  7. ファイルが読み込まれるをクリックします。 実行 SQL エディター] ツールバーのします。
  8. ビュー、 メッセージ SQL の Transact コマンドが正常に実行されたかどうかを確認するウィンドウです。
  9. SQL Server Management Studio を終了します。
  10. 操作マネージャーのデータ ウェアハウスには、手順 1 〜 8 を繰り返します。ただしの SQL Server、運用マネージャーのデータ ウェアハウスをホストするインスタンスに接続し、\SQLUpdate\CU_DataWarehouse.sql ファイルを実行します。

ACS コレクターを更新した後に実行する必要があります手動での操作

SQL スクリプトを実行します。

この更新プログラムには、手動で適用する必要があります修正プログラムが含まれます。これらの修正プログラムは、ACS データベース (OperationsManagerAC2) から %SystemDrive%\Windows\System32\Security\AdtServer\DbUpgV6toV7.sql ファイルを実行して適用されます。以下が手順例となります:
  1. コンピューターにはデータベース システム管理者 (SA) 権限を ACS データベースのインスタンスを持つユーザー アカウントを使用して、そのホストの ACS データベース ログオンします。データベースの更新をリモートで実行するには、コンピューターにホスト SQL Server Management Studio、ACS データベースに適切な SA 権限を持つユーザー アカウントを使用してログオンします。
  2. SQL Server Management Studio を実行します。
  3. で、 サーバーへの接続します。 ダイアログ ボックスでは、ACS データベースをホストする SQL Server のインスタンスに接続します。既定のデータベース名は OperationsManagerAC2 です。
  4. ツールバーをクリックします。 新しいクエリ.
  5. から、 SQL エディター ツールバーを使用して、 使用可能なデータベース ACS データベースを選択するオプションを指定します。
  6. で、 ファイル メニューをクリックして と入力して、、Windows インストーラー (.msi ファイル) がインストールされている %SystemDrive%\Windows\System32\Security\AdtServer\DbUpgV6toV7.sql ファイルを選択し、をクリックして と入力して.
  7. ファイルが読み込まれるをクリックします。 実行 続いて SQL エディター ツールバー。
  8. ビュー、 メッセージ SQL の Transact コマンドが正常に実行されたかどうかを確認するウィンドウです。
  9. SQL Server Management Studio を終了します。

管理パックをインポートします。

ManagementPacks フォルダーで提供される管理パックは、オペレーション コンソールで管理パックのインポート ウィザードを使用して手動でインポートする必要があります。

次の更新された管理パックにパッケージのインストールの ManagementPacks フォルダーにあります。
  • Microsoft.SystemCenter.DataWarehouse.Report.Library.mp
  • Microsoft.SystemCenter.WebApplication.Library.mp
  • Microsoft.SystemCenter.WSManagement.Library.mp

Web コンソール サーバーの役割を持つコンピューター上の Web.Config ファイルを更新します。

Web コンソールによって作成されたすべての cookie をクライアントの cscript でアクセスできないことを確認するには、Web コンソール サーバー上の Web.Config ファイルに次の構成を追加します。
<httpCookies httponlycookies="true"></httpCookies>

Web コンソールで SSL を実行する構成されている場合は、ただし、次の構成を Web.Config ファイルにではなくすべての cookie が暗号化されていることを確認するのには追加します。
<httpCookies httponlycookies="true" requiressl="true"></httpCookies>
これらの行の 1 つだけは、Web.Config ファイルに追加するがあります。<system.web>タグを参照してくださいし、<system.web>を含む行後すぐに、新しい行を追加するまでのいずれかの次の行を追加するには、Web.Config ファイルでスクロールします。

</system.web></system.web>

Linux/UNIX の管理パックをインストールして、Linux/UNIX のエージェントを更新します。

オペレーション マネージャー 2007 R2 の累積的な更新 6 にはではサポートされている Linux および UNIX オペレーティング システムでは、AIX 7.1 および Solaris 11 の新しい管理パックと新しいエージェントが含まれます。したがって、完全にこの累積的な更新プログラムをインストールするには、/UNIX の Linux コンピューターの監視が最新であるかどうかを確認するには、次の手順に従ってくださいする必要があります。
  1. ダウンロードして、次のマイクロソフト web サイトから、更新された管理パックをインストールします。
    System Center Operations Manager 2007 R2 のクロス プラットフォームの管理パックの監視
  2. Linux や環境では、監視している UNIX のバージョンごとの更新された管理パックをインポートします。
  3. Operations Manager 2007 R2 の探索ウィザードを使用すると、監視、Linux および UNIX のコンピューターを検出し。コンピューターを再検出した後、自動的にそれらのコンピューター上のエージェントをアップグレードします。

この累積的な更新プログラムに含まれている更新済みのサポート ツール

次の更新ファイルの SupportTools フォルダー Microsoft SQL Server 2005 Reporting Services に SQL Server 2008年のレポート サービスと SQL Server 2008年のレポート サービスには、SQL Server 2008 R2 Reporting Services からのアップグレードをサポートしています。
SRSUpgradeTool.exe

操作マネージャー 2008 R2 配布メディアの SupportTools フォルダーに付属しているファイルではなく、プラットフォームの適切なバージョンのこのファイルを使用します。

高度なインストールの手順については、コマンド プロンプトで

このサイトからダウンロードしたインストーラー (修正プログラム ユーティリティ) がアンパックでブートス トラップ アプリケーションと必要な MSP ファイルの累積的な更新 6 を Operations Manager 2007 R2 をインストールします。各コンピューターに修正プログラム ユーティリティを実行して、修正プログラム ユーティリティを実行した後に呼び出される、GUI インターフェイスを使用して、Operations Manager 2007 R2 の累積的な更新 6 を展開するには良いです。ただし、適切なコンピューターに展開されたディレクトリとファイルをコピーすることによって、修正プログラム ユーティリティの複数のインストールを回避できます。これらのファイルは、次の場所には、修正プログラム ユーティリティでパックです。
\Program ファイル (x86) \System Center 2007 R2 Hotfix Utility\KB2626076\

オペレーション マネージャー 2007 R2 には、コマンド プロンプト用の累積的な更新 6 をインストールする場合は、次のコマンドを使用します。

SetupUpdateOM.exe/x86msp:KB<#>-x86.msp/amd64msp:KB<#>-x64.msp/ia64msp:KB<#>-ia64.msp/x86locmsp:KB<#>- x 86 -<LOC>.msp/amd64locmsp:KB<#>x-64 -<LOC>.msp/ia64locmsp:KB<#>の ia64 -<LOC>.msp UpdateAgent/Silent/noreboot</LOC> </#> </LOC> </#> </LOC> </#> </#> </#> </#>


/サイレント ・フラグは、GUI インターフェイスを使用して、Operations Manager 2007 R2 の累積的な更新 6 をインストールする場合に必要です。<LOC>パラメーターは、ダウンロードした更新プログラムの適切な言語コードに置き換えます。<#>パラメーターは、マイクロソフト サポート技術情報の文書番号この累積的な更新プログラムを置き換えます。

たとえば、Operations Manager 2007 R2 を (英語版) の累積的な更新 6 で次のコマンドを実行します。
</#></LOC>
SetupUpdateOM.exe/x86msp:KB2626076-x86.msp/amd64msp:KB2626076-x64.msp/ia64msp:KB2626076-ia64.msp/x86locmsp:KB2626076-x 86-ENU.msp/amd64locmsp:KB2626076-64 ENU.msp/ia64locmsp:KB2626076 x-ia64-ENU.msp UpdateAgent/Silent/noreboot


手動でエージェントを更新するのには、インストール手順の詳細

累積的な更新 6 で Operations Manager 2007 R2 をパッケージの完全な内容をコピーすることがなくエージェントを更新すること手動でことができます。エージェントに更新プログラムを展開するには、次の手順を実行します。
  1. "インストールの手順については、コマンド プロンプトで「高度なセクションで指示を使用して、修正プログラム ユーティリティをインストールします。既定では、次の場所にファイル エージェントを更新するために必要を示します。
    タイプのファイル (x86) \System Center 2007 R2 Hotfix Utility\KB2626076
  2. 適切な .msp ファイルを選択 (たとえば、C:\temp\CU6_Agent)、エージェントを手動で更新する各コンピューター上のフォルダーにコピーします。
  3. 次の 2 つのコマンドは、コマンド プロンプトで更新プログラム ファイルを含むフォルダーからを実行します。このフォルダーは、提案をここで実行した場合 C:\temp\CU6_Agent です。(ex: x 64 のアーキテクチャと英語の言語)。

    msiexec.exe/p"C:\temp\CU6_Agent\KB2626076-x64-Agent.msp"再起動「インストーラー」

    msiexec.exe/p"C:\temp\CU6_Agent\KB2626076-x64-ENU-Agent.msp"再起動「インストーラー」

ファイルのリストとロール

UNIX および Linux エージェントの更新された次のフォルダーには、この更新プログラムをインストールし、古い UNIX および Linux エージェント、次のフォルダーにこの更新プログラムを削除します。
Files\System Center Operations Manager の 2007\AgentManagement\UnixAgents をプログラムします。

更新されたエージェントは、次の形式と298のバージョン番号を使用するファイル名があります。
scx-1.0.4-298-ServerType.ServerVersion.アーキテクチャ.PackageType


注意

  • プレース ホルダーServerType UNIX または Linux のサーバ製品の名前を表します。
  • プレース ホルダーServerVersion サーバーの種類のバージョン番号を表します。
  • プレース ホルダーアーキテクチャ セットアップ先のコンピューターのプロセッサ アーキテクチャを表します。
  • プレース ホルダーPackageType インストール ファイルの種類を表します。

たとえば、次の SUSE Linux のエンタープライズ サーバーの 10 (x86) 用のエージェントは、ファイル名の形式です。
scx-1.0.4-298-sles.10.x86.rpm

システム センター操作マネージャー 2007 R2 累積的な更新 5 に含まれているエージェントのバージョン数277のであります。このバージョン番号のすべてのエージェント ・ ファイルは、この更新プログラムのインストール中に削除されます。

クロス プラットフォームの累積的な更新 2 (979490 修正プログラム) のシステム センター操作マネージャー 2007 R2 に含まれているエージェントのバージョン数258のであります。このバージョン番号のすべてのエージェント ・ ファイルは、この更新プログラムのインストール中に削除されます。

システム センター操作マネージャー 2007 R2 クロス プラットフォーム エージェントの更新プログラムで (修正プログラム 973583) に含まれているエージェントのバージョン数252のであります。このバージョン番号のすべてのエージェント ・ ファイルは、この更新プログラムのインストール中に削除されます。

システム センター操作マネージャー 2007 R2 の元のリリースに含まれているエージェントのバージョン数248のであります。これらのファイルは、インストール中には削除されません。ただし、これらのファイルは 1 キロバイト (KB) のファイルで置き換えられます。これらの 1 KB のファイルを削除するオプションがあります。これらのファイルは次のとおりです。
  • scx-1.0.4-248.aix.5.ppc.lpp.gz
  • scx-1.0.4-248.aix.6.ppc.lpp.gz
  • scx-1.0.4-248.hpux.11iv2.ia64.depot.Z
  • scx-1.0.4-248.hpux.11iv2.parisc.depot.Z
  • scx-1.0.4-248.hpux.11iv3.ia64.depot.Z
  • scx-1.0.4-248.hpux.11iv3.parisc.depot.Z
  • scx-1.0.4-248.rhel.4.x64.rpm
  • scx-1.0.4-248.rhel.4.x86.rpm
  • scx-1.0.4-248.rhel.5.x64.rpm
  • scx-1.0.4-248.rhel.5.x86.rpm
  • scx-1.0.4-248.sles.10.x64.rpm
  • scx-1.0.4-248.sles.10.x86.rpm
  • scx-1.0.4-248.sles.9.x86.rpm
  • scx-1.0.4-248.solaris.10.sparc.pkg.Z
  • scx-1.0.4-248.solaris.10.x86.pkg.Z
  • scx-1.0.4-248.solaris.8.sparc.pkg.Z
  • scx-1.0.4-248.solaris.9.sparc.pkg.Z

元に戻す全体を表示する
ファイル名バージョンサーバーの役割エージェントの役割ゲートウェイの役割ACS の役割X Plat の役割
Access_Violation_ _Unsuccessful_Logon_Attempts.rdl該当しません。X
ActionsPane.ascx該当しません。X
AdtAgent.exe6.1.7221.99XX
AdtServer.exe6.1.7221.99X
AdtSrvDll.dll6.1.7221.99X
AlertPropertypage5.ascx該当しません。X
AuditingMessages.dll6.1.7221.99X
Blank.aspx該当しません。X
DataViews.js該当しません。X
DetailsTypeAlert.aspx該当しません。X
DetailsTypePerformance.aspx該当しません。X
DetailsTypeTaskStatus.aspx該当しません。X
DisableForwarding.ps1該当しません。X
EnableForwarding.ps1該当しません。X
EventCommon.dll6.1.7221.99XXX
Forensic_ _All_Events_For_Specified_User.rdl該当しません。X
FormatTracing.cmd該当しません。XXX
HeaderControl.ascx該当しません。X
HealthExplorer.css該当しません。X
HealthExplorerView.ascx該当しません。X
HealthService.dll6.1.7221.99XXX
HealthServiceMessages.dll6.1.7221.99XXX
HealthServicePerformance.dll6.1.7221.99XXX
HealthServiceRuntime.dll6.1.7221.99XXX
HSLockdown.exe6.1.7221.99XXX
Login.aspx該当しません。X
MainStyles.css該当しません。X
Microsoft.EnterpriseManagement.DataWarehouse.DataAccess.dll6.1.7221.99X
Microsoft.EnterpriseManagement.HealthService.Modules.DataWarehouse.dll6.1.7221.99X
Microsoft.EnterpriseManagement.HealthService.Modules.Notification.dll6.1.7221.99X
Microsoft.EnterpriseManagement.HealthService.Modules.WorkflowFoundation.dll6.1.7221.99XXX
Microsoft.EnterpriseManagement.Modules.Azure.dll6.1.7221.99XXX
Microsoft.EnterpriseManagement.OperationsManager.ClientShell.Console.psc1該当しません。X
Microsoft.EnterpriseManagement.OperationsManager.ClientShell.dll6.1.7221.99X
Microsoft.EnterpriseManagement.OperationsManager.ClientShell.dll help.xml該当しません。X
Microsoft.EnterpriseManagement.OperationsManager.ClientShell.Format.ps1xml該当しません。X
Microsoft.EnterpriseManagement.OperationsManager.ClientShell.Functions.ps1該当しません。X
Microsoft.EnterpriseManagement.OperationsManager.ClientShell.NonInteractiveStartup.ps1該当しません。X
Microsoft.EnterpriseManagement.OperationsManager.ClientShell.Startup.ps1該当しません。X
Microsoft.EnterpriseManagement.OperationsManager.ClientShell.Types.ps1xml該当しません。X
Microsoft.EnterpriseManagement.OperationsManager.Common.dll6.1.7221.99X
Microsoft.EnterpriseManagement.OperationsManager.DataAbstractionLayer.CommonSetup.dll6.1.7221.99X
Microsoft.EnterpriseManagement.OperationsManager.DataAbstractionLayer.dll6.1.7221.99X
Microsoft.EnterpriseManagement.OperationsManager.dll6.1.7221.99X
Microsoft.EnterpriseManagement.OperationsManager.Web.ConsoleFramework.dll6.1.7221.99X
Microsoft.EnterpriseManagement.UI.Administration.dll6.1.7221.99X
Microsoft.EnterpriseManagement.UI.Authoring.dll6.1.7221.99X
Microsoft.EnterpriseManagement.UI.Authoring.resources.dll6.1.7221.99X
Microsoft.EnterpriseManagement.UI.Reporting.dll6.1.7221.99X
Microsoft.Mom.Common.dll6.1.7221.99XXX
Microsoft.Mom.ConfigServiceHost.exe6.1.7221.99X
Microsoft.Mom.DataAccessLayer.dll6.1.7221.99X
Microsoft.Mom.DiscoveryDatabaseAccess.dll6.1.7221.99X
Microsoft.Mom.Modules.ClientMonitoring.dll6.1.7221.99X
Microsoft.Mom.Modules.DataTypes.dll6.1.7221.99XXX
Microsoft.Mom.RecorderBarBHO.dll1.0.0.2X
Microsoft.Mom.Sdk.ServiceDataLayer.dll6.1.7221.99X
Microsoft.Mom.Sdk.ServiceHost.exe6.1.7221.99X
Microsoft.Mom.ServiceCommon.dll6.1.7221.99X
Microsoft.MOM.UI.Common.dll6.1.7221.99X
Microsoft.MOM.UI.Components.dll6.1.7221.99X
Microsoft.MOM.UI.Console.exe6.1.7221.99X
Microsoft.Mom.UI.Wrappers.dll6.1.7221.99X
MicrosoftRSChart.dll2.0.0.175X
MicrosoftRSChartDesigner.dll2.0.0.175X
MobileWebConsole.dll6.1.7221.99X
MomADAdmin.exe6.1.7221.99X
MOMAgentInstaller.exe6.1.7221.99XX
MOMAgentInstallerPS.dll6.1.7221.99XX
MOMAgentManagement.dll6.1.7221.99XX
MomBidLdr.dll5.2.3790.1290XXX
MOMConnector.dll6.1.7221.99XXX
MomConnectorMessages.dll6.1.7221.99XXX
MOMConnectorPerformance.dll6.1.7221.99XXX
MomIISModules.dll6.1.7221.99XXX
MOMModuleMsgs.dll6.1.7221.99XXX
MOMModules.dll6.1.7221.99XXX
mommodules2.dll6.1.7221.99XXX
MOMMsgs.dll6.1.7221.99X
MOMNetworkModules.dll6.1.7221.99XXX
MOMPerfSnapshotHelper.exe6.1.7221.99XXX
MOMScriptAPI.dll6.1.7221.99XXX
MOMSCXLogModules.dll6.1.7000.277X
MOMV3。SP2_7221_signed.cab該当しません。XXX
MomWsManModules.dll6.1.7221.99XXX
MonitoringHost.exe6.1.7221.99XXX
MPConvert.exe6.1.7221.99X
MPExport.exe6.1.7221.99X
MPImport.exe6.1.7221.99X
MPVerify.exe6.1.7221.99X
OperationalDataReporting.exe6.1.7221.99X
OpsMgrVssWriterService.exe6.1.7221.99X
Planning_ _Logon_Counts_of_Privileged_Users.rdl該当しません。X
PrereqResource.dll6.1.7221.0X
RootWebConsole.dll6.1.7221.99X
RSSWebConsole.dll6.1.7221.99X
ScopingForm.aspx該当しません。X
SCXAgents.dll6.1.7000.295X
scxcertconfig.exe6.1.7000.277X
SecureStorageBackup.exe6.1.7221.99X
SecureStorageSDK.dll6.1.7221.99X
StateSummary.ascx該当しません。X
TitleBar.js該当しません。X
TraceConfig.exe6.1.7221.99XXX
tracefmtsm.exe6.1.7221.99XXX
TraceLogSM.exe6.1.7221.99XXX
Usage_ _Privileged_logon.rdl該当しません。X
Usage_ _User_Logon.rdl該当しません。X
ViewTypeFavoritesOverview.aspx該当しません。X
ViewTypeOverview.aspx該当しません。X
Web.Config該当しません。
WSSDiscovery.exe6.1.7221.99XX

プロパティ

文書番号: 2626076 - 最終更新日: 2012年5月15日 - リビジョン: 1.0
キーワード:?
kbmt KB2626076 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:2626076
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com