Outlook 電子メール セキュリティ更新プログラムの管理者向けの情報: 2000 年 6 月 7 日

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 263297 - 対象製品
この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP263297
この資料で Microsoft Outlook 98 バージョンを参照してください。 263296 .
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

についての情報を掲載します。技術 (IT) プロフェッショナルおよび管理者については、Microsoft Outlook電子メール セキュリティ アップデートは、2000 年 6 月 7 日にリリースされました。

重要: この資料では、に関する一般的な情報を含まれません、セキュリティ更新プログラム。この資料を読む前に、マイクロソフトでは、について、次の Microsoft Knowledge Base の理解します。資料:
262631 詳細についてはOutlook 電子メール セキュリティ更新プログラム

詳細

概要

Microsoft Outlook 電子メール セキュリティ更新プログラム多く用意されています。悪意のあるの拡散を防ぐために設計されたセキュリティ機能添付ファイルやカスタム コード。Microsoft Exchange Server を使用している場合は、管理者は、これらの新機能の動作を制御できます。ただし、配信先メール管理者はユーザーの設定をカスタマイズする必要があります。Exchange Server のメールボックス。受信メールの配信がある任意の構成カスタマイズした設定を個人用フォルダー (.pst) ファイルは使用できません (たとえば、インターネット メールのみ (IMO) モードで Outlook を使用している場合)。

使用して、この資料に記載されているツールを満たすために、セキュリティ更新プログラムをカスタマイズできます。組織のニーズ。たとえばの種類を制御することができます接続されています。Outlook では、ブロックされたファイルの変更、Outlook オブジェクト モデルの警告通知は、ユーザーまたはグループのセキュリティ レベルを指定します。

ユーザーカスタマイズ可能な設定のために制御できない管理者すべての設定を制御します。パブリック フォルダー内に格納されている設定をExchange Server のコンピューター、および管理者だけがフルアクセスするにはフォルダー。その他のすべてのユーザーは読み取り専用のアクセス許可を与えられます。ユーザーの開始時Outlook は、Outlook 管理者がある場合を表示するには、Windows レジストリ キーをチェックします。ユーザーのカスタム設定を使用できることを指定します。レジストリ キーがない場合見つかりました、または Outlook のカスタマイズされた設定を有効にするのには、レジストリ キーが設定されていません。既定のセキュリティ設定と、すべての機能を使用して、セキュリティ更新プログラムが有効になって。ただし、レジストリ キーが存在して、設定されている場合カスタム設定を有効にするには、Outlook がユーザーの設定を取得、Exchange Server のコンピューター上のパブリック フォルダー。

一度カスタムのセキュリティ設定が設定されていて、正常に動作、Outlook 自動的に同期することができます。これらのカスタム セキュリティ設定をユーザーがオフラインを使用してオフライン作業している場合フォルダー ファイル (.ost)。これを行うには、ユーザーは Outlook のセキュリティを追加する必要があります。[お気に入り] フォルダーにパブリック フォルダーを設定し、同期をフォルダー表示されます。お気に入りにフォルダーを追加すると、その表示ことがありますが、正常に動作します。

関連情報については、オフライン フォルダー、および使用する方法はそのためには、「サポート技術情報」資料を参照するには、次の資料番号クリックします。
195435オフライン フォルダーとどのようにそれらを使用しないでください。

管理者向けの情報とツールの入手方法

Microsoft Office リソース キット (ORK) の Web サイトが含まれています。情報および管理者がダウンロードできるファイル。一般的な情報について、セキュリティ更新プログラムを管理する方法が、次に置かれています。Microsoft の Web サイト:
http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyId=A3CB8711-D709-4ABB-9475-4707A4A4A7DE
さらには、次の 2 つのファイルをダウンロードできます。Microsoft の Web サイト:
http://www.microsoft.com/office/orkarchive/2000ddl.htm#secupd
Admpack.exe ファイルには、次のファイルが含まれます。
  • マニュアルが含まれている Readme.txt ファイル管理者です。
  • Outlook セキュリティ フォーム テンプレート(OutlookSecurity.oft)。
  • 設定されているコンピューターにポリシー ファイル (Outlk9.adm)システム ポリシーを使用します。
O2ksec_a.exe ファイルには、OQFE7117_Admin.msp が含まれているファイルMicrosoft Office の管理者用インストールを更新するために使用できます。

Outlook のセキュリティ設定のフォルダーを設定する方法

: Outlook 電子メール セキュリティ更新プログラムのカスタム設定を使用するにはMicrosoft Exchange Server 5.0 またはそれ以降のバージョンのみをサポートします。マイクロソフトバージョン 4.x の Exchange Server はサポートされていません。

組織Outlook セキュリティ設定は、Outlook セキュリティ設定フォルダーに保存されます。管理者設定、および個々 のクライアント コンピューターを設定します。必要に応じて設定このフォルダーから毎回 Outlook を取得できます。開始します。Outlook セキュリティ設定フォルダーがクライアントに使用可能でなければなりませんコンピューターを常にします。カスタム セキュリティ設定に依存しているプログラム可能性があります。場合に既定のセキュリティ設定を元に戻す、Outlook セキュリティ設定フォルダー使用できなくなります。

セクション 2.2 の Readme.txt ファイルの記述方法パブリック フォルダーを設定します。[Outlook セキュリティ] フォルダーの名前を付ける必要があります。"(引用符は不要) の設定をし、それはすべてパブリックでなければなりませんフォルダーのフォルダー。

フォルダーを作成する方法

Outlook のセキュリティ設定のフォルダーを作成するには。
  1. フォルダー一覧ウィンドウで、すべてのパブリック フォルダーを右クリックし、[新しいフォルダー] をクリックします。

    フォルダー一覧ウィンドウが表示されない場合は、 [表示] メニューの [フォルダー] ボックスの一覧をクリックします。
  2. 種類 Outlook のセキュリティ設定 としてフォルダーの名前を指定します。
  3. プロパティ] ダイアログ ボックスで、既定の設定を保存し、[ OK] をクリックします。

Outlook セキュリティ設定フォルダーのアクセス許可を設定する方法

Outlook のセキュリティ設定のフォルダーを作成した後は、行う必要があります。フォルダーに適切なアクセス許可を設定します。フォルダーの作成者として、自動的に所有者のアクセス許可、フォルダーであります。他を許可する場合人 Outlook のセキュリティ設定を設定すると、他のユーザーの所有者を与えることができます。フォルダーに対するアクセス許可。Microsoft がこの操作を行うことを推奨しています。判断します。フォルダーに対するアクセス許可を変更するのには
  1. フォルダー一覧ウィンドウで、 Outlook セキュリティ設定フォルダーを右クリックしプロパティ] をクリックして、[アクセス許可] タブをクリックします。
  2. アクセス許可の一覧で、 [既定] をクリックし、basic でのアクセス許可の読み取り専用のユーザーを必要があるため、役割を校閲者に変更、フォルダーです。
  3. 他のユーザー フォルダーを管理することができますしたい場合は、その名前を追加するには、[追加] ボタンをクリックします。ユーザーに所有者のアクセス許可を割り当てる追加します。
  4. [Ok]をクリックします。
Outlook セキュリティ設定フォルダーですべてのユーザーが表示できる、パブリック フォルダーの一覧です。さらに、ユーザーが含まれているアイテムを開くことができます、設定とそのためのすべての他のユーザーの構成方法を参照してください。

: 管理者のセキュリティ更新プログラムの動作をレジストリの変更についてユーザーのマシンを Winnt または Windows 2000 のユーザーする必要がありますは読み取り/実行アクセスを許可します。これは Winnt または Windows 2000 を確認するには。
  1. 開始実行を参照してください。
  2. Regedt32 と入力し、[ok] をクリックします。
  3. HKEY_USERS に移動し、[セキュリティ] メニューをクリックします。アクセス許可を選択します。
  4. Everyone グループが表示されます (ない場合いずれかを追加する) とその読みがかどうかを確認します。
  5. いることを確認するのには、[詳細設定] の下をチェックします。Everyone に読み取りアクセス許可があります。
  6. また"許可する継承可能な親からアクセス許可を確認します。このオブジェクトに継承"します。
  7. [Ok ] をクリックして変更を保存するには、regedt32 を終了します。
これをユーザーことが管理者としてログオンするこの KB のレジストリ キーを追加します。

Outlook セキュリティ フォームの使用方法

Outlook セキュリティ フォームを使用すると、セキュリティを変更することができます。Outlook ユーザーを設定します。Readme.txt ファイルのセクション 2.3 を提供します。フォームをインストールする方法の詳細な手順します。フォームをインストールすると、そのクリックして、Outlook のセキュリティ設定のフォルダーをデフォルトのフォームフォームを開き、新しいセキュリティ設定を作成するには、新規作成をします。

Outlook セキュリティ フォームを使用すると、フォルダーにアイテムを作成できます。ユーザーの既定のセキュリティ設定を格納します。さらに、ことができます。フォームを使用して、フォルダーに他のアイテムを作成するのには。各項目は、既定のセキュリティ設定の例外。例えば、作成できます、そのグループ内のメンバーのリストを含むフォルダー内のアイテムの「ユーザーの電源」カスタム設定します。フォーム、フォームの [メンバー ] ボックスにユーザー名を格納してのさまざまな設定が格納されています。Outlook ユーザー定義フィールド アイテムにします。構成できる設定添付ファイルには、簡単なメッセージング アプリケーションが Outlook オブジェクト モデルが含まれます。プログラミング インタ フェース (MAPI)、コラボレーション データ オブジェクト (CDO) との種類レベル 1 またはレベル 2 の一覧にあるファイル拡張子。Readme.txt ファイル個々 の設定についてのより詳細な情報が含まれています。

フォームの [メンバー ] ボックスを使用する場合、解決可能な電子メール アドレスを入力します。セミコロン区切りリスト全体が解決されるようにしたかのようにテキスト、電子メール メッセージの [宛先] ボックスに入力します。[メンバー ] ボックスからのデータは、アイテムの [宛先] フィールドに実際に格納されます。

入力すると、ファイルの拡張子をフォーム、指示されるように、Readme.txt ファイルには、ことを確認するには、各ファイル拡張子には、ファイル拡張子の前にピリオド (.) が含まれていないこと各拡張子をセミコロン (;) で区切られていて、ことができないことファイル拡張子の間のスペース。例を示します。
xyz ; yxz ; zyx
: フォームには CDO オブジェクト モデルが、これらの設定が含まれています。CDO 電子メール セキュリティ更新プログラムをインストールしない限り、設定は機能しません。 詳細については、「サポート技術情報」資料を参照するには、次の資料番号をクリックしてください。
268279CDO の詳細について電子メール セキュリティのアップデート
フォルダーには、"ほとんどの最近動作する注意してください。アイテムの作成"にします。1 つ以上のグループにユーザーを追加するとすると Outlook検索を開始しを含むには、最後に作成されたアイテムを使用します。ユーザーには。Outlook のすべてのアイテム、フォルダー、および Outlook から取得しませんすべての上で、ユーザーが与えられている権限が評価されません。フォルダーの履歴です。したがって、慎重に計画することが重要です、セキュリティ設定のグループとユーザーを各グループのメンバーです。

Windows レジストリ キーに関する情報

ユーザーが Outlook を起動すると、Outlook は場合は、レジストリを参照してくださいにチェックします。キーで設定し、カスタム セキュリティ設定を使用するように構成します。場合は、OutlookOutlook セキュリティ設定パブリック フォルダーからユーザーの設定を取得します。

レジストリ キーのDWORD値を保持して、次の場所にあります。
配置されて
Outlook の動作は、レジストリ キーを次に示しますと、値:
  • キーがありません: Outlook の動作 ロック ダウンモードです。
  • 値が 0 (ゼロ) Outlook の動作。ロック ダウン モードです。
  • 値は 1 (1): Outlook の検索ユーザーは、管理者の設定設定します。
重要: 記載されている現象が異なるかもしれません、セクション 2.4 の Readme.txt ファイルに記載されている動作です。、キーがない場合、または、キーの値を持たない場合、Readme.txt ファイルを意味します。0 で、サーバー上の設定を Outlook をチェックします。これは正しくありません。、既定の「ロックダウン」設定が使用されます、Outlook に保存されている設定パブリック フォルダー内の既定のセキュリティ設定フォルダーにします。

セクション 2.4 の Readme.txt ファイルを展開する方法の詳細についてを提供する、ユーザーのコンピューターのレジストリ。展開する方法をレジストリの構成やポリシーでいるかどうかによって異なります効果です。

レジストリ キーを手動で作成する方法

レジストリ キーを作成する方法の詳細については、のセクションを参照してください。2.4.3 の Readme.txt ファイルは。

サードパーティのメール サーバーにセキュリティ更新プログラムを実装する方法

セキュリティを実装する方法についてはサード パーティのメールでの更新します。サーバーは、「サポート技術情報」資料を参照するには、次の資料番号をクリックしてください。
265719他の Outlook 電子メール セキュリティ更新プログラムを実装する方法メール サーバー

関連情報

Outlook 電子メールのセキュリティの詳細について更新は、「サポート技術情報」資料を表示するには、次の資料番号をクリックします。
262631詳細についてはOutlook 電子メール セキュリティ更新プログラム
262701 Outlook 電子メール セキュリティ更新プログラムに関する開発者向け情報
263297 Outlook 電子メール セキュリティ更新プログラムの管理者向け情報
262634 Outlook 電子メール セキュリティ更新プログラムに関する既知の問題
264567 Outlook 電子メール セキュリティ更新プログラムの既知のセットアップの問題
264128 既知の相互運用性の問題は、Outlook 電子メール セキュリティ更新プログラム
264130 Outlook 電子メール セキュリティ更新プログラムがサードパーティの既知の問題

プロパティ

文書番号: 263297 - 最終更新日: 2012年7月27日 - リビジョン: 1.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Outlook 2000 Standard Edition
キーワード:?
kbupdate kbconfig kbregistry kbinfo kbhowto kbmt KB263297 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:263297
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com