文書番号: 2638616 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

はじめに

このドキュメントは、次の新機能と変更のマイクロソフトの HPC Pack 2008 R2 Service Pack 3 (SP3) で使用可能な一覧です。ダウンロードして SP3 をインストールする方法の詳細についてを参照してください。 Microsoft HPC Pack 2008 R2 Service Pack 3 用のリリース ノートです。
マイクロソフト HPC Pack 2008 R2 Service Pack 3 のリリース ノートについて

マイクロソフト Azure 統合
  • マイクロソフト Azure のノードを持つ HPC 通信用のポート 443 が使用されます。SP3 では、Azure ノードとヘッド ノードの HPC のほとんどの通信はポート 443 を介して実行されます。Azure ノードを HPC クラスターに追加するときにファイアウォールの設定この簡素化されます。これには、展開、ジョブのスケジューリング、サービス指向アーキテクチャ (SOA) の仲介、およびファイルのステージングに関連する通信が含まれます。これは、Azure ノードへのリモート デスクトップ接続には影響しません。Azure ノードはポート 3389 を使用する続行します。ネットワーク ファイアウォールを構成する方法の詳細については、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。
    ネットワーク ファイアウォールを構成する方法に関する一般情報
  • Azure のノードの管理の証明書の使用法で、セキュリティを更新します。SP3 は、Microsoft Azure に接続する必要があるクライアント コンピューターで、ヘッド ノードに、ベスト ・ プラクティス構成、Microsoft Azure 管理証明書をサポートします。各クラスター管理者は、管理証明書とその秘密キーの現在のユーザー \ 個人用ストアに今すぐ構成します。これにより、秘密キーへのアクセスを制限することが、これにより、Windows HPC Server 2008 の R2 の以前のバージョンより安全な構成。管理証明書と秘密キーが構成されている以前のバージョンで、コンピューターの信頼ルート証明機関ストアにします。これにより、コンピューター上のすべてのユーザーにします。マイクロソフト HPC Pack 2008 R2 Service Pack 2 (SP2) では、証明書の構成は引き続きサポートされています。ただし、SP3 でサポートされています、ストアへの管理証明書を移動することをお勧めします。マイクロソフト Azure の管理証明書を構成する方法の詳細については、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。
    マイクロソフト Azure の管理証明書を構成する方法に関する一般的な情報

ジョブのスケジューリング
  • 取り消しの不要な作業を最小限に抑えるためにタスク レベルの優先権を構成します。SP3 で優先権がタスク レベルでは、代わりに、ジョブのレベルでできるように即時プリエンプション ポリシーを構成できます。優先権の優先順位の低いジョブからリソースを優先順位の高いジョブを使用できます。即時プリエンプション設定でスケジューラの優先順位の高いジョブが必要なリソースのいずれかの場合、全体のジョブがキャンセルされます。タスク レベルの優先権を有効にすると、スケジューラは代わりに個々 のタスクをキャンセルします。たとえば、通常の優先順位のジョブは、1 コア上 100 のタスクを実行している、優先度の高いジョブが 10 個のコアが必要な場合は、タスク レベルの優先権、すべてのジョブをキャンセルするのではなく、10 のタスクがキャンセルされます。このオプションは、優先権のために行う必要がある therework を減らすことによってジョブのスループットを向上できます。ポリシーの構成の詳細については、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。
    ポリシーの構成に関する一般的な情報
クラスターの管理
  • サーバーからネットワーク上のサイクルを取得します。SP3 で追加サイクル サーバーからネットワーク上の Windows Server 2008 R2 オペレーティング システムを実行しているを収集できます。これらのサーバーは専用の計算ノードであり、他のタスクに使用できます。このプロセスは、クラスターにワークステーション ノードを追加するのと同様にずっとです。できます自動的に利用可能になる、使用率の構成可能なしきい値に従ってクラスター ジョブを実行するに応じて、毎週の可用性ポリシー (平日に毎晩など) とすべての日週末、または手動でオンライン化する必要があります。
    メモ HPC Pack 2008 の R2 のワークステーションでは以前のエディション サイクルの収集に HPC Pack 2008 R2 の名前を変更します。既にワークステーションに HPC Pack 2008 R2 を展開しているとを引き続き使用できますが、更新プログラム、service pack にも適用。サーバーへのインストールは、ボリューム ライセンスの web サイトから新しいディスクをダウンロードするか、または SP3 統合パッケージをダウンロードして、それに付属の指示に従って、作成する新しいメディアが必要です。
実行時と開発
  • HTTP web サービス Api を通じてノード情報を取得します。SP3 は、ノードと、クラスター内のノード グループに関する情報の取得に使用できる、HTTP web サービスに新しい Api を追加します。Web サービスを使用する方法の詳細については、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。
  • 、HPC アプリケーション、Microsoft Azure サービスとしてパッケージ化します。マイクロソフト Azure HPC スケジューラの SDK では、組み込みジョブのスケジュールとリソースの管理、MPI、SOA、パラメーター スイープ、および LINQ の HPC アプリケーション、web ベースのジョブ送信インターフェイス、およびジョブ キューおよびリソース構成の永続的な状態管理のランタイム サポートを含む、Microsoft Azure 展開を定義することができます。Windows HPC Server 2008 の R2 の設置型ジョブの送信 API を使用して構築されたアプリケーションを Microsoft Azure スケジューラ非常のようなジョブ送信インターフェイスを使用できます。マイクロソフト Azure HPC スケジューラの詳細については、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。
    マイクロソフト Azure HPC スケジューラに関する一般的な情報
  • のデータ並列アプリケーションの HPC プログラミング モデルには、プレビュー リリース LINQ 。LINQ to HPC および分散ストレージ カタログ (DSC) その使用クラスター ベースのコンピューティング操作および非常に大きなデータ セットを分析するプログラムを記述する開発者に役立ちます。LINQ to HPC および DSC には、Windows HPC クラスター上で実行されるサービスとアプリケーションによって起動されるクライアント側の機能が含まれます。コード サンプルは、SDK の SP3 コード サンプルのダウンロード、および LINQ to HPC MSDN のセクションでは、プログラマ ガイド」。詳細については、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。
    LINQ to HPC に関する一般的な情報
    重要LINQ to HPC の最終的なプレビューは、生産のリリースで前方に移動する予定がない私たち。パス会議 10 月の発表、合わせて Windows Server と Microsoft Azure の両方への Apache Hadoop の提供の取り組みは説明します。詳細については、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。
    Microsoft Windows Server と Azure の Hadoop ディストリビューションを開発するに関する一般的な情報
    お客様に Microsoft 拡張データ プラットフォームに関する一般的な情報の管理、"新しい通貨のクラウドに移行

解決方法

更新プログラムの情報

この更新プログラムを入手する方法

更新プログラムは、次のマイクロソフト ダウンロード センター web サイトからダウンロードできます。
元に戻す画像を拡大する
ダウンロード
更新プログラム パッケージをダウンロードします。
マイクロソフトのサポート ファイルをダウンロードする方法の詳細については、次の資料番号をクリックして、Microsoft Knowledge Base 内にある資料を参照してください。
119591 オンライン サービスからマイクロソフトのサポート ファイルを入手する方法
マイクロソフトでは、この配布ファイルのウイルス チェックを行いました。マイクロソフトは、アップロード時点の最新のウイルス検査プログラムを使用しました。配布ファイルはセキュリティで保護されたサーバー上に置かれており、権限のない第三者が無断でファイルを変更できないようになっています。

前提条件

この更新プログラムを適用するには、Windows HPC Server 2008 の R2 を実行する必要があります。また、HPC Pack 2008 SP2 をインストールする必要があります。

インストール手順

この更新プログラムをインストールするには、ヘッド ノードでこの更新プログラムを実行します。

メモ 高可用性ヘッド ノードのペアがある場合は、アクティブ ノードで、この更新プログラムを実行し、パッシブ ノードにこの更新プログラムを実行しています。

再起動の必要性

この更新プログラムをインストールした後、コンピューターを再起動する必要があります。

更新プログラムの置き換えに関する情報

この更新プログラムによって、以前にリリースされた更新プログラムが置き換えられることはありません。

状況

マイクロソフトでは、この問題をこの資料の「対象製品」として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

プロパティ

文書番号: 2638616 - 最終更新日: 2014年6月21日 - リビジョン: 3.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft HPC Pack 2008 R2
キーワード:?
kbqfe kbfix kbsurveynew kbexpertiseinter atdownload kbmt KB2638616 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:2638616
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com