インターネット上で使用可能な簡易ネットワーク タイム プロトコル (SNTP) タイム サーバーの一覧

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 262680 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料で、簡易ネットワーク タイム プロトコルについて説明します。(SNTP) タイム サーバー、インターネット上で利用可能です。

詳細

2 つのレベル、または階層のネットワーク タイム プロトコルです。インターネット上で利用可能です (NTP) タイム サーバー。NTP で定義されています。要求のコメント (RFC) 1305年。

第 1 レベルのタイム サーバーします。主に対象として元のタイム サーバーは第 2 レベルのタイム サーバーとして動作するように。第 1 レベルのタイム サーバーはミッション ・ クリティカルなを提供できる場合があります。タイム ・ サービス。第 1 レベルのタイム サーバーによって、制限付きのアクセスを必要があります。ポリシーです。

第 2 レベルのタイム サーバーは、一般的な SNTP タイムを目的としています要求に対応します。第 2 レベルのタイム サーバーは、通常、パブリック アクセスを有効にします。これです。第 2 レベルのタイム サーバーは、通常の SNTP タイム サーバーを使用することを推奨します。構成は、通常、ことができますがより近いネットワーク上あるため迅速な更新プログラムを生成します。

任意の時点を調査することをお勧めしますサーバーの選択は、特定のタイム ・ サーバーを満たしていることを確認するのには要件:

タイム サーバー一覧

次のようなエラー メッセージを受信可能性があります。
この web サイトのセキュリティ証明書の問題です。

この web サイトで提示されたセキュリティ証明書は信頼された証明機関によって発行されましたいません。

セキュリティ証明書の問題ごまかされないか、サーバーに送信するデータを傍受しよう可能性があります。

この web ページを閉じるし、この web サイトには進まないでくださいことをお勧めします。
いずれかの次のリンクは、Web サイトを続行をクリックすると、このエラー メッセージが表示される場合。マイクロソフトのタイム サーバーの一覧を維持や、時間の 1 つのサーバー上で、もう 1 つをお勧めしません。これらのリンクは、参照と、構成に適切な時刻サーバーを選択するには、[リサーチのです。マイクロソフトは、そのワークグループ コンピューター同期マイクロソフトの NTP サーバー (time.windows.com) をお勧めしています。別のタイム ソースを使用する場合は、階層の 2 時間のサーバーのいずれかを使用することをお勧めします。使用可能な階層 2 時間サーバーを検索するには、次の Web サイトを参照してください。
https://support.ntp.org/bin/view/Servers/StratumTwoTimeServers
階層の 2 つのタイム サーバーの一覧を使用する前に、「ルールの活動」を参照してください。「ルールの活動」を読み取るには、次の Web サイトを参照してください。
http://support.ntp.org/bin/view/Servers/RulesOfEngagement
ドメイン メンバーのコンピューターが参加して、 Domain Hierarchy-Based 同期のトピックには、次のマイクロソフト Web サイトに記載されているように、ドメインの階層を使用して時刻を同期するアプリケーション サーバーを構成する必要があります。
.aspx の http://technet.microsoft.com/en-us/library/cc773013 (WS.10)
(ワークグループ) がドメインに参加しているワークステーションまたはサーバーを同期するには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
.aspx の http://technet.microsoft.com/en-us/library/cc757721 (WS.10)

関連情報

Windows Server および Windows NT にタイム ・ サービスの使用の詳細については、「サポート技術情報」資料を表示するには、次の資料番号をクリックします。
888794仮想ホスト環境における Active Directory のドメイン コント ローラーをホストする場合の考慮事項
243574 「タイム サーバーは、NET TIME コマンドを使用しての SNTP タイム サーバーを設定した後見つかりませんでした」
216734 Windows 2000 では、権限のあるタイム サーバーを構成する方法
224799 Windows タイム サービスの基本操作
951531 W32Time サービス、CMOS の時計が Windows XP または Windows Server 2003 ベースのコンピューターをインターネットに、W32Time サービスの停止後に同期されません。
875495 検出し、Windows Server 2003 で USN ロールバックから回復する方法
939322 高精度の環境での Windows タイム サービスを構成するのには、境界をサポートします。
897615 マイクロソフト以外のハードウェア仮想化ソフトウェアを実行している Microsoft ソフトウェアのサポート ポリシー
289668 運用コンピューターと Active Directory と FRS の効果時間を進める

プロパティ

文書番号: 262680 - 最終更新日: 2012年7月9日 - リビジョン: 1.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Windows Server 2008 Datacenter without Hyper-V
  • Windows Server 2008 Enterprise without Hyper-V
  • Windows Server 2008 for Itanium-Based Systems
  • Windows Server 2008 R2 Datacenter
  • Windows Server 2008 R2 Enterprise
  • Windows Server 2008 R2 Standard
  • Windows Server 2008 Standard without Hyper-V
  • Windows Server 2008 Datacenter
  • Windows Server 2008 Enterprise
  • Windows Server 2008 Standard
  • Windows Web Server 2008 R2
  • Windows Web Server 2008
  • Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, Standard Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, Datacenter Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, Datacenter x64 Edition
  • Microsoft Windows Server 2003, Enterprise x64 Edition
  • Microsoft Windows Server 2003, Web Edition
  • Microsoft Windows Small Business Server 2003 Premium Edition
  • Microsoft Windows Small Business Server 2003 Standard Edition
  • Microsoft Windows XP Professional
  • Microsoft Windows XP Tablet PC Edition
  • Microsoft Windows 2000 Server
  • Microsoft Windows 2000 Advanced Server
  • Microsoft Windows 2000 Professional
キーワード:?
kbproductlink kbinfo kbnetwork kbmt KB262680 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:262680
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com