Nokia Symbia の Lync Mobile で起こる問題をトラブルシュートする方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 2636322 - 対象製品

アップグレード前後、どちらの Office 365 を使用しているか確認するには、以下の Microsoft Web サイトを参照してください。
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

ユーザーは、Nokia Symbian 用の Lync 2010 モバイル クライアントを Nokia ストアから無料でダウンロード可能です。Lync Online ライセンスを割り当てられているユーザーは、このクライアントを使用して Lync Online に接続することができます。本資料では、Nokia Symbian 用の Lync 2010 モバイル クライアントを使用する際に生じる一般的な問題と、その解決方法を説明します。

詳細

アプリケーションのインストール

Nokia Symbian 用の Lync 2010 モバイル クライアントは、Nokia ストアから無料でダウンロードが可能です。ユーザーはこのアプリケーションを直接デバイスにインストールし、Office 365 ユーザー ID を使用してサインインします。

Lync 2010 モバイル クライアントのダウンロード時またはインストール時に問題が発生した場合は、接続の種類を 3G から Wi-Fi に、または Wi-Fi から 3G に変更し、その後、再度ダウンロードを行います。その後もクライアントをインストール出来ない場合は、携帯サービスのプロバイダーまたは Nokia サポートに連絡することをお勧めします。

サインイン要件

Lync Online ユーザーが Lync Mobile アプリケーションにサインインする際は、サインイン アドレスとパスワードの入力のみ必要となります。[Domain] (ドメイン) および [User name] (ユーザー名) のフィールドは、オンプレミス Lync Server を使用しているお客様用ですので、Lync Online には必要はありません。

Auto-Detect 設定と HTTP プロキシ認証情報を構成するには、[More Details] (携帯情報) をクリックします。

モバイル クライアント用の自動検出が構成されていない場合、ユーザーは表に記載されているフィールドに加え、次の内部および外部自動検出アドレスを入力する必要があります。
  • Internal discovery address (内部ディスカバリ アドレス) : https://webdir.online.lync.com/Autodiscover/autodiscoverservice.svc/Root
  • External discovery address (外部ディスカバリ アドレス): https://webdir.online.lync.com/Autodiscover/autodiscoverservice.svc/Root


Auto-Detect のトラブルシュート

Lync 2010 モバイル クライアントは、Lync 2010 デスクトップ クライアントの DNS 設定ではなく、別の DNS レコードを探します。自動検出処理が正しい Lync Online サービスを検出するには、使用する Session Initiation Protocol (SIP) ドメインに、下記基準を満たす CNAME レコードを作成する必要があります。
元に戻す全体を表示する
エイリアスドメイン
Lyncdiscover<ドメイン>
例: Contoso.com
Webdir.online.lync.com
トラブルシュートには、状況に応じて以下のメソッドを用います (複数の場合あり)。
  • nslookup コマンドと外部 DNS サーバーを使用して、DNS CNAME レコードが正しく構成されているかを判断します。
  • Wi-Fi と 3G を切り替えられる場合は、交互に切り替えて片方の接続種類に問題があるかを判断します。CNAME DNS レコードが正しいにも関わらず 3G データ接続でサインインに失敗する場合は、 携帯サービス プロバイダーのデータ接続に問題があると考えられます。
  • ユーザーに次のようなエラー メッセージが表示される場合:
    "Cannot connect to the server. It might be unavailable. Also please check your network connection, sign-in address and server addresses." (参考訳: サーバーに接続できません。サーバーが利用できない可能性があります。ネットワーク接続やサインイン アドレス、サーバー アドレスも確認してください。)
    通常、このエラー メッセージは下記いずれかの状況を示します。
    • DNS 名前解決の問題が存在する。
    • Lync 自動検出の CNAME レコードが誤って構成されている、または全く構成されていない。
  • サインイン時、ユーザーに次のようなエラー メッセージが表示される場合:
    "Can’t sign in. Please check your account information and try again." (参考訳: サインインできません。アカウント情報を確認し、再度お試しください。)
    このエラー メッセージは下記いずれかの状況を示しています。
    • Lync 2010 モバイル クライアントは、正しい Lync Online サーバーは検出するが、ユーザーが入力したサインイン アドレスを見つけられない。
    • パスワードが正しくない。

連絡先一覧

Lync 2010 モバイル クライアントに表示される連絡先一覧は読み取り専用です。モバイル デバイスから変更することは出来ません。一覧に連絡先を追加または削除する場合は、Lync 2010 デスクトップ クライアントまたは Outlook Web App (OWA) の Instant Messaging (IM) を使用します。

[チャット] タブと会話履歴

Lync 2010 モバイル クライアントの [Chats] (チャット) タブは、モバイル デバイスで発生した会話履歴をトラックするものです。デスクトップ クライアントでの会話は表示しません。モバイル デバイスの [チャット] は、Exchange メールボックスの [Conversation History] (会話履歴) フォルダーには表示されません。


Voice Voicemail (ボイスメール: 留守番電話)

[Voicemail] は、Exchange Unified Messaging (UM) からのみ開きます。UM でボイスメールが有効化されていない場合は、このタブは機能しません。

他のモバイル クライアントとの相違

Lync 2010 モバイル クライアントの機能比較については、次のMicrosoft TechNet ウェブサイトをご利用ください。
http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/hh691004.aspx


本資料で言及されるサードパーティ プロダクトとは、Microsoft 以外の会社が製造した製品を指します。Microsoft では、これら製品のパフォーマンスやその信頼性について一切の保証も行っておりません。

追加情報が必要な場合は Office 365 コミュニティ Web サイトを参照してください。

プロパティ

文書番号: 2636322 - 最終更新日: 2013年6月3日 - リビジョン: 7.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Office 365 for enterprises (pre-upgrade)
  • Microsoft Office 365 for small businesses? (pre-upgrade)
  • Microsoft Office Communications Online
  • Microsoft Office 365 for education? (pre-upgrade)
キーワード:?
o365 o365a o365e o365p o365062011 o365022013 pre-upgrade after upgrade KB2636322
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com